チューニングの狂わない簡単な弦の張り方

LINEで送る
Pocket

チューニングの狂わない簡単なギターの弦の張り方

ギターチューニングが安定しない方必見!チューニングの狂わない簡単な弦の張り方、弦交換の手順の紹介。

ギターの弦はペグポストに2~3周巻きつけるのが普通ですが、ここで紹介する方法は弦を弦で挟み込みロックしてしまう方法です。

この方法はロック式のペグとほぼ同じ原理なので、ロック式ペグは必要ありません。レスポールでもネックに角度のないストラトキャスター/テレキャスタータイプでも可。

チューニングの狂わない簡単なギターの弦の張り方

*これは以前発売されていた成毛滋氏の『Dr.シーゲルのよい子のロックギター』というビデオで紹介されていた方法の一部です(巷ではシーゲル巻きと呼ばれているらしいです)。このビデオはすでに廃盤でもう見ることは出来ませんので紹介したいと思います(再販希望!)。


✅弦交換 / 弦の張り方

ギターの弦はペグポスト/ペグマストに2~3周巻きつけるのが普通ですが、ここで紹介されているのは弦を弦で挟む方法

しかもペグポストには1周も巻かないのでアームを使った時の弦のたわみに対しても非常に強く、チューニングが非常に安定します。

それでは見てみましょう。


✅ロトマチックペグ編

まずはじめに弦をポストに入れます。
チューニングの狂わないギターの弦の張り方

弦をたわませず、引っ張った状態で折り返します(ここ重要)。
弦をたわませず、引っ張った状態で折り返します

弦の下を通し、クルッと上へ
弦の下を通し、クルッと上へ

そのままペグを回し、数回巻き上げるだけ。
そのままペグを回し、巻き上げるだけ

弦張り完了!

チューニングが合った状態でもペグマストに1周も巻きつけていません。
ペグマストに1周も巻きつけていません

上に跳ね上げた弦を下側の弦で挟み込んでいるのが分かるでしょうか?
上に跳ね上げた弦を下側の弦で挟み込んでいるのが分かるでしょうか?
たったこれだけなのにチューニングは非常に安定し、チューニングはほとんど狂いません。

プレーン弦も同様です。
プレーン弦も同様です
こんな方法で(特にプレーン弦が)抜けてしまわないのだろうか??と思うでしょうが心配無用です。

*コツを覚えるまでは、弦を短くカットせず、余裕を持った長さにしておくと安心です。

楽に弦の張替えができて、チューニングも狂わない・・・これはオススメですよ~。

ビグスビーユーザーにもオススメ。


✅クルーソンペグ編

ヴィンテージタイプのストラトキャスターやテレキャスターなどに採用されているクルーソンペグは、弦をポスト内に収納してから弦を巻き上げる方法ですが、ロトマチックと同じ方法で弦を張ることも可能です。

クルーソンペグは弦をポスト内に収納してから弦を巻き上げる方法ですが

ロトマチックと同じ方法で弦を張ることも可能です

もちろんチューニングは問題ありません。
もちろんチューニングは問題ありません
ロック式のペグを買う前に是非一度お試しください

注意:
この方法ですと、弦をポストに巻く回数が少ないため、ストラトキャスターやテレキャスターなど、ネックに角度のないギターの場合、ナットの切り込みが甘いと、まれに3弦あたりが共振してしまう場合もあります。

その場合はあきらめて普通の巻き方をするか(巻き数は少ないほうが良い)、弦をロックできるH.A.P.M(ハイトアジャスタブルポスト)タイプの、ゴトーのマグナムロックの使用をオススメします。

↓H.A.P.M(ハイトアジャスタブルポスト)仕様は、ペグポストの高さを調整できるので、チューニングの狂いの原因にもなるストリングガイドを外すことも可能です。

マグナムロック/H.A.P.M(ハイトアジャスタブルポスト)仕様
マグナムロックH.A.P.M ( ハイトアジャスタブルポスト )仕様

GOTOH マグナム・ロック

GOTOH マグナムロック
GOTOH マグナムロック
GOTOH マグナムロック

ゴトーのマグナム・ロックは、弦を挟んでペグを回すだけで自動でロックします。見た目を変えず、チューニングも安定するので非常に人気があります。

ハイトアジャスタブルポストH.A.P.M仕様はペグマストの高さを調整できるので、ネックに角度のないストラトやテレキャスターなどフェンダー系のギターにオススメです。

ご自分のギターにあったものを選んで下さい。

🖥ショップでチェック📲

➡ GOTOH マグナムロック 【サウンドハウス】
➡ GOTOH マグナムロック 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ
こんなのも便利ですね


Tronical Tune


GIBSONのロボットギターに搭載されていたオート・チューニング・マシンTronical Tuneがギターパーツとして登場。

Tronical Tuneは通常のレギュラー・チューニングの他、各種オープンチューニングや半音下げ、ドロップDなど、様々なチューニング・パターンが選べるようになっています。

Type A-TPはギブソンなど3:3のペグ用
Type C-SCはストラトなど片側6連用
Type C1-SCはカスタムショップ・ヴィンテージ系Fenderギター用
Type C2-SCはエクスプローラー
Type G-TCはYAMAHA APX, CPX 用
Type H-SCはテイラー用  などをラインナップ

レビュー/ 口コミ:
Tronical Tune (オート・チューニング・マシン)を購入したい

🖥ショップでチェック📲

➡ Tronical Tune【サウンドハウス】
➡ Tronical Tune 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Tronical Tune (動画)


こちらもオススメ:
オススメのロック式ペグ
ロック式ペグ オススメ


 

サウンドハウス
LINEで送る
Pocket

「チューニングの狂わない簡単な弦の張り方」への2件のフィードバック

  1. アコギ、エレキ、ウクレレ製作精通者 より:

    そのやり方だと線の細い音になるのはご存知の上で
    やられてるんですよね?^^” デメリットも記載
    すべきですね~ 特にアコギだと顕著に出ますよ!

    1. Tsune より:

      ありがとうございます。代わりと言ってはなんですがあなたのコメントを表示しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA