ペグ、トラスロッドカバーの交換 – レスポールをとことんいじる

LINEで送る
Pocket

ペグ、トラスロッドカバーの交換

ギブソンの多くのレギュラーモデルで採用されるペグはヘッドの表面からナットで止めるロトマチックペグが採用されています( 1988年製のGibson Les Paul Reissueも同様です )。

ヴィンテージのレスポールの定番はやはりクルーソンなので交換しましょう。

ロトマチックペグからクルーソンペグへの交換はコンバージョンブッシングを使用すれば簡単に交換可能なので、ペグ交換の手順を解説したいと思います。

ペグ交換は見た目はもちろん音も変わりますよ。

オリジナル同様、裏のカバーにはKLUSON DELUXEの文字入りのクルーソンペグ


✅ブッシング交換

まずはペグ交換。1988年製レスポール・リイシューのペグは、つまみの色がプラスチック製なのでクルーソンっぽいですけど、実は上からナットで止めるというグローバーペグでおなじみのロトマチック・ペグが採用されています。

➡ ロトマチックとクルーソンの違いについて

レスポール・リイシュー・オリジナルのペグ

クルーソンとロトマチックでは取り付け穴の径が異なるため、互換性は無いのですが、MONTREUX ( モントルー ) から発売のConvertion Bushing ( コンバージョン・ブッシング )を使えば交換可能です。

MONTREUX ( モントルー ) から発売のConvertion Bushing (コンバージョン・ブッシング)を使いペグ交換
コンバージョン・ブッシング(左)と、通常のブッシング(右)

コンバージョン・ブッシングにも種類があって、内径6.35mmのものは一般的に流通しているクルーソン・ペグ用、内径6mmのものはアジア製クルーソンや、ゴトー製マグナムロック用になります。

🖥ショップでチェック📲

➡ Convertion Bushing 【サウンドハウス】

posted with カエレバ


✅ペグ交換

ブッシングを交換したらペグの交換です。クルーソン・タイプのペグは各社から発売されていますが、私が選んだのはこれ。

KLUSON ( クルーソン ) / 3Per Side/PB/NI
KLUSON ( クルーソン ) / 3Per Side/PB/NI

オリジナル同様、裏のカバーにはKLUSON DELUXEの文字入りで、ヴィンテージのレスポールとほぼ一緒。

レスポール・リイシュー用に購入した、クルーソンペグ

交換しました。
レスポール・リイシューのペグ交換

レスポール・リイシューのペグ交換完了(表)

レスポール・リイシューのペグ交換完了(裏)

見た目も気に入りましたが、ペグが若干軽くなったため、今までの金属的な鳴りから、バランスの良い鳴りに変化しました。

ちなみに、60年製レスポールやレスポールの後継モデルとして発売されたSGのペグは、以下の様なツマミが2こぶのタイプになります。

KLUSON ( クルーソン ) / 3+3 – PEARL DBL RING – DBL LINE
KLUSON ( クルーソン ) / 3Per Side/PB/NI/DRDR

クルーソン・タイプにロック機構を搭載したゴトーのマグナムロックも人気でオススメです。

➡ オススメのロック式ペグ

🖥ショップでチェック📲

クルーソン・ペグを探す;
KLUSON ( クルーソン ) / 3+3  【サウンドハウス】

posted with カエレバ


✅トラスロッドカバーの交換

Gibsonホームページより~2008 Les Paul Standard
Gibsonホームページより~2008 Les Paul Standard

レスポール・リイシューのトラスロッドカバーは、ヴィンテージ同様、黒一色なので交換はしませんが、現行のスタンダードなどは、スタンダードや、トラディショナル等の文字が入っていますので、ヴィンテージにこだわるのであれば交換しても良いかもしれません。

トラスロッドカバー
トラスロッドカバー

ジョージ・ハリスンのレスポールや、ジミー・ペイジのWネックSGなど、CUSTOMの文字の入ったカバーを再現したものも発売されています。

トラスロッドカバー
これに交換してもカッコいいですね。

🖥ショップでチェック📲

トラスロッドカバーを探す;
トラスロッドカバー 【サウンドハウス】
トラスロッドカバー 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ


レスポールをとことんいじるトップへ


 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA