テレキャスターを改造するならここをチェック!~Fender American Standard Telecaster編

My Guitar,コンデンサ,テレキャスター,フェンダー,ブリッジ,ペグ,ポット

改造しまくりのフェンダーのアメリカン・スタンダード・テレキャスターの特徴と使い方、改造のポイント、改造履歴を紹介。

改造しまくりのFender USA American Standard Telecaster


Fender American Standard Telecasterとは

緩やかなアールの指盤、ピッキングの邪魔にならない平らなブリッジ、オクターブ調整もばっちりな6wayサドルと、従来のテレキャスを継承しつつも機能性に優れたとても弾きやすいギター・・・・

でしたが、塗装が極厚なので、市販の缶スプレーを使いリフィニッシュしたほか、後にボディー交換、PUなどのアッセンブリー交換も行ったので、アメリカン・スタンダードなのはネックだけです(^^ゞ。

Fender USA American Standard Telecaster


テレキャスターをカッコよくするためのパワーアップパーツ

ピックアップ

音を変える一番の近道はPU交換。注目のピックアップを集めてみました。

FENDER / Custom Shop Texas Special Tele Pickups

FENDER / Custom Shop Texas Special Tele Pickups

テレキャス版テキサス・スペシャル。豊かなミッドレンジはどんなギターにもフィット。

直流抵抗値:Neck 9.5k、Bridge 10.5k
マグネット:アルニコ 5

FENDER Texas Special Tele – YouTube (動画)


FENDER / Vintage Noiseless Tele Pickups

FENDER / Vintage Noiseless Tele Pickups

積層タイプのPU。ノイズがないのにシングルの音。

マグネット:アルニコ 2

FENDER Vintage Noiseless Tele – YouTube (動画)


ペグ

ペグでロック出来ればチューニングが安定します。ペグには径の異なるクルーソンタイプとロトマチックタイプがあり、互換性はありませんが、コンバージョン・ブッシングを使用すれば、ロトマチック→クルーソンへは交換可能です。


コンデンサ/キャパシタ

コンデンサをちょっと良いものに変えてみましょう。トーンの効きやヌケの改善はもちろん、音の細いシングルコイルPUであってもトーンを絞ると太いハムバッキングPUのような音を出すことも可能になります。

テレキャスター等シングルコイルには0.047uFが一般的


ボリュームポット

安価なポットだと、ボリュームを絞ると音が痩せてしまうのですが、CTS製トーンポットは太いままクリーンになってくれるので非常に使いやすいんです。もちろん耐久性もGood。

テレキャスターなどパッシブタイプのシングルコイルには通常250KΩのポットを使用します。


Fender American Standard Telecaster の調整・改造の履歴

過去に行ったFender American Standard Telecasterの調整・改造 履歴一覧です。

テレキャスターのリフィニッシュ (再塗装) に挑戦!!


テレキャスターのボディー交換(Mighty Mite製スワンプアッシュ)


2種類の弦の張り方を楽しめるテレキャスター用ブリッジWilkinson WTBレビュー


テレキャスターの音を太くする SONIC TURBO SWITCH


導電塗料(ノイズ処理)&ついでにブリッジプレート交換


ブリッジ交換 3連サドルから6連サドルのGOTOH GTC201に


ストラトキャスターのような操作感を得るためのコントロールプレート CPT4C


その他テレキャスター関連記事一覧

QR Code | ギター改造ネット

2018年4月15日エレキギター,ギターパーツ,レビュー

Posted by Tsune