ピックガード交換 ストラトをとことんいじる(改造/ 調整)

LINEで送る
Pocket

ストラトキャスター ピックガード交換

60年代のストラトキャスターといえば、ミントグリーンのピックガードです。交換してみました。


ピックガード交換

ストラト用ピックガード・ミントグリーン
フェンダー・ジャパンのストラトST62のピックガードを、ヴィンテージ・ライクなミントグリーンに交換してみました

60年代のストラトのピックガード

フェンダージャパンのST62というのは、1960年から1962年前半あたりのストラトキャスターを再現したモデルです。

*スパゲティ・ロゴ下部にパテントNoが無いので厳密には60年モデルのコピー

ピックガードも当時と同じ仕様の白黒白の3ピース(11点止め)が採用されています(50年代のモデルは1ピース8点止め、64年以降は同じ3ピース11点止めながらビス位置が変わります)。

60年代当時の新品のピックガードは本来白い色なのですが、経年変化で下の黒が透けてミントグリーンのような色に変化する個体が多く、ヴィンテージにこだわる人はミントグリーンのピックガードに換えるのはお約束(^^)。

*ちなみに50年代前半のストラトキャスターのピックガードは材質(セルロイド)による経年変化が起こりにくく白いままの個体が多く、50年代後半のストラトキャスターは経年変化により黄ばむものが多いようです。

ミントグリーンのピックガードはリプレイスメント・パーツとして各社から発売されています。

純正のピックガードもうっすらミントという感じだったのですが、こうして比較するとかなり違います。

ST62にミントグリーン・ピックガード取り付け1

どちらが良いかは人によるのでしょうが、私はミントグリーンのほうが古臭い感じで好きですね。

早速、ピックガード交換です、ピックガード交換はドライバーや、モンキー(レンチ)があれば簡単に行うことが出来ます。

注意
*断線の恐れもありますので、作業は慎重に、自己責任で行なって下さい。
*PUをピックガードから外すので、PUの高さはメモしておきましょう。
*フェンダージャパンとフェンダーUSAではポットの径が異なるため加工が必要になる場合があります。


ピックガードを外しました

ST62にミントグリーン・ピックガード取り付け2

PU装着前

ST62にミントグリーン・ピックガード取り付け3

交換完了

ST62にミントグリーン・ピックガード取り付け4
どちらかと言えば安っぽい感じだった風貌が、ちょっとだけ貫禄が出たような気がします。

フェンダージャパンST62をヴィンテージ風な見た目に換えるには、ピックガードや、コントロールノブ交換はオススメのチューンです。


ストラト用ピックガード・ミントグリーン
価格比較(レビュー / 口コミ有り);
ストラト用ピックガード・ミントグリーン 【サウンドハウス】
ストラト用ピックガード 【イシバシ楽器】


コントロール・ノブ / ピックアップカバー

こちらも白でかまわないのですが、経年変化を再現した、ミントアイボリーが人気です。

ストラト用ノブ

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
ストラト用ノブ 【サウンドハウス】
ストラト用ノブ 【イシバシ楽器】

*ジャパンとUSAでは、ミリ・インチに違いがあります。注意して下さい


ストラト改造トップ

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です