ジェフ・ベックの音を現行モデルで再現

LINEで送る
Pocket

ジェフ・ベックの使用機材

天才!Jeff Beck ( ジェフ・ベック )のサウンドを現在発売されている機材で再現してみようというページです。



音作り

Jeff Beck ( ジェフ・ベック )の音作り

ジェフベックの機材はシンプルです。ギターとアンプに60~70年代はファズ、80年代はRATT(ディストーション)などを使用していたようですが、基本的な音は指(ピック)と、ギターのボリュームやトーンを調整することで出しています。

60年代のヤードバーズ~ジェフ・ベック・グループ、70年代のフュージョン期に至るまで一貫して使用したペダルは、ファズ/トーンベンダーが有名で、ファズと言うと激しい歪みを想像される方も多いと思いますが、実はギター側のボリュームを絞ることで、とても魅力的なクリーンなトーンを出せるペダルでもあるのです。

例えばジェフ・ベック・グループの1stアルバム Truth を聴くと、音はクリーンなのにチリチリとした音が混ざって聴こえますが、それはファズをONにし、ギターのボリュームを絞ってクリーンにした音です。

歪んだアンプの音で、ギターのボリュームを絞ってもクリーンな音になるだけですが、そこにファズがかかっていると艷やかな高域がプラスされ非常に魅力的なクリーンな音になり、その独特なサウンドは鈴鳴りと呼ばれています。

これは60~70年代のギタリストがよく使った方法で、ジェフだけでなく、ジミ・ヘンドリックスジミー・ペイジトミー・ボーリンリッチー・ブラックモアなども多用しています。

ジェフ・ベックのサウンドを極めるには、ギターのボリュームやトーンのコントロールを極めることでもありますが、質の良いファズペダルを見つけることでもあります。

ちなみに鈴鳴りサウンドはモデリングのファズでは得ることが出来ませんので、ゲルマニウムやシリコントランジスターを使用した、本物のファズを手に入れましょう。


ギター

FENDER Telecaster HH

Telecaster HH

セイモアダンカンが組み上げジェブベックにプレゼント(ヤードバーズ時代のエスクワイヤーと交換)した、2つのハムバッカーが搭載されたテレキャスター通称”テレギブ”。

名曲『悲しみの恋人達』はこのギターでレコーディングしたのだとか。

そんな通称”テレギブ”風モデルがFENDERとSQUIERから発売されています。通常のテレキャスターと比較すると、ブリッジが異なるのでハムバッキングPUが搭載されていることを除いても出音はテレキャスターとは違う太い音がすると想像できます。

ジェブベック好きは要チェック!

🖥ショップで探す📲

◆ Telecaster HH 【サウンドハウス】
◆ Telecaster HH 【イシバシ楽器】

👉テレキャスターの選び方


Seymour Duncan ( セイモアダンカン ) / Custom Shop JB Jazz Concept Set

ジェフ・ベックがダンカン氏から送られた2ハムバッキングのテレキャスター 通称”テレギブ”に搭載されていたPUが完全再現されました。

後のJazz(フロント)、JB(リア)の元になったモデルです。

🖥ショップで探す📲

Custom Shop JB/Jazz Concept Set(セット)

Custom Shop JB Concept(単品・リアに最適)

Custom Shop Jazz Concept(単品・フロントに最適)

👉PUの選び方


FENDER ( フェンダー )

American Original Telecaster:
American Original Telecaster
50s Telecaster:
Fender 50s Telecaster

ジェフベックがヤードバーズ時代に使用していたのはエスクワイヤー(テレキャスター)。

アッシュボディ、メイプル1ピースネックの50年代前半のモデルのテレキャスターがオススメです。

🖥ショップで探す📲

American Original Telecaster 【サウンドハウス】

Youtube 動画 Fender American Original Telecaster – YouTube (動画)

◆ Fender 50s Telecaster 【サウンドハウス】

👉テレキャスターの選び方


GIBSON ( ギブソン ) / Les Paul Standard

Les Paul Standard

後期ヤードバーズから、Truth (1968年)、Beck-Ola (1969年)の第一期ジェフ・ベック・グループのあたりのメインギターはサンバースト・レスポール。

BBA(ベックボガードアピス)時代は1954年製のゴールドトップ・レスポールのPUをハムバッキングに交換し、オックス・ブラッド(雄牛の血の色)と呼ばれる独自の色合いのレスポールをメインに使用していました。

🖥ショップで探す📲

◆ Les Paul Standard  【サウンドハウス】
◆ Les Paul Standard 【イシバシ楽器】

👉レスポールの選び方


FENDER ( フェンダー )

American Original Stratocaster:
American Original Stratocaster

Rough and Ready (1971年)、Jeff Beck Group (1972年)の第二期ジェフ・ベック・グループから使用を始めるストラトキャスター。

1弦側ピックガード先端をカットし、ジャズマスター用 ノブの付いたナチュラルフィニッシュのストラトキャスターや、PUセレクターがON/OFFスイッチになったホワイトのストラトキャスターが有名ですね。

1弦側ピックガード先端をカットし、ジャズマスター用 ノブの付いたナチュラルフィニッシュのストラトキャスターPUセレクターがON/OFFスイッチになったホワイトのストラトキャスター
アメリカンオリジナル・ストラトキャスターは、ヴィンテージのストラトキャスターを踏襲しつつ、指板は弾きやすく、弦高を下げてもチョーキング時に音つまりしにくい9.5インチ(241R)を採用。ヴィンテージライクなサウンドと、テクニカルなプレーを両立させたいギタリストにオススメ。

🖥ショップで探す📲

American Original Stratocaster 【サウンドハウス】

Youtube 動画 Fender American Original Stratocaster – YouTube (動画)
👉ストラトキャスターの選び方


ジャズマスター用ノブ

ジャズマスター ノブ

ジェフベックのナチュラルフィニッシュのストラトキャスターを再現するなら、ジャズマスター用のノブは必須です。

あとはピックガードを適当な位置でカットしましょう。

🖥ショップで探す📲

◆ ジャズマスター ノブ 【サウンドハウス】
◆ ジャズマスター ノブ 【イシバシ楽器】


FENDER ( フェンダー ) / Jeff Beck Stratocaster

Jeff Beck Stratocaster

80年中盤以降は自身のモデルを使用するジェフ・ベック。ハードなアーミングを支える2点支持トレモロ、ローラーナット、ノイズレスでハイゲインなPU( Hot Noiseless Strat PickUps )というのが特徴です。

🖥ショップで探す📲

■ Jeff Beck Stratocaster  【サウンドハウス】
◆ Jeff Beck Stratocaster 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Jeff Beck Stratocaster (動画)
👉ストラトキャスターの選び方


Hot Noiseless Strat PickUps

Hot Noiseless Strat

ジェフ・ベックの為に開発され、現行のジェフベック・モデルに搭載されているPU。ストラトキャスターのシングルコイルらしいニュアンスは残しつつも、スタンダードなシングルコイルPUに比べ出力が高く、広いダイナミックレンジを実現。

直流抵抗値:ブリッジ/ミドル/ネック 10.4k
マグネット:セラミック

🖥ショップで探す📲

■ Hot Noiseless Strat【サウンドハウス】

👉ピックアップ一覧


アンプ

MARSHALL ( マーシャル ) / 1959 (100w)

MARSHALL 1959SLP

ヤードバーズ期はAC30、 ジェフ・ベック・グループ 時代はAmpegやMarshall1959(写真)など特にこだわりはないようで、最近もMARSHALL 1987XJCM800など会場に応じて使っているようです。

🖥ショップで探す📲

■ MARSHALL 1959SLP【サウンドハウス】
◆ MARSHALL 1959SLP 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – marshall 1959SLP (動画)
👉MARSHALL アンプ特集


エフェクター

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / CRY BABY

CRY BABY

ジェフベックのプレーには欠かせないワウ(JEN)。JENの後継はこのジムダンロップのクライベイビーです。

CryBabyは様々なアーティストモデルやミニサイズのペダルなどもラインナップ。

🖥ショップで探す📲

■ CRY BABY【サウンドハウス】
◆ CRY BABY【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – JIM DUNLOP CRY BABY(動画)
👉ワウ特集


ROGER MAYER ( ロジャーメイヤー ) / Classic Fuzz Face / Octavia

Classic Fuzz Face
Octavia:
Octavia

ジェフベック以外にも、60年代にジミヘンジミー・ペイジ等が当時使用していたファズ・フェイスを当時のままの回路構成で復元。

時折オクターブファズも愛用していますね。

🖥ショップで探す📲

■ Classic Fuzz Face【サウンドハウス】
◆ ROGER MAYER Classic Fuzz 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Roger Mayer Classic Fuzz (動画)

■ Octavia【サウンドハウス】
◆ ROGER MAYER Octavia 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – ROGER MAYER Octavia (動画)
👉ROGER MAYER の歪み系エフェクター


Manlay Sound ( マンライサウンド ) / Bender

Manlay Sound Bender

ジェフ・ベックやジミー・ペイジビートルズも愛用したトーンベンダーがManlay Sound ( マンライサウンド )から。

Ronno Bender(65 Bender):
Yardbirds時代のジェフ・ベックや、The Whoのピート・タウンジェントなどが愛用したTone Bender MK1のレプリカ。ゲルマニウム・トランジスタをベースにコンプレッション感のある中域に特徴のあるウォームなファズサウンドを表現しています。

66 Bender
かの有名なFuzz FaceとVox Tone Benderにインスパイアされたサーキットが印象的なTone Bender MK1.5のレプリカ。2つの完全ハンドセレクトのゲルマニウム・トランジスタにより極上の60′s ファズトーンを生み出しています。

Super Bender
ジミー・ペイジがヤードバーズ後期からレッド・ツェッペリンの初期のアルバムで使用したことでも有名なTone Bender MK2のサウンドを再現。

MK3
トーンベンダーの完成系ともいえる1968年のサウンド再現。オリジナルのトーンベンダーMK3はジミー・ペイジのRotosoundブランドのバージョンが有名です。

🖥ショップで探す📲

■ Manlay Sound Bender 【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube – Manlay Sound Bender (動画)
👉Manlay Sound の歪みエフェクター一覧


FULLTONE ( フルトーン ) / SOULBENDER SB-2

60~70年代、ジミー・ペイジやジェフ・ベックが使用していたトーンベンダー。

こちらはトーンベンダーを元に開発されたファズ(トレブル・ブースター)です。

🖥ショップで探す📲

◆ SOUL BENDER 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – FULLTONE SB-2 (動画)
👉FULLTONE の歪み系エフェクター
👉Fuzzペダルオススメ


PROCO ( プロコ ) / RAT

PROCO RAT

80年代に ジェフ・べック が愛用したことで一躍有名になったディストーション・ペダル ラット。図太く、ファズに似た荒々しいサウンドが特徴です。

出力をさらにアップしたTurbo RATも。

🖥ショップで探す📲

■ PROCO RAT 【サウンドハウス】
◆ PROCO RAT 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – PROCO RAT (動画)
👉PROCO の歪み系エフェクター
👉Distortionペダルオススメ


MXR ( エムエックスアール ) / Talk Box

M222

ホースを口にくわえてモジュレートするトークボックス。ボーカル用のマイクを通じて音を拾い、ジェフ・ベックやジョー・ペリーのようなトリッキーなトーキングワウサウンドが得られます。

🖥ショップで探す📲

■ M222 【サウンドハウス】
◆ M222 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube | MXR Talk Box (動画)


その他

スライドバー

スライドバー

ヤードバーズ以前から多用されているジェフのスライドプレーは一聴の価値有り。金属やガラス、陶器など材質により音質が異なるので色々ためしてみましょう。

🖥ショップで探す📲

■ スライドバー【サウンドハウス】
◆ スライドバー 【イシバシ楽器】


バンドスコア

ジェフ・ベックのコピーはスコアで。


おすすめCD

Beckology

収録曲:
Volume One:
Trouble in Mind / Nursery Rhyme (live) (Bo Diddley) / Wandering Man Blues / Steeled Blues / Heart Full of Soul / I’m Not Talking / I Ain’t Done Wrong / Train Kept a Rollin / I’m a Man (Bo Diddley) / Shapes of Things / Over Under Sideways Down / Happenings Ten Years Time Ago / Hot House of Omagarashid / Lost Woman / Rack My Mind / The Nazz Are Blue / Psycho Daisies / Jeff’s Boogie / Too Much Monkey Business (live) / The Sun Is Shining (live) / You’re a Better Man Than I (live) / Love Me Like I Love You (live) / Hi Ho Silver Lining / Tally Man / Beck’s Bolero /

Volume Two:
Shapes of Things / I Ain’t Superstitious / Rock My Plimsoul / Jailhouse Rock / Plynth (Water Down the Drain) / Drinking Again / Definitely Maybe / New Ways Train Train / Going Down / I Can’t Give Back the Love I Feel for You / Superstition / Black Cat Moan (live) / Blues Deluxe/BBA Boogie(live) / Jizz Whizz /

Volume Three:
‘Cause We’ve Ended as Lovers / Goodbye Pork Pie Hat / Love Is Green / Diamond Dust / Freeway Jam(live) / The Pump / People Get Ready / Escape / Gets Us All in the End / Back on the Street / Wild Thing / Train Kept A Rollin’ / Sleep Walk / The Stumble / Big Block / Where Were You /

ヤードバーズ以前のバンド、トライデンツ時代の貴重なプレーを含む1960年代~1980年代末までのジェフのプレーを集めたベスト盤。

Truth Beck-ola

1968年/1969年発売

Truth:
Shapes of Things / Let Me Love You / Morning Dew / You Shook Me / Ol’ Man River / Greensleeves / Rock My Plimsoul / Beck’s Bolero / Blues Deluxe I Ain’t Superstitious /

Beck-ola:
All Shook Up / Spanish Boots / Girl From Mill Valley / Jailhouse Rock / Plynth (Water Down the Drain) / The Hangman’s Knee / Rice Pudding /

ジェフ・ベック・グループの1stアルバムと2ndアルバムが一つになったお買い得CD。ロッド・スチュワートがボーカル、ロン・ウッドがベースギターで参加しています。

全編に渡りブルースで、自由奔放にジェフのギターが鳴っています。You Shook Meはツェッペリン・バージョンの方が好みかな。


Rough & Ready

1971年発売

収録曲:
Got the Feeling Situation / Short Business / Max’s Tune / I’ve Been Used / New Ways/Train Train / Jody /

ジャズやモータウンなどのブラック・ミュージックからの影響を大きく受けたRough & Ready。メンバーはマックス・ミドルトン、コージー・パウエル、ボブ・テンチ、クライヴ・チェイマン。

一曲目のGot The Feelingでのワウ・サウンド、Situationで聴ける色気のあるギター・サウンドは興奮しますね。スライド・ギターも絶品。


Jeff Beck Group

1972年発売

収録曲:
Ice Cream Cakes / Glad All Over / Tonight I’ll Be Staying Here with You / Sugar Cane / I Can’t Give Back the Love I Feel For You / Going Down / I Got to Have a Song / Highways / Definitely Maybe /

第二期ジェフベック・グループの二枚目。通称「オレンジ」アルバム。前作Rough and Readyより洗練された印象。ここで聴けるジェフのギター・サウンドが個人的には一番好きですね。I Can’t Give Back The Love I Feel For Youのソロはイイですね。


Beck, Bogert & Appice

収録曲:
Black Cat Moan / Lady / Oh to Love You / Superstition / Sweet Surrender / Why Should I Care / Lose Myself with You / Livin’ Alone / I’m So Proud /

ジェフ・ベック・グループのあとは、ティム・ボガート(b)、カーマイン・アピス(ds)とトリオバンドを結成。このアルバムはBlack Cat Moanのイントロリフで決まりですね。


Blow by Blow

1975年発売

収録曲:
You Know What I Mean / She’s a Woman / Constipated Duck / AIR Blower / Scatterbrain / Cause We’ve Ended as Lovers / Thelonius / Freeway Jam / Diamond Dust /

ジャズ・ロック/フュージョンというジャンルをメジャーに押し上げた歴史的アルバム。


Wired

1976年発売

収録曲:
Led Boots Come Dancing / Goodbye Pork Pie Hat / Head for Backstage Pass / Blue Wind / Sophie / Play with Me / Love Is Green

前作、ブロウ・バイ・ブロウを上回る完成度のワイアード

 


ギタリスト・ギア特集

「ジェフ・ベックの音を現行モデルで再現」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です