ブリッジ周りの改造/ 調整 レスポールをとことんいじる

LINEで送る
Pocket

ブリッジ、テールピース、スタッド交換

レスポールの改造の定番、アルミテールピースへの交換や、ABR-1ブリッジ、アンカースタッドの交換作業です

レスポールをとことんいじる (改造)


テールピースの交換

ヴィンテージ及び近年のヒスコレ(カスタムショップ/ ヒストリックコレクション)のテールピースは、非常に軽いアルミニウム製のテールピースが使われていますが、レスポール・リイシューや、レギュラーのスタンダード・モデルは重量のあるものが搭載されています。

音的にどう違うのか?というと、アルミニウム製のテールピースは、シャリ~ンとしたよく響く綺麗な音、重量のあるテールピースは力強く抜けの良い音が特徴です。

どちらが良いか?は演奏するジャンルや好みによりますが、ヴィンテージにこだわるなら交換してみても良いでしょう。

所有のテールピース
所有のテールピース;左から国産テールピース、ギブソン純正、アルミニウム製


音の傾向:
アルミニウムテールピース
シャリ~ンとした繊細で綺麗な音を奏でてくれるアルミテールピースは、古いロックや、ブルース、ジャズに向いた音。センターPUの音も綺麗に鳴ってくれます。

GIbson純正テールピース
重量のある純正のテールピースは、力強く歯切れが良い音が特徴。モダンなロック向き。

国産テールピース
SG Tail Pieceと刻印されたテールピースはどこで手に入れたか記憶に無いのですが、アルミと純正の中間的なサウンドでこれまた気に入っています。

私はアルミテールピースをチョイスすることが多いですが、これらを気分に応じて付け替えています。たかがテールピースですが、結構音が変わるんですよ。

アルミ・テールピースは各社から発売されています。素材はもちろんですが、ヴィンテージを再現するならピカピカのクロームメッキではなく、しっとりとした質感のニッケルメッキのものを選んだほうが良いでしょう。


アルミ・テールピースを探す;
アルミテールピース

🖥ショップで探す📲

アルミテールピース 【サウンドハウス】
アルミ テールピース 【イシバシ楽器】


アンカースタッドの交換

テールピースを支えるアンカー/スタッドの素材もヴィンテージとは違います。

ヴィンテージ・レスポールのアンカー/スタッドは鉄製(スチール)が使われていますが、レスポール・リイシューのスタッドはブラス製

鉄製スタッド;
MONTREUX ( モントルー ) / Inch Steel Studs
MONTREUX Inch Steel Studs

鉄製アンカー;
MONTREUX ( モントルー ) / Bushings for tailpiece studs
MONTREUX ( モントルー ) / Bushings for tailpiece studs

リイシュー・レスポールのアンカー(ボディーに埋め込む)は鉄製でしたので、今回交換したのスタッドのみ。

*スチール/ブラスの判断は磁石が付くかどうかで分かります

交換してみました。

ブラス製のスタッドと、スティール製スタッド
ブラス製のスタッドと、スティール製スタッド

レスポール・リイシューのスタッド交換

レスポール・リイシューのスタッド交換完了

メーカーサイトには、『ブラス製とは音の輪郭がまるで違います』と書いてあったのですが、じっさいはほとんど変化なし(^_^;)。

ただし、アンカー/スタッドにも種類があって、ヴィンテージのレスポールには首下約25.4mmの長いアンカーが打たれているのに対し、ヒストリックなど最近のモデルは首下約22.2mmの短いアンカーが打たれています(リイシューもこのタイプ)。

レスポール・リイシューのスタッド ( 22.2mm )
レスポール・リイシューのスタッド ( 22.2mm )

この3mmの違いが音の違いとなって現れるのかもしれませんので、気になる方は、ヴィンテージ用の長い方を取り付けてみるのも良いかもしれません。

*インチネジなので、国産のレスポールにはつかないと思います
*テールピースによっては、スタッドにはまらない個体もあるようです(私のレスポールのテールピースは問題ありませんでした)。

もっとこだわりたい方は、アンカー自体ヴィンテージ用の長いものに打ち替えてみるのも良いかもしれません。


🖥ショップで探す📲

スティール製スタッドを探す;
MONTREUX ( モントルー ) / Inch Steel Studs 【サウンドハウス】
MONTREUX Inch Steel Studs 【イシバシ楽器】

スティール製アンカーを探す;
MONTREUX ( モントルー ) / Bushings for tailpiece studs 【サウンドハウス】
Bushings for tailpiece studs 【イシバシ楽器】


ロング・スティール・スタッドに交換してみました

Gibson Les Paul ’59 Reissue に、首下約25.4mmのロング・スティール・スタッドを取り付け


ブリッジ交換

私のレスポール・リイシューにはヴィンテージ同様の、ABR-1タイプのブリッジが付いていますが、現行のスタンダードはナッシュビル・タイプというやや大きい造りのブリッジになっています。

リイシュー・レスポール純正ABR-1
ABR-1とナッシュビルタイプの比較。

ABR-1タイプ;
MONTREUX ( モントルー ) / ABR-1
MONTREUX ( モントルー ) / ABR-1

ナッシュビル・タイプ;
NASHVILLE TUNE-O-MATIC
NASHVILLE TUNE-O-MATIC

ナッシュビル・タイプのブリッジは、オクターブ調整の可変域が広いのと、コマ落ち防止のワイヤーが無いため、無駄な共振がないという利点もあります。

*ヴィンテージのABR-1にはコマ落ち防止のワイヤーはありませんが、後のABR-1タイプのブリッジにはワイヤーが付けられました

ヴィンテージ風にしたい方は、ABR-1タイプのブリッジに交換してみるのも良いでしょう。

ナッシュビル・タイプからABR-1への交換は、スタッドの径の問題で一部の国産ABR-1を除き取り付け出来ませんが、そんな時はこれがオススメ↓

ABR-1 コンバージョンポスト

ギブソンのレギュラーモデルに採用されるナッシュビルタイプのブリッジを、ヴィンテージ同様のABR-1ブリッジに交換するためのコンバージョン・ポスト。

ナッシュビル・タイプは無骨で嫌という方にオススメ。

レビュー/ 口コミ:

🖥ショップで探す📲

オススメ!

ABR-1ブリッジの駒を木工用ボンドで固定

コマ落ち防止のワイヤーが邪魔・・・という人は、ワイヤーを外してしまい、コマを木工用ボンドを少量付けて止めてしまうという裏技もあります。木工用ボンドは、乾けば透明ですし、簡単に剥がれるのでオススメ。

ABR-1の共振対策
*鉄製のブリッジの場合、サビが発生してしまう場合があるので自己責任でお願いします。

見えにくいと思いますが、ワイヤーを外し木工用ボンドで止めています。

こちらはSGでの様子。

ご覧のように乾けば透明になりますし、ワイヤーによる共振もなくなります。剥がすのも指で簡単です。

ギターのブリッジは、弦が載る重要な部分ですから、おなじABR-1タイプのブリッジでも結構音が変わります。ABR-1ブリッジはギブソンの純正品からレプリカまでたくさん出ていますから、色々交換してみると面白いです。

🖥ショップで探す📲

ABR-1ブリッジを探す;
ABR-1 【サウンドハウス】
ABR-1 【イシバシ楽器】


こちらもオススメ:
ギブソン系ブリッジ/テールピース
ギブソン系ブリッジ/テールピース


レスポールをとことんいじる (改造)

レスポールで色気のある音を出す方法
ボリュームとトーンを少し絞ってみましょう
簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です