ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換

LINEで送る
Pocket

レスポール ヴィンテージタイプのロングスティールスタッドに交換

ヴィンテージのレスポールと同様の、スティールスタッドに交換してみました。

レスポールをとことんいじる (改造)


スティールスタッドってなに??

スタッドとは、テールピースを取り付けるこのパーツ。

ブラス製のスタッドと、スティール製スタッド
私の1988年製レスポール・リイシューにも当然付いている訳ですが材質はブラス製

しかし、ヴィンテージのレスポールや、カスタムショップ/ ヒストリックコレクションのレスポールには鉄製(スティール)のスタッドが付いているんですね。鉄なので当然錆びますが、ヴィンテージの写真等でこのスタッドの頭が真っ黒に錆び付いているのをみたことがある方もいると思います。

スティールスタッドはMONTREUX ( モントルー )から発売されていますので、早速交換してみましょう。


今回はヴィンテージと同等の長さのロング・スティール・スタッドを取り付け

前回は、ヒスコレ用のスティールスタッドに交換したのだけど、今回はヴィンテージと同サイズのスティールスタッドを取り付けてみます。

ヒスコレ用とヴィンテージ用のアンカースタッドの違い

テールピースを支えるアンカー/スタッドの素材もヴィンテージとは違います。

Gibson Les Paul '59 Reissue に、首下約25.4mmのロング・スティール・スタッド(MONTREUX Inch Steel Studs)を取り付け
左は今回購入したヴィンテージ用のスタッドで首下約25.4mm、ヒスコレ用(首下約22.2mm)と比べ長さが3mmほど長くなっています。

前回交換した時はほとんど変わらなかったのだけど、この3mmの違いが音の違いとなって現れるのでしょうか??

ヴィンテージ用のスタッド(手前)のものはエッジが立っていますね
ヴィンテージ用のスタッド(手前)のものはエッジが立っていますね。ヴィンテージのレスポールのスタッドってこんなんだったけ??

早速交換です。

スタッドは弦を緩めるだけで交換できます。

深さが3mmも違うので、下まで落ちないのは仕方がないと思っていたのですが、'59 Reissue は問題ありませんでした。
深さが3mmも違うので、下まで落ちないのは仕方がないと思っていたのですが、’59 Reissue は問題ありませんでした。

ヴィンテージ用のスティールスタッド、音の違いは??

約3mm長い、ヴィンテージ用のスティールスタッドですが、音の違いはあったのでしょうか??

純正と同サイズの、ヒスコレ(カスタムショップ/ ヒストリックコレクション)用のスティール・スタッド(MONTREUX Inch Steel Studs) では全く効果が感じられなかったのですが、こちらはややブライトになったような・・・。

約3mm長い分の効果でしょうかね??これは有りでしょう。

*テールピースによっては、スタッドにはまらない個体もあるようです(私のレスポールのテールピースは問題ありませんでしたが、SGにはこんな感じでしっかりはまりませんでした)。
テールピースによっては、スタッドにはまらない個体もあるようです(私のレスポールのテールピースは問題ありませんでしたが、SGにはこんな感じでしっかりはまりませんでした)。
*インチサイズのスタッドですので、ミリサイズのアンカーを利用したギターには取り付け出来ません。どうしてもという場合は、その場合は下記のアンカーごと打ち替えれば可能。

🖥ショップで探す📲

鉄製スタッド;
MONTREUX ( モントルー ) / Inch Steel Studs 【サウンドハウス】
MONTREUX Inch Steel Studs 【イシバシ楽器】
MONTREUX Inch Steel Studs

🖥ショップで探す📲

鉄製アンカー;
MONTREUX ( モントルー ) / Bushings for tailpiece studs 【サウンドハウス】
Bushings for tailpiece studs 【イシバシ楽器】
MONTREUX ( モントルー ) / Bushings for tailpiece studs


こちらもオススメ:
ギブソン系ブリッジ/テールピース
ギブソン系ブリッジ/テールピース


レスポールをとことんいじる (改造)

レスポールで色気のある音を出す方法
ボリュームとトーンを少し絞ってみましょう
簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です