ランディー・ローズの音を現行モデルで再現

LINEで送る
Pocket

ランディー・ローズの使用機材

オジー・オズボーン・バンド の初代ギタリスト Randy Rhoads ( ランディー・ローズ )。惜しくも彼は’82年3月の飛行機事故でこの世を去ってしまうのですが、彼が残したドラマチックなフレーズは後生のギタリスト達に多大なる影響を与えました。

そんなランディー・ローズのサウンドを現在発売されている機材で再現してみようというページです。



ギター

GIBSON ( ギブソン ) / Gibson Les Paul Custom

Gibson Les Paul Custom

ランディー・ローズの愛機といえばクリーミー・ホワイトの74年製ギブソン・レスポール・カスタム。

カスタムはスタンダードに比べ中域が太く柔らかな音が特徴といわれているので、ファンならばスタンダードではなくカスタムを狙いたいところ。

噂によると1stアルバムのバッキングのほとんどはカスタムらしいですよ。

🖥ショップで探す📲

Les Paul Custom 【イシバシ楽器】
Les Paul Custom 【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube – Gibson Les Paul custom (動画)


1974 Les Paul Custom
ランディー・ローズ愛用の、74年製ギブソン・レスポール・カスタムは従来のものと違い、ネックは3ピースのマホガニー、ボディ材はトップにメイプル、ボディバックはマホガニー/メイプル/マホガニーと材を貼りあわせたパンケーキ構造と呼ばれるちょっと変わった仕様で、ヴィンテージ的価値はないものの、ランディー・ローズ仕様ということで一部の方には人気があります。

少し前にランディー・ローズ・モデルとしてや、1974 Les Paul Customとしてギブソンから発売されましたので、こだわる方は探してみてもよいでしょう。もちろんヴィンテージの1974年製カスタムでもOK(70年代のレスポールならさほど高くないので)。

🖥ショップで探す📲

◆ 1974 Les Paul Custom 【イシバシ楽器】

👉レスポールの選び方


JACKSON ( ジャクソン ) / JACKSON Randy Rhoads

JACKSON Randy Rhoads

通称ランディーV、左右非対称のボディーにコンコルドヘッド、このシェイプにファンは多いのでは?

🖥ショップで探す📲

JACKSON Randy Rhoads 【サウンドハウス】
JACKSON Randy Rhoads 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – JACKSON Randy Rhoads (動画)


JACKSON ( ジャクソン ) /JS1X RR Minion

JACKSON ( ジャクソン )から発売の非対称V(ランディー・ローズV)のミニギター

おなじみのシャークフィン・インレイの入ったローズウッドネックにグラファイトで補強されたメイプル・ネックをボルト・オン。

弦長(スケール)は22.5インチ(572mm)

ファンならコレクションに加えたい1本ですね。

🖥ショップで探す📲

◆ 【サウンドハウス】

Youtube 動画 Jackson JS1X RR Minion – YouTube (動画)


ピックアップ / PU

Super Distortion:
Super Distortion
PAF:
PAF
ランディーローズのPUの紹介です。74年製レスポール・カスタムのPUはストックのままで特に変更はないようですが、カール・サンドバル・デザインのポルカドットV(水玉V)のPUは、リアにDIMARZIO ディマジオのスーパーディストーション、フロントに同じくディマジオのPAFが搭載されていたようです。

SuperDistortion( DP100 )は70~80年代を代表するハイゲイン系PUで、PAF(DP103)は文字通りギブソン社のPAFを再現したPU。

直流抵抗値:
DP100 Super Distortion:13.68k
DP103 PAF 36th Anniversary:7.31k

🖥ショップで探す📲

■ Super Distortion 【サウンドハウス】
◆ Super Distortion 【イシバシ楽器】

■ PAF 【サウンドハウス】
◆ DIMARZIO PAF 【イシバシ楽器】

👉その他PU


アンプ

MARSHALL ( マーシャル ) / 1959SLP(100w)

MARSHALL 1959SLP

ゲインアップされたマーシャル1959と、MXRディストーション+との組み合わせがランディー・サウンドの基本です。ヴィンテージに近い仕様のハンドワイヤーモデル1959HWもラインナップ。

少し前にはホワイトトーレックスのランディー・ローズ・モデルも発売され、インプットIは通常のJMP1959相当のサウンド、インプットIIは2203のようなマスターボリューム仕様になるという特別仕様で話題になりました(その場合のMasterがVol.I、GainがVol.II。マーシャルユーザにおなじみのカスケード接続は不可とのこと)。

最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。
マーシャル系ペダル特集

🖥ショップで探す📲

■ MARSHALL 1959SLP【サウンドハウス】
◆ MARSHALL 1959SLP 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – marshall 1959SLP (動画)
👉MARSHALL アンプ特集


エフェクター

MXR / DISTORTION+

DISTORTION+

荒い歪みが特徴のディストーション+、低域の出るマーシャルとの相性はピッタリ。まさにランディー・ローズ

🖥ショップで探す📲

■ DISTORTION+【サウンドハウス】
◆ MXR DISTORTION+ 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – MXR DISTORTION PLUS (動画)
👉MXR の歪み系エフェクター


MXR / M117R Flanger

M117R Flanger

ランディー・ローズ に欠かせないフランジャー。強めにかけてスイッチング・トレモロ奏法を決めたいですね。

🖥ショップで探す📲

■ M117R Flanger【サウンドハウス】
◆ MXR M-117R 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – M-117R FLANGER (動画)
👉フランジャー特集


MXR / STEREO CHORUS

STEREO CHORUS

ランディーローズ愛用のコーラスはMXRステレオコーラス。現行モデルではベース、トレブルコントロールを追加搭載したバージョンアップモデルをラインナップ。

🖥ショップで探す📲

■ STEREO CHORUS【サウンドハウス】
◆ MXR STEREO CHORUS 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – MXR STEREO CHORUS (動画)
👉コーラス特集


MXR ( エムエックスアール ) / 10 BAND GRAPHIC EQ

10 Band Graphic EQ

ランディー・ローズ愛用のMXR10バンド・イコライザー。10BANDということで細かなブースト/カットが可能です。

サウンド聴く限りでは500hzや1khzあたりを中心に持ち上げてる感じでしょうか?

シルバーカラー、アルミ製ボディー、トゥルー・バイパス、さらにノイズリダクションが搭載された10バンド・イコライザーM108Sが発売されました。

🖥ショップで探す📲

■ 10 Band Graphic EQ【サウンドハウス】
◆ MXR 10 BAND GRAPHIC EQ 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – MXR 10 BAND GRAPHIC EQ (動画)
👉イコライザー特集


VOX ( ヴォックス ) / V847-A

V847-A
ランディーローズの場合、ブルージーに決めるのではなく飛び道具的な使い方です。

🖥ショップで探す📲

■ V847-A【サウンドハウス】
◆ V847-A 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – V847-A (動画)
👉ワウ特集


その他

WIZARDS of OZZ 闇の帝王を支えたギタリスト達

ランディ・ローズ

ランディローズ バンドスコア

ランディー・ローズ/オジー・オズボーンのコピーはスコアで。


おすすめCD

Blizzard of Ozz

1980年発売

収録曲:
I Don’t Know / Crazy Train / Goodbye To Romance Dee / Suicide Solution / Mr. Crowley / No Bone Movies /Revelation (Mother Earth) Steal Away (The Night) /

ブラック・サバスを脱退したオジー・オズボーンがクワイエット・ライオットのギタリスト、ランディー・ローズを発掘。クラシカルな泣きのメロディーラインは素晴らしい。


Diary of a Madman

1981年発売

収録曲:
Over The Mountain / Flying High Again / You Can’t Kill Rock And Roll / Believer / Little Dolls / Tonight S.A.T.O. / Diary Of A Madman /

1st以上にポップで聴きやすい。若くしてこの世を去ったランディー・ローズのギターフレーズは、後のギタリストに多大な影響を与えました。


Tribute

1987年発売

収録曲:
I Don’t Know / Crazy Train / Believer / Mr. Crowley / Flying High Again / Revelation (Mother Earth) / Steal Away (The Night) (with drum solo) / Suicide Solution (with guitare solo) / Iron Man / Children Of The Grave / Paranoid / Goodbye To Romance / No Bone Movies / Dee (Randy Rhoads Studio Out-Takes) /

ランディー・ローズのライブ音源は海賊版しか出回っていなかった時代、海賊版と思って購入したら正規版だったという思い出があります(^^)。DEEにはランディーの肉声が。


Randy Rhoads Years

1993年発売

収録曲:
Trouble Laughing Gas (Randy Guitar Solo) / Afterglow (Of Your Love) / Killer Girls / Picking Up The Pieces / Last Call For Rock’n’ Roll / Breaking Up Is A Heartache / Force Of Habit / It’s Not So Funny / Look In Any Window /

クワイエット・ライオット時代のアルバムをリマスター(ボーカルは再録)。荒削りではあるが、Goodbye To Romanceや、Suicide Solutionのプロトタイプ的リフや、(当たり前ですが)いかにもランディーが弾きそうなフレーズが満載でファンなら楽しめるでしょう。

未発表曲Breaking Up Is A Heartache、やLaughing Gas (Randy Guitar Solo)はなかなか聴き応えあります。

このアルバムが発売されたおかげて幻?の1st、2ndを苦労して手に入れる必要がなくなりました>ここに収録されている曲以外はあまり良くないですから(^^;)。


ギタリスト・ギア特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です