テールピースの上下で音の微調整 レスポールの弦の張り方

LINEで送る
Pocket

テールピースの調整

レスポールなどのギブソン系のギターのテールピース、皆さんはどうされてます?

テールピースの調整は下げればハリのある音、上げれば柔らかな音になるので、出音の微調整にはおすすめの方法です。

テールピースの上下で出音の微調整 レスポールの弦の張り方


テールピースの上下で音が変わる

私はこんな感じで、テールピースを少しだけ上げます

私はこんな感じで、テールピースを少しだけ上げます

このようにテールピースを少し上げると音が柔らかくなってとても好みのサウンドが得られるようになります😍

テールピースを下げた状態ですと私には音が少々硬すぎます(もちろん張る弦の種類にもよるのでしょうけどね)。

逆に弦をテールピースの逆から通す張りかただと、音が柔らかくなりすぎてしまう気がします(ブルースやジャズ系の甘い音が好きな方は良いかも)。

弦の逆通し
メタル界の重鎮 ザック・ワイルドなどは意外にもこの逆通しをしていますよね🧐。

弦が切れにくいからと、昔雑誌で読んだことがある気がしますが、ゴリゴリに歪ませたアンプとの相性は逆に良いのかもしれません。


テールピースの調整は簡単

レスポールなど、ギブソン系のテールピースの上げ下げは弦を緩めれば簡単に出来ますからぜひお試しを(ドライバーをボディーに落として大切なギターに傷をつけないようにタオルを敷くなど注意して行って下さい)。

テールピースの上げ下げは弦を緩めれば簡単に出来ます

まずは生音で比較してみて下さい。

もちろんテールピースの素材によっても音は変わりますので、色々変えてみると面白いですよ。

テールピース色々・左から国産テールピース、ギブソン純正、アルミニウム製
左から国産、88年製ギブソン純正、アルミテールピース

現在はアルミ製の軽量なテールピースを載せています。シャリ~ンとした艷やかな音がとても心地よいです😋

ロックの歪んだサウンドには重いテールピースが合うと思いますけどね👍

*50年代のヴィンテージのレスポールにはアルミ製のテールピースが搭載されていたので、テールピース交換はレスポール改造の定番です。

アルミテールピース

🖥ショップで探す📲

アルミテールピース 【サウンドハウス】
アルミ テールピース 【イシバシ楽器】


こちらもオススメ:
レスポール ブリッジ周りの改造/ 調整
レスポールの改造/ 調整まとめ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です