テレキャスターのスイッチプレートを前後入れ替えてみた

テレキャスターのスイッチプレートを前後入れ替えてみた

テレキャスター,コントロールプレート,テリーキャス

テレキャスターのスイッチプレートの向きを変更して(入れ替えて)ボリュームとトーンを前にしてみました。操作感はむしろこちらのほうが良いかも。

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え完了し組み込みました


スイッチプレートが逆さまに付いているテリー・キャスのテレキャスター

シカゴのギタリスト テリー・キャスの愛用していたテレキャスターがフェンダー・カスタムショップから発売されますが、そのギターを見ていたらテレキャスターをプチ改造したくなってしまいました。

FENDER Terry Kath Telecaster

テリー・キャスのテレキャスターはフロントにハムバッキングピックアップ、ブリッジプレートを切断し、ストラトキャスター用のシンクロナイズドトレモロを搭載という改造が施されていますが、ボリュームやトーン、PUセレクターが付いているスイッチプレートが逆さまに付いているのも特徴です。

 

テレキャスターはストラトキャスターほどではないですが、セレクターが前側についているので、弾いてるとまれにセレクターに触れてしまって切り替わってしまうことがあります。

 

特に私の場合、セレクターが斜めになったプレートGoldo CPT4Cを付けているのでなおさらです。

Goldo CPT4Cプレートを取り付けたテレキャスター

Goldo CPT4C TL用角度付きプレート

今回はここをいじってみようかとp(^^)q

Goldo CPT4Cは非常に使いやすいスイッチプレートですが、手元にボリュームがあるほうが音量のコントロールが出来て便利そうですし、当然PUが切り替わってしまう心配はありませんよね(ボリュームに触れて音量が小さくなってしまうことはあるかも)。

 

とりあえず一度やってみよう!!

 

内容は、まずスイッチプレートを外して、ボリュームとトーンポットの位置を入れ替えて、セレクターの向きを変えて、プレートをひっくり返す作業です。

 

スイッチプレートの蓋を開けてみると、逆さまにすると配線が足りなくなりそうなのは、フロントPUからのセレクターに接続されている白い配線と、セレクターからボリュームポットに伸びている白い配線の2本。

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え作業をはじめます

※トーンを引っ張るとFRピックアップが 直列( ハムバッキング )で接続できるSONICのターボスイッチが付いていますので少し特殊な配線になっています。

まずはボリュームポットとトーンポットの位置の入れ替えと、セレクターの前後の入れ替えを行います。

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え~ボリュームとトーンのポットを入れ替えます

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え~ボリュームとトーンのポットを入れ替え完了

配線を延長し、熱収縮チューブで絶縁してから組み込みます。

テレキャスターのスイッチプレート入れ替え作業完了

プレートの向きを変えて取り付けて完了。

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え完了し組み込みました

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え

ピックガードが外れているのはピックアップの高さ調整を行ったから。今度は白にしようか、黒にしようかどっちにしようかな?

テレキャスターの黒いピックガード

テレキャスターの白いピックガード

このテレキャスターのボディーは自分で塗ったものですが、こうしてみるとかなり塗装が痩せちゃってますね。またクリア吹こうかな。

 

プレートの向きを変えたテレキャスターを弾いてみて

テレキャスターのスイッチプレート前後入れ替え(遠影)

こっちのほうが使いやすいかも!ボリュームノブに触れてしまうことはあっても、音量が小さくなる事もなさそうです。

 

また、Goldo CPT4Cというセレクターが斜めになったプレートのおかげでセレクターの操作感もまずまず👍

 

ちょっとだけテリー・キャスのテレキャスターに寄せてみましたというお話でした😊

 

しばらくこれで弾いてみます。

黒いピックガードのテレキャスター

今回は黒いピックガードをチョイス。う~んカッコいい👍

 

今回使用したもの

ドライバー
ハンダゴテ、ハンダ線
はんだ吸い取り線(ソルダーウィック)
熱収縮チューブ
ケーブルタイ・結束バンド / 100mm
ギター用工具おすすめ

作業時間:約30分

 

関連リンク

QR Code | ギター改造ネット

2022年1月28日改造

Posted by Tsune