本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームギターパーツ オススメ > ピックアップの調整とPU交換の前に知っておきたいこと

PU調整とPU交換の前に知っておきたいこと

PUの調整方法と、位相のチェックやパワーの目安である直流抵抗値などを勉強しましょう







ピックアップの調整

PUの調整をしてみましょう

PUの交換を考える前に、まずはPUの調整をしてみましょう。


PUの基本

PUを弦に近づけると・・・
長所;音が大きくなり、歪みを得やすく、弾きやすくなる
短所;平坦な音になりやすく、ピッキングの強弱を表現しにくくなる


PUを弦から遠ざけると・・・
長所;ピッキングのニュアンスが生きる
短所;音がやや小さくなる。歪みにくく、弾きにくい



というルールがあります。もし、歪まなくて嫌だなぁ〜という人は、少しPUを弦に近づけて見ればよいし、音が濁って嫌!という人はPUを下げると、解消される場合が多いです。

*アンプや、エフェクターの設定も大きく関係します。



シングルコイルPUの場合

シングルコイルPU

ストラトなどのシングルコイルPUの場合、写真のようにポールピース(中心にある丸い金属の棒のこと)自体が磁石になっているタイプがほとんどです。

シングルコイルPU裏

このタイプの場合、PUを弦に近づけ過ぎると、弦振動を磁力が妨げてしまうので、特に10フレット以降を押さえたときの、特に低音弦の音が濁ってしまいますので気をつけましょう。



歪ませて使いたい場合でも、PUは離し気味で、アンプやエフェクターで歪ませた方がピッキングのニュアンスが生き、シングルコイルらしい歯切れのある音が得られるのでは?と思います。



同じ、シングルコイルPUでも写真のようにポールピース自体ではなく、磁石を下に敷いているタイプのPUもあります(ハムバッキングPUはほとんどこのタイプ)。

シングルコイルPU裏
ハムバッキングPU


このタイプの場合、磁力はあまり強くないので、ある程度弦に近づけても問題ありません。レスポールなどのハムバッキングPUも同様です。



ハムバッキングPUの場合

ポールピースの高さ調整
調整はシングルコイルと同じですが、ハムバッキングPUの場合、ポールピースを調整できるものがほとんどです。


リアとフロントの音量や音質のバランスが決まらない場合、ポールピースの高さを調整してみると良くなる場合が多いです。


調整は、マイナス・ドライバーや六角レンチで行いますが、ポールピースを上げるとギラついた音、下げると平坦な音になります。



PUの交換を考える前に、まずはいろいろ調整して見ましょう。





以下のリンク先では、PUを(ヴィンテージ、ハイゲイン、ノイズレスなど)タイプ別に紹介しています


ピックアップ一覧へ




ピックアップ交換の前に知っておきたいこと

パワーの目安は直流抵抗値

PU調整をしても理想のサウンドが得られない場合、PU交換ということになると思いますが、ピックアップはお店で試奏出来るわけではないので、どれが良いのか迷うと思います。


当サイトでは、ヴィンテージ系、ハイゲイン系、シングルコイルならノイズレス系と分類していますが、パワーの目安である直流抵抗値に注目してみましょう。


一般的に、ヴィンテージ系といわれるピックアップは、ハムバッキングPUの場合、直流抵抗値は7.0〜8.0k前後、ヴィンテージ系ストラトキャスター用PUは6.0k前後にセットアップされている事が多いので、それより高ければハイパワーなPUということになります。


パワーのあるPUは音が太く、気持よく歪むようになりますがその反面、高域特性が悪くなります。ローパワーなヴィンテージ系ピックアップが人気なのはその綺麗で艶やかな高域特性にあると言っても良いかもしれません。


もちろんピックアップは直流抵抗値で決まるわけではなく、使用されているワイヤーやマグネットの種類(強さ)によっても音質/音色は変わりますが、PU選びの一つの目安になるでしょう。



直流抵抗値の測定:
手持ちのPUのパワーを知りたい場合は、テスターがあれば簡単です。


テスターを用意しΩモードにして、PUのケーブル両端に当てるだけで簡単に測定できます。

ピックアップの直流抵抗値のチェック方法

ピックアップのパワーの目安は直流抵抗値。直流抵抗値はテスターで測定できます
VANZANDT ( ヴァンザント )ROCKモデルの直流抵抗値は7.11k。シングルコイルにしてはパワフルなピックアップだということが分かります。





位相のチェック

ピックアップをセットで購入する場合は問題無いですが、リアだけとかフロントだけとか個別で購入する場合に問題になるのが位相


それぞれのPU単独で使う場合は問題ないのですが、ハーフトーンなどPU同士をミックスした時に位相が合っていないと音が小さくなって、ミョンミョンとしたフェイズした音になってしまう場合があります。


位相が合っていない場合は、片方のPUの+と-を入れ替えれば問題ないのですが、手元にアナログテスターがあれば事前に調べることができます。



チェックの方法は、アナログテスターをΩモードにして、テスターの赤いケーブルを白(+)、黒いケーブルを黒(-)につなぎ、PUのポールピース(磁石部分)をドライバーなどで軽く叩きます。

ピックアップの位相のチェックはアナログテスターで行ないます
その時にテスターの針が左右どちらに振れるかをチェックし、PU全てが同じ方向に振れれば位相が合っている、逆に振れれば位相が合っていないということになりますので配線時に+-を逆にすればOK。



リバースワイヤリング/RW/RP(逆巻き/逆磁極);

販売サイトへ行くと、リバースワイヤリング RW/RP(逆巻き/逆磁極)という表示を見かけることがあると思います。


リバースワイヤリングとは、文字通りコイル(と磁石)を逆にしたPUで、ハーフトーンなどでPUをミックスした時にノイズが消えるようになっています。


必須ではないですが、ハーフトーンをよく使う方はミドルPU/センターPUにリバースワイヤリングのものを選択すると良いでしょう。



よくわからない方はセットでの購入が無難かも。




ピックアップ一覧へ

サウンドハウス

@tsune1221