スティーヴィー・レイ・ヴォーン の機材を現行モデルで再現

LINEで送る
Pocket

スティーヴィー・レイ・ヴォーン の機材を現行モデルで再現

天才ブルース・ギタリスト、Stevie Ray Vaughan ( スティーヴィー・レイ・ヴォーン )になりきる為の機材を現行モデルで紹介。音作りのコツ。



音作り

Stevie Ray Vaughan ( スティーヴィー・レイ・ヴォーン )の音作り

スティーヴィー・レイ・ヴォーンの基本はフェンダー系のローゲインアンプに、エフェクターはアイバニーズのチューブスクリーマー

ギターアンプ
ギターアンプはフェンダーの他、マーシャルやハワードダンブルなどのアンプも使用していたようですが、アンプはほぼクリーンセッティングで使用。真空管12ax7もゲインの高くないものを好んで使用していたようです。

エフェクター
エフェクターはチューブスクリーマーをメインに、ジミ・ヘンドリックス・フォロワーでもある、スティーヴィーはファズ/オクターブファズも愛用。

アイバニーズのチューブスクリーマー(Tube Screamer)は歪むペダルではないですが、名前の通り、真空管アンプのボリュームをフルドライブさせた時のような、ウォームなサウンドが特徴のペダルです。

チューブスクリーマーは、初代のTS808はもちろん二代目のTS9、三代目のTS10なども愛用していました。

TS系( チューブスクリーマー )ペダル特集

弦とピック
スティーヴィーのクリーンでコシのあるサウンドの秘密は極太弦とピックによるところが大きいです。.013や時にはそれ以上の太い弦を張ることもあったようで、弦はGHSのニッケルロッカーズ。無骨で金属的な鳴りが特徴のSRV風味のする弦です。

.010あたりの太さから試してみてはいかがでしょう。

また、ピックはティアドロップの丸い部分で弾くのもSRV流。特にリアピックアップ使用時の太くてハリのある音はピックの丸い部分で弾かないと得られないでしょう。


ギター

FENDER ( フェンダー ) / Stevie Ray Vaughan Stratocaster

Stevie Ray Vaughan Stratocaster

ご存じ スティーヴィー・レイ・ヴォーン といえばこのギター。SRVじゃない人がSRVと書かれたギターを使うのに抵抗のある人はピックガードを換えましょう

チューニングを半音下げて、出来れば太めの弦を張って弾くのが理想です。PUは Texas Special 。

🖥ショップで探す📲

■ Stevie Ray Vaughan Stratocaster【サウンドハウス】
◆ Stevie Ray Vaughan Stratocaster 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Stevie Ray Vaughan Stratocaster (動画)


FENDER ( フェンダー ) / American Original Stratocaster

American Original Stratocaster

スティーヴィーメインギターNo.1ストラトキャスターは、63年のボディー、62年のネックと言われていますが、実は指板はラウンドボード(接着面が湾曲したもの)。

究極のスティーヴィー・レイ・ヴォーン・サウンドをめざすならスラブボードではなく、ラウンドボード仕様のものを手に入れるというのもありかも。

新しいAmerican Original Stratocasterアメリカンオリジナル・シリーズにはラウンドボード仕様の60sモデルがラインナップされています(ロゴもスパゲッティーではなくトランジション)。

🖥ショップで探す📲

American Original Stratocaster 【サウンドハウス】

Youtube 動画 Fender American Original Stratocaster – YouTube (動画)


FENDER ( フェンダー ) / 60s Stratocaster

60s Stratocaster

スティーヴィー・レイ・ヴォーン・サウンドの基本は60年代の仕様である、ローズ指板のネック+アルダーボディのストラトキャスター。

リアルなヴィンテージリイシュー Fender American Vintage Storatcasterなど 60s仕様の Storatcasterならピッタリです。

🖥ショップで探す📲

60s Stratocaster 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Fender 60s Stratocaster(動画)
👉ストラトキャスターの選び方


K&T ピックアップ / Austin Legend

ただのヴィンテージでは得られない、ブルージーでメタリックなサウンド! その名の通り、テキサスブルースマスター“SRV”のトーン

🖥ショップで探す📲

👉PU一覧


FENDER ( フェンダー ) / Custom Shop Texas Special

Custom Shop Texas Special

文字通りテキサスの香り漂うPUで、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの為に作られたPU。ヴィンテージ系PUに比べ、中域が太くなっています。

🖥ショップで探す📲

■ Custom Shop Texas Special【サウンドハウス】
◆ Custom Shop Texas Special 【イシバシ楽器】

👉PU一覧


VANZANDT ( ヴァンザント ) / TRUE VINTAGE

TRUE VINTAGE

S.R.Vも生前愛用していたというヴァンザントのトゥルーヴィンテージ。リアにはやや出力を上げたBLUES でも良いかもしれません

センターPUにリバース・ワイヤリング用PUを組み合わせることでハーフトーン時にノイズ・キャンセルが可能。

🖥ショップで探す📲

■ TRUE VINTAGE 【サウンドハウス】
◆ TRUE VINTAGE 【イシバシ楽器】

👉PU一覧


アンプ

FENDER ( フェンダー ) / 65 SUPER REVERB(45w)

65 SUPER REVERB

スティーヴィー・レイ・ヴォーンが使っていたのは、フェンダー・ヴァイブロヴァーブとこのスーパー・リヴァーヴが有名です。現行で手にはいるのは10インチ・スピーカーが4発搭載、45Wのこのスーパー・リヴァーヴ。

他にはハワードダンブルのSteel-String-Singerや、マーシャルなんかも使っていたらしいですよ。

🖥ショップで探す📲

■ 65 SUPER REVERB【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube – ’65 SUPER REVERB (動画)


FENDER ( フェンダー ) / 65 DELUXE REVERB(22w)

65 DELUXE REVERB

小出力で自宅でもライブでも使い勝手の良いモデルとしてはこのデラリバ(写真)または、15wの65 PRINCETON REVERBなどのブラックフェイス系チューブ・アンプがオススメ。

これらのアンプとチューブ・スクリーマーを組み合わせることで自宅でもSRVサウンドを堪能出来ます。

🖥ショップで探す📲

■ 65 DELUXE REVERB【サウンドハウス】
◆ 65 DELUXE REVERB 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – FENDER ‘DELUXE REVERB Reissue (動画)

■ 65 PRINCETON REVERB【サウンドハウス】
◆ 65 PRINCETON REVERB【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Fender Princeton Reverb Reissue (動画)
👉FENDER アンプ特集


エフェクター

Ibanez ( アイバニーズ ) / TS808

TS808

スティーヴィー・レイ・ボーン・サウンドには欠かせないオーバードライブ、チューブスクリーマー。

クリーミーな中域と艶やかな高域はリイシュー・モデルでも健在。

音質補正用にアンプ前に1つと、立ち位置にブースター用に1つと、チューブスクリーマーを2台繋いでいたというのも有名な話ですね。

TS系ペダル特集

🖥ショップで探す📲

■ TS808【サウンドハウス】
◆ IBANEZ TS808 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – TS808 (動画)


Ibanez ( アイバニーズ ) / TS9

TS9

TS808の後継機種。こちらもスティーヴィー・レイ・ヴォーンが使っていたことで有名なオーバードライブ、チューブスクリーマー。TS808より中域はややあっさり気味。

スティーヴィー・レイ・ヴォーンはチューブスクリーマーが発売されるたびに入手していたようで、TS-9の後継モデル、TS-10なども愛用していたようです。

TS系ペダル特集

🖥ショップで探す📲

■ TS9【サウンドハウス】
◆ IBANEZ TS9 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – TS-9 (動画)
👉IBANEZ の歪み系エフェクター


Diaz PEDALS / Texas Square Face

ジミヘンフリークになくてはならないFuzz Face。スティーヴィーはアルバム『In Step』以降使用し始めたようですが、実際はアンプテクであるシーザー・ディアズによりカスタマイズされたものだったとか。

確かに、『Tightrope』、 『Leave My Girl Alone』のソロで使われたというそのサウンドは(特に低域が)Fuzz Faceっぽくありません。

そのディアズのファズフェイスを元に制作されたのが、この Texas Square Face との事。

🖥ショップで探す📲

◆ Texas Square Face 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Texas Square Face (動画)
👉FUZZ 特集


Jersey Girl ( ジャージー・ガール ) / Jersey Girl Fulltender

6L6や6V6のチューブアンプをフルテンで鳴らした時のようなサチュレーションが素晴らしいフルテンダー。

自宅のアンプでも手軽にスティーヴィー・レイ・ヴォーン・サウンドを再現出来ます。

レビュー/ 口コミ:
Jersey Girl Fulltender で フルテンだぁ~

🖥ショップで探す📲

◆ Jersey Girl Fulltender 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Jersey Girl Fulltender (動画)
👉JERSEY GIRL の歪み系エフェクター


VOX ( ヴォックス ) / V847-A

V847-A

スティーヴィーのワウはVOX製です。Voodoo Chile (Slight Return)や、Say What!での使用が有名ですね。

🖥ショップで探す📲

■ V847-A【サウンドハウス】
◆ V847-A 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – V847-A (動画)


VOX ( ヴォックス ) / V846-HW

V846-HW

VOXのワウV846がハンドワイヤード、トゥルーバイパスで蘇りました。

V846-HW Hand-wired (メーカーサイト)
レビュー/ 口コミ:
VOX ( ヴォックス ) – V846-HW 今週の気になる・・・

🖥ショップで探す📲

■ V846-HW【サウンドハウス】
◆ V846-HW 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – V846-HW (動画)
👉ワウ特集


MXR ( エムエックスアール ) / M68 Uni-Vibe

M68 Uni-Vibe

ジミ・ヘンドリックス・フリークのスティーヴィー・レイ・ヴォーンも愛用するUni-Vibe

ユニバイブとは、トレモロ効果とコーラス効果が得られるエフェクターで、MXRやKORGなどから発売されています。

M68 ユニヴァイブは、当時のサウンドをそのままに、Phase90 と同じ小さい筐体で復刻。

トゥルーバイパス

🖥ショップで探す📲

■ M68 Uni-Vibe 【サウンドハウス】
◆ M68 Uni-Vibe 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube | MXR M68 Uni-Vibe (動画)


KORG ( コルグ ) / Nuvibe

Nuvibe

1969年、ウッドストックで伝説的ギタリストが歴史的名演奏で使用した幻の名機が、オリジナル・モデル開発者監修のもと、半世紀以上もの時を経て復活。

🖥ショップで探す📲

■ Nuvibe 【サウンドハウス】
◆ Nuvibe【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube | KORG Nuvibe (動画)
👉トレモロ特集


その他

弦 / GHS NICKEL ROCKERS

NICKEL ROCKERS

スティーヴィーが使っていた弦はGHSニッケル・ロッカーズが有名です。.013や時にはそれ以上の太い弦を張っていたようです。

ニッケルロッカーズは、無骨で金属的な鳴りが特徴の弦。太い弦はネックに負担が掛かるので.010~のセットあたりから試してみるのが良いかと・・・

エレキギター弦 比較 ( レビュー )

🖥ショップで探す📲

■ NICKEL ROCKERS 【サウンドハウス】
◆ GHS NICKEL ROCKERS 【イシバシ楽器】

👉弦一覧


ギターストラップ / SRV ギターストラップ

スティーヴィー・レイ・ヴォーンといえばこの音符ストラップが有名です。ファンなら是非ともそろえたいですね。。カラーは4種。

🖥ショップで探す📲

ピックガード

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのSRVレプリカ・も発売中↓
ピックガード SRV
ピックガード SRV

🖥ショップで探す📲

ピックガード SRV 【サウンドハウス】
ピックガード SRV 【イシバシ楽器】

●ブラック・ピックガードも男らしくてカッコいいですね。
ストラト用ピックガード・ブラック

🖥ショップで探す📲

ストラト用ピックガード・ブラック 【サウンドハウス】
ストラト用ピックガード ブラック 【イシバシ楽器】


スティーヴィーレイヴォーン バンドスコア

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのコピーはスコアで。


おすすめCD

Texas Flood

1983年発売

収録曲:
Love Struck Baby / Pride And Joy Texas Flood / Tell Me / Testify / Rude Mood / Mary Had A Little Lamb / Dirty Pool / I’m Cryin’ / Lenny

スティーヴィー・レイ・ヴォーン、トミー・シャノン(b)、クリス・レイトン(ds)の3ピースバンド、ダブル・トラブルのデビュー作。スモーキーなトーンがたまらない。Lennyは当時の奥様に贈った曲。


Couldn’t Stand the Weather

1984年発売

収録曲:
Scuttle Buttin’ / Couldn’t Stand The Weather / The Things (That) I Used To Do / Voodoo Chile (Slight Return) / Cold Shot / Tin Pan Alley / Honey Bee / Stang’s Swang /

ダブル・トラブルの2ndアルバム、Scuttle Buttin’、Couldn’t Stand the Weather、ジミヘンのカバーであるVoodoo Chileなど佳曲が盛りだくさん。ジャジーなStang’s Swangは是非とも聴いて欲しい。


Soul To Soul

1985年発売

キーボード奏者リース・ワイナンをメンバーに迎えた3rd。Say What!では、ワウを二台連結してプレーしているとか。


Live Alive

1986年発売

収録曲:
Say What! / Ain’t Gone’N’ Give Up On Love / Pride And Joy / Mary Had A Little Lamb / Superstition / I’m Leaving You (Commit A Crime) / Cold Shot / Willie The Wimp / Look At Little Sister / Texas Flood / Voodoo Chile (Slight Return) / Love Struck Baby / Change It /

ライブアルバム。個人的に初めて買ったSRVのアルバムなので、思い入れがある・・・が、当時の彼はドラッグでボロボロの状態であったらしく、スタジオでかなりの修正を加えているらしい。
メジャーな曲が揃っているのでスティーヴィー入門としては最適。


In Step

1989年発売

ドラックとアルコールでで心身ともにボロボロになったスティーヴィー・レイ・ヴォーンの復帰作。リズミカルで聴きやすい曲が多い。


The Sky Is Crying

1991年発売

収録曲:
Boot Hill / The Sky Is Crying / Empty Arms / Little Wing / Wham / May I Have a Talk With You / Close to You / Chitlins con Carne / So Excited / Life by the Drop /

ヘリコプター事故で亡くなったスティーヴィー・レイ・ヴォーンの追悼盤、未発表曲集。最も売れたアルバムとなった。完成度の高さ故、彼の死が悔やまれて仕方がない。


ライヴ・アット・エル・モカンボ

収録曲:
Testify / So Excited / Voodoo Child (Slight Return) / Pride and Joy / Tell Me / Mary Had a Little Lamb / Texas Flood / Love Struck Baby / Hug You, Squeeze You / Third Stone from the Sun / Lenny / Wham /

デビュー間もない1983年のライブ。これを見ずにスティーヴィー・レイ・ヴォーンは語れない。

小さなクラブでのステージで臨場感抜群。So Excitedのイントロ・リフが何とも言えずカッコイイ!!ライブ終盤、彼の愛器『NO.1』を痛めつける様子に誰もが『やめてあげてーーー』と、叫ぶことでしょう。


ギタリスト・ギア特集

「スティーヴィー・レイ・ヴォーン の機材を現行モデルで再現」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です