HSHのストラトキャスターを改造するならここをチェック![Crews Bottoms UP編]

2018年4月15日エレキギター,ギターパーツMy Gear,クルーズ,コンデンサ,ストラトキャスター,ピックアップ,ブリッジ,ペグ,ポット,レビュー

ディンキーシェイプが魅力のクルーズ・マニアックサウンドのボトムズアップ(3トーン・サンバースト)の特徴と使い方、改造のポイント、改造履歴を紹介。

Crews Bottom's UP (3TSB)とパワーアップ・パーツ


Crews Bottom’sとは

Suhrとか、Tom Anderson風デザイン(ディンキー・シェイプ)がカッコいい、クルーズのボトムズ・アップ。

コードを弾いたときの音の分離の良さ、ネック精度の高さがクルーズの良いところ、スタジオ・ミュージシャンに愛用者が多いというのも納得、値段も手頃だし・・・

気分によって、もう一本のボトムスアップとパーツ交換など色々やって楽しんでいます。

元はSSHのギターだったのですけど、SSHからHSHに改造しました。
Crews Bottom's UP をHSHに改造


ストラトをカッコよくするためのパワーアップ・パー

ピックアップ

音を変える一番の近道はPU交換。注目のピックアップを集めてみました。

DiMarzio / Air Zone ( DP192 )

DiMarzio / Air Zone ( DP192 )

Tone Zoneのヴィンテージ・ヴァージョンであるAir Zone エアーゾーン。PAFのブライト感は失わず、出力を高めたようなサウンド。

エアバッカー・テクノロジーによるサステインの向上と豊かな倍音が、すっきりとしたロングトーン・ハーモニクスを提供します。

直流抵抗 17.49k
マグネット:アルニコ5

YouTube動画DiMarzio DP192 – YouTube (動画)


DiMarzio / Air Norton ( DP193 )

DiMarzio / Air Norton ( DP193 )

そのウォームなサウンドは、フロントにセットすることで、あらゆるリア・ハムバッキング・ピックアップと相性抜群というAir Norton エアーノートン。

直流抵抗 12.58k
マグネット:アルニコ5

YouTube動画DiMarzio DP193 – YouTube (動画)


ペグ

ペグでロック出来ればチューニングが安定します。ペグには径の異なるクルーソンタイプとロトマチックタイプがあり、互換性はありませんが、コンバージョン・ブッシングを使用すれば、ロトマチック→クルーソンへは交換可能です。


コンデンサ/キャパシタ

コンデンサをちょっと良いものに変えてみましょう。トーンの効きやヌケの改善はもちろん、音の細いシングルコイルPUであってもトーンを絞ると太いハムバッキングPUのような音を出すことも可能になります。

ストラト等シングルコイルには0.047uF、ハムバッキングPUには0.022uFが一般的


ボリュームポット

安価なポットだと、ボリュームを絞ると音が痩せてしまうのですが、CTS製トーンポットは太いままクリーンになってくれるので非常に使いやすいんです。もちろん耐久性もGood。

パッシブPUのストラトキャスター・シングルコイル・タイプには通常250KΩ、ハムバッキング・タイプには500KΩを使用します。SSHのギターの場合はどちらを優先させるかによりますが、私は250Kの方が好きですね。


✅CREWS Bottom’s UP の調整・改造の履歴

過去に行ったCrews Bottom’s UPの調整・改造 履歴一覧です。

HSHのストラトキャスターに最適なピックアップは?

続きを読む


[ストラトキャスター]シムを入れてネックの仕込み角の調整

続きを読む