レスポールの改造と調整 – レスポールをとことんいじる

LINEで送る
Pocket

レスポールをとことんいじる

1988年製のGibson Les Paul Reissueをさらにリアルなヴィンテージレスポールにすべく、ペグ交換、ピックアップカバーの追加、エスカッション、ポット、コンデンサー、テールピース交換などの改造と調整を行ってみました。

レスポールのグレードアップにおすすめの改造と調整の手順を解説します。

レスポールをとことんいじる (改造/ 調整)

サウンドハウス

✅ヴィンテージレスポールとは

ヴィンテージレスポールとは1952年から1960年までに製造されたレスポールを指します。

*以下で紹介するのは、1988年製レスポール・リイシューの改造についてです。同じギブソン製レスポールであっても時期により合わないものもありますので、パーツ交換は自己責任でお願いします。

*現行で最もヴィンテージに近いのはGIBSONカスタムショップ/ヒストリックコレクションになります。


✅はじめに

1985年より発売されたレスポール・リイシューは、当時発売されていたレスポール・スタンダードよりはヴィンテージのレスポールに近い仕様で人気がありましたが、後に発売されるカスタムショップ/ ヒストリックコレクション(ヒスコレ)と比べると非常に中途半端な仕上がりでした。

詳しくは;
レスポール・リイシュー 詳細

そのあたりを比較しながら、交換作業に入りたいと思います(一部現行のスタンダードとの比較も掲載)。


✅改造メニュー一覧

レスポール改造トップ・ページ( このページ )

ヘッド周り

  • ペグ交換
  • トラスロッドカバーの交換

ボディー周り

  • ピックアップ・セレクターの交換
  • ピックアップカバーの交換
  • ピックアップの交換
  • エスカッションの交換
  • ピックガードの交換

ブリッジ周り

サーキット系

  • ポット交換
  • コンデンサーの交換
  • ノブ交換
  • ジャックプレートの交換

ピックアップをお探しの方はこちら

Bigsby ( ビグスビー ) / B7の取り付け

レスポールで色気のある音を出す方法

レスポールのリフィッシュ作業前/作業後の写真


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA