ランディー・ローズの左足元に注目!

ランディー・ローズの音を再現するならこの機材!

レスポール,ランディーローズ,オジーオズボーン

オジー・オズボーン・バンド の初代ギタリスト Randy Rhoads ( ランディー・ローズ )のギターサウンドを出すために必要な機材(ギター、エフェクター、ギターアンプ)を紹介。

ランディー・ローズの音を現行モデルで再現


ランディー・ローズの音作り

ランディー・ローズといえばマーシャルアンプにMXRのDistortion +ディストーションが有名ですが、オジー加入前のクワイエット・ライオット期の『Quiet Riot I』『Quiet Riot II』やオジー・オズボーンの1stアルバム『Blizzard of Ozz』のサウンドを聴くと、かなり中域が持ち上がったサウンドになっています。

 

ランディーは上記機材の他、MXRの10バンド・イコライザーを使用していましたので、おそらく500hzや1khzあたりを中心に持ち上げていたと思われます。

MXR 10 BAND GRAPHIC EQ

写真はシルバーカラー、アルミ製ボディー、トゥルーバイパス、さらにノイズリダクションが搭載された新しい10バンド・イコライザーM108S。

使用ギターやアンプの設定にもよりますが、BOSSのイコライザー(GE-7)なら800hzあたりを中心に持ち上げてあげるとそれらしいサウンドが得られると思います。

MXR Distortion +とBOSS GE-7でランディー・ローズ(1stアルバム)のサウンドを作る


▼Randy Rhoads’s Gear

ギター

ランディー・ローズが愛用したギター、もしくはランディー・ローズになりきるためのギターの紹介。

GIBSON Les Paul Custom

GIBSON / Les Paul Custom ホワイトカラー

ランディー・ローズの愛機といえばホワイト(経年劣化でクリーム色になった)の74年製ギブソン・レスポール・カスタム。

ランディーローズ愛用のレスポールカスタム

カスタムはスタンダードに比べ中域が太く柔らかな音が特徴といわれているので、ファンならばスタンダードではなくカスタムを狙いたいところ。

噂によると1stアルバムのバッキングのほとんどはカスタムらしいですよ。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – Gibson Les Paul custom (動画)


1974 Les Paul Custom

ランディー・ローズ愛用の、74年製ギブソン・レスポール・カスタムは従来のものと違い、ネックは3ピースのマホガニー、ボディー材はトップにメイプル、ボディーバックはマホガニー/メイプル/マホガニーと材を貼りあわせたパンケーキ構造と呼ばれるちょっと変わった仕様で、ヴィンテージ的価値はないものの、ランディー・ローズ仕様ということで一部の方には人気があります。

少し前にランディー・ローズ・モデルとしてや、1974 Les Paul Customとしてギブソンから発売されましたので、こだわる方は探してみてもよいでしょう。

もちろんヴィンテージの1974年製カスタムでもOK(70年代のレスポールならさほど高くないので)。

 

イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ


JACKSON Randy Rhoads

JACKSON RR-RT3

JACKSON RR-RT5

JACKSON RR-RTT

通称ランディーV、左右非対称のボディーにコンコルドヘッド、このシェイプにファンは多いのでは?

JACKSON Randy Rhoads V

オリジナルはトレモロレスですが、現在はカラーを含め様々なバリエーションモデルがあります。

その他、オジー・オズボーン加入前のクワイエット・ライオット時代から愛用の、カールサンドバルデザインの水玉模様のフライングV ”Polka Dot V”や、オジー・オズボーン加入初期には同じジャクソン製のネックジョイントがやや深いデザインのVも愛用していました。

ランディーローズ愛用のV

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – JACKSON Randy Rhoads (動画)


JACKSON JS1X RR Minion

JACKSON RR-MINION

JACKSON ( ジャクソン )から発売の非対称V(ランディー・ローズV)のミニギター

おなじみのシャークフィン・インレイの入ったローズウッドネックにグラファイトで補強されたメイプルネックをボルト・オン。

弦長(スケール)は22.5インチ(572mm)

ファンならコレクションに加えたい1本ですね。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 Jackson JS1X RR Minion – YouTube (動画)


ピックアップ / PU

DIMARZIO SuperDistortion ( DP100 )DIMARZIO PAF ( DP103 / DP223 / DP151 / DP213 )

ランディー・ローズのPUの紹介です。

74年製レスポール・カスタムのPUはストックのままで特に変更はないようですが、カール・サンドバル・デザインのポルカドットV(水玉V)のPUは、リアにDIMARZIO ディマジオのスーパーディストーション、フロントに同じくディマジオのPAFが搭載されていたようです。

SuperDistortion( DP100 )は70~80年代を代表するハイパワーなPUで、PAF(DP103)は文字通りギブソン社のPAF(Patent Applied For)を再現したPU

直流抵抗値:
DP100 Super Distortion:13.68k
DP103 PAF 36th Anniversary:7.31k

 

Super Distortion

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP100 – YouTube (動画)

PAF

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO PAF – YouTube (動画)


アンプ

ランディー・ローズが愛用したギターアンプ、もしくはランディー・ローズになりきるためのギターアンプの紹介。

MARSHALL 1959SLP ( 100w )

MARSHALL / 1959

ゲインアップされたマーシャル1959と、MXRディストーション+との組み合わせがランディー・サウンドの基本です。

MARSHALL / 1959のコントロール

少し前にはホワイトトーレックスのランディー・ローズ・モデルも発売されましたが、インプットIは通常のJMP1959相当のサウンド、インプットIIは2203のようなマスターボリューム仕様になるという特別仕様で話題になりました(その場合のMasterがVol.I、GainがVol.II。

マーシャルユーザにおなじみのカスケード接続は不可とのこと)。

Marshall 1959RR

Spec;
真空管:ECC83x3、EL34x4
重量:20.5kg

最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。

マーシャル系ペダル特集

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – marshall 1959SLP (動画)


MARSHALL SV20 ( 20w / 5w )

MARSHALL / SV20コンボ MARSHALL / SV20ヘッド

お手頃サイズの1959をお探しならこのSV20(Studio Vintage)がおすすめ。

MARSHALL 1959SLPを元に開発された出力20w(5w切り替え可能)のモデルです。

オリジナル1959同様の4Input入力をもち、マスターボリュームは未搭載ですが5wモードもあるので100wの1959よりも歪みは得やすいでしょう。

MARSHALL / SV20のコントロール

リアパネルにはエフェクトループ、DIアウト、スピーカーアウト搭載。

MARSHALL / SV20のバックパネル

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
スピーカー:1×10″ Celestion V-Type(コンボのみ)
スピーカー出力: × 5 (16Ω×1、8Ω×2、4Ω×2)
真空管:3xECC83 / 2xEL34
重量:
H460xW500xD245、15.85kg(コンボ)
H240xW500xD230、9.25kg(ヘッド)

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

 YouTube – MARSHALL SV20(動画)


MARSHALL Origin シリーズ

MARSHALL / Origin シリーズ・コンボ MARSHALL / Origin シリーズ・ヘッド

Marshall ORIGIN シリーズはヴィンテージマーシャルを踏襲しながらも、ゲイン・ブースト機能、サウンドキャラクターを変化させられるTILTコントロールを搭載し、モダンなオーバードライブ・サウンドも出力可能なモデルです。

※TILTコントロールはTHE AMP SHOP西田製作所さんの動画によりますと、ヴィンテージの4インプット仕様のマーシャルアンプのチャンネルリンクのサウンドを再現したものだそうです。

MARSHALL / Origin シリーズのコントロール

※写真はORIGIN 20

5wのORIGIN 5、20wのORIGIN 20、50wのORIGIN 50をラインナップ。

それぞれ出力を落とすことの出来るパワーリダクションスイッチを搭載しているので音量を出せない自宅練習にも。

エフェクトループ搭載。アンプヘッドとコンボをラインナップ。

※ORIGIN 5はコンボのみ
※付属の2Wayフットスイッチでゲインブースト機能とエフェクトループ機能のON/OFFが可能です。

 



エフェクター

ランディー・ローズが愛用したギターエフェクター、もしくはランディー・ローズになりきるためのギターエフェクターの紹介。

MXR DISTORTION+

MXR DISTORTION+

明るく荒い歪みが特徴のディストーション+、低域の出るマーシャルとの相性はピッタリ。

ランディー・ローズ・サウンドを再現するには欠かせないディストーションです。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – MXR DISTORTION PLUS (動画)


MARSHALL THE GUV‘NOR

Marshall The Guv’nor

長らく廃盤であったマーシャルのドライブペダルが復刻されました!!

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Marshall The Guv’nor (動画)

Tsuneくん
THE GUV‘NORは、マーシャル伝統の1959(100w)、1987(50w)あたりのスタックサウンドを再現したディストーションで、そのエッジの効いたサウンドはランディー・ローズ・サウンドにもピッタリ合うと思います。


MXR M117R Flanger

MXR M-117R FLANGER

ランディー・ローズ に欠かせないフランジャー。

強めにかけてスイッチング・トレモロ奏法を決めたいですね。

18V仕様。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – M-117R FLANGER (動画)


MXR STEREO CHORUS

MXR STEREO CHORUS

ランディー・ローズ愛用のコーラスはMXRステレオコーラス。

現行モデルはコーラスエフェクトにのみ効くベー ス、トレブルのEQを搭載。

電源18V:乾電池006Px2または18VACアダプター

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – MXR STEREO CHORUS (動画)

MXR Stereo Chorus:


MXR 10 BAND GRAPHIC EQ

MXR 10 BAND GRAPHIC EQ

ランディー・ローズ愛用のMXR10バンド・イコライザー。

10BANDということで細かなブースト/カットが可能です。

1stアルバム『Blizzard of Ozz』のサウンドを再現するなら500hzや1khzあたりを中心に持ち上げてあげるとそれらしいサウンドが得られると思います。

写真はシルバーカラー、アルミ製ボディー、トゥルーバイパス、さらにノイズリダクションが搭載された新しい10バンド・イコライザーM108S。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – MXR 10 BAND GRAPHIC EQ (動画)


VOX V847-A

VOX V847-A

ランディー・ローズの場合、ブルージーに決めるのではなく飛び道具的な使い方です。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – V847-A (動画)


BOSS RE-202 Space Echo

BOSS RE-202

ランディー・ローズの写真を見ていたら左足元に置いてある大きな箱を発見。

ランディー・ローズの左足元に注目!

ランディー・ローズの足元にはRoland RE-301 Chorus Echoが

RolandのテープエコーRE-201かと思ったら、つまみの配列が違うので調べてみると、Roland RE-301 Chorus Echoのようです。

Roland RE-301 Chorus Echoのコントロールパネル

RolandのテープエコーRE-201はテープエコーとリバーブですが、Roland RE-301 Chorus Echoはテープエコー、リバーブ、コーラスがかけられるもののようです。

Roland RE-301 Chorus Echo – YouTube(動画)

アウトプットを見ると、ステレオ対応のようですので、以下の動画のような音を左右に振るダブリングも可能です。

Randy Rhoads Solo/Instrumental Jam 1982 with pics from last show:

現行モデルのBOSS / RE-202 Space Echoなら同じくステレオ対応なので、上記のランディーと同じことも可能(通常ダブリングのディレイタイムは10~50ms程度ですが、少し長めに設定しましょう(コーラスは別途用意しましょう)。

BOSS RE-202の入出力

BOSSのRE-202 Space Echoは、(RE-301ではなく)Roland RE-201 Space Echoのサウンドと振舞いを、かつてないレベルで再現したテープエコー系ペダル。

オリジナルの2倍のREPEAT RATEに拡張可能で、4つの再生ヘッドを組み合わせることで、12種類のサウンド・バリエーションを実現しています。

コンパクトサイズのSpace Echo RE-2でも良いでしょう。

BOSS RE-2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | BOSS RE-202 (動画)


その他ギタリストの機材はこちらから

2022年3月25日ギタリスト

Posted by Tsune