ギターのリフィニッシュ に必要な道具

Pocket

ギターのリフィニッシュ で使用した道具一覧

テレキャスターを市販の缶スプレーでリフィニッシュした際に使用した道具の紹介。


ギターの塗装剥がし、再塗装の工程はこちらから


ギターのリフィニッシュ/再塗装で使用したもの一覧

ギターのリフィニッシュで使ったもの
あくまでも私が使ったものです


アイロン

塗装剥離用


ドライヤー

塗装剥離用


ヤスリ(サンドペーパー)

#60、#180、#240、#400、#1000、#1500 #2000あたりを用意しておくと便利
サンドペーパー セット


スクレーパー

塗装剥離用。刃先は鋭利なものの方が楽に剥がせますがボディをエグってしまうリスクもあるので一長一短。
スクレーパー


ペーパーホルダー

サンドペーパーを巻き付けることで、作業効率がアップします。
サンドペーパーホルダー


ウッドシーラー

下地を整え、塗料の吸い込みを抑えるものです。これを省くと木が塗料を吸ってしまい、何時までたっても塗装作業が終わらないばかりか、厚塗りの原因にも・・・

アサヒペン 木部用プライマーを使用しました


とのこ

アッシュなど塗装面がデコボコしているものは、この行程以前に”との粉”で目止めを行う必要があります。

サンディングシーラー

下地を平らにし塗料ノリをよくするものです

アトム サンディングシーラー を使用しました


ラッカースプレー(缶)

ニトロセルロースラッカー
塗料はヴィンテージ・ギターにも使われ、音がよいとされる?ニトロセルロース・ラッカーを選びました。ニトロセルロースラッカーは塗膜が固くギター用に最適です。

特にアスペン ラッカースプレーは乾燥時間が早く、塗膜も硬くオススメです
⇒ テレキャスターただ今乾燥中!缶スプレーはドイト(アサヒペン)のラッカーがオススメ

アスペン ラッカースプレー


コンパウンド

最終仕上げ用。これは持っていた車用を流用しました。細目、中細、極細など種類がありますのでいくつか用意しておくのが良いでしょう。

コンパウンド セット


充電ドリル

穴あけはもちろん、先端を変えれば研磨や艶出しにも利用できます。無段変速タイプが良いでしょう。ドリルに取り付けるポリッシャーセットも便利です。

充電ドリル


ポリッシャーセット

ドリルに取り付けて使うポリッシャーセット。水をつけて絞ったスポンジにコンパウンドを少量付けて磨きあげ、タオル生地のもので仕上げるのが良いでしょう。


電動ポリッシャー

充電ドリルがあれば不要ですが、塗装をピカピカに仕上げるには必需品です。今後のギター磨きや、車、床清掃などにも使えるので持っていて損はありません。

*シガーライターに差し込むタイプは車内でしか使えませんので注意です。

電動ポリッシャー


今回は使っていませんが、こちらもオススメの塗料/コンパウンド/ワックスです

ワトコオイル

WATCO(ワトコ) オイル

オイルフィニッシュの定番WATCO(ワトコ) オイル。生地調整後、2度ほど塗り込み、24時間後二度目を塗布し、48時間以上放置後サンドペーパーで仕上げます。

色は、ナチュラル、ホワイト、チェリー、マホガニー、エボニー、ドリフトウッド、ミディアムウォルナット、ダークウォルナット

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


エキゾチック・オイルジェル

Xotic Oil Gel
Xotic Oil Gel
Xotic Oil Gel(エキゾティック・オイル・ジェル)とは?

オイルフィニッシュ用の全く新しい塗料です。簡単なタッチアップにも使えます!!

従来のオイルですと、木に浸透はするが表面に膜は張れませんでした。Xotic Oil Gelはオイル自体が固まるので数回塗り付ければ塗膜ができ、普通の塗装の様にもできます。
使用レポート;
テレキャスターのボディー交換(Mighty Mite製スワンプアッシュ)
メーカーサイト
価格比較 :
Xotic Oil Gel 【サウンドハウス】


和信 ポアーステイン

和信 ポアーステイン

木地の着色にオススメの和信ペイントの水性ポアーステイン。綺麗な木目を生かしたり、ビンテージ風の焼けた塗装を再現すのに良いかもしれません。

*本品は着色剤で、表面を保護する力はありません。保護にはニスやクリアーラッカー等をお使い下さい

水性ポアーステインは水性なので水で薄めることが出来、「との粉」と混ぜることで、着色と目止めが同時に行えるという便利な着色剤。カラーは11色、混ぜ合わせることでさらに豊富なカラーを作り出すことができます。

使用レポート;
テレキャスターのボディー交換(Mighty Mite製スワンプアッシュ)
メーカーサイト
価格比較


タートルワックス

TURTLE WAX ( タートルワックス )
TURTLE WAX ( タートルワックス )
ギター専用ではないですが、アメリカでは多くのギターメーカーやビルダーが出荷前の最終工程でタートルワックスを使用しています。

金属パーツ用、ギター本体用など種類が有ります

ギター用ワックス-ポリッシュとして最近評判の、Turtle Wax ( タートルワックス )を購入してみました 今週の気になる・・・

*ポリッシュは必ず目立たないところで試してからの使用をお願い致します

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ TURTLE WAX ( タートルワックス ) 【サウンドハウス】

その他メインテナンス・グッズ/ 工具


ギターキット

自分でギターを組み立てみたい方に、こんなキットはいかがでしょう?

ギターのリフィニッシュに挑戦!! で見ていただいたように、ギターの塗装は用具さえ揃えれば意外と簡単に出来ます。問題はヘッドの加工と、パーツ、サーキット類の組み込みですが・・・チャレンジしてみたい方は。


HOSCOギターキット(レスポール・タイプ)

HOSCO製のレスポール・キット。ディープ・ジョイント?

材はトップにメイプル、バックにマホガニーを使用した本格仕様。ネックはメイプルだそうです。指盤はローズウッド。

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


HOSCOギターキット(ストラト・タイプ)

HOSCO製のストラト・キット。ヘッドは自由に加工可能です。ボディーはアルダー、ネックはメイプル。

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


HOSCOギターキット(テレキャスター・タイプ)

HOSCO製のテレキャスター・キット。ヘッドは自由に加工可能です。ボディーはアルダー、ネックはメイプル。

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


HOSCOギターキット(SGタイプ)

HOSCO製のSG・キット。ヘッドは自由に加工可能です。マホガニーボディー、マホガニーネック、ローズウッド指板

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


HOSCOギターキット(レスポール・スペシャルタイプ)

HOSCO製のレスポール・スペシャル・キット。ヘッドは自由に加工可能です。

マホガニーボディー、マホガニーネック、ローズウッド指板P90タイプのPU搭載

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


HOSCOギターキット(セミアコタイプ)

HOSCO製のセミアコ・キット。ヘッドは自由に加工可能です。

メイプルトップ/マホガニーバックボディー、メイプルネック、ローズウッド指板

価格比較(レビュー / 口コミ有り);


ボディ、ネック単品購入

ボディー/ネック

ちょっと面白い楽器店あぽろん』さんではセットではなく個別にボディーやネックパーツ類の購入も可能です。

アッセンブリーはお手持ちのものを流用するとか、ネックだけ、ボディだけ替えたいという方にはこちらのほうが良いでしょう。

*お手持ちのギターとの適合はショップへお問い合わせ下さい。


こだわりギターパーツはこちらから
ギターのリフィニッシュ(再塗装) に挑戦!! 


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です