電池対応 ポータブルアンプ

Pocket

電池対応 ポータブルアンプ

お手軽で機動力抜群の電池駆動対応のオススメポータブルアンプの紹介

ポータブルアンプは、自宅や仕事場での練習はもちろん、電源の確保できない野外でのライブ、ライブ前のウォームアップ・アンプとしてもオススメ。


電池対応のポータブルアンプ

小型で電池でも鳴らせるオススメのポータブルアンプ。シンプルなものから、アンプモデリング、エフェクター搭載モデルまで。

PIGNOSE ( ピグノーズ ) / 7-100R

7-100R

モデリングなどの機能は一切無いミニアンプながら、クリーンはもちろんボリュームを上げるとフェンダー・チャンプ風のナチュラルなオーバードライブも得られます。

エリッククラプトンがアルバム『461オーシャン・ブールヴァード』のマザーレスチルドレンで使用したと言われている伝説のminiアンプです。

AC/電池両対応。

出力:5w
本体サイズ:155(W) x 210(H) x 100(D) mm
スピーカー:5″ (12.5 cm)
重量:1.9kg (電池除く)
電源:DC9V 単3電池 x 6本, 9V ACアダプター
電池駆動時間目安:5時間 (アルカリ電池使用時)

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 7-100R 【サウンドハウス】
◆ 7-100R 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – PIGNOSE 7-100R (動画)


BLACKSTAR ( ブラックスター ) / FLY 3

FLY 3

軽量コンパクトながらパワフルに鳴るアンプ BLACKSTAR FLY 3。クリーン/ODの2チャンネル。

特徴:
・MP3ライン端子
・アメリカンからブリティッシュ・サウンドまで幅広く対応するISFコントロール
・録音やヘッドフォンに活躍できるエミュレーテッド・アウト端子
・テープ・ディレイ・サウンドをシミュレートしたディレイ・エフェクト
・バッテリー駆動(単3乾電池6本)

エクステンション・キャビネット、ベース用もラインナップ。

AC/電池両対応。

出力:3w
本体サイズ:170(W) x 126(H) x 102(D)mm
スピーカー:3″ (7.62cm)
重量:0.9kg
電源:DC9V 単3乾電池×6本, 9V ACアダプター

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ FLY 3【サウンドハウス】
◆ FLY 3 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – BLACKSTAR FLY 3 (動画)


BOSS ( ボス ) / KATANA

BOSS KATANA

KATANA-MINIは、その上位クラスの本格的なサウンドをポータブル・サイズに凝縮したバッテリー駆動アンプ。

特徴
・BOSSフラッグシップ・アンプからエッセンスを受け継いだBROWNに加え、・CRUNCHとCLEANの3アンプ・タイプを搭載
・本格的なトーン・スタック回路による3バンドEQ(BASS/MIDDLE/TREBLE)により、幅広いサウンド・セッティングが可能
・温かみのあるテープ・エコー・タイプのディレイ(TIME/LEVELのコントロール可能)を搭載
・オーディオ・プレイヤーの接続が可能なAUX IN端子(ステレオ・ミニ)搭載
・練習で活躍するPHONES/REC OUT端子(ステレオ・ミニ)を装備
・バッテリー駆動に加え、ACアダプター(別売PSB-100)にも対応する2WAY電源方式(単三電池6本。アルカリ:7時間、ニッケル水素:9時間)

ワイヤレスギターアンプ KATANA-AIRも発売されました。

KATANA-AIR(電池使用時20w/ ACアダプター使用時30w/ ケーブルを必要としないワイヤレスギターアンプ
KATANA-MINI(7w電池駆動)

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ BOSS KATANA 【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube – BOSS KATANA (動画)


ROLAND ( ローランド ) / MICRO CUBE

MICRO CUBE

7種類のアンプモデルと、CHORUS、FLANGER、PHASER、TREMOLO、HEAVY OCTAVE、DELAY、REVERBなど8タイプのデジタル・エフェクトを搭載のローランド・マイクロキューブ。

iPhoneやiPad を接続してセッションや録音が楽しめるi-CUBE LINK、レコーディング・アウト兼用のヘッドホン端子、チューナー機能を装備。

AC/電池両対応。

出力:3w
本体サイズ:247(W)×172(D)×227(H)mm
スピーカー:12cm
重量:2.7kg
電源:DC9V 単3乾電池×6本, 9V ACアダプター
電池駆動時間目安:約20時間(ニッケル水素電池6本使用時)

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ MICRO CUBE 【サウンドハウス】
◆ MICRO CUBE 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – ROLAND MICRO CUBE (動画)


VOX ( ヴォックス ) / Adio Air GT

Adio Air GT

小型でありながら、出力は50w、バスレフ構造のキャビネットで本格的サウンドのAdio Air GT。単3形乾電池8本で、連続8時間駆動で野外でも使えます。

最大23種のアンプ・モデル、最大19種の高品位なエフェクトを搭載。Bluetoothオーディオに対応し、好きな楽曲をワイヤレスでストリーミング。AUXインプット、USBオーディオ・インターフェイス搭載。

デモ演奏を聴くと、かなりチューブアンプ風のサウンドで、チューブアンプ・ユーザーも満足するのではないでしょうか?

パワー・アンプ出力:最大約25W×2 RMS(8Ω)
電池使用時:最大約2.5W×2(8Ω)
本体サイズ:360(W)× 165(D)× 163(H)mm
スピーカー:3インチ(7.6cm)8Ω×2
重量:2.9kg (電池除く)
電源:単3形電池(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池)×8本、または付属ACアダプター(DC 19V)
電池駆動時間目安:8時間 (アルカリ電池使用時)

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ Adio Air GT 【サウンドハウス】
◆ Adio Air GT 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – VOX Adio Air GT (動画)


YAMAHA ( ヤマハ ) / THR10 / THR5

THR10 / THR5

部屋のインテリアにもマッチする、ヤマハのTHRアンプ・シリーズ。

アンプヘッドのような小さな筐体に8cmのスピーカーが2機搭載され、アンプシュミレーションは、CLEAN、CRUNCH、LEAD、BRIT HI、MODERN (BASS、ACO、FLATはTHR10のみ)、エフェクトはCHORUS、FLANGER、PHASER、TREMOLO、DELAY、DELAY/REVERB、SPRING REVERB、HALL REVERBを搭載。

自宅で鳴らすのはもちろん、USBでPCと接続し音楽制作も可能です(Cubase AIをバンドル)。

*歪みに定評のあるアンプサウンドを集めたTHR10X、高級ブティックアンプや歴史的なヴィンテージアンプのサウンドを搭載したTHR10C、そしてアコースティックギターサウンドに特化したTHR5Aがラインナップに加わりました。

iOSアプリTHR Sessionには、ギターキャンセル機能や、音質を維持したままテンポ・ピッチ変更、ABリピート機能など、ギタリストが必要とするあらゆる機能が搭載されています。

出力:10W(5W+5W)
本体サイズ:360mm×183.5mm×140mm(THR10)、271mm×167mm×120mm(THR5)
スピーカー:8cmフルレンジ x 2
重量:2.8kg (THR10)、2.0kg (THR5)
電源:単三形アルカリ電池またはニッケル水素電池 [eneloop]×8本、ACアダプター
電池駆動時間目安:アルカリ電池 約6時間、ニッケル水素電池 約7時間(使用条件によって異なります)

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ THR10 / THR5 【サウンドハウス】
◆ THRシリーズ 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – YAMAHA THR (動画)


その他 電池駆動対応ギターアンプ:
電池駆動ギターアンプ 【サウンドハウス】
電池駆動ギターアンプ 【イシバシ楽器】


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です