SG 61reissueのトラスロッドカバー交換

LINEで送る
Pocket

SG 61reissue トラスロッドカバー交換

1961年当時のレスポール/SGを再現するために、SG 61reissueのトラスロッドカバーをLesPaulの文字入りに交換してみました。

ペグ、トラスロッドカバーの交換で、ヘッドはなんちゃってヴィンテージ(1961年製)の完成です


見た目にこだわる方にオススメのトラスロッドカバー交換

Gibson PRTR-061 トラスロッドカバー比較
Les Paulの文字入りトラスロッド・カバー(左)と、61リイシュー純正トラスロッド・カバー

Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissueは文字通り、1961年にレスポールの後継モデルとして発売されたレスポールSGを再現したモデルです。

とはいえ、当時のものと比べると結構適当?というか、リイシューと言う割には再現度はイマイチ(といってもギターが悪いわけではありません)です。

前回の、ペグ(マシンヘッド)交換に続いて、今度はトラスロッドカバーの交換です。

音とは全く関係ない、単なるトラスロッドカバーにお金をかけるなんて・・・と思いますが、やはりこの見た目には惹かれますね(^^)。私もなかなか買う勇気が無かったのですが、ようやくゲット!!


オリジナルSGのヘッドと61リイシューの違い

SGというギターは、1961年にレスポールの新しいモデルとして発売されます。そのため、モデル名はそのままGibson LesPaul。

そのためトラスロッドカバーにはレスポールの文字が入ります。

*レスポールというのは当時人気のギタリストの名前です

オリジナルSGのヘッドと61リイシューの違い
オリジナルSGのトラスロッドカバー
三栄ムック ギブソン’60sギターガイドより引用しています。

SGというギターはレスポール・モデルではあったのですが、ギブソン社がレスポール氏に相談なしで勝手にデザインし発売したギターで、しかもレスポール氏本人はSGが気に入らす、レスポールモデルという名称の使用を拒否します。

そのため、レスポールというのは、発売年の1961年から1963年ころまでの仕様で、その後は SG と名称変更します。SGとはソリッドギターの略


で、Gibson SG 61reissueです。

61年製のリイシュー(リイシュー・復刻/再発行)と名乗るからにはもう少し再現してほしいですよね。

こちらは、SG61リイシューをヘッド
Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissue純正のペグ、トラスロッドカバー

トラスロッド・カバーにLesPaulの文字は無いし、ペグもクルーソンタイプではなく、ロトマチックペグが採用されています。

ペグに関してはこちらを参照して下さい。

SG61 reissueのペグを2コブのクルーソンに交換 


トラスロッド・カバーを交換しました。

Gibson PRTR-061 トラスロッドカバー

交換前のヘッド。
トラスロッドカバー交換前

交換後
トラスロッドカバー交換後
やっぱりこっちのほうがカッコイイよねー(^^)。ヘッドの形もヴィンテージと微妙に違うんだけど。

2コブクルーソン・ペグに交換したSG61リイシュー
ペグももちろん、2コブのクルーソンタイプです。

たかがトラスロッドカバーですが、マニアはこういうところにもこだわるのです。音質には全く関係ない部分ですけどね(^^ゞ。

昔は1万円近くしたレスポールの文字入りトラスロッドカバーですが、Gibsonが純正品を出してくれたおかげでだいぶ安くなりました。


Gibson PRTR-061

Gibson PRTR-061

🖥ショップで探す📲

Gibson PRTR-061 【サウンドハウス】
Gibson PRTR-061 【イシバシ楽器】


オリジナリティにこだわる方は、こんなトラスロッド・カバーも良いですね。

ジョージ・ハリスンのレスポールや、ジミー・ペイジのWネックSGなどに採用された、CUSTOMの文字の入ったカバーです。

トラスロッドカバー

🖥ショップで探す📲

トラスロッドカバーを探す;
トラスロッドカバー 【サウンドハウス】
トラスロッドカバー 【イシバシ楽器】


SGの改造

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

「SG 61reissueのトラスロッドカバー交換」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です