おすすめファズ タイプ別

エフェクターファズ, 歪み系, 特集

Fuzz ファズ エフェクター

おすすめのファズ

人気のファズを定番、ファズフェイス系、ビッグマフ系、トーンベンダー系、トレブルブースター系と大きく5つのタイプに分けてみました。ファズ選びに迷っている方必見!さらにファズの使い方と音作りのコツも解説。

YouTube動画 YouTube | ファズとはこんなペダル (動画)

✔こちらで紹介しているおすすめエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、YouTube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。


ファズの使い方

ファズとは毛羽立たせる⚡という意味で、粗い歪みが特徴のギターエフェクターです。しかしファズフェイスの愛用者ジミ・ヘンドリックスを聴くとよくわかりますが、ジミのサウンドは意外とクリーンが多いのです。

ファズというと、ピッキングのニュアンの出せない時代遅れのペダルという印象を抱いている方も多いでしょうが、実はギターのボリュームを絞ることで、実に艶やかな音の出せる魅力的な歪みエフェクターなのです。

使い方としては、ファズ側のゲインやボリュームは上げ気味でセットアップし、歪み量の調整はギターのボリュームで行います。

ギターのボリューム10では過激で(実はあまり使えない?)ファズサウンドですが、ボリュームを少し絞るとディストーションからオーバードライブ風の歪み、さらに絞るとシャリ~ンとした鈴鳴りと呼ばれる極上のクリーンサウンドが得られます(モデリングのファズをのぞく)。

ファズの面白さはギターのボリューム・コントロールなので、ぜひ試してみてください。

ジミ・ヘンドリックスはもちろん、ジミー・ペイジジェフ・ベックなど60~70年代のギタリストや、ピッキングのニュアンを大切にするブルース系ギタリストにファズ愛用者が多いのも実はそういうところからなのだと思います。

ギターアンプの設定は、少し歪ませたクランチセッティングもしくはオーバードライブを使用し少し歪ませてから使用するのがオススメ

アンプがクリーンだと音が固くて良い音しません。アンプをクランチ状態にしたなら、ファズの設定はほぼフルアップ!歪みの量はギターのボリュームで行います。

ぜひお試しを。


▼おすすめのファズはこちらから。

✅定番ファズ

これを選んでおけば間違いなし!というおすすめファズペダル。

DANELECTRO ( ダンエレクトロ ) / DJ-13 French Toast

安い!
DJ-13

アップ・オクターブをプラスしたファズペダル(オクターブ・ファズ)。まさにジミヘン。

✍メモ:
オクターブはスイッチでon/off可能で便利。価格も安いのでファズ初心者の方にもオススメ。

🖥ショップでチェック📲

➡ DJ-13 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – DANELECTRO DJ-13 (動画)


TC ELECTRONIC / Rusty Fuzz

安い!
Rusty Fuzz

Rusty Fuzzは、Fuzz Faceにインスパイアされて開発されたファズ。シリコンベース・トランジスタを搭載した豊かなサステインが特徴です。

ピッキングの強弱や、ギター側のボリュームやトーンのコントロールにより、多彩なファズサウンドを表現することができます。

安いファズをお探しの方に!

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ Rusty Fuzz 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – TC ELECTRONIC Rusty Fuzz (動画)


ROGER MAYER ( ロジャーメイヤー ) / Classic Fuzz

Classic Fuzz Face

ジミー・ペイジ やジミヘン、ジェフ・ベック等が愛用していたというファズを当時のままの回路構成で復元したエフェクター クラシックファズ。

🖥ショップでチェック📲

➡ Classic Fuzz Face【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Roger Mayer Classic Fuzz (動画)


CARL MARTIN ( カールマーティン ) / Purple Moon

注目!

ファズと2系統のビブラートが1つになった、ジミ・ヘンドリックス・ライクなペダル。

白いツマミでビブラートを調整し、ファズは2つの黒いツマミ(Level/Fuzz)で調整します。

それぞれのLevelツマミを絞ることで、バイブ/ファズの単独使用も出来るようです。

トゥルーバイパス、オールアナログ回路

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – CARL MARTIN Purple Moon (動画)


KEELEY ( キーリー ) / Monterey Rotary Fuzz Vibe

注目!
Monterey Rotary Fuzz Vibe

ファズとモジュレーション(オートワウ、ロータリーシミュレーター、バイブ)が1台に詰まったジミ・ヘンドリックスなペダル!

2つのフットスイッチはファズのON/OFFとモジュレーション系のON/OFFスイッチ、モジュレーションは中央のピンスイッチで1つを選択。

Octaveツマミでアッパーオクターブ、ダウンオクターブサウンドをコントロール可能。

エクスプレッション・ペダルを接続することで、モジュレーションのスピードをコントロールしたり、ワウを足でコントロールする事も可能です。

トゥルーバイパス

ジミ・ヘンドリックス系のペダルの究極はこれ?KEELEY Monterey Rotary Fuzz Vibe

🖥ショップでチェック📲

➡ Monterey Rotary Fuzz Vibe 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – keeley Monterey Rotary Fuzz Vibe (動画)


MAD PROFESSOR ( マッド・プロフェッサー ) / LOUD’N PROUD

注目!

ヴィンテージの4インプット仕様のマーシャルを再現し、さらに最大13dBのブースト機能とファズ機能を追加。

ペダルの内部構造はアンプ回路を精巧にシミュレートしておりプリアンプ部分に限らず、位相反転やプッシュプル、そして出力トランスまでを含むパワーアンプ部分が生み出すサウンドも再現しています。

ブースト機能とファズ機能はピンスイッチでセレクトできるようになっています。

さらに、Loud’n Proudには2種類の音色/キャラクターを切り替えるスイッチを搭載。

左側ではタイトな低音とわずかにコンプ感のあるサウンド、右側では広がりのある低音とダイナミクスレンジの広いサウンドを得ることができます。

✍メモ:
マーシャルにファズの組み合わせは60s~70sのギタリスト達のマストアイテム。これがあればジミ・ヘンドリックスやジミー・ペイジ、ジェフ・ベックなどの往年のロックサウンドが簡単に再現できます!

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MAD PROFESSOR LOUD N PROUD (動画)


MXR / CSP210 Sub Machine

Sub Machine

Sub Machine/ サブマシーンはMXRファズの名機La Machineにサブオクターブを加えたファズ・ペダル。

サブオクターブはミックスレベルをコントロールでき、さらに、フットスイッチでファズをオクターブアップモードにできます。

Seriesスイッチはサブオクターブをファズと直列あるいは並列に切り替えられます。

🖥ショップでチェック📲

➡ Sub Machine【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Sub Machine (動画)


✅ファズフェイス系

ジミ・ヘンドリックスが愛用したことで人気のファズフェイス系ペダル。

ファズフェイスは同じく人気のビッグマフほど、単体では器用な音は出せまんが、アンプをクランチ状態にしてあげることで、極上のファズサウンドが生まれます。

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Fuzz Face

定番!
Fuzz Face

FUZZの定番ファズフェイス。ブリブリの低域はまさにジミヘン。

ギター側のボリュームを絞れば艶やかなクリーンからオーバードライブまで得られます。

ゲルマニウムトランジスタ採用の赤、シリコントランジスタを採用の青及び、ジミ・ヘンドリックス・モデルやファズフェイスの愛用者でもあるエリック・ジョンソンやジョー・ボナマッサ・モデルなどラインナップ。

電池駆動。

ACアダプターにも対応したミニサイズのファズフェイスはエフェクターボードにも収まるおすすめサイズです。

🖥ショップでチェック📲

➡ Fuzz Face【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Dunlop Fuzz Face (動画)
JIM DUNLOP 歪みエフェクター・ラインナップ


FULLTONE ( フルトーン ) / 69 MKII

Fuzz Faceに望むサウンドといえば、ファットで音楽的であること。そして、ギターのボリュームを絞った際にヴィンテージのFenderアンプのようなクリーンサウンドを作り出せることでしょう。

ジミ・ヘンドリックスも愛用したゲルマニウムトランジスタ仕様のファズフェイスを現代に蘇らせるべく製作された69。

Volume、FUZZとは別にINPUTコントロールとCONTOURコントロールを新たに搭載することで、柔らかくチューブライクな歪みから、ファズディストーションと言えるローミッドにパンチの効いた荒々しいドライブサウンドまで多彩なサウンドメイクが可能に。

内部トリムによりクリップの対称性や倍音の調整を行うことも可能です。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – FULLTONE 69 MKII (動画)


FULLTONE ( フルトーン ) / 70 BC-108C

ミスマッチな2つのシリコントランジスタを意図的に使用することで、Fuzzノブを目一杯に回した際の強力なオシレーションを引き出し、不気味な唸りを上げるロックなFuzzサウンドを生み出します。

Fulltone 69 Fuzzよりもゲインが高く、ミッドレンジのブースト/カットコントロールを備えているのが特徴です。

✍メモ:
シリコントランジスタのファズといえば、ジミ・ヘンドリックスがバンド・オブ・ジプシーズ時代に愛用したファズとして有名です。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – FULLTONE 70 BC-108C (動画)


MXR ( エムエックスアール ) / Classic 108 Fuzz

M173 Classic 108 FuzzM173 Classic 108 Fuzz

Hedrix Fuzz Faceで採用されたBC108シリコントランジスタを使用したファズ。

ワウなどとのカップリング時に発生する発振を抑える働きを持つBufferスイッチを装備。

ミニサイズのM296 108 Fuzz Miniも。

🖥ショップでチェック📲

➡ Classic 108 Fuzz【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Classic 108 Fuzz (動画)


Formula B Elettronica ( フォーミュラ・ビー・エレットロニカ ) / Mini Fuzz 2

Mini Fuzz 2

70年代初期の“メタリックブルー”筐体に入った(シリコントランジスター)のファズフェイスを再現。

マッチングしたペアNOSトランジスタを使用し、ペダルボードで場所を取らない小型筐体を使用した新しいヴィンテージファズです。

サウンドはファズフェイスそのものなのに場所を取らない小ささが魅力的👍

駆動はスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターのみに対応。電池の内臓は出来ません。

🖥ショップでチェック📲

Mini Fuzz 2 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Formula B Elettronica Mini Fuzz 2 (動画)


✅ビッグマフ系

カルロス・サンタナやデイブ・ギルモアらが愛用したエレクトロハーモニクス(通称:エレハモ)の定番モデル ビッグマフ。

チリチリしたハイからブーミーなローまで非常にバランスの良いサウンドでしかもよく歪みます。

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニクス ) / BIG MUFF

定番!
Big Muff

こちらもFUZZの定番 ビックマフ。 トーンの効きが幅広く、チリチリのファズサウンドから過激でブーミーなファズサウンドまで作ることが出来ます。

お手頃価格の定番ファズ!

BIG MUFFラインナップ

  • Big Muff Pi
    ジミ・ヘンドリックス、サンタナらの使用で有名なモデルのリイシュー。オリジナルの良さはそのままに、ノイズを抑えることに成功。メイド・イン・ニューヨーク。
  • Triangle Big Muff Pi
    1969年頃のトライアングル・ビックマフと呼ばれたバージョン1のオリジナル回路をコンパクトなNanoサイズで忠実に再現。
  • Big Muff Pi with Tone Wicker
    Big MuffにWickerというスイッチを付け多彩なトーンバリエーションが可能になったモデル。Wicker、TONE共にバイパス可能。
  • Deluxe Big Muff Pi
    従来のBig Muffサウンドはそのままに、BASS BOOST、ATTACK、GATE(ノイズゲート)、MID BOOSTを搭載
  • Nano Big Muff PI
    Big Muffが小さくなって登場。小さくなっても、リッチでクリーミー、サステインが豊かなサウンドは、今までのモデルと全く同じです。
  • Little Big Muff Pi
    コンパクト・サイズのBIG MUFF。サウンドは現行US Big Muffのサウンドとロシア Big Muffの中間のような70sマフサウンド。
  • Green Russian Big Muff
    ビッグマフの中でも特に人気の高い、ロシア製Muffの回路をNanoサイズで復刻。

🖥ショップでチェック📲

➡ Big Muff 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – BIG MUFF (動画)


JHS Pedals ( JHSペダル )  / Muffuletta

クラシックBig Muffの5つのバージョンの回路と、新しくJHSオリジナルバージョンを加えた6モデルからなるファズペダル。

ビッグマフ好きなら手に入れたい一品!

  • ✅JHS:
    “2015年製”のJHSマフサウンド
  • ✅73 Rams Head “1973~1977 V2”:
    David Gilmour(Pink Floyd)やErnie Isley(Eisly Brothers)、J. Mascis(Dinosaur Jr.)など多くのギタリストに愛された通称:ラムズヘッド期のサウンド。
  • ✅The Triangle“1696~1970 V1”:
    通称:Triangle Muff期のサウンド。
  • ✅The Pi “1977~1987 V3”:
    Frank Zappa、 Billy Corgan(Smashing Pumpkins)、 Jack White, The Edge(U2)、Beckや Pete Townsend(The Who)らが愛用したPi Muffサウンド。
  • ✅The Russian “1999~2009 V8”:
    Dan Auerbach(Black Keys)、Chris Wolstenholme(Muse)、そしてRobin Finck(Nine Inch Nails)らの使用で有名なRussian Muffのサウンド。
  • ✅The Civil War “1991~1993 V7”:
    Thurston Moore(Sonic Youth)やJohn Fogerty、Jeff Tweedy(Wilco)、Mike Mills and Peter Buck(REM)といったアーティストらが使用したCivil War Muffサウンド。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – JHS Pedals Muffuletta (動画)


JHS Pedals ( JHSペダル )  / EHX MOD

JHSのファズはモデファイモデルも充実。

  • ✅EHX Nano Muff “MoonPi Mod”:
    エレクトロハーモニクス Nano Big Muffに3-way voicing スイッチとゲートノブを追加
  • ✅EHX OP-Amp Big Muff Pumpkin Patch Mod:
    オペアンプを使用したファズペダル、エレクトロハーモニクス OP-Amp Big Muffに3つのMODEスイッチとMIDコントロールを搭載
  • ✅EHX Green Russian Pi “Moscow Mod”:
    60年代のクラシックロック・ヴィンテージファズのトーンから現代のスラッジメタルトーンまで幅広く対応したロシアンマフMOD
  • ✅EHX Triangle Big Muff Pi Illuminati Mod:
    トグルスイッチが上がっている時は、モディファイ前のオリジナルと同じ(EQの効き具合は若干異なります)、真ん中の時はオープンでパワフルなディストーションサウンド、下にするとよりサチュレーションの強いフルレンジのファズサウンド。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – JHS Pedals EHX MOD (動画)


✅トーンベンダー系

ジェフ・ベックやジミー・ペイジ、ビートルズも使ったトーンベンダー系ファズ。

VOX TONE BENDER MKIII
TONE BENDER MKIII

FULLTONE ( フルトーン ) / SOUL BENDER

Soul Benderは、1968年から1970年の名盤のレコーディングでこぞって使用された伝説的なペダル、Sola-Soundによって製作されたColorsound及びVoxブランドのToneBender IIIをベースに開発されたファズ/ブースター。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – FULLTONE SOUL BENDER (動画)


Manlay Sound ( マンライサウンド ) / Bender

注目!
Manlay Sound Bender

名機トーンベンダーがManlay Sound ( マンライサウンド )から。種類は4つ。

  • ✅Ronno Bender(65 Bender):
    Yardbirds時代のジェフ・ベックや、The Whoのピート・タウンジェントなどが愛用したTone Bender MK1のレプリカ。ゲルマニウム・トランジスタをベースにコンプレッション感のある中域に特徴のあるウォームなファズサウンドを表現しています。
  • ✅66 Bender:
    かの有名なFuzz FaceとVox Tone Benderにインスパイアされたサーキットが印象的なTone Bender MK1.5のレプリカ。2つの完全ハンドセレクトのゲルマニウム・トランジスタにより極上の60′s ファズトーンを生み出しています。ビートルズ・ファンにはあのRubber Soulの Think for Yourself (浮気女)のファズサウンドといえば良く分かるクラシックファズの銘機です。
  • ✅Super Bender:
    ジミー・ペイジがヤードバーズ後期からレッド・ツェッペリンの初期のアルバムで使用したことでも有名なTone Bender MK2のサウンドを再現。
  • ✅MK3:
    トーンベンダーの完成系ともいえる1968年のサウンド再現。オリジナルのトーンベンダーMK3はジミー・ペイジのRotosoundブランドのバージョンが有名です。

🖥ショップでチェック📲

➡ Manlay Sound Bender 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Manlay Sound Bender (動画)


Formula B Elettronica ( フォーミュラ・ビー・エレットロニカ ) / Mini Bender / Mini Bender Professional MkII

注目!
Mini Bender

Mini Bender

✅Mini Bender(上):
Yardbirds時代のジェフ・ベックや、The Whoのピート・タウンジェントらが愛用したTone Bender MK1のレプリカ。

✅Mini Bender Professional MkII(下):
ジミー・ペイジがヤードバーズ後期からレッド・ツェッペリンの初期のアルバムで使用したことでも有名なTone Bender MK2のサウンドを再現。

ギターのVolumeでクリーントーン、マイルドなオーバードライブ、ヘヴィで飽和したファズトーンまで、自在にコントロール可能です。オリジナルモデルよりもアウトプットを高く設定してあるので現代のステージでも音が埋もれてしまうこともありません。

✍メモ:
60年代中期から70年代初頭のロックなサウンドが好きな方にはとても魅力的なペダルですね。

9V電池、またはスタンダードなDC9Vアダプターで駆動します。

🖥ショップでチェック📲

Mini Bender 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Formula B Elettronica Mini Bender (動画)


✅その他 トレブルブースター系

リッチー・ブラックモアやロリー・ギャラガーらが愛用したホーンビー・スキューズ 、

HORNBY SKEWES TREBLE BOOSTER
HORNBY SKEWES TREBLE BOOSTER

エリック・クラプトンブライアン・メイトニー・アイオミらが愛用したレンジ・マスターなどのトレブルブースター系ファズの紹介。

DALLAS RANGEMASTER
DALLAS RANGEMASTER

名前はトレブルブースターですが、ブースターではなくファズの仲間です。

BSM / HS

BSM HS

リッチー・ブラックモアも愛用した、英国のホーンビー・スキューズの回路を再現した、トレブルブースター。

BSM HSシリーズ・ラインナップ:

  • ✅HS:
    トレブルブースター、ホーンビー・スキューズのサウンドを忠実に再現。OC44ゲルマニュウム・トランジスタ搭載モデル。
  • ✅HS custom:
    HSにボリューム・コントロールをプラスし、途中まであげるとDeep Purpleの“BURN”やRAINBOW初期の音色を創り出せます。
  • ✅FireBall:
    動作特性にばらつきの多いゲルマニウムを厳選し製作したHS
  • ✅HS-S:
    シリコン・トランジスタを搭載。リッチー・ブラックモア「マシーン・ヘッド」の音を再現。
  • ✅HS-S Mastar:
    シリコン・トランジスタ採用モデル。リッチー・ブラックモア「マシーン・ヘッド」の音を再現。マスターボリューム付き。
  • ✅RG:
    ロリー・ギャラガー・サウンドを再現。HS-Customと比較すると、RGはゲインが高く、パンチのある優れたクランチトーンを得られます。

🖥ショップでチェック📲

➡ BSM HS【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – BSM HS (動画)


BSM / RM

BSM RM

RMシリーズは1965年から1969年まで製作されていた英国ダラス・レンジ・マスターをオリジナルに忠実に再現したトレブルブースター・ペダル(ファズ)。

レンジマスターはエリック・クラプトンもJOHN MAYALL’S BLUES BREAKERSからCREAMに至るまで愛用していた事で有名です。

BSM RMシリーズ・ラインナップ:

  • ✅RM:
    Range Masterのサウンドを再現。ゲルマニウム・トランジスタOC44採用。
  • ✅RM Majestic:
    OC44トランジスタを厳選し、RMよりヘッドルームが大きく、ゲインが約4dB高いRM Majestic
  • ✅RM Early Days:
    最初期のRMを再現。
  • ✅RM metal:
    69年にトニー・アイオミがBLACK SABBATHのPARANOIDを録音したときに使用したときのものを再現。ゲルマニウム・トランジスタOC44採用
  • ✅RM Velvet:
    OC44を使ったRMよりスムーズでシルキーなトーンが特徴でブルースに最適。OC76トランジスタ採用モデル。

🖥ショップでチェック📲

➡ BSM RM【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – BSM RM (動画)


BSM / BM-Q

BM-Q

ブライアン・メイは初期Queenでは1965年から1969年に製造された英国レンジ・マスターのゲルマニウム・トレブル・ブースター(BSMラインナップならRM)を、クイーン中期にはシリコン・トランジスタ採用モデルに変更します。BM-Qはそのシリコン・トランジスタ・モデルを忠実に再現したものです。

BSM RPAラインナップ

  • ✅BM-Q:
    ブライアンメイがクイーン中期に使用したシリコン・トランジスタのレンジマスターを再現
  • ✅BM-QV:
    BM-Qにボリュームを追加

🖥ショップでチェック📲

➡ BM-Q【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – BSM BM-Q (動画)

トレブルブースターが充実のBSM
BSM の歪み系エフェクター


CATALINBREAD ( カタリンブレッド ) / Galileo MKII

おすすめ!
Galileo MKII

ブライアン・メイのギターサウンド(VOX AC30アンプ+レンジマスター)を再現したCatalinbread Galileo MKII。

🖥ショップでチェック📲

➡ Galileo MKII【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Catalinbread Galileo MKII (動画)


CATALINBREAD ( カタリンブレッド ) / Sabra Cadabra

おすすめ!
Sabra Cadabra

BLACK SABBATH(ブラック・サバス)のトニー・アイオミのLaneyのアンプにトレブルブースターをかけたメタルサウンドを再現するSabra Cadabra。

🖥ショップでチェック📲

➡ Sabra Cadabra 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画YouTube – Catalinbread Sabra Cadabra (動画)


ファズに興味を持たれた方はこちらでも紹介しています。

特集

 


歪みの音質を左右するギターのボリュームポットはCTS以外ありえません!CTSのボリュームポットでクリーンなファズの鈴鳴りサウンドを手に入れましょう。

詳しくは:
オススメのCTS製コントロールポット セレクター
レスポール・SGなどにオススメのボリュームポット


関連リンク

特集