アンガス・ヤングの音を再現するならこの機材!

2018年4月15日ギタリストACDC,SG,アンガスヤング,特集

AC/DCのリードギタリスト、Angus Young アンガス・ヤング のギターサウンドを出すために必要な機材(ギター、エフェクター、ギターアンプ)を紹介。

バンドスコア、おすすめCDの紹介も。

アンガス・ヤング の音を現行モデルで再現


▼Angus Young’s Gear

✅ギター

アンガス・ヤングが愛用したギター、もしくはアンガス・ヤングになりきるためのギターの紹介。

GIBSON / SG

アンガス・ヤングはといえばSG。身長157 cmの彼からすれば、SGの軽さ、ボディーの小ささ、ミディアムスケールでローポジションからハイポジションにかけての弾きやすさは当然の選択だったのかも。

SGは中域の良く出る(というか中域しか出ない?)ギターなので、ドンシャリと言われるマーシャル・アンプとの相性も抜群。

アンガス・ヤング・サウンドを目指すなら、SGモデルはもちろんですが、ボディー材にマホガニーが使われたギターを選びたい所です。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Gibson SG (動画)


EPIPHONE / SG Standard

ギブソン同様、60年代後期のラージピックガードのSGを再現したEPIPHONE SG Standard。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 EPIPHONE SG Standard – YouTube (動画)

関連リンク
おすすめSGモデル
SGの選び方

✅アンプ

アンガス・ヤングが愛用したギターアンプ、もしくはアンガス・ヤングになりきるためのギターアンプの紹介。

MARSHALL / 1959 ( 100w )

MARSHALL 1959

アンガス・ヤングのメインアンプはマーシャル1959。レコーディングではヴィンテージのJMP50やJTM45なども使用。

Spec;
真空管:ECC83x3、EL34x4
重量:20.5kg

最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。
マーシャル系ペダル一覧

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – marshall 1959SLP (動画)


MARSHALL / SV20 ( 20w / 5w )

MARSHALL SV20
MARSHALL SV20

お手頃サイズの1959をお探しならこのSV20(Studio Vintage)がオススメ。MARSHALL 1959SLPを元に開発された出力20w(5w切り替え可能)のモデルです。

オリジナル1959同様の4Input入力をもち、マスターボリュームは未搭載ですが5wモードもあるので100wの1959よりも歪みは得やすいでしょう。

リアパネルにはエフェクトループ、DIアウト、スピーカーアウト搭載。

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
スピーカー:1×10″ Celestion V-Type(コンボのみ)
スピーカー出力: × 5 (16Ω×1、8Ω×2、4Ω×2)
真空管:3xECC83 / 2xEL34
重量:
H460xW500xD245、15.85kg(コンボ)
H240xW500xD230、9.25kg(ヘッド)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ

YouTube 動画 YouTube – MARSHALL SV20(動画)


MARSHALL / Origin シリーズ

MARSHALL ORIGIN

MARSHALL ORIGIN

Marshall ORIGIN シリーズはヴィンテージマーシャルを踏襲しながらも、ゲイン・ブースト機能、サウンドキャラクターを変化させられるTILTコントロールを搭載し、モダンなオーバードライブ・サウンドも出力可能なモデルです。

ラインナップは5wのORIGIN 5、20wのORIGIN 20、50wのORIGIN 50をラインナップ。

それぞれ出力を落とすことの出来るパワーリダクションスイッチを搭載しているので音量を出せない自宅練習にも。

エフェクトループ搭載。アンプヘッドとコンボをラインナップ。

*ORIGIN 5はコンボのみ
*付属の2Wayフットスイッチでゲインブースト機能とエフェクトループ機能のON/OFFが可能です。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ


✅エフェクター

アンガス・ヤングはエフェクターは使いません。SGとマーシャル・アンプとピッキングであのサウンドを作り出します。

あるギタリストがアンガスと同じセッティングで弾き比べしたところ、全く違う音だったそうです。

しかしそれでは寂しいので、AC/DCサウンド要であるオールドマーシャル系サウンドのペダルをいくつかピックアップしてみました。

Formula B Elettronica / Super Plexi

Super Plexiはヴィンテージ・マーシャル・アンプの中でも初期のJTM45のプリアンプ回路を基に制作されたオーバードライブ/ブースター。真空管はMOSFETで置き換えて制作され、本物のアンプの持つ応答性やサウンドを丁寧に再現しています。

オーバードライブのAチャンネルとブースターのBチャンネルを搭載し、個別または同時使用が可能。A/Bの接続順を切り替えることも可能です。

✍メモ:
クランチサウンドと、さらにブースターが素晴らしい。AC/DCなど往年のロックサウンドが得られる究極のペダル!

9V電池、DC9Vアダプター対応。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Formula B Elettronica Super Plexi (動画)

関連リンク

J ROCKETT AUDIO DESIGNS / .45 Caliber

.45 Caliber(フォーティーファイブキャリバー)は、マーシャル 1962 / JTM 45 のサウンドを再現したモデル。

AC/DCのマルコム・ヤングやThe Whoのピート・タウンゼントのリズム・サウンドに肉薄しており、名器の再現と呼ばれるにふさわしいドライブ・サウンドを実現しています。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – J Rockett Audio Designs 45 CALIBER (動画)


JHS Pedals / Charlie Brown

マーシャルJTM45サウンドのJHS Charlie Brown。1960年代~1970年代のクラシックロック系サウンドはAD/DCのクランチトーンにぴったり。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS Pedals Charlie Brown (動画)

関連リンク

初期のプレキシ・サウンドから、ハイゲインなJCM/DSLシリーズまで。
マーシャル系ペダル一覧


✅その他

ERNIEBALL / SUPER SLINKY

ERNIEBALL SUPER SLINKY

マーシャル・アンプとSGで、ヘヴィーなサウンドを出すアンガス・ヤングの使用弦は意外にも?細めの.009~.042のゲージ。

メーカーはERNIEBALL ( アーニーボール ) スーパー・スリンキーが有名です。

ワウンド弦にピュア・ニッケル・メッキの巻線を採用し、豊かで深みのあるヴィンテージ・トーンが特徴のCLASSIC SUPER SLINKY も

レビュー/ 口コミ:
エレキギター弦 比較 ( レビュー )

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

関連リンク
ダダリオ、アーニーボール、エリクサーなど定番のエレキギター弦を購入し比較/レビューしてみました。
エレキギター弦 比較 レビュー

ACDC バンドスコア

アンガスヤング/ACDCのコピーはスコアで。


✅おすすめCD

High Voltage

1976年発売

It’s A Long Way To The Top / Rock 'n’ Roll Singer / The Jack / Live Wire / T.N.T / Can I Sit Next To You Girl / Little Lover / She’s Got Balls / High Voltage /


Dirty Deeds Done Dirt Cheap

1976年発売

収録曲:
Dirty Deeds Done Dirt Cheap / Love At First Feel / Big Balls / Rocker / Problem Child / There’s Gonna Be Some Rockin’ / Ain’t No Fun (Waiting Round To Be A Millionaire) / Ride On / Squealer /


Let There Be Rock

1977年発売

収録曲:
Go Down / Dog Eat Dog / Let There Be Rock / Bad Boy Boogie / Problem Child / Overdose / Hell Ain’t a Bad Place to Be / Whole Lotta Rosie /


Powerage

1978年発売

収録曲:
Rock 'n’ Roll Damnation / Down Payment Blues / Gimme a Bullet / Riff Raff / Sin City / What’s Next to the Moon / Gone Shootin’ / Up to My Neck in You / Kicked in the Teeth /


Highway to Hell

1979年発売

収録曲:
Highway to Hell / Girls Got Rhythm / Walk All Over You / Touch Too Much / Beating Around the Bush / Shot Down in Flames / Get It Hot / If You Want Blood (You’ve Got It) / Love Hungry Man / Night Prowler /


Back in Black

1980年発売

収録曲:
Hells Bells / Shoot to Thrill / What Do You Do for Money Honey / Givin the Dog a Bone / Let Me Put My Love into You / Back in Black / You Shook Me All Night Long / Have a Drink on Me / Shake a Leg / Rock and Roll Ain’t Noise Pollution /

ボン・スコットの死去により、ヴォーカルがブライアン・ジョンソンにスイッチ。タイトル曲Back in Blackはギターの試奏の定番。


For Those About to Rock (We Salute You)

1981年発売

収録曲:
For Those About to Rock (We Salute You) / I Put the Finger on You / Let’s Get It Up / Inject the Venom / Snowballed / Evil Walks / C.O.D. / Breaking the Rules / Night of the Long Knives / Spellbound /


Flick of the Switch

1983年発売

収録曲:
Rising Power / This House Is on Fire / Flick of the Switch / Nervous Shakedown / Landslide / Guns for Hire / Deep in the Hole / Bedlam in Belgium / Badlands / Brain Shake /


Fly on the Wall

1985年発売

収録曲:
Fly on the Wall Shake Your Foundations / First Blood / Danger / Sink the Pink / Playing with Girls / Stand Up / Hell or High Water / Back in Business / Send for the Man /


Blow Up Your Video

1988年発売

収録曲:
Heatseeker / That’s The Way I Wanna Rock & Roll / Meanstreak / Go Zone / Kissin’ Dynamite / Nick Of Time / Some Sin For Nuthin’ / Ruff Stuff / Two’s Up / This Means War /


その他ギタリストの機材はこちらから