FENDER / Jimmy Page Telecaster Dragon

ジミー・ペイジの音を再現するならこの機材!

レスポール,ジミーペイジ

レッド・ツェッペリンのギタリスト Jimmy Page (  ジミー・ペイジ )のギターサウンドを出すために必要な機材(ギター、エフェクター、ギターアンプ)を紹介。

ジミー・ペイジの音を再現するならこの機材!


音作りのコツ

ジミー・ペイジといえばレスポールマーシャル・アンプが有名ですが、この組み合わせになるのは、2枚目のアルバムLed Zeppelin II からで、それ以前は、ローズ指板の59年製のテレキャスター+スプロアンプ+ファズ/トレブルブースターという組み合わせ。

テレキャスターというと細い音のイメージですが、ローズ指板テレキャスターは非常に太い音がします。

またスプロアンプの中域の太いサウンドも、テレキャスターとの相性が良かったのでしょう。

2nd以降、ジミー・ペイジがレスポールを使い始めたのもテレキャスターに似ていたからという話ですが、レスポールでも使い方次第では、テレキャスター風のサウンドを出すことが可能です。

シングルコイルのテレキャスターに比べ、太い音のするレスポールですが、アンプのハイを上げ、ローを絞ります。

その状態でピックアップセレクターを真ん中にセットすると、通常のレスポールでもジミー・ペイジ風の色気のあるキラキラしたサウンドになります(ギターのボリュームを少し絞ると良いかも)。

ピックアップセレクター/ Jimmy Page ( ジミー・ペイジ )の音作り

その際は、あまり歪ませすぎないこと。

歪ませてしまうと、綺麗なミックスサウンドが聞こえなくなってしまいます。

ストラトキャスターで再現する場合も、リアやフロントPUではなく、センターPUを選択するとらしく聴こえるでしょう。

また、ジミー・ペイジのレスポール(通称:No.2)には特殊配線が施されており、プッシュ/プル式のポットと、ピックガード下にある2つのスイッチで、コイルスプリット(コイルタップ)、シリーズ/パラレル、フェイズサウンドが得られるようになっています。

ジミー・ペイジのNo.2を再現したレスポール

以下の動画はレプリカですが特殊配線の一部のサウンド(コイルスプリット)を聴くことができますが、テレキャスターっぽい音ですよね(2:54~から)。


▼Jimmy Page’s Gear

ギター

ジミー・ペイジとレスポスタンダード

ジミー・ペイジが愛用したギター、もしくはジミー・ペイジになりきるためのギターの紹介。

ジミー・ペイジというとレスポールのイメージですが、実はテレキャスターをはじめ数多くのギターを使用しています、詳しく見てみましょう。

FENDER Telecaster

FENDER 60s Telecaster

ジミー・ペイジがヤードバーズ時代と、レッド・ツェッペリンの1stアルバムでぶっとい音を出していたのはジェフ・ベックからプレゼントされたというホワイトブロンドフィニッシュのテレキャスター。

のちに塗装を剥がしドラゴンカラーにリペイントされるこのギターは、59年製テレキャスター(ネックデイトは58年)で、ローズ指盤、ボディー材はアッシュ。

ブリッジはボディートップから弦を張るトップローディングだったと言われています。

トップローディングとはボディー裏側から弦を張る従来のテレキャスターとは異なり、ブリッジに後方に開けられた穴から弦を貼る方式のことで、実際に使用してみると、トップローディングは歪んだ音とのバランスが非常に良くなりますので交換してみるのもおすすめです(裏通しだとクリーンの音は太いのですが、歪ませるとジャリジャリした音になってしまいます)。

トップローディング仕様の59年製テレキャスター

トップローディング仕様のテレキャスター
トップローディング仕様のテレキャスター

詳しくこちらで:

またピックアップはセンターの位置でフェイズアウト(逆位相)で配線されていたようです~フェンダー・テレキャスター・プレイヤーズ・ブックp.37より~。

テレキャスターを揃えるなら理想はアッシュボディ、ローズウッド指板ですが、現行モデルでこの組み合わせはあまり見かけませんので、アルダーボディの60sモデルでも良いと思います。

ブリッジをトップローディング対応のものに交換するのも手ですね。

 

✅60s Telecaster:
サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

YouTube – FENDER 60s Telecaster (動画)


FENDER Jimmy Page Telecaster

FENDER / Jimmy Page Telecaster Mirror

FENDER / Jimmy Page Telecaster Dragon

ジミー・ペイジがヤードバーズからレッド・ツェッペリン初期に愛用していたミラーテレキャスター、ドラゴンテレキャスターがフェンダーから発売されました。

ジミー・ペイジやロリー・ギャラガーが使用した1959年仕様のテレキャスターが再現されています。

特徴は弦を裏からではなくブリッジ後方から弦を張るトップローディング仕様。

初期のレッド・ツェッペリンのライブ動画でもトップローディングが確認できます(弦のボールエンドが見えますね)。
ボディー裏側ではなく表側から弦を張るトップローディング仕様のテレキャスターブリッジ

※このジミー・ペイジ・テレキャスターは裏通しにも対応しています。
※ミラーは付属のみで貼付けされていません。

FENDER Jimmy Page Telecasterは裏通し、トップローディング両対応

※ジミー・ペイジのテレキャスターはピックアップはセンターの位置でフェイズアウト(逆位相)で配線されていたようですが、メーカーサイトを見てもそのような記述はありませんでしたのでおそらく通常のパラレル配線だと思われます。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
FENDER Jimmy Page Telecaster – YouTube (動画)


GIBSON Les Paul Standard

GIBSON Custom Shop 1959 Les Paul Standard Reissue

ジミー・ペイジ と言えばレスポール・スタンダード。

アンプの高域を強めにして弾くとらしくなります。

通常のレスポールでもセンター(ミックス)ポジションで弾くとジミー・ペイジ風のキラキラしたサウンドになります。

また、ペグをクルーソンに比べ、大きく重量のあるGROVER ( グローバー )ペグに交換すると高域が増しさらにジミー・ペイジ・サウンドに近づきますので、ファンなら交換したいところです。

大きく重量のあるGROVERペグに交換するのはジミー・ペイジ・サウンドには欠かせない改造です
SGのペグをGROVER ( グローバー )に交換した時の記事です

サンバーストのレスポール・スタンダード以外にも3ピックアップ、ビグスビートレモロ搭載のレスポール・カスタムも愛用していました。

ジミー・ペイジとレスポール・カスタム

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – Gibson Les Paul Standard(動画)


GIBSON EDS-1275

GIBSON EDS-1275 Doubleneck

 

イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – EDS-1275 (動画)

FENDER Alternate Reality Electric XII

FENDER Alternate Reality Electric XII

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

 YouTube – FENDER Electric XII (動画)

レコーディングではFender Electric XIIという12弦ギターが使われたようですが、ライブではSGシェイプのWネック(12弦、6弦)が天国への階段やThe Song Remains The Sameで使用されました。

ジミー・ペイジとGIBSON / EDS-1275

細かいこと言うと、ジミー・ペイジ愛用のEDS-1275はカスタム仕様でテールピースがレギュラーモデルより後方に付いているのが特徴です。

細かいこと言うと、ジミー・ペイジ愛用のEDS-1275はカスタム仕様でテールピースの位置が違います


Danelectro 59

Danelectro/ 59

ダンエレクトロの3021がリイシュー。

ジミー・ペイジは主に変則チューニング、スライド用に使っています。

ジミー・ペイジとダンエレクトロの3021

ボディーは一般的なエレキギターのようなソリッドではなく空洞のあるホロウボディー構造の独特な音色を持ったエレキギターです。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

 YouTube – Danelectro 59 (動画)


MARTIN D-28

MARTIN / D-28

ZEPの初期はハーモニー、中期からはこのマーティンがD-28が良く使われました。

ジミー・ペイジとMARTIN / D-28

D-28はD-45と並ぶマーティンの代表機種。

ゴージャスな仕様のD-45に比べD-28はシンプルな装飾のギターです。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

 YouTube – MARTIN D-28 (動画)


FENDER Stratocaster

FENDER 60s Stratocaster

アルバム『PRESENCE』のFor Your Lifeや『In Through The Out Door』のIn The Evening等で使われたのはレイクプラシッドブルーが鮮やかな60年代前半のストラトキャスター。

ジミー・ペイジとFENDER / Stratocaster

60s仕様でカラーはレイクプラシッドブルーなら完璧です。

 

60s Stratocaster
サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

FENDER 60s Stratocaster – YouTube (動画)


FENDER American Nashville B-Bender

FENDER / American Nashville B-Bender

ストリングベンダー1 ストリングベンダー2

TEN YEARS GONEやHot Dogなどで使われているストリングベンダー。

ジミー・ペイジとストリングベンダー付きテレキャスター

ストリングベンダーとは、ギターを押し下げることで2弦をベンドしぺダル・スティール・ギターのような効果を出すことが出来るシステムです。

フェンダーからAmerican Nashville B-Benderというストリング・ベンダー付きテレキャスターがありましたが現在は廃盤。

装着にはボディーを大きくザグる必要があるためになかなか難しいですが、ジミー・ペイジを再現するには欠かせないシステムです。

FENDER American Nashville B-Bender – YouTube (動画)


K&T ピックアップ ZOSO

K&T PICKUP ZOSO

完全手巻きピックアップで再現する至極のZEPサウンド(テレキャスター用)

 

posted with カエレバ

 YouTube – K&T ZOSO (動画)


アンプ

ジミー・ペイジが愛用したギターアンプ、もしくはジミー・ペイジになりきるためのギターアンプの紹介。

MARSHALL 1959 ( 100w )

MARSHALL / 1959

2ndアルバムから登場したマーシャル1959。

レスポールとの組み合わせはハードロックの定番サウンド。

歪ませるにはアッテネーターを使ったほうが良いでしょう。

Spec;
真空管:ECC83x3、EL34x4
重量:20.5kg

最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。

マーシャル系ペダル特集

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – marshall 1959SLP (動画)


MARSHALL SV20 ( 20w / 5w )

MARSHALL / SV20コンボ MARSHALL / SV20ヘッド

お手頃サイズの1959をお探しならこのSV20(Studio Vintage)がおすすめ。

MARSHALL 1959SLPを元に開発された出力20w(5w切り替え可能)のモデルです。

オリジナル1959同様の4Input入力をもち、マスターボリュームは未搭載ですが5wモードもあるので100wの1959よりも歪みは得やすいでしょう。

MARSHALL / SV20のコントロール

リアパネルにはエフェクトループ、DIアウト、スピーカーアウト搭載。

MARSHALL / SV20のバックパネル

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
スピーカー:1×10″ Celestion V-Type(コンボのみ)
スピーカー出力: × 5 (16Ω×1、8Ω×2、4Ω×2)
真空管:3xECC83 / 2xEL34
重量:
H460xW500xD245、15.85kg(コンボ)
H240xW500xD230、9.25kg(ヘッド)

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

 YouTube – MARSHALL SV20(動画)


MARSHALL Origin シリーズ

MARSHALL / Origin シリーズ・コンボ MARSHALL / Origin シリーズ・ヘッド

Marshall ORIGIN シリーズはヴィンテージマーシャルを踏襲しながらも、ゲイン・ブースト機能、サウンドキャラクターを変化させられるTILTコントロールを搭載し、モダンなオーバードライブ・サウンドも出力可能なモデルです。

※TILTコントロールはTHE AMP SHOP西田製作所さんの動画によりますと、ヴィンテージの4インプット仕様のマーシャルアンプのチャンネルリンクのサウンドを再現したものだそうです。

MARSHALL / Origin シリーズのコントロール

※写真はORIGIN 20

5wのORIGIN 5、20wのORIGIN 20、50wのORIGIN 50をラインナップ。

それぞれ出力を落とすことの出来るパワーリダクションスイッチを搭載しているので音量を出せない自宅練習にも。

エフェクトループ搭載。

アンプヘッドとコンボをラインナップ。

※ORIGIN 5はコンボのみ
※付属の2Wayフットスイッチでゲインブースト機能とエフェクトループ機能のON/OFFが可能です。

 


SUPRO 1695T Black Magick

SUPRO 1695T Black Magick Combo

レッド・ツェッペリンの1stと2ndの一部でジミー・ペイジが使用したという伝説のアンプ、Supro(スプロ)が発売。

コンボならではの箱鳴りはスタックタイプのマーシャルとはまた違った魅力的なトーンを持っています。

さて、ジミー・ペイジは一体どのアンプを使ってレコーディングしたのでしょうか??

HOWL GUITARSのブログによると、

Led Zeppelin Iの録音ではSuproの12″x1のアンプを使用したというのが定説で、最近まではずっとこの1624Tが使用されたと思われていました。

が、実際のところは1690TN “Coronado" に12″のスピーカーをインストールしたカスタムビルド物という説が濃くなっているそうです。

SUPRO / 1695T Black Magickは、ジミー・ペイジがロックンロール・ホール・オブ・フェイムへ貸し出した2 x 10仕様の’59 Supro を元に開発したという1695T Black Magick(25w)が発売されました。

オリジナル・キャビネットの寸法を使用しつつも、スピーカーをカスタム設計の1 x 12へ変更し、伝説のロックサウンドをより扱いやすく再設計。

アンプヘッドもラインナップ。

SUPRO 1695T Black Magick Head

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

 YouTube – SUPRO 1695T Black Magick (動画)


エフェクター

ジミー・ペイジが愛用したギターエフェクター、もしくはジミー・ペイジになりきるためのギターエフェクターの紹介。

ヤードバースからレッド・ツェッペリン初期(1970年のRoyal Albert Hallあたり)まではアンプの歪みに加えトーンベンダー(ファズ/トレブルブースター)をON。

中期以降の例えば1976年の『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ The Song Remains the Same(1976年)』あたりになるとファズの歪みというよりはマーシャルアンプの歪み+ブースター(テープエコー)に変わります。

JIM DUNLOP CRY BABY

JIM DUNLOP CRYBABY

ジミー・ペイジのプレーには欠かせないワウ(JEN)。

ワウワウさせながらフレーズを弾くのはもちろん、アンプのトレモロ(ビブラート)的に使うのもジミー・ペイジ の特徴です。

JENの後継といえるのが、このジムダンロップです。

CryBabyは様々なアーティストモデルやミニサイズのペダルなどもラインナップ。

[ 定番ワウ ] VOXとJIM DUNLOPのワウ おすすめはどっち?[ 比較 ]

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – JIM DUNLOP CRY BABY(動画)


Catalinbread RAH

Catalinbread / RAH

レッド・ツェッペリン伝説のロイヤル・アルバート・ホール(1970年)のライブサウンドを再現したペダル。

この日のジミー・ペイジは強く歪むよう改造されたHIWATTとマーシャルキャビネットを使用。

Catalinbread RAHはそのサウンドの再現です。

 YouTube – Led Zeppelin Live at Royal Albert Hall 1970 (動画)

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Catalinbread RAH (動画)


SUPRO Drive

SUPRO / Drive

ペイジもレッド・ツェッペリンの1stアルバムと2ndアルバムの一部で使用したという、Suproアンプのトーンを再現したドライブペダル。

コンボならではの箱鳴り感は巷にあふれるペダルで再現するのはなかなか難しいです。

これにトーンベンダー系ファズを噛ませれば初期のZEPサウンドは完璧かも。

コントロールは、Volume、Gain、Tone他、ヴィンテージサウンドのBOLD、コンプレッション感のあるRICH モードスイッチを搭載。

また、エクスプレッション・ペダルを接続することで、ペダルでのゲインコントロールが可能(ペダルを使用中に、ゲインノブを最大値にセットしますと、ユーザーが調整可能な内部トリマーが最小値にセットされEXP. ペダルでのコントロールが可能となります)。

SUPRO / Driveの入出力

電圧は9v/18vに対応、トゥルーバイパス

他にもあるぞ!スプロアンプサウンドの出る歪みペダル。

SUPROアンプの出る歪みエフェクターを探す

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – SUPRO Drive (動画)


MARSHALL THE GUV‘NOR

Marshall The Guv’nor

長らく廃盤であったマーシャルのドライブペダルが復刻されました!!

THE GUV‘NORは、マーシャル伝統の1959(100w)、1987(50w)あたりのスタックサウンドを再現したディストーションです。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Marshall The Guv’nor (動画)

Tsuneくん
ジミー・ペイジのハイ上がりのエッジの効いたサウンドは本家マーシャルのTHE GUV‘NORが最適です!まずは音を聴いてみて下さい。


Manlay Sound Bender

Manlay Sound 65/66 BenderManlay Sound Super BenderManlay Sound MK III

ジェフ・ベックビートルズも愛用したトーンベンダーがManlay Sound ( マンライサウンド )から。

※2014年3月以降のモデルには"ヴィンテージ/モダン"のバイアススイッチを搭載しています。

Ronno Bender(65 Bender):
Yardbirds時代のジェフ・ベックや、The Whoのピート・タウンゼントなどが愛用したTone Bender MK1のレプリカ。

ゲルマニウム・トランジスタをベースにコンプレッション感のある中域に特徴のあるウォームなファズサウンドを表現しています。

66 Bender
かの有名なFuzz FaceとVox Tone Benderにインスパイアされたサーキットが印象的なTone Bender MK1.5のレプリカ。

2つの完全ハンドセレクトのゲルマニウム・トランジスタにより極上の60′s ファズトーンを生み出しています。

ビートルズ・ファンにはあのRubber Soulの Think for Yourself のファズサウンドといえば良く分かるクラシックファズの銘機です。

Super Bender
ジミー・ペイジがヤードバーズ後期からレッド・ツェッペリンの初期のアルバムで使用したことでも有名なTone Bender MK2のサウンドを再現。

ZOSO logoバージョンもラインナップ。

MK3
トーンベンダーの完成系ともいえる1968年のサウンド再現。

オリジナルのトーンベンダーMK3はRotosoundブランドのバージョンが有名です。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Manlay Sound Bender (動画)



DANELECTRO THE BREAKDOWN [BR-1]

DANELECTRO / THE BREAKDOWN [BR-1]

ジミー・ペイジも60~70年代初期に愛用したファズ/トレブルブースター Univox UD-50 Uni-DriveをDANELECTROが再現。

ポジション1~3はソフトな歪み、4~6は強烈な歪みを生み出します。

9V DC センターマイナスのアダプターのみに対応(電池の使用不可)。

オリジナルはペダルタイプですがそのサウンドは非常に似ていると思います。

 YouTube – Univox ud50 uni-drive (動画)

 

posted with カエレバ
 YouTube – DANELECTRO THE BREAKDOWN (動画)


MXR PHASE 90

MXR PHASE90

70年代の定番エフェクターであるフェイザー。

代表的機種であるMXRのPHASE90の他、70年代のものを再現した’74 Vintage Phase90やヴァン・ヘイレン・シグネチャーもラインナップ。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Phase90 (動画)


JIM DUNLOP EP103 Echoplex Delay

JIM DUNLOP EP103 Echoplex Delay

JIM DUNLOP EP103 Echoplex Delayは、ジミーも愛用したテープエコーの名機マエストロ「Echoplex(エコープレックス) EP-3」を再現したディレイペダルです。

Maestro(マエストロ)エコープレックスEP-3

テープエコーは現在主流のデジタルディレイと比べると柔らかなサウンドが特徴で、またテープエコーのプリアンプはつなぐだけで音が太くなると言われ、当時のギタリストの多くが愛用していました。

JIM DUNLOP EP103 Echoplex Delayは、ディレイ(タイムを設定)、サステイン(リピート回数を設定)、ボリューム(エフェクト・レベルを調整)に加え、テープエコー独特のテープ・サチュレーション(歪み)がアップする AGEモードを搭載したテープエコーのサウンドをリアルに再現した定番モデルです。

ディレイタイムは65~750msですが、外部タップテンポ・スイッチを接続することにより、最大4000msのディレイタイムを実現。

プリアンプ部は再現されていませんが、下記のEchoplex Preampと組み合わせればEchoplex EP-3の完成です。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube | Jim Dunlop EP103 Echoplex Delay (動画)

Dunlop EP103 Echoplex Delay Pedal Demo:

Tsuneくん
EP103 Echoplex Delayはこんなカッコいい音がします。オリジナルのテープエコー同様”発振”もします👍(4:45~)。

JIM DUNLOP Echoplex Preamp

JIM DUNLOP Echoplex Preamp

こちらはエコーではなく、マエストロ社のエコープレックスEP-3のプリアンプ部を再現したブースター。

エコープレックスはエコーの他に繋ぐだけで音が太くなるというブースター/プリアンプ効果で多くのギタリストに愛用されました。

Echoplex Preampは、FETを使用したそのオリジナル回路レイアウトをそのまま再現し、ゲインを+11dBまでアップ。

エコー機能はありませんが、上記EP103 Echoplex Delayと組み合わせれば「Echoplex(エコープレックス) EP-3」の完成です。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – JIM DUNLOP Echoplex Preamp (動画)


MXR M293 Booster Mini

MXR M293 Booster Mini

MXR M293 Booster Mini、人気の JIM Dunlop Echoplex Preamp の唯一の欠点であったBoost幅+11dBを、MXRのテクノロジーにより+25dBまでアップし、さらにトーンコントロールを追加したモデルです。

内部のトリムポットでEchoplex Preampサーキットのアウトプットをコントロールすることが出来ます。

MXR / M293 Booster Mini内部のトリムポット

小さくエフェクトボードに収めやすくなったのもポイントです。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube – MXR M293 Booster Mini(動画)



DIGITECH Mosaic

DIGITECH / Mosaic

DIGITECH Mosaicは、12弦ギターの音色を再現するためのエフェクターです。

これがあれば Stairway To Heavenや The Song Remains The Sameの12弦サウンドも可能です。

レベルつまみ:
このつまみを使用すると、1オクターブ上のエフェクトサウンドのレベルを調整できます。

つまり、12弦ギターのような音色を強調したり、控えめにすることができます。

トーンつまみ:
トーンつまみを回すことで、エフェクト全体のブライトネス(明るさ)を調整できます。

これにより、音色のカスタマイズが可能で、好みのサウンドに合わせて調整できます。

トゥルーバイパス:

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – DIGITECH Mosaic (動画)

DigiTech Mosaic 12-string Guitar Emulation Pedal Review by Don Carr:


アクセサリー

HERCO FLEX75

JIM DUNLOP / HERCO FLEX

ジミー・ペイジのトーンはこのヘルコ/Flex 75がないと始まりません。

ピックがやや減ったときの弦を引っ掻くようなカリッとした音がないとジミー・ペイジのトーンとしては物足りないんですよね。

Flex 75はマイケル・シェンカーが愛用していたピックとしても有名です。

1960年代の型から再現したこだわりのピック Vintage 66 Nylon Picksも。

HERCO Vintage 66 Nylon Picks

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ


ERNIEBALL SUPER SLINKY

ERNIEBALL / SUPER SLINKY

ジミー・ペイジは昔から.009~.042のゲージを愛用。

メーカーはERNIEBALL ( アーニーボール ) スーパー・スリンキーが有名ですね。

ワウンド弦にピュア・ニッケル・メッキの巻線を採用し、豊かで深みのあるヴィンテージ・トーンが特徴のCLASSIC SUPER SLINKYも

ERNIEBALL / CLASSIC SUPER SLINKY

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ


その他ギタリストの機材はこちらから

2019年7月25日ギタリスト

Posted by Tsune