さらに簡単!ステインを使用したギターの塗装の手順を解説

エレキギターコンデンサー, シングルコイル, テレキャスター, ピックアップ, ブリッジ, ペグ, ポット, 塗装, 改造

テレキャスターの改造 調整 塗装

市販の缶スプレーを使用したギターの塗装に続き、今回はステイン ( 着色剤 )を使用したシースルー塗装に挑戦してみました。

ステインは刷毛で塗り込むので場所を選ばずに作業ができ、缶スプレーを使った色付けよりも簡単でおすすめです。吹くのは仕上げのクリアーだけなので作業場所を汚すこともありません。

ギターはフェンダーライセンスのMighty Mite製テレキャスターボディを使用。

テレキャスターの生地着色塗装と改造と調整


 

✅テレキャスターのボディー交換と塗装の手順

Mighty Mite/マイティーマイト製ギター第二弾!今回はフェンダー・アメリカンスタンダード ( テレキャスター )のボディー交換です。

フェンダー・ジャパンのギター ( ストラトキャスター )にMighty Mite製ネックを取り付けた前回

に続き、今回は

フェンダーUSAのアメリカンスタンダード・テレキャスターのボディー交換です。

Mighty Mite製テレキャスター・ボディー(スワンプアッシュ3P)

MIGHTY MITE/マイティーマイトとはリプレイスメントパーツメーカーの老舗で、ナイト・レンジャーのブラッドギルスが愛用するメインの赤いフェンダーストラトキャスターのボディーがMIGHTY MITE製として有名です。

ブラッドギルス愛用のストラトキャスターはマイティーマイト製


ボディー材は無塗装のスワンプアッシュの3ピース。スワンプアッシュは主に1950年代のテレキャスターに使用されたボディー材で、後に使われるようになるアルダー材のテレキャスターに比べ、パキパキとした高域特性の優れたサウンドが特徴。

ピックアップのリード線を通す穴がむき出しではないので見た目ブロードキャスター仕様。ピックガード無しでもいけますね。

Joe Barden Tele Bridge
→ ジョーバーデン製のブリッジ ( Joe Barden Tele Bridge )

このボディーとブリッジを、手持ちのフェンダーのアメリカンスタンダードに取り付けてみたいと思います(ネックとPU、アッセンブリーは流用)。

 

塗装剥がしの工程は以下を参考にして下さい

 


Mighty Miteはフェンダーからのライセンスを受けているというというだけあって、ネックは隙間なくピッタリ😊

Mighty Mite製テレキャスター・ボディーにアメスタのネックを取り付けてみました

Mighty Mite製テレキャスター・ボディーにアメスタのネックを取り付けてみました

塗装の前に、ブリッジも墨出しして穴を空けておきたいと思います。


ズレなくまっすぐに穴を開けるには以下のようなドリルガイドがあると便利です。

関連リンク

 


塗装工程

これから塗装に入りますが、3ピースながら繋ぎの見えにくい綺麗な杢目なので、今回はこれを生かしたいと思います。

色は50年代のテレキャスターをイメージして、薄い黄色かクリーム色(ホワイト・ブロンド)のナチュラルな感じが良いのだけど、、、、市販の缶スプレーは薄めることが出来ないので薄く塗ること(シースルー塗装)は恐らく不可能。

今回は和信ペイントの水性ポアーステイン(白+イエロー+オレンジ)を使って生地着色(木地着色)に挑戦してみようかと思います。

関連リンク

水性ポアーステインとは、水性なので水で薄めることが出来、「との粉」と混ぜることで、着色と目止めも同時に行えるという便利な着色剤。

カラーは11色ですが、混ぜ合わせることでさらに豊富なカラーを作り出すことができます

ギター一本位なら小さなもの(130ml)で問題ないでしょう。

今回購入したのは、ホワイトとゴールデンイエロー、サンオレンジの3色。これを混ぜあわせ、クリームというかアイボリー風の色を作り出せればと思います。

こんな感じ??
和信ペイントの水性ポアーステインで木地着色にチャレンジ

和信ペイントの水性ポアーステインで木地着色にチャレンジ
刷毛を使って塗ったあと、布で刷り込みます。水で少し薄めましたが、ムラにならずにとっても綺麗に仕上がりました。

木目も消えずにいい感じですね。

仕上がりは木目がうっすらと見える以下の様なホワイト・ブロンドをイメージしていたのですが・・・

FENDER TELECASTER BOOK(P.10)~より
FENDER TELECASTER BOOK(P.10)~より

ちょっと黄色が強すぎたようです。
Mighty Mite製ボディーに色付け

乾燥後、水ヤスリで塗装面を軽く慣らし、いつものようにウッドシーラー+サンディングシーラーで下地を整え、仕上げにクリアラッカーを吹きます。


関連リンク

ウッドシーラー/との粉/サンディングシーラー/ラッカースプレー

ウッドシーラー:
木部用プライマー
ウッドシーラーとは下地を整え、塗料の吸い込みを抑えるもの。アッシュなど塗装面がデコボコしているものは、この行程以前にとの粉で目止めを行う必要があります。


との粉:
との粉


サンディングシーラー:
サンディングシーラー
サンディングシーラーとは下地を平らにし塗料ノリをよくするもの。


➡ ラッカースプレー(缶):
ニトロセルロースラッカー

仕上げにクリアラッカーを数度吹いて塗装は終了。塗料は昔ながらのニトロセルロースラッカー速乾性と塗膜の硬さではアスペン ラッカースプレーがオススメです。


塗装の工程は

 


仕上げ

一週間ほど置いて、水ヤスリ(1000、1500)+コンパウンドで仕上げます。

トップコート(クリア)が乾燥した所
トップコート(クリア)が乾燥した所。クリアを吹いたらいい感じの色になりました(^^)。

使ったコンパウンドは今回4種類
今回使ったコンパウンドは、すべて車用。これを電動ドリルに取り付けたスポンジで磨き上げます。


関連リンク
➡ コンパウンド
コンパウンド
最終仕上げ用。ウエスやポリッシャーに付けて磨き上げます。キレイに仕上げるにはポリッシャーは必須です。


➡ 充電ドリル/電動ポリッシャー
電動ポリッシャー
充電ドリル

➡ ポリッシャーセット
ポリッシャーセット
電気ドリルでも代用できます。穴あけはもちろん、先端をポリッシャーに変えれば研磨やボディー磨きにも利用できます。速度調整できる無段変速タイプが良いでしょう。

 


 

ホワイト・ブロンドを目指したのですが、結果バター・スコッチのような色に・・・でも悪くないと思います
50年代後半のホワイト・ブロンドを目指したのですが、結果50年代初期のバター・スコッチのような色に・・・でも悪い色ではないと思います。

ストリングブッシュはドリルで穴を広げ、タイトボンドで接着します。


関連リンク
➡ タイトボンド
タイトボンド
ギター製作の現場で多く使われるフランクリン・タイトボンド(木工用ボンド) 。木部に薄くガッチリと接着できます

 


ピックガードは今回二種類を用意したのですが、この色なら白より黒のピックガードが合いそうです。

テレキャスターのピックガードは2枚用意しました

テレキャスターのピックガード(黒)

テレキャスターのピックガード(白)
テレキャスターは、PUなどピックガード・マウントではないので、気分に応じて気楽に交換していこうと思います。

関連リンク

 


ネック裏の塗装

前回、いい加減にやったネック裏の塗装を剥がし、オイルフィニッシュに挑戦です。

使用したのは、Xotic Oil Gel 。

関連リンク
➡ Xotic Oil Gel
Xotic Oil Gel

400番で元の塗装を剥がし、Xotic Oil Gelを布で刷り込みます。

Xotic Oil Gelは刷り込むと硬く薄い塗膜が出来るのでギターの塗装におすすめです。

乾燥後、3度程重ね塗りを行い、磨いて完了。普通に塗装するより簡単です。

Xotic Oil Gelを使いネック裏の再塗装

Xotic Oil Gelを布で刷り込みました

これ、とっても簡単で、普通の塗装のように仕上がるので凄く良いです。ナチュラルな色が好きなら、ボディーもこれで良いかもしれませんね。

こっちもステインで木地着色したほうが良かったかな??


✅テレキャスターのパーツ交換/取り付け ( 改造 )

サーキットの組み込み

ここまできたたらほとんどの部品は流用なので楽ちんです。まずはSONICのターボスイッチ

ターボ・スイッチ

テレキャスター・ターボスイッチ

SONICのターボスイッチは、リアPUにフロントの音をスイッチ一つ(トーンを引っ張る)でシリーズ接続(ハムバッキング)に出来る便利なサーキット。

音質と耐久性に定評のあるCTSなどのポットやセレクター、オイル・コンデンサーもセットになっているので、同時に音質UPも期待出来ます。

太く色気のあるサウンドはレスポールのセンターのよう。

詳しくは

見た目を変えずに音を太くする魔法のサーキット、SONIC TURBO SWITCH レビュー

FENDER JAPANなど、日本製のギターにはミリサイズ、USA製ギターにはインチサイズが良いでしょう。

 

こちらでも紹介しています

 


PU交換

PUはリンディーフレーリンのブロードキャスターを選択。

ンディーフレーリンのテレキャスター用PU、ブロードキャスター

50年代のブロードキャスター期のPUを再現したPUであると同時に、ヴィンテージ同様ポールピースがフラットなので指盤の平らな最近のモデルにもオススメです。

ヴィンテージ系:テレキャスター用ピックアップ

 


ブリッジ

テレキャスター用ブリッジはJoe Barden ( ジョーバーデン )Tele Bridgeをチョイス。
Joe Barden Tele Bridge
トゥワンギーなトーンで人気のテレキャスターですが、ソリストにとっては、オクターブの合わないテレキャスターは問題で、多くのギタリストはブリッジサドルを交換しています。

ジョーバーデン製のブリッジ ( Joe Barden Tele Bridge )は、ヴィンテージ同様のスティール素材を使用した厚みのあるプレートに、オクターブが合いやすいように斜めになったブラス製3wayサドル、ピッキングの邪魔にならないように1弦側のエッジがカットされた、音質と使いやすさに優れたブリッジ。

関連リンク

 

組み込み時にはブリッジ・アースも忘れてはなりません。
ブリッジの取り付け時にはブリッジ・アースも忘れてはなりません

 


ボリュームとトーンのノブ

テレキャスターのノブの種類には、トップに丸みを帯びたタイプのものと、スクエアなものがあります。

テレキャスターのノブ色々

50年代初期のテレキャスターは丸みを帯びたタイプが使われているので一応交換。ちなみに、スクエアなものに変わるのは50年代後半から。

丸みを帯びた50年代初期仕様のテレキャスター・ノブ
セレクターノブがストラト用なのは、キース・リチャーズのミカウバーを真似ています


テレキャスター用ジャックプレート

テレキャスター用ジャックプレート
意外とトラブルの起こりやすいテレキャスターのジャック。

MONTREUX ( モントルー ) / Electrosocket Jack Plateは、アルミ削り出しによる軽量かつ頑丈な、テレキャスター用ジャックプレートです。通常のジャックプレートは、ナットで挟み込みますが、本品はジャックのスクリューを利用し固定できるため、ガタつきもなく耐久性も抜群です。

MONTREUX Electrosocket Jack Plate

🖥ショップでチェック📲

➡ MONTREUX Electrosocket Jack Plate【サウンドハウス】

posted with カエレバ


ペグをロトマチックからクルーソンに交換

機能上は問題ないのですが、見た目にこだわり、アメリカンスタンダード純正のロトマチック・ペグから、ヴィンテージライクなクルーソン・ペグに交換です。

MONTREUX Convertion Bushingを使いペグを交換してみました

交換前;
交換前のロトマチック・ペグ(表)
トップにナットで固定されておりゴツいイメージのロトマチックペグ。

交換前のロトマチック・ペグ(裏)

交換後;
交換後のクルーソン・ペグ(表)
ナットがなくなり見た目もスッキリのクルーソンタイプのペグ。

交換後のクルーソン・ペグ(裏)
それぞれのペグは径が違い取り付けできないのですが、コンバージョン・ブッシングがあれば取り付け可能です。

見た目はやはりクルーソン・タイプのほうが好みです。音の方はロトマチックのカチッとしたサウンドから、やや柔らかなサウンドになったかな??と思います。

クルーソンから径の大きなロトマチックに変更するには穴を広げる必要があるので勇気が必要ですが、ロトマチックからクルーソンに替えるのはそんなに難しくありません。

ヴィンテージライクな見た目と、サウンドを変えてみたいという方は試してみても良いかも。

関連リンク

 


完成!!!
Mighty Mite製テレキャスター・ボディーの組み込み完了


✅生地着色はとにかく簡単だった

市販の缶スプレーで行うというコンセプトのもと行った、前回のテレキャスターのリフィニッシュよりは上手くいったと思います。とくに、杢目を生かしたシースルー塗装を行うために、水性ポアーステインを使うということに気づいたのは良かった!

水性ポアーステインで木地着色する一つの利点は、色付きの缶スプレーを使わずに済むという点。

自宅で塗装をするのは結構大変で、養生をしっかりしないとお風呂場(私はいつもここでやります)はとんでもないことになります。水性ポアーステインで木地の着色を済ませてしまえば、吹くのはクリアだけなので養生も適当でOK(^^ゞ。

水性ポアーステインは、やむを得ず?自宅で塗装をしたい方には理想的な方法だとおもいます。

今回は、水性ポアーステインと同時に、アスペン(アサヒペン) ラッカースプレーというギターの塗装に非常に使いやすいラッカースプレーを見つけることが出来たのも大きな収穫です。

同じラッカーを謳った塗料でも、合成樹脂などの配合量による違いか?いつまでも乾かないものや、異様に弾力性のあるもの(車のバンパーの塗装には良さそうですが)など、使いにくい塗料が多い中、たまたま使ったアスペン(アサヒペン) ラッカースプレーは、乾きが早く、塗膜も硬いので非常に良かっです。


関連リンク

 


✅ボディー交換後のサウンドは

音の方は、(スワンプ)アッシュ+メイプル1Pのいかにも50’sなテレキャスター!!というサウンド。

リアPUでローコードを弾いたときの『パーーーーーン』という元気で歯切れのよいトーンは以前のアメスタ(アルダーボディー)では決して出なかったと思います。

アメスタは6wayブリッジの影響もあったと思いますが、テレキャスターというよりはストラトに近い鳴りだったような気がします・・・。

MIGHTY MITEのネック/ボディーの購入は

MIGHTY MITE製のネック取り付け(amazon)

MIGHTY MITEのネック/ボディーは、国内では流通しておらず、私はアメリカのアマゾンで購入しました(ヤフオクに出品されることはありますが、個人輸入でも結構お安く購入できます)。
➡ amazon.com Mighty Mite telecaster

アメリカのアマゾン以外では、セカイモン(sekaimon)などでも購入可能です。

私は英語でショッピングしたことがないので、輸入代行業者に依頼します。


オススメの輸入代行業者:
アメリカのヤフオクともいえる、ebayはセカイモンが輸入代行してくれます(手数料15%)。

セカイモン(sekaimon)

JCBカードをお持ちの方は、JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway )がオススメ(手数料10%)。
 JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway ) 現在サービスは行っていないようです。

JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway )は、JCB会員向けのサービスで、利用するには、JCBカードと、comGatewayのアカウント(メールアドレスとパスワードの登録)が必要になりますが、米アマゾン、ebayはもちろんアメリカの大手楽器店Guitar Centerなどからの購入可能です。

詳しくはこちら↓
➡ 【輸入代行】JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway )でお買い物してみた 今週の気になる・・・


✅ギターキット

ギターを一から組み立ててみたい方に、こんなキットはいかがでしょう?

用具さえ揃えたら塗装は意外と簡単に出来ます。このようなギター組み立てキットも販売されているので、自分好みのカラーに仕上げるのも楽しいと思います。

ギターキットは、ストラトキャスターや、レスポール、テレキャスター、SG、セミアコなどがラインナップされています。もちろん、ボディーやネックなど単品の購入も可能です。

関連リンク
今回のリフィニッシュで使用した工具