テレキャスターブリッジ交換 3連サドルから6連サドルのGOTOH GTC201に

LINEで送る
Pocket

GOTOH GTC201レビュー

6連サドルの定番ブリッジ GOTOH GTC201を購入しましたのでレビューします。
GOTOH GTC201取り付け完了

GOTOH GTC201に交換することで、テレキャスターらしい歯切れの良さはそのままに耳障りな高域が抑えられ、とても使えるギターに変わりました。

GOTOH GTC201は通常のテレキャスターに取付可能な4点止めなので即交換可能(気に入らなければ戻すのも簡単です)。

サウンドハウス

✅6連サドルでもテレキャスターらしい音は出せる

先日別のブログに投稿した記事の続き。

ダン・ベアードのテレキャスターの音が素敵なので6wayサドルもありかも

テレキャスターの歯切れのよい音は大好きなのですが、やや耳障りな高域は何とかしたい、、、

そんな時に、私の大好きなテレキャスター・プレーヤーである元ジョージア・サテライツのダン・ベアードの動画をユーチューブで見ていると、なんと6連サドルのテレキャスターを使っているではないですか、、、、

ダン・ベアードは6連サドルのテレキャスターブリッジを愛用

この動画ではテレキャスターを2本使用していますが、共に6連サドル。

他の動画も見てみましたが、3連のいわゆる通常のテレキャスターを使用している動画は見つけられませんでした。

彼のテレキャスターはほぼ6連のサドルに替えてるっぽいです。

bobby keys band performing what is life and brown sugar:

YouTube動画https://www.youtube.com/watch?v=ndq5TqtE7qE


✅6連サドルはテレキャスターの音しない?

私が以前使っていたFenderのAmerican Standardというテレキャスターには6連サドルが付いていて、テレキャスターらしい音はほぼしませんでした。

FenderのAmerican Standardの6連サドル

FenderのAmerican Standardの6連サドル その2

音が悪いというわけではないのですが、どちらかと言えばストラトキャスターに近いサウンド(トレモロレスのハードテイルなストラトキャスターはこんな音なのかも?)で、ちょっと不満で、無理やり3連のブリッジへ交換して使っていたんですね。

アメリカンスタンダード6wayから3wayブリッジに無理やり交換したときの記事

で、ダン・ベアードですが、彼のテレキャスターは6連サドルをマウントしているにもかかわらず、めっちゃ好みのテレキャスターサウンドを出しています。

こんな曲とか。

Georgia Satellites – Mon Cheri:
YouTube動画https://www.youtube.com/watch?v=uGAx-JtuESU

右chでイントロリフを弾いているのが彼で、左chのリック・リチャーズはおそらくレスポールJr.


6連サドルのメリットとデメリット

従来の3連サドルと6連サドルを比較すると、

6連サドルのメリットは

  • オクターブが合う
  • ブリッジプレートが平なのでピッキングの邪魔ならない
  • 3連サドルに比べ音が太い

6連サドルのデメリットは

  • 全長が長くなるので見た目がイマイチ
  • アメスタを使用していたときのイメージではテレキャスターの音がしない??

という感じでしょうか??でも、ダン・ベアードはしっかりテレキャスターらしいサウンドを出していますね。


6連サドルの定番のブリッジ GOTOH GTC201を購入

FenderのAmerican Standardの6連ブリッジプレートは、弦を通す穴の位置も、ボディーに固定するビスも3点止めなので通常のテレキャスター用ブリッジには交換できないのですが、このテレキャスターは普通の4点止めなので、簡単に交換可能です。

逆に言えば、気に入らなければすぐに戻すことも可能。

ということで、早速購入!

通常の3wayブリッジとGOTOHの6wayブリッジ比較

通常の3連タイプと比べるとゴツくて長いですね🙄


テレキャスターブリッジ比較

今回購入したGOTOH GTC201と、昔使用していたAmerican Standardのブリッジ、3連タイプの通常のテレキャスター用ブリッジと比較してみましょう。

テレキャスターブリッジ比較

左から汎用のテレキャスターブリッジ、今回購入した6連タイプのブリッジ GOTOH GTC201、アメリカン・スタンダード用ブリッジ。

3連タイプとGOTOH GTC201は弦を通す穴もボディーに固定するビスの数も同じなのでそのまま交換可能なのが分かります。

ブリッジプレートの厚みは、

  • 3連WilkinsonWTB:1.4mm
  • 3連Joe Barden Tele Bridge:1.4mm
  • 6連American Standard:2.4mm
  • 6連GOTOH GTC201:3mm

とかなり違います。どんな音に変わるのでしょうか🤔


GOTOH GTC201の取り付け

早速取り付けてみましょう。

GOTOH GTC201取り付け01

サドル、ピックアップを外し、4つのビスで止まっているブリッジを外します。

GOTOH GTC201取り付け02

もとに戻す要領で取り付けます。

GOTOH GTC201取り付け03

GOTOH GTC201取り付け04

GOTOH GTC201取り付け完了
取り付け完了!


歪みサウンドとの相性も抜群!GOTOH GTC201レビュー

FenderのAmerican Standardの時はテレキャスターらしい音はしなかったのでちょっと不安でしたが、全く問題ないですね。

しっかりとテレキャスターの音がします😊

私の嫌いだったキンキンした耳障りな音が少し減る分、こちらのほうが好みです😘

アメスタとの音の違いは、3点止めと4点止めとの違いだったり、プレートの厚さ、サドルの材質だったりするのでしょうかね??

ちなみにGOTOH GTC201のブリッジプレートの材質は磁石がつかないのでおそらくブラスかなにか、サドルの材質はブラスと表記がありました。

手持ちのテレキャスター用3連サドルのブリッジプレートの材質は鉄です。


3wayのブリッジは過去にもいくつか試してみましたが共通しているのは、クリーンではものすごく音が太くて良いのだけど、歪ませるとシャリシャリ感が強くなってしまいあまり良くないイメージだったのですが、このGOTOH GTC201は歪ませても特に音の傾向が変わることなく、よりマルチなジャンルに使えるテレキャスターになった気がします。

もちろん、GOTOH GTC201に替えることでテレキャスターらしい音が無くなってしまうのではないか?という心配も無用です。テレキャスターらしさはしっかり残っています。

私はそのまま使うと思いますが、簡単に元に戻せるので気分に応じて交換できるというのも良いですね👍

見た目の違和感がなければこの、GOTOH GTC201ブリッジはおすすめですよ。

今後はさらなる音質アップ?のために、raw vintageなどのサドル交換にもチャレンジしてみたいなぁ。

テレキャスターブリッジ交換前:
テレキャスターブリッジ交換前

テレキャスターブリッジ交換後:
テレキャスターブリッジ交換後


今回交換したブリッジサドル:

GOTOH ( ゴトー ) / GTC201

GTC201

キース・リチャーズのテレキャスターのように、ヴィンテージ系の3wayサドル、角ありプレートを、6way、フラットプレートに。

オクターブもバッチリです。

弦間ピッチ10.8mmです。

🖥ショップでチェック📲

➡ GTC201【サウンドハウス】

posted with カエレバ


テレキャスターのブリッジ交換時の注意点

交換前の弦高、リアピックアップの高さはメモっておきましょう。オクターブ調整が必要になりますので、事前に大まかなサドルの位置にテープなどで印をつけておくと調整が楽になります。

こちらもどうぞ:
オクターブ調整やネックの調整など/簡単なエレキギターの調整
おすすめのテレキャスター用ブリッジ

🔎テレキャスター関連の記事一覧


ダン・ベアードおすすめCD

💿Love Songs for the Hearing Impaired / Dan Baird:

💿Georgia Satellites:

💿Open All Night / Georgia Satellites:


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA