ヘッド周りの改造/ 調整 レスポールをとことんいじる

LINEで送る
Pocket

ペグ、トラスロッドカバーの交換

レスポールのペグをロトマチックタイプのペグからコンバージョンブッシングを使用し、クルーソンタイプに交換してみました

レスポールをとことんいじる (改造)


ブッシング交換

まずはペグ交換。1988年製レスポール・リイシューのペグは、見た目こそクルーソンですが、実は上からナットで止めるというロトマチック・ペグが採用されています。

⇒ ロトマチックとクルーソンの違いについて

レスポール・リイシュー・オリジナルのペグ

今となってはこの仕様も貴重だと思うのですが、ヴィンテージに近づける為には交換したい部分です。

クルーソンとロトマチックでは径が異なるため、互換性は無いのですが、MONTREUX ( モントルー ) から発売のConvertion Bushing (コンバージョン・ブッシング)を使えば交換可能です。

MONTREUX ( モントルー ) から発売のConvertion Bushing (コンバージョン・ブッシング)を使いペグ交換
コンバージョン・ブッシング(左)と、通常のブッシング(右)

コンバージョン・ブッシングにも種類があって、内径6.35mmのものは一般的に流通しているクルーソン・ペグ用、内径6mmのものはアジア製クルーソンや、ゴトー製マグナムロック用になります。

コンバージョン・ブッシングを探す;
■ Convertion Bushing 【サウンドハウス】


ペグ交換

ブッシングを交換したらペグの交換です。クルーソン・タイプのペグは各社から発売されていますが、私が選んだのはこれ。

KLUSON ( クルーソン ) / 3Per Side/PB/NI
KLUSON ( クルーソン ) / 3Per Side/PB/NI

オリジナル同様、裏のカバーにはKLUSON DELUXEの文字入りで、ヴィンテージのレスポールとほぼ一緒。

レスポール・リイシュー用に購入した、クルーソンペグ

交換しました。
レスポール・リイシューのペグ交換

レスポール・リイシューのペグ交換完了(表)

レスポール・リイシューのペグ交換完了(裏)

見た目も気に入りましたが、ペグが若干軽くなったため、今までの金属的な鳴りから、バランスの良い鳴りに変化しました。

ちなみに、60年製レスポールやレスポールの後継モデルとして発売されたSGのペグは、以下の様なツマミが2こぶのタイプになります。

KLUSON ( クルーソン ) / 3+3 – PEARL DBL RING – DBL LINE
KLUSON ( クルーソン ) / 3Per Side/PB/NI/DRDR

クルーソン・タイプにロック機構を搭載したゴトーのマグナムロックも人気でオススメです。

⇒ オススメのロック式ペグ

クルーソン・ペグを探す;
KLUSON ( クルーソン ) / 3+3  【サウンドハウス】


トラスロッドカバーの交換

Gibsonホームページより~2008 Les Paul Standard
Gibsonホームページより~2008 Les Paul Standard

レスポール・リイシューのトラスロッドカバーは、ヴィンテージ同様、黒一色なので交換はしませんが、現行のスタンダードなどは、スタンダードや、トラディショナル等の文字が入っていますので、ヴィンテージにこだわるのであれば交換しても良いかもしれません。

トラスロッドカバー
トラスロッドカバー

ジョージ・ハリスンのレスポールや、ジミー・ペイジのWネックSGなど、CUSTOMの文字の入ったカバーを再現したものも発売されています。

トラスロッドカバー
これに交換してもカッコいいですね。

トラスロッドカバーを探す;
トラスロッドカバー 【サウンドハウス】
トラスロッドカバー 【イシバシ楽器】


レスポールをとことんいじる (改造)

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です