簡単なエレキギターの調整

LINEで送る
Pocket

簡単なエレキの調整

ギターの セットアップ ( メンテナンス ) はとても大切です。特に弦高など、ネック/ブリッジ周りの調整はとても重要で、ここの状態が悪いと今後の上達にも関わってきます。チェックしてみましょう

*以下で紹介する方法を、初心者の方が行うとにダメージを与えてしまう場合があります。良く分からない方は、楽器屋さんでチェックしてもらいましょう。


ネックのチェック

季節の変わり目や、弦のゲージ(太さ)を変えたときには最低でもチェックしましょう。

まず弦を張り、チューニングをしっかり行った状態で、ネックの反りをチェックします。

各弦の1Fと最終フレットを押さえ、12F上の高さを見ます

以下の方法は、フレットの状態が比較的良いの場合です

ネックの反りをチェックしてみましょう

ハガキ一枚位開いていれば正常、それより隙間があれば順反り、隙間が無ければ逆反りということになります。

順反りの場合、弦高が高くなりがちで、非常に弾きにくくなります。逆反りの場合、1~12フレット辺りに音詰まりが発生しやすくなり、いずれの状態もにとっても、弾く側にとっても良くありません。

反りを直すには、ネックに仕込まれているトラスロッドと呼ばれるものをレンチや、ドライバーで少しずつ回します。

順反りの場=トラスロッドを締める(時計回り方向に回します)
逆反りの場合=トラスロッドを緩める(反時計回りにまわします)

トラスロッドの位置

によって変わりますので、詳しくはマニュアルを参照して下さい。

フェンダー・タイプ
タイプのトラスロッド その1
ストラトキャスターやテレキャスターなどのヴィンテージタイプのはこのタイプ。ネックを外し、ドライバーで少しずつ回します。ローポジションにカポタストを装着し作業を行うと、弦を外さずに作業出来ます。

タイプのトラスロッド その2
近年のに多いのがこのタイプ。ネックを外さない分、調整は楽です

タイプのトラスロッド その3
こちらのタイプも多いですね

ギブソンタイプ
ギブソンタイプのトラスロッド
レスポールやSG、335などのギブソン系はこのタイプ。カバーを外し、レンチで回します。

注意;固い場合は無理して回さないように。一度に回しすぎないようにしましょう

ロッドの調整が終わったら、弦を張り、チューニングをしっかり合わせ、1Fと最終フレットを押さえ、12F上の高さを見ます。
ハガキ一枚程度の隙間が理想です

変わりましたか??

厳密に言えば1F~12F、5F~最終F 辺りも押さえ、それぞれ中央の間隔のチェックも行った方が確実です。
理想は同程度の間隔が開いていればOK。

通常は1弦側より6弦側の隙間の方が若干広いです。

以上で終了です。

このネックのチェック(調整)を定期的に行うことで、の癖(どんなときにネックが動くのか)をつかむことが出来るようになります。また、常に最適な状態を保つことでの上達にも繋がると思います。

その他;
などデタッチャブル・ネックののセンターズレは大丈夫ですか?

>>ネックのセンターずれ修正 今週の気になる・・・


弦高調整

ネックのチェックが終わったら、次は弦高調整です。

弦高が低いと、弾きやすいのですが、音がビビったり、チョーキングしたときに、音詰まりが発生してしまいます。

弦高の一般的な数値を言いますと、弦を押さえない状態で、12フレット上にスケールを当て、弦の下側とフレットまでを計ってみて下さい。

6弦なら1.8mm~2.5mm位1弦なら1.2mm~1.8mm辺りが標準です。

6弦側
弦高6弦側

1弦側
弦高1弦側

*高い弦高を好む人もいるので、あくまでもこれは標準的な数値です(弾きやすければ問題ないですが、一般的に弦高は低い方がフィンガリングは楽だと思います)。

それでは好みの弦高になるように調整してみましょう。

及びテレキャスタータイプの弦高 調整

タイプの弦高調整
赤で囲った部分(サドル)の穴(各弦2箇所)に六角レンチを入れ調整します

トレモロをフローティング状態にセットアップした
トレモロをフローティング(浮かした)状態でセットアップしていると、上記レンチのみでは調整が効かない場合があります。

のトレモロ(スプリング)の調整
その場合、ボディー裏のネジで、スプリングの張りを調整し、浮きすぎたトレモロを元に戻すようにして下さい。

フローティングの高さの目安としては、通常のシンクロナイズドトレモロの場合ですと、最後尾が2mm位浮いているのが標準でしょうか?

*私の場合3弦5フレットの音を1音半(C~D#)アームアップ出来るように調整しています(2点支持のトレモロは1音)

2点支持のトレモロ調整1
2点支持のトレモロの場合、上記サドルの調整と共に、赤で囲った部分にレンチ、またはドライバーを使いトレモロ自体の高さも調整します(必ず弦を緩めて行って下さい)。

2点支持のトレモロ調整2
チューニングが合った状態で、ボディーと平行になる感じがベストでしょうか?

フローティングの有無による音の違い

シンクロナイズドトレモロやフロイドローズなどのトレモロユニットの後方を浮かすか?浮かさないか?は完全に好みですが、ストラトキャスターらしいトレモロスプリングの鳴りを活かしたエアー感のある音を求めるならフローティング設定をオススメします。

フローティング派の代表はジェフベック。ストラトキャスターを完璧に使いこなしています。イングヴェイ・マルムスティーンもフローティング派ですね。

ノンフローティング派(ベタ付け)で有名なのは、エリッククラプトンエドワード・ヴァン・ヘイレンなどで、サウンドはフローティング設定に比べ、エアー感のないカチッとした音になります。

フローティング設定のメリットは、音以外ではアームアップ出来るので表現の幅が広がる事でしょうか?

デメリットとしてはブリッジミュート時に強く押さえてしまうと音が不安定になったり、チョーキング時に他の弦のピッチが下がってしまうという難点もあるので、激しいプレイスタイルの方はノンフローティングの方が良いかもしれません。

ギブソンタイプ(レスポール)の弦高 調整

レスポールタイプの弦高調整
弦を緩め、赤で囲った部分(6弦側と1弦側も)のナットを回し調整します

弦高調整が終わったら、各フレット上でビビリが無いか?、チョーキングをして音詰まりがないかチェックしましょう。

好みの弦高になりましたか??

ネックが正常であるにも関わらず、音詰まり等の理由で弦高が下げらない場合、原因として考えられるのは・・・・

ギターの性能(これ以上下げられない)、フレットの高さが不揃い(フレット浮き)などが考えられます。一度楽器屋さんでチェックしてもらいましょう。

*ストラトキャスターなどのデタッチャブル・ネックの場合、ボディーとネックの間にシムを入れることで調整可能な場合があります。


オクターブ調整

オクターブ調整とは、ハイポジションで音を鳴らしたときのピッチのズレを調整する作業です。

試しに、12F以降で適当なコードを鳴らしてみて下さい。ローポジションでコードを鳴らしたときに比べ、音がズレて聞こえたり、音が揺れて聞こえる場合はオクターブが狂っている可能性があります。

*オクターブ調整は、必ず新しい弦で行って下さい
*ヴィンテージタイプのテレキャスターなど、オクターブが完全に合わないモデルもあります

オクターブの合うテレキャスター用ブリッジはこちら


オクターブ調整は、何度も行う必要はありませんが、弦のゲージ(太さやメーカー)を変えた時、弦高やトレモロの調整を行った時にはチェックしてみましょう。

まず、チューナーを用意し、しっかりチューニングを行います。

次に、各弦12フレットを押さえた音(普段と同じ力で押弦して下さい)と、12フレット上のハーモニクス音をチューナーで比較し、下の写真を参考に、音が同じになるようにブリッジサドルを動かします。

ハーモニクスより実音が高い場合は 後ろ(ボディエンド側)
ハーモニクスより実音が低い場合は 前(ネック側)へ サドルを移動します

タイプのオクターブ調整

タイプのオクターブ調整
赤で囲った部分がネジになっているので、前後に動かします

ウィルキンソン・ブリッジのオクターブ調整

ウィルキンソンのオクターブ調整
青で囲った部分に六角レンチを入れ、サドルの固定を解除します。次に赤で囲った部分に六角レンチを入れ前後の調整をします。

ギブソンタイプ(レスポール)のオクターブ調整

レスポールタイプのオクターブ調整
赤で囲った部分のネジを前後に動かします

オクターブ調整完了!!
調整が終わると、大抵は上記のようなブリッジの位置になるはずです

Otoya Movie-How To「のオクターブチューニング」

Youtube 動画 https://www.youtube.com/watch?v=rQjLXwVw8Hc

ネック/ブリッジ周りの調整は以上です。良いときの状態を数値化してメモしておくと、後々便利ですよ。


調整用工具

のメンテに欠かせない工具が一式入ったキットや、弦高チェックなどに便利な直尺、レンチなどはこちらから。

のメンテに欠かせない工具が一式入ったキット

弦高チェックなどに便利な直尺
⇒ 用工具 その他

ボディー磨きのポリッシュやクリーニングクロス、レモンオイルなどのメインテナンスグッズはこちらから。
レモンオイルポリッシュ
クリーニングクロス
⇒ 用メインテナンス・グッズ


参考書籍

エレクトリック・・メカニズム 完全版

 

「簡単なエレキギターの調整」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です