イーグルスの音を再現するための機材はこれ!

2018年4月15日ギタリストイーグルス, ジョーウォルシュ, ストラトキャスター, テレキャスター, ドンフェルダー, レスポール, 特集

ホテルカリフォルニアで有名な、アメリカ・ウエストコーストロックの雄、イーグルスの3人のギタリスト(バーニー・リードン、ジョー・ウォルシュ、ドン・フェルダー)のギターサウンドを現在発売されている機材で再現してみようというページです。

FENDER TELECASTER、GIBSON LESPAUL、EDS-1275など。

バンドスコア、おすすめCDの紹介も。

イーグルスの音を現行モデルで再現

✔こちらで紹介しているおすすめの機材は複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、YouTube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。


✅ギター

イーグルスのメンバーが愛用したギター、もしくはなりきるためのギターの紹介。

FENDER ( フェンダー )

50s Telecaster:
Fender 50s Telecaster
American Original Telecaster:
American Original Telecaster

イーグルス初期に在籍していたギタリスト、バーニー・リードンやジョー・ウォルシュが愛用するテレキャスター。

50sの テレキャスターが良さそう。

🖥ショップで比較📲

➡ Fender 50s Telecaster 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

🖥ショップで比較📲

➡ American Original Telecaster 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 Fender American Original Telecaster – YouTube (動画)

関連リンク

おすすめテレキャスターの紹介
テレキャスターの選び方


GIBSON / Les Paul Standard

Les Paul Standard

4thアルバム”One Of These Night”で正式加入するドン・フェルダーがメインで使用するのがレスポール。

ジョー・ウォルシュもレスポールコレクターで有名です。

🖥ショップで比較📲

➡ Les Paul Standard  【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Gibson Les Paul Standard(動画)

関連リンク

おすすめレスポールモデルの紹介
レスポールの選び方


GIBSON / EDS-1275

ホテル・カリフォルニアで有名なSGシェイプのWネックEDS-1275(12弦、6弦)。

ドン・フェルダーが使用したホワイトカラーのEDS-1275が、Don Felder “Hotel California" EDS-1275として発売されていましたが現在は廃盤。

通常版との違いは、カラーがホワイトの他、2ボリューム1トーン、アウトプットが12弦用、6弦用と2つあり、ドンは12弦用の方をレスリースピーカー(フェイザーのようなもの)の繋ぎ使用してました。

Don Felder "Hotel California" EDS-1275
Don Felder “Hotel California" EDS-1275

Youtube 動画Eagles – Hotel California Live (動画)

もちろん通常のEDS-1275でも良いでしょうし、最近は12弦ギターのサウンドのでるエフェクターもありますのでそちらでも良いでしょう。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EDS-1275 (動画)


Epiphone / G-1275

エピフォンからもダブルネックG-1275が発売されています

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Epiphone G-1275 (動画)


✅アンプ

イーグルスのメンバーが愛用したギターアンプ、もしくはなりきるためのギターアンプの紹介。

FENDER / 65 TWINREVERB ( 85w )

65 TWINREVERB

70年代のイーグルスの動画を見るとアンプはフェンダー系のようです。クリーン系ならこの フェンダー・ツイン・リバーブ がオススメ。

ツヤツヤの音が心地良いです

Spec;
スピーカー:12インチ×2(JENSEN C12K)
真空管:12AX7×4、12AT7×2、6L6×4
重量:29kg

🖥ショップで比較📲

➡ 65 TWINREVERB【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ’65 TWINREVERB (動画)


FENDER / 65 DELUXE REVERB ( 22w )

65 DELUXE REVERB

アンプの歪みも利用したいなら、やや小型のこのデラックスリバーブ通称:デラリバ。出力が22Wなのでツイン・リバーブよりはドライブさせやすくなっています。

Spec;
スピーカー:12インチ×1(Jensen C-12K)
真空管:12AX7×4、12AT7×2、6V6×2、5AR4×1
重量:19.1kg

🖥ショップで比較📲

➡ 65 DELUXE REVERB【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – FENDER 'DELUXE REVERB Reissue (動画)


FENDER / 65 PRINCETON REVERB ( 15w )

65 PRINCETON REVERB

さらに小型でオススメはブラックフェイス期のモデルを再現した’65 プリンストン・リバーブ。

内蔵された10インチスピーカーはブーミーになることなく自宅でも安心して使えるサイズです。リバーブ、トレモロ(ビブラート)搭載です。

フェンダーサウンドの出るオーバードライブでも良いでしょう。
フェンダー系オーバードライブ特集

Spec;
スピーカー:10インチ×1(Jensen C-10R)
真空管:12AX7×3、12AT7×1、6V6×2、5AR4×1
重量:15.4kg

🖥ショップで比較📲

➡ 65 PRINCETON REVERB【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – Fender Princeton Reverb Reissue (動画)

関連リンク

✅エフェクター

イーグルスのメンバーが愛用したギターエフェクター、もしくはなりきるためのギターエフェクターの紹介。

DIGITECH / Mosaic

DIGITECH Mosaic

6弦ギターで12弦ギターの音色を出すことが出来るエフェクター。ホテルカリフォルニアもこれでOK??

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

➡ DIGITECH Mosaic【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – DIGITECH Mosaic (動画)

関連リンク

ピッチシフターおすすめモデルの紹介
ピッチシフター / オクターバー特集


✅その他

DR エレキギター弦

DR

ジョー・ウォルシュが愛用するのはこのDRエレキギター弦。

Tite-Fit (写真)は音抜けがよく、豊かなトーンとサステインでマルチに使える弦、PURE BLUES は文字通りブルージーで枯れたサウンドが特徴の弦。

エレキギター弦 比較 ( レビュー )

🖥ショップで比較📲

➡ DR 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

関連リンク
ダダリオ、アーニーボール、エリクサーなど定番のエレキギター弦を購入し比較/レビューしてみました。
エレキギター弦 比較 レビュー

イーグルス バンドスコア

イーグルスのコピーはスコアで。


✅おすすめCD

Eagles

1972年発売

収録曲:
Take It Easy / Witchy Woman / Chug All Night / Most of Us Are Sad / Nightingale / Train Leaves Here This Morning / Take the Devil / Earlybird / Peaceful Easy Feeling / Tryin’ /

カントリーフレーバーあふれるウエストコーストロックの雄、イーグルスのデビューアルバム。Take It Easy収録。


Desperado

1973年発売

収録曲:
Doolin-Dalton / Twenty-One / Out of Control / Tequila Sunrise Desperado / Certain Kind of Fool / Doolin-Dalton [Instrumental] / Outlaw Man / Saturday Night / Bitter Creek / Doolin-Dalton – Desperado (Reprise) /

コンセプト・アルバム。こちらもアコギ主体ですが前作よりもロックテイストな仕上がり。Desperado収録。


On The Border

1974年発売

収録曲:
Already Gone / You Never Cry Like a Lover / Midnight Flyer / My Man / On the Border James Dean / Ol’ 55 / Is It True / Good Day in Hell The Best of My Love /

ギタリストにドン・フェルダーを加え、バーニー・リードン、グレン・フライの3人に。このアルバムからロック色がより強くなりますが、バーニー・リードンの影響か?バンジョーやスティール・ギターも多用されています。


One Of These Nights

1975年発売

収録曲:
One of These Nights / Too Many Hands / Hollywood Waltz / Journey of the Sorcerer / Lyin’ Eyes / Take It to the Limit / Visions / After the Thrill Is Gone / I Wish You Peace /

ベースラインが印象的なOne Of These Nights、ランディー・マイズナーのハイトーンが美しいTake It To The Limitが収録。アルバム・リリース後バーニー・リードンが脱退、ジェイムズ・ギャングからジョー・ウォルシュが加入。


Hotel California

1975年発売

収録曲:
Hotel California / New Kid In Town / Life In the Fast Lane / Wasted Time / Wasted Time (reprise) Victim of Love Pretty Maids All In A Row / Try And Love Again / The Last Resort /

歴史に残る名盤。 バーニー・リードンに代わりジョー・ウォルシュが加入。ジョー・ウォルシュによるPretty Maids All In A Rowは必聴です。


The Long Run

1979年発売

収録曲:
The Long Run / I Can’t Tell You Why / In the City / The Disco Strangler / King of Hollywood / Heartache Tonight / Those Shoes / Teenage Jail / The Greeks Don’t Want No Freaks / The Sad Cafe /

ランディー・マイズナーに代わり、ベースにティモシー・B・シュミットが加入。I Can’t Tell You Whyの切ない歌声は必聴。


Eagles Live

1980年発売

収録曲:
Hotel California / Heartache Tonight / I Can’t Tell You Why / Long Run / New Kid in Town / Life’s Been Good / Seven Bridges Road / Wasted Time / Take It to the Limit / Doolin-Dalton [Reprise II] / Desperado / Saturday Night / All Night Long / Life in the Fast Lane / Take It Easy /

イーグルス初のライブ・アルバム。


Hell Freezes Over

1994年発売

収録曲:
Get Over It / Love Will Keep Us Alive / The Girl from Yesterday / Learn to Be Still / Tequila Sunrise / Hotel California / Wasted Time / Pretty Maids All in a Row / I Can’t Tell You Why / New York Minute / The Last Resort / Take It Easy / In the City / Life in the Fast Lane / Desperado /

1980年に解散したイーグルスが1994年に再結成。新作4曲と、後半はMTVの再結成ライブを収録。オッサンになったイーグルスがカッコつけずにリラックスしライブを楽しんでいます。こういう雰囲気好きですね~。New York Minuteはドン・ヘンリーのソロアルバムからの楽曲。DVDも。


ギタリスト・ギア特集