ジョン・ノーラム の音を現行モデルで再現

LINEで送る
Pocket

ジョン・ノーラム の使用機材

叙情的でメロディアスなギターソロを奏でる、ヨーロッパのギタリスト、John Norum ( ジョン・ノーラム )のサウンドを現在発売されている機材で再現してみようというページです。



ギター

GIBSON ( ギブソン ) / Les Paul Custom

Gibson Les Paul Custom

再結成後のジョンノーラムは、フライングVやレスポール・スタンダードやカスタムなどギブソン系のギターを愛用。

PUはパッシブは主にセイモア・ダンカンの59modelをフロントに、リアはセイモア・ダンカンのJBを搭載。

以前は EMG を搭載したレスポールも愛用していましたね。

チューニングも半音以上落としたドロップDなども多用しています。

🖥ショップで探す📲

Les Paul Custom 【イシバシ楽器】
Les Paul Custom 【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube – Gibson Les Paul custom (動画)
👉レスポールの選び方


SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / ’59 model ( SH-1 )

59MODEL

セイモア・ダンカンのPAFレプリカPU。

ハムバッカーをこの世に出したセス・ラヴァーが使用したのと全く同じエナメルワイヤー、ニッケルプレート、バランスよく巻かれたコイルターンによって作られているので、見た目もサウンドもまさに59PAFそのものです。

タップ出来る4コンダクターケーブル仕様も。

直流抵抗値:ネック7.43K、ブリッジ8.13k

🖥ショップで探す📲

■ 59MODEL 【サウンドハウス】
◆ 59 MODEL 【イシバシ楽器】


SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / JB model ( SH-4 )

JB

通称ジェフ・ベック・モデル。豊かな中域が特徴のPU。甘くウォームなトーンからストレートなロックンロールサウンドまで、幅広く対応します。

直流抵抗値:16.40k

🖥ショップで探す📲

■ JB 【サウンドハウス】
◆ JB 【イシバシ楽器】

👉その他 PU一覧


FENDER ( フェンダー ) / American Original Stratocaster

American Original Stratocaster
以前のジョン・ノーラムのメインはストラトキャスター。Final Countdown Tour 1986のツアーではラージヘッド+ローズ指盤+ホワイト・ボディのストラトをメインで使用していましたが、60年代初期のスモールヘッドのストラトも数本所有しています。

ジョン・ノーラムのストラトキャスター
ジョンの場合50年代のメイプル指板よりは、60年代のローズ指盤の方が好みのようですね。個人的にジョン・ノーラムはレスポールよりストラトのほうが良い音出してる気がしますけど。

PUはノイズレスPUのディマジオHS-3に交換したいところ。

アメリカンオリジナル・ストラトキャスターは、ヴィンテージのストラトキャスターを踏襲しつつ、指板は弾きやすく、弦高を下げてもチョーキング時に音つまりしにくい9.5インチ(241R)を採用。ヴィンテージライクなサウンドと、テクニカルなプレーを両立させたいギタリストにオススメ。

🖥ショップで探す📲

American Original Stratocaster 【サウンドハウス】

Youtube 動画Fender American Original Stratocaster – YouTube (動画)


DIMARZIO ( ディマジオ ) / HS-3 ( DP117 )

DP117

HS-3は積層タイプのハムバッキングPU。イングヴェイ・マルムスティーンが愛用していたことで有名なHS-3。ブーストして使うとまさにあの音!

HS-2のバリエーションとして、よりウォームな音がするブリッジ・ピックアップとして開発。

直流抵抗 23.72k

🖥ショップで探す📲

■ DP117【サウンドハウス】
◆ DP117 【イシバシ楽器】


DIMARZIO ( ディマジオ ) / FS-1 ( DP110 )

DP110

イタリアのパオレッティ・ギターズが製作したジョン・ノーラムのシグネチュア・モデル“Stratospheric Wine Custom J.Norum” には、ディマジオのFS-1が3機搭載されています。

本人曰く「“FS-1”がシングルコイル・ピックアップの中ではベストだと思っているんだ。シングルコイルらしいトゥワンギーな音がしっかり出て、出力が“P.A.F”系のハムバッカーと同じぐらい高いところが気に入っている」とのこと。

FS-1はイングヴェイ・マルムスティーンがアルカトラス時代からソロ2作目マーチング・アウト辺りまで愛用していたPUとしても有名ですね。

特徴:
他のシングルコイルより大きく、太く、スムーズなサウンド(25%パワーアップ)がします。ブリッジポジションに最適ですが、よりアグレッシヴな音にするためには、フロント、センター、リアすべてにFS-1をマウントすることもお勧めです。

直流抵抗 14.23k

🖥ショップで探す📲

■ DP110【サウンドハウス】
◆ DP110 【イシバシ楽器】

👉その他 PU一覧


アンプ

MARSHALL ( マーシャル ) / JCM800(100w)

JCM800

80年代のハード・ロック/ヘヴィー・メタル系ギタリストのほとんどが愛用のJCM800。ジョンノーラムは現在も愛用しています。

以前のインタビューではストラトには100w、レスポールには50wとアンプを使い分けていたそうです。

写真のモデルはエフェクト・ループが搭載されたリイシューモデル(100w 2203)。

キャビネットはマーシャルの4×12キャビネット1960で、スピーカーはセレッションの Vintage 30がお気に入りだとか。

最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。
マーシャル系ペダル特集

🖥ショップで探す📲

■ JCM800【サウンドハウス】
◆ JCM800 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – MARSHALL JCM800(動画)
👉MARSHALL アンプ特集


エフェクター

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / CRY BABY

CRY BABY

2ndアルバム”Wings Of Tomorrow”のScream Of Angerをやるにはワウが必要です。最近はソロではほとんどワウを踏んだカッコいい音出してますね。現行モデルならこのクライベイビー。

🖥ショップで探す📲

■ CRY BABY【サウンドハウス】
◆ CRY BABY【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – JIM DUNLOP CRY BABY(動画)
👉ワウ特集


BOSS ( ボス ) / OC-3

OC-3

ライブ等でストラトの音の細さを補う目的でオクターバーをうっすらとかけています。

名機OC2の音色をそのまま受け継いだOC3は値段も機能も充実のモデルです。

🖥ショップで探す📲

■ OC-3【サウンドハウス】
◆ BOSS OC-3 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – boss oc-3 (動画)
👉オクターバー特集


その他

ヨーロッパ バンドスコア

ジョン・ノーラム/ヨーロッパのコピーはスコアで。


おすすめCD

Europe

1983年発売

収録曲:
In the Future to Come / Farewell / Seven Doors Hotel / The King will Return / Boyazont / Children of this Time / Words of Wisdom / Paradize Bay / Memories /

正統派ロックギタリスト、ジョン・ノーラムのデビュー・アルバム。荒削りながらもツボを抑えたメロディアスなソロは必聴。


Wings Of Tomorrow

1984年発売

収録曲:
Stormwind Scream Of Anger Open Your Heart / Treated Bad Again / Aphasia / Wings Of Tomorrow / Wasted Time / Lyin’ Eyes / Dreamer Dance The Night Away /

前作とほぼ同じ曲構成のアルバムながら曲の完成度が大幅にUPしています。
ギターも非常に考えられたソロが多く聴き応えありです。ゲイリー・ムーアとマイケル・シェンカー、ランディー・ローズを足して3で割ったような感じか・・・・


The Final Countdown

1986年発売

収録曲:
The Final Countdown / Rock The Night / Carrie Danger On The Track Ninja / Cherokee Time Has Come / Heart Of Stone / On The Loose / Love Chaser /

ジョーイ・テンペストの作るメロディーラインが冴えに冴える3rdアルバム。タイトル・チューンであるFINAL COUNTDOWN や、バラード曲CARRIE、また映画のサントラ曲にもなったLOVE CHASER など知っている方も多いのでは??このアルバムでのジョンのギターはフロントPUを多用したメロディアスなソロが多く、とても聴きやすいです。世界的にヒットしましたよね。


Total Control

1987年発売

収録曲:
Let Me Love You / Love Is Meant to Last Forever / Too Many Hearts / Someone Else Here / Eternal Flame Back on the Streets Blind / Law of Life / We’ll Do What It Takes Together / In Chase of the Wind Wild One /

ジョンがヨーロッパ脱退後にリリースした1stソロ・アルバム。ポップな方向性が嫌でヨーロッパを脱退した筈?なのにかなりポップです。
ストラトをブーストしたキラキラしたサウンドが素晴らしい。


Face the Truth

1992年発売

収録曲:
Face the Truth Night Buzz / In Your Eyes / Opium Trail We Will Be Strong / Good Man Shining / Time Will Find the Answer / Counting on Your Love / Endica / Still the Night / Distant Voices /

ボーカルにディープ・パープルのグレン・ヒューズを迎え制作。旧友ジョーイ・テンペストもWe Will Be Strongで参加。


Another Destination

1995年発売

収録曲:
Inside / Resurrection Time / Strange Days / Spirit Days / Shimmering Highs / Whose Side Are You On? / Sunshine Of Your Love / Cataline Sunset / Half Way Home / Healing Rays / Jillanna

ケリー・キーリングがボーカリストとして参加。チューニングを下げたヘヴィーなアルバム。Resurrection Time収録。


Worlds Away

1996年発売

収録曲:
Manic Distortion / Endica (Revisited) / From Outside In / Make a Move C.Y.R. / Where the Grass Is Green / Center of Balance / Dogs Are Barking / Homeland (Peace of Mind) / Wasted Labor / Worlds Away /

前作に続きケリー・キーリングがボーカリストとして参加。


Face It Live ’97

1997年発売

収録曲:
Face the Truth / Make a Move / Good Man Shining / Wishing Well / Resurrection Time / Opium Trail / Blind / C.Y.R. / Guitar Solo / From Outside In / Let Me Love You / Scream of Anger /

ライブアルバム。元グレートキングラット、MSGのリーフ・スンディンが参加。Mr.BIGのエリックマーティンに似たブルージーな歌唱力がライブを盛り上げます。


Slipped into Tomorrow

1999年発売

収録曲:
Still in the Game / Waiting on You / Blackscape / Tico’s Life / Nobody Answers / Losing My Mind / Freedom Is My Truth / Veda / Songs of Yesterday / Killer Without a Cause / Center of Balance (Live) /


Optimus

2005年発売

収録曲:
Chase Down The Moon / Nailed To The Cross / Better Day / One More Time / Time To Run / Optimus / Takin’ The Blame / Change Will Come / Forced / Solitude / Natural Thing /


Start from the Dark

2004年発売

収録曲:
Got To Have Faith / Start From The Dark / Flames Hero / Wake Up Call / Reason
Song No. 12 / Roll With You / Sucker / Spirit Of The Underdog / America / Settle For Love /

再結成したヨーロッパ。ジョンのハードなギターにはメロディアスなジョーイ・テンペストが合いますね。再結成組のなかでは文句なしのNo.1


Secret Society

2006年発売

収録曲:
Secret Society / Always the Pretenders / Getaway Plan / Wish I Could Believe / Let the Children Play / Human After All / Love Is Not the Enemy / Mother’s Son / Forever Traveling / Brave and Beautiful Soul / Devil Sings the Blues / Start from the Dark(Live) /


Last Look at Eden

2009年発売

収録曲:
Prelude / Last Look At Eden / Gonna Get Ready / The Beast / New Love In Town Mojito Girl / No Stone Unturned / Catch That Plane / U Devil U / Only Young Twice / Run With The Angels / In My Time / Yesterday News(Live) / Waku Up Call(Live) /


BAG OF BONES

2012年発売

収録曲:
Riches to Rags / Not Supposed to Sing the Blues / Firebox / Bag of Bones / Requiem” (Instrumental) / My Woman My Friend / Demon Head / Drink and a Smile / Doghouse / Mercy You Mercy Me / Bring It All Home /


WAR OF KINGS

2015年発売

収録曲:
War of Kings / Hole in My Pocket / The Second Day / Praise You / Nothin’ to Ya / California 405 / Days of Rock ‘N’ Roll / Children of the Mind / Rainbow Bridge / Angels (With Broken Hearts) / Light It Up /


ギタリスト・ギア特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です