DIMARZIO SuperDistortion ( DP100 )

ハムバッキングピックアップおすすめ:出力高めのハイパワー

2022年11月28日ハムバッキング用PUおすすめ,特集

PAFなどヴィンテージ系PUに物足りなさを感じる方におすすめのハイパワーピックアップを紹介。

コイルのターン数を増やしたりパワーのあるマグネットを採用するなどし、音を太く、歪みやすくしたPUでロックはもちろんハードロックやメタルなギタリストに最適です。

ハイパワーでハイゲインなピックアップに迷ったらこの中から選びましょう。

DIMARZIO SuperDistortion ( DP100 )

※PU交換は、ギターの改造/ パワーアップに最も手軽な方法です。もしお使いのPUに不満を感じているなら交換を考えてみましょう。


DIMARZIO ( ディマジオ )

種類も豊富で様々なギタリストに愛用されるディマジオ・ピックアップ。

PAFのパワーアップ版であるAir Zone、Air Nortonは評価の高いPUです。フェンダーなど弦間ピッチの広いもの用にFスペースもラインナップ。

SuperDistortion ( DP100 )

DIMARZIO SuperDistortion ( DP100 )

SuperDistortion ( DP100 )は、70~80年代を代表するハイゲインピックアップです。

エース・フレーリー、ランディーローズ、アル・ディ・メオラ、ポール・ギルバート、カルロス・カバーゾなどが愛用する名器で、フロントにディマジオPAF 、リアにこのスーパーディストーションを組み合わせるのがベスト。

P90タイプや、シングルコイル・サイズもラインナップ

直流抵抗値:13.68k
マグネット:セラミック

フロントにDP103 PAF 36th Anniversary、リアにDP100 Super Distortion F-spacedと、ポット、セレクター一式がセットのなったディマジオ・プリワイヤード・ピックガードも発売中。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP100 – YouTube (動画)


Tone Zone ( DP155 )

DIMARZIO Tone Zone ( DP155 )

Tone Zone ( DP155 )は、ハイゲイン・ピックアップとして評価の高いピックアップで、90年代のメタル系ギタリストを虜にしたモデルです。

十分すぎるほどのサウンドを持ちながら、ハードピッキング時のパワーからソフトピッキング時のクリアで敏速なサウンドまで、非常にダイナミックレンジの広いサウンドが特徴のPUです。

Paul Gilbert ( ポール・ギルバート )も愛用しています。

シングルコイルサイズもラインナップ。

直流抵抗値:17.31k
マグネット:アルニコ5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP155 – YouTube (動画)


Air Zone ( DP192 )

DIMARZIO Air Zone ( DP192 )

Air Zone ( DP192 )は、Tone Zoneのヴィンテージサウンド・ヴァージョンです。

PAFピックアップのブライト感は失わず、出力を高めたようなサウンドです。

エアバッカー・テクノロジーによるサステインの向上と豊かな倍音が、すっきりとしたロングトーン・ハーモニクスを提供します。

直流抵抗値:17.49k
マグネット:アルニコ5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP192 – YouTube (動画)


Air Norton ( DP193 )

DIMARZIO Air Norton ( DP193 )

Air Norton ( DP193 )は、ウォームなサウンドが特徴のピックアップで、フロントにセットすることで、あらゆるリアピックアップと相性抜群です。

Air ZoneおよびTone Zone、Steve’s Specialなどをリアピックアップとして組み合わせた場合、それらのパワフルなサウンドに程よく調和します。

ヴィンテージ系PUではAir Classic ( DP191)との相性も抜群です。

もちろんリアにも使用可。

直流抵抗値:12.58k
マグネット:アルニコ5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP193 – YouTube (動画)


Evolution ( DP158 / DP159 )

DIMARZIO Evolution ( DP158 / DP159 )

Evolution ( DP158 / DP159 )は、スティーヴ・ヴァイ・モデルです。

ヴァイのサウンドを聴いても分かるように、パンチのあるサウンド、あらゆるレンジでのにフィードバック・サウンドが得られる他、低音弦のドライブ感も魅力的なPUです。

DP158 Evolution Neck:
直流抵抗値:13.04k

DP159 Evolution Bridge:
直流抵抗値:13.84k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO Evolution – YouTube (動画)


Steves Special ( DP161 )

DIMARZIO Steves Special ( DP161 )

Steves Special ( DP161 )は、従来のハイゲイン・タイプのハムバッキング・ピックアップとは異なるアプローチで設計されています。

多くのハイゲイン・ピックアップはレンジが狭くなってしまう傾向にありますが、デュアル・レゾナンス・テクノロジーによりミッドレンジを引き下げながら高域と低域をブーストしますので、ハイゲイン・アンプのドライブ・サウンドの中でも埋もれるようなことはありません。

ハードなディストーションの中でも存在感のあるサウンドを提供するばかりか、クリーントーンにおいてもハイファイなサウンドを奏でますので、速弾きのソロワークとコードバッキングの両方で使用できるとても優れたピックアップです。

直流抵抗値:18.21k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP161 – YouTube (動画)

Tsuneくん
Steve’s Specialのスティーブとは、ディマジオのエンジニア、スティーブ・ブルーチャーの名前です。

X2N ( DP102 )

DIMARZIO X2N ( DP102 )

X2N ( DP102 )は、80年代を思わせる2本のワイドバーポールピースが特徴のピックアップです。

最大のパワーと歪みが欲しい場合にこれを使いましょう。

直流抵抗値:15.83k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP102 – YouTube (動画)


Transition ( DP255 / DP254 )

DIMARZIO Transition ( DP255 / DP254 )

Transition ( DP255 / DP254 )は、スティーブ・ルカサーの新しいシグネチャーモデル”L III”に搭載されているピックアップです。

ブリッジ用のTransition Bridge ( DP255 )と、ネック用のTransition Neck ( DP254 )をラインナップ。

弦間ピッチの異なるノーマル用(主にギブソンなど)、Fスペース用(主にフェンダーなど)をラインナップ。

DP254:
直流抵抗値:10.23k
マグネット:セラミック

DP255:
直流抵抗値:11.05k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO Transition – YouTube (動画)


Andy Timmons AT-1 ( DP224 )

DIMARZIO Andy Timmons AT-1 ( DP224 )

Andy Timmons AT-1 ( DP224 )は、バランス、ウォームさ、明瞭とどれも兼ね備えたピックアップです。

Andy Timmonsのシグネチャーモデルには、ネック/ミドル用に CRUISER ( DP186 / DP187 )が搭載されています。

DIMARZIO CRUISER ( DP186 / DP187 )

Ibanez アンディー・ティモンズ・モデル

直流抵抗値:16.50k
マグネット:アルニコ5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO DP224 – YouTube (動画)


EVH ( イーブイエイチ )

ヴァン・ヘイレンの新たなブランドEVH。

PUはもちろん、ギターやアンプなどもラインナップ。

Frankenstein Humbucker

EVH Frankenstein Humbucker

Frankenstein Humbuckerは、ヴァン・ヘイレンのFrankensteinに搭載されていたピックアップを再現したモデルです。

EVH / Striped Frankie

Frankenstein Humbuckerラインナップ

FRANKENSTEIN:
直流抵抗値:14.4kΩ
マグネット:アルニコ2

FRANKENSTEIN Plus:
直流抵抗値:17.32kΩ
マグネット:アルニコ2

FRANKENSTEIN Classic:
直流抵抗値:8.20kΩ
マグネット:アルニコ2

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 EVH Frankenstein Humbucker – YouTube (動画)


Wolfgang Pickup

EVH Wolfgang Pickup

EVH Wolfgangに搭載されているピックアップがネック、ブリッジ用の2機種で発売です。

EVH / Wolfgang

直流抵抗値:Neck: 16.4-17.0K、Bridge: 14.0-14.6K
マグネット:アルニコ 2

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 EVH Wolfgang Pickup – YouTube (動画)


GIBSON ( ギブソン )

70s Tribute

Gibson 70s Tribute

70s Tributeは、70年代半ばのハードロックプレーヤーがシーンに登場し始めたときにリリースしたホットなピックアップを再現しています。

出力が高く、簡単にオーバードライブできるため、ハードロックやヘヴィメタル、ドロップチューニングのギターにも最適です。

パワフルなアルニコ 5マグネットに加え、ワックスポッティングを施すことで大音量レベルでのマイクロフォニックフィードバック(ハウリング)にも強いピックアップです。

直流抵抗値:Neck: 16.2k、Bridge: 15k
マグネット:アルニコ5

 

詳細を見る

posted with カエレバ

 GIBSON 70s tribute pickups – YouTube (動画)

Tsuneくん
70s Tributeは、現行モデルの70s Explorerや70s Flying V に標準搭載されているピックアップのようです。

DIRTY FINGERS

GIBSON DIRTY FINGERS

Gibson “Dirty Fingers"は、1970年代にGibsonによって導入された有名なスーパーホット・ハムバッカーの精緻なレプリカです。

ギター本来のトーンを損なうことなく、大音量の出力を実現しています。

直流抵抗値:15k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 Gibson DIRTY FINGERS – YouTube (動画)


GOTOH ( ゴトー )

GOTOH PICKUPS(株式会社 ゴトー) は、1966年創業の日本の老舗メーカー。

古くからフェンダージャパンやフェルナンデス、東海楽器などのギターにOEM供給しています。

ちなみにペグで有名なゴトーガットとは別会社。

HB-Custom

GOTOH HB-Custom

HB-Customは、薄めのセラミックマグネットを採用し、程よいパワー感が特徴のピックアップです。

ネック側はヴィンテージ感を残し、ブリッジ側は中高域に特徴を持たせたモデルです。

直流抵抗値:Neck: 8.12K、Bridge: 14.40K
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

posted with カエレバ

 GOTOH HB-Custom – YouTube (動画)


HB-Distortion

GOTOH HB-Distortion

HB-Distortionは、厚めのセラミックマグネットを採用し、高出力ながらクリア感も合わせ持ち、ディストーション系のロックサウンドにベストなピックアップです。

直流抵抗値:Neck: 12.53K、Bridge: 15.11K
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

posted with カエレバ

 GOTOH HB-Distortion – YouTube (動画)


SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )

1970年代よりPUのリペアなどを行ってきたセイモアダンカン。

ジェフ・ベック用にデザインされたJB(SH-4)はジャンルを超え様々なギタリストに愛用されています。 末尾のnはネック、bはブリッジ用に最適

JB model ( SH-4 )

SEYMOUR DUNCAN JB model ( SH-4 )

JB model ( SH-4 )は、”JB”すなわち”ジェフ・ベック”のために開発されたピックアップです。

豊かな中域が特徴で、甘くウォームなトーンからストレートなロックンロールサウンドまで、幅広いジャンルに対応します。特にマーシャル・アンプなどドンシャリサウンドとの相性は抜群です。

リアにJB、フロントに’59 model ( SH-1 )を組み合わせるのも人気です。

直流抵抗値:16.40k
マグネット:アルニコ 5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-4 – YouTube (動画)


Hot Rodded

SEYMOUR DUNCAN Hot Rodded

SEYMOUR DUNCAN氏がお勧めするハムバッカー黄金の組み合わせ、フロント「JAZZ(SH-2)」、リア「JB(SH-4)」この2つをワンパッケージにしたお得なセットです。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Hot Rodded – YouTube (動画)


Duncan Custom ( SH-5 )

SEYMOUR DUNCAN Duncan Custom ( SH-5 )

Duncan Custom ( SH-5 )は、59モデル(SH-1)のサウンドを更に強力にパワーアップさせ、パワー、サステイン、ディストーションが程よくブレンドされたハードなドライビングサウンドが売りのピックアップです。

セラミックマグネットとカスタムコイルデザインにより迫力のある低音と整理された倍音構成が生み出されるため、ドロップチューニングにも最適です。

直流抵抗値:14.10k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-5 – YouTube (動画)


Duncan Distortion ( SH-6 )

SEYMOUR DUNCAN Duncan Distortion ( SH-6 )

Duncan Distortion ( SH-6 )は、凄まじいパワーと図太いサウンドが特徴のピックアップです。

大型のセラミックマグネットとホットにワイヤリングされたコイルにより、深く歪ませてもアタックが潰れずにクリア感を保ちます。

SH-5と比較してアグレッシブなサウンドに仕上がっています。

また、ドロップチューニングにも最適です。

直流抵抗値:16.60k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-6 – YouTube (動画)


Custom Custom ( SH-11 )

SEYMOUR DUNCAN Duncan Custom ( SH-5 )

Custom Custom ( SH-11 )は、59モデル(SH-1)のマグネットをアルニコ2マグネットに替えることで、ハイエンドはウォームでスムースに、ミッドレンジはよりパワフルに仕上がっています。

伝統的なヴィンテージサウンドをパワフルにしたトーンを好むプレイヤーにはうってつけです。

PAF系ピックアップに物足りなさを感じる方に。

直流抵抗値:14.40k
マグネット:アルニコ 2

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-11 – YouTube (動画)


George Lynch Screamin Demon ( SH-12 )

SEYMOUR DUNCAN George Lynch Screamin Demon ( SH-12 )

George Lynch Screamin Demon ( SH-12 )は、ジョージ・リンチの為に、設計されたピックアップです。

’59 modelの噛み付くようなバイト感を若干減らし、唸るようなトーンを加味したものに仕上がっています。

アレンスクリューポールピースと、スタンダードなポールピースを組み合わせる事により、独特な空気感を演出します。

直流抵抗値:10.00k
マグネット:アルニコ 5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-12 – YouTube (動画)


The 59 / Custom Hybrid ( SH-16 )

SEYMOUR DUNCAN The 59 / Custom Hybrid ( SH-16 )

The 59 / Custom Hybrid ( SH-16 )は、アジャスタブル・ポールピース側に’59 model、ノンアジャスタブル・ポールピース側にDuncan Customのコイルを採用し、クリアな高域と十分な低域、唸る様なミッドレンジが得られるピックアップです。

ヴィンテージハムバッカーとハイアウトプットハムバッカーの中間に位置し、JB Model、 Duncan Custom、 Custom Custom、 Custom 5では出力が高過ぎ、’59 Model、 Screamin’ Demonでは物足りないというプレイヤーにおすすめ。

直流抵抗値:11.5k
マグネット:アルニコ 5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-16 – YouTube (動画)


SUHR ( サー )

ハイエンドなギターメーカーとして人気のSUHR(サー)が制作する ハイパワー/ハイゲイン系ハムバッキング・ピックアップ。

SUHRのハムバッキング・ピックアップには、ポールピースが従来のハムバッキング・ピックアップ同様の シングルスクリュータイプ(SSV、SSHシリーズ)と、両側のポールピースをスクリューにした ダブルスクリュータイプ(DSV、DSHシリーズ)があります。

末尾のVはヴィンテージ、Hはホット?の略かと思います、

SSH

SUHR SSH/SSH+ SUHR SSH/SSH+ カバードタイプ

DSHSSHは、チューブアンプを心地よくドライブさせ中域の輪郭をより際立たせる高出力性と、片や開放的なヴィンテージスタイルトーンを作り出す繊細さを兼ね備えたピックアップです。

ブリッジポジションでアンプをよりオーバードライブをさせたい時、あるいはミックスにおいて存在感のあるクリアートーンを出したい時、DSHとSSHがいかに優れてるか聴感できる瞬間です。

DSH+SSH+は、Suhr Guitarsの製品の中でも高出力なタイプとしてポピュラーなピックアップです。

滑らかなサウンドを求めるのであれば、ダブル・スクリュー・タイプのDSH+、カッティング・サウンドやブライトさを求めるならば、シングル・スクリュー・タイプのSSH+、を選択すると良いでしょう。

DSH+とSSH+は、暖かく澄みきったクリーン・サウンド、クラシック・ロック、力強いジャズ・ロック・フュージョン、80年代メタル/シュレッド、そしてモダンハイゲイン・サウンドに至るまで、幅広いジャンルをカバーできるトーン・デザインと、手作業で選別されたアルニコ・マグネットと厳選された構成パーツによって作られています。

また、ボディ材の特性をより顕著にするメリットも併せ持っています。

SSH Bridge:
直流抵抗値:12.8k
マグネット:アルニコ 5

SSH+ Bridge:
直流抵抗値:17k
マグネット:アルニコ 5

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様です。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SUHR SSH – YouTube (動画)


DSH

SUHR DSH

DSHは、上記SSHのダブルスクリュー・ポールピース仕様で、ポールピースの高さ調整が細かく出来るようになっています。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様です。

DSH Bridge:
直流抵抗値:12.8k
マグネット:アルニコ 5

DSH+ Bridge:
直流抵抗値:17k
マグネット:アルニコ 5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SUHR DSH – YouTube (動画)


Aldrich

SUHR Aldrich SUHR Aldrich カバードタイプ

Aldrichは、Lion、WhiteSnake でおなじみの ダグ・アルドリッチ/ Doug Aldrich モデルのピックアップです。

Aldrich Bridge
ブリッジ用 Aldrich は直流抵抗値を17.5kΩまで高めたSuhr Guitarsハムバッカーシリーズの中で最強のパワーを持ったハイアウトプット・ハムバッカー。

高域特性を全く犠牲にすることなくウルトラハイゲインとともにタイトなlow、パンチの効いたmid、そして研ぎ澄まされたhigh-midと決して耳障りではないhigh、といったキャラクターを持つピックアップです。

Aldrich Neck
ネック用 Aldrichは、Aldrich Bridgeを搭載したギターのネックポジションに最適な組み合わせとなるよう、入念に設計されたハムバッカーです。十分なパワーを持ちながらもAldrich Bridge同様に濁りや粗さはありません 。

各弦の音量バランスに優れクリアなlow、温かみのあるmid、そして艶のあるhighが特長のAldrich Neckはネックポジションにおいて分厚いクランチリズムや流麗なハイゲインリードを必要とするプレイヤーに最適です。

ブラック・ボビン、ホワイト・ボビン、ゼブラ・ボビン、クローム・カバー、ゴールド・カバーのいずれかが選択できます。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様です。

直流抵抗値:Neck: 9.0k、Bridge: 17.5KΩ
マグネット:アルニコ 5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SUHR Aldrich – YouTube (動画)


ピックアップおすすめ & メーカー別一覧

ハムバッキングピックアップ・メーカー別

おすすめを見る メーカー別

おすすめ記事