SGの選び方とおすすめモデルの紹介

SGの選び方とおすすめモデルの紹介

SG,ギターの種類と選び方

SGモデルの特徴とおすすめモデルを紹介しています。

SGの選び方とおすすめモデルの紹介


SGの特徴

SGとは、ギブソン社のギターで、レスポールのモデルチェンジ版として1961年に発売。

当時人気のフェンダー社のストラトキャスターの影響からか、今までのシングル・カッタウェイからダブル・カッタウェイに変更され、ハイポジションでの演奏性がアップ。

ネック/指板材はレスポール同様ですが、ボディーにはメイプルトップ、マホガニーバック(レスポール・スタンダード)から、マホガニーに変更され、高域成分が減り中域の良く出るロックなサウンドのするギターとして人気があります。

SGの個性

SGのボディーは非常に薄く、軽量なので、同じPUを搭載したレスポールと比べると低域/高域共に不足しがちですが、レスポールとストラトの中間のようなサウンドは、扱いやすく使い勝手の良いギターです。

スライド・ギター(ボトルネック)との相性もよく、デュアン・オールマンやゲイリー・ロッシントン(Lynyrd Skynyrd)、デレク・トラックスなどブルース~サザンロックのギタリストにも愛用されています。

スライド・ギター(ボトルネック)

エリック・クラプトンでおなじみのトーンを絞ったウーマントーンの色気のあるサウンドもSGならでは。

各モデルの下に貼っている動画リンクで音の特徴を聴いてみてください。

主な使用ギタリスト

アンガス・ヤング ( AC/DC )トニー・アイオミ ( BLACK SABATH )、デレク・トラックス、エリック・クラプトンジョージ・ハリスン ( The beatles )、ピート・タウンゼント (  The Who )、 ミック・テイラー ( The Rolling Stones )、ジミー・マカロック ( Wings )、グレン・ティプトン ( Judas Priest )、フランク・マリノ ( Mahogany Rush )、ゲイリー・クラークJr、和嶋慎治(人間椅子)など


SGモデルの変遷

1961~1963年

レスポールのモデルチェンジ版として1961年に発売されたSG。当時はSGというモデル名ではなく、そのままレスポールという名称でした。トラスロッドカバーにもLespaulと刻印されていました。

SG 1961~1963年モデル
SG スモールピックガード・モデル

トラスロッドカバーにもLespaulと刻印されていました

リイシューモデルの多くはストップテールピース仕様ですが、オリジナルのSGにはスウィング・アウェイ・プル・サイドウェイ・トレモロが標準搭載されていました。

初期のSGに搭載されたスウィング・アウェイ・プル・サイドウェイ・トレモロ・ユニット

主なプレーヤー:
デュアン・オールマン ( 61年製 )
和田唱 ( 61年製 )
ゲイリー・クラークJr ( 61 SG Reissue )


1964~1967年

ギブソンとギタリストのレスポールとの契約解消により名称をSGに変更。SGとはソリッドギターの略。トラスロッドカバーは無地に、トレモロは重厚なスウィング・アウェイ・プル・サイドウェイ・トレモロから通称 板バネ と呼ばれるマエストロ・ヴァイブローラー(写真)に変更されます。

通称 板バネ と呼ばれるマエストロ・ヴァイブローラー・トレモロ

主なプレーヤー

エリック・クラプトン ( 64年製 )
ジョージ・ハリスン ( The beatles ) ( 64年製 )
トニー・アイオミ ( Black Sabbath ) (65年製SGスペシャル)


1967~1969年

ピックガードがスモールからラージタイプに。それに伴いPUもエスカッションマウントから、ピックガードマウントに変更されます。

SG 1967~1969年モデル
SG ラージピックガード・モデル

主なプレーヤー

アンガス・ヤング ( 68年製 )
ピート・タウンゼント ( 67年製SGスペシャル )


▼おすすめのSGはこちらから。

GIBSON

Gibsonの各モデルにはオリジナル、モダン、アーティスト、カスタムショップをラインナップ。特にエイジド処理で定評のトムマーフィー率いるMurphy Lab Collection(マーフィーラボ・コレクション)は必見!

SG Standard

GIBSON SG Standard 61

GIBSON SG Standard

SGシリーズは大きく分けて2種類。スモールピックガードの1960年代前半のモデルは SG Standard 61ラージピックガード仕様で、1960年代後半に登場したモデルはSG Standardというモデル名になります。

✅スモールピックガードのSG Standard 61は、ストップテールピース仕様のほか、オリジナルのSG仕様であるスウィング・アウェイ・プル・サイドウェイ・トレモロが標準搭載されたSG Standard ’61 Sideways Vibrola。

GIBSON SG Standard ’61 Sideways Vibrola

マエストロ・ヴァイブローラー仕様のSG Standard ’61 Maestro Vibrola(正確には1964年からの仕様です)と、4つのモデルがラインナップされています。

GIBSON SG Standard ’61 Maestro Vibrola

オリジナルにこだわるならこちらの2モデルでしょうね。

🖥SG Standard📲

posted with カエレバ
 Gibson SG Standard – YouTube (動画)


SG Special

GIBSON SG Special

シングルコイルピックアップであるP90を2基搭載のSG Special。

歯切れのよいサウンドはSGにぴったりで、ハムバッキングの載ったSGよりもこちらのほうが好きという方もかなり多くいます。

🖥SG Special📲

posted with カエレバ
 GIBSON SG Special – YouTube (動画)


SG Junior

GIBSON SG Junior

ビギナー向けモデルとしてリリースされたSG Jr.ですが、そのシンプルな回路とサウンドで数多くのギタリストに愛用されています。

よりソリッドなSGサウンドを体感するにはこのSG Jr.です。

🖥SG Junior📲

posted with カエレバ
GIBSON SG Junior – YouTube (動画)


Custom Shop SG

GIBSON Custom Shop 1964 SG Standard Reissue

GIBSON Custom Shop 1963 Les Paul SG Custom

ヴィンテージにとことんこだわった仕様のカスタムショップ製SG。

当時のSGをそのまま再現したVOS (ヴィンテージオリジナルスペック )や、塗装の風化を再現したエイジドフィニッシュ(Aged)などをラインナップ。

エリック・クラプトンも愛用した1964 SG StandardのReissueや、ジミ・ヘンドリックスも愛用した1963製の3PUのLes Paul SG Customなどマニアックなモデルも。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 GIBSON CUSTOM SHOP SG – YouTube (動画)


EPIPHONE

ギブソンのセカンド・ブランドであるエピフォン。初心者の方にもお買い求めやすい価格帯が魅力ですが、近年のモデルはギブソンに負けない完成度を誇ります。

SG Custom

EPIPHONE SG Custom

ヘッドのダイヤモンドインレイ、ネックのブロックインレイ、エボニー指板などSGスタンダードの上位機種であったカスタムを再現。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
EPIPHONE SG Custom – YouTube (動画)


SG Special P-90

EPIPHONE SG Special P-90

P90ピックアップ搭載のギブソンSGスペシャルを再現。歯切れのよいサウンドにファンの多いモデルです。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 EPIPHONE SG Special P-90 – YouTube (動画)


SG Standard

EPIPHONE SG Standard

ギブソン同様、60年代後期のラージピックガードのSGを再現したSG Standard。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 EPIPHONE SG Standard – YouTube (動画)


SG Standard 60s

EPIPHONE SG Standard 60s

EPIPHONE SG Standard 60s Maestro Vibrola

60年代初頭のSGモデルを再現したEPIPHONE SG Standard 61。ストップテールピース仕様とMaestro Vibrola仕様をラインナップ。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 EPIPHONE SG Standard 60s – YouTube (動画)


ESP ( NAVIGATOR / EDWARDS )

質の高いギターを70年代からプロデュースするESP(Made in Japan)。オリジナル・モデルはESP、コピーモデルはナビゲーターという名称で発売されています。

EDWARDS ( エドワーズ )は、ESP の伝統と品質を受け継ぎつつコストパフォーマンスに優れた普及価格帯のブランド。

ESP / N-SG

ESP N-SG
ESP ( NAVIGATOR)のSGモデル N-SG。ホンジュラスマホガニーのボディーとネックを採用。セイモアダンカン・ピックアップ搭載。

Bigsby B7付きSGがESP”Woodstics Guitars”から発売されました
Woodstics Guitars SGタイプ

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ

 NAVIGATOR N-SG – YouTube (動画)


EDWARDS / E-SG

EDWARDS E-SG
SGモデル E-SG。セイモアダンカン・ピックアップ搭載

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 EDWARDS E-SG – YouTube (動画)


BURNY

国内ブランドの老舗・フェルナンデスのギブソン系ギターに付けられる名称がこのBURNY。BURNY ( バーニー )のコピーモデルは昔から定評があります。

RSG

BURNY RSG 63 BURNY RSG 69

スモールピックガードの63年スタイルSG、ラージピックガードの69年スタイルSGをラインナップ。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 Burny RSG – YouTube (動画)


関連リンク
QR Code | ギター改造ネット

2021年1月9日エレキギター,特集

Posted by Tsune