SEYMOUR DUNCAN BLACK WINTER

SEYMOUR DUNCANのハムバッキング・ピックアップをまとめて紹介

Seymour Duncan

ヴィンテージ系PUからモダンでハイパワーなPUまでが揃った SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )のハムバッキング・ピックアップ一覧。

フェンダーなど弦間ピッチの広いギター用にトレムバッカー(TB)タイプも用意されています。

SEYMOUR DUNCAN Jazz model ( SH-2 )


SEYMOUR DUNCAN PUの配線

4C SHIELDEDの表記のあるものは内部でコイルタップ可能なモデルです。

4芯PUの配線は以下の通りです。

詳しくは公式サイトまたはマニュアルを参照してください。

コイルタップ可能なピックアップ(セイモア・ダンカン)

コイル1 黒(+) 白(-)
コイル2 赤(+) 緑(-)

通常のハムバッキングPU(直列/シリーズ)として使用する場合、黒をホット、白と赤を繋ぎ、緑をコールドにすると通常のハムバッキングPU(直列/シリーズ)として動作します。

セイモアダンカンとディマジオではケーブルのカラーが異なりますので注意しましょう。


ヴィンテージ

ヴィンテージ系リプレイスメントPUはこちら

59 model ( SH-1 )

SEYMOUR DUNCAN 59 model ( SH-1 )

59 model ( SH-1 )は、セイモアダンカンのPAFレプリカ・ピックアップです。

ハムバッカーをこの世に出したセス・ラヴァーが使用したのと全く同じエナメルワイヤー、ニッケルプレート、バランスよく巻かれたコイルターンによって作られているので、見た目もサウンドもまさに59PAFそのものです。

フロントにこの’59 model ( SH-1 )、リアにハイゲインPUの定番JB model ( SH-4 )を組み合わせるのも人気です。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様もラインナップ。

直流抵抗値:Neck: 7.43K、Bridge: 8.13k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-1 – YouTube (動画)


Jazz model ( SH-2 )

SEYMOUR DUNCAN Jazz model ( SH-2 )

Jazz model ( SH-2 )は、ジャズに求められる早いパッセージに必要な明確でクリアなトーンを出力するピックアップです。

’59 modelと比較すると、Jazz modelは僅かに出力が低めで、高域のレスポンスが良くなっています。

直流抵抗値:Neck: 7.72K、Bridge: 7.9k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-2 – YouTube (動画)


ANTIQUITY HUMBUCKER

SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY HUMBUCKER

ANTIQUITY HUMBUCKERは、ヴィンテージPAFのサウンドと、エイジド加工されたルックスが特徴のピックアップです。

ピックアップカバーはもちろん、エスカッション、スクリューに至るまで、徹底して経年変化の再現にこだわって作られています。

見た目はもちろん、オリジナルPAFサウンドにこだわっていて、あえてワックスの含浸処理も施していません。

ANTIQUITYモデルにJB ModelとJazz Modelが新たにラインナップに加わりました。

SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY JB & Jazz

直流抵抗値:Neck: 7.7K、Bridge: 8.6k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN ANTIQUITY HUMBUCKER – YouTube (動画)


Seth Lover model ( SH-55 )

SEYMOUR DUNCAN Seth Lover model ( SH-55 )

Seth Lover model ( SH-55 )は、ギブソンのオリジナルPAFの開発者であるセス・ラバーとセイモア・ダンカンがタッグを組んで開発されたピックアップです。

PAFと同じくニッケルシルバーのプレート、プレーンエナメルワイヤーなど、素材にもこだわり含侵処理もあえて施していません。

直流抵抗値:Neck: 7.20K、Bridge: 8.10K
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-55 – YouTube (動画)


78 Model ( HB-N / HB-B )

SEYMOUR DUNCAN 59 model ( SH-1 )

78 Model ( HB-N / HB-B )は、セイモアダンカン・カスタムショップ商品の中でも不動の人気を誇るピックアップです。

78 Modelは、セイモア・ダンカンがPAFを(1978年に)リワインドしたモデルで、普段の巻き直し作業にほんの少しのスパイスを加え、ハーモニクスに対してより繊細なサウンドキャラクターを持ったピックアップになっています。

アルニコ2マグネットと出力の組み合わせはウォームなクランチを実現し、激しいアーミングプレイや70年代後半から80年代に掛けての象徴的なリードサウンドやタッピングプレイに最適なサウンドを作り出す事が出来ます。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

直流抵抗値:Neck: 7.9K、Bridge: 8.0K
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

SEYMOUR DUNCAN 78 MODEL – YouTube (動画)

Seymour Duncan: ’78 Model Pickups – Set:

Tsuneくん

ヴァン・ヘイレンのブラウンサウンドを彷彿とさせるピックアップですが、パワーはPAF同様控えめの8k前後。

ギターのボリュームの追従性もよく、エフェクターいらずで簡単にクリーンも作れます👍


Pearly Gates ( SH-PG1 )

SEYMOUR DUNCAN Pearly Gates ( SH-PG1 )

Pearly Gates ( SH-PG1 )は、ZZトップのギタリスト、ビリー・ギボンズの1959 Les Paul Standardに搭載されている"Pearly Gates"パーリーゲイツの為に作られたピックアップです。

59 modelに少し手を加えた形のこのピックアップは、スィートでありながら荒くブライト、そしてサステインの強いサウンドで自然にピッキングハーモニクスが飛び出しやすくなっています。ZZ TOPはもちろん、ブルースロックに最適なピックアップです。

直流抵抗値:Neck: 7.30K、Bridge: 8.35k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-PG1 – YouTube (動画)


Alnico II Pro ( APH-1 )

SEYMOUR DUNCAN Alnico II Pro ( APH-1 )

Alnico II Pro ( APH-1 )は、Guns N’Rosesの Slashが長らく愛用しているピックアップとして有名です。

スラッシュの激しいサウンドとは裏腹に、パワーは控えめです。

アルニコ 2マグネットを使用した59model(SH-1)と比較して、APH-1は若干丸いサウンドで、柔らかい低域レスポンスを持っています。

Alnico II Pro ( APH-1 ):
直流抵抗値:Neck: 7.60K、Bridge: 7.85k
マグネット:アルニコ 2


▶若干ブーストした出力が得られるようにコイルアレンジを施し、「Appetite for Destruction」で使われたレスポールのサウンドが得られるように設計された、スラッシュ・モデル Alnico II Pro SLASH ( APH-2 )もラインナップに加わりました。

SEYMOUR DUNCAN Alnico II Pro SLASH ( APH-2 )

Alnico II Pro SLASH ( APH-2 ):
直流抵抗値:Neck: 8.3K、Bridge: 8.9k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN APH-1 – YouTube (動画)


SLASH 2.0

SEYMOUR DUNCAN SLASH 2.0

SLASH 2.0は、セイモアダンカンの人気モデル Alnico II Pro ( APH-1 ) を長年愛用してるGuns N’RosesのSlashが、よりホットなレスポールのサウンドが得られるようにと設計されたピックアップです。

SLASH 2.0は、10年以上にわたってファンやスラッシュ自身に愛されてきたそのシグネチャー・ハムバッカーAPH-2のトーンと透明感をを保ちつつ、より多くのコイルを巻き、ボリュームとドライブとコンプレッションのバランスのとれた完璧なピックアップとして誕生しました。

直流抵抗値:Neck: 8.8K、Bridge: 9.38k
マグネット:アルニコ 2

ペアで使うのはもちろん、既存のAlnico II Proと組み合わせても良いでしょう。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SLASH 2.0 – YouTube (動画)

Seymour Duncan Slash 2.0 humbuckers – demo:

Tsuneくん
コイルを多く巻くと歪みは増しますが、美味しいエッジ感が減ってしまうのですが、このSlash 2.0はそのエッジ感はそのままにパワーを上げたPUでPAF系にちょっとしたスパイスがほしい方におすすめだと思います。

SATURDAY NIGHT SPECIAL

SEYMOUR DUNCAN SATURDAY NIGHT SPECIAL

SATURDAY NIGHT SPECIALは、1970年代後半のオーバードライブ・サウンドにインスパイアされたハムバッカーピックアップです。

50年代のヴィンテージハムバッカーとモダンハムバッカーの中間とも言うべき70年代のアリーナロックサウンドを生み出すアルニコ4 マグネットを採用。

ヴィンテージハムバッカーよりもわずかにホットでありながら、ハイゲインハムバッカーほどのコンプレッションは無く、豊富なバイト感と鮮明なトーンが魅力です。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

直流抵抗値:Neck: 7.9k、Bridge: 9.75k
マグネット:アルニコ 4

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SATURDAY NIGHT SPECIAL – YouTube (動画)


Whole Lotta Humbucker ( SH-18 )

SEYMOUR DUNCAN Whole Lotta Humbucker ( SH-18 )

Whole Lotta Humbucker ( SH-18 )は、ヴィンテージより若干高めの出力を持ち、音に温かみと明瞭さを加えるラフキャスト・マグネットを組み合わせ、高い周波数特性と自然なコンプレッション、サステインを兼ね備えたピックアップです。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様で、コイルスプリットやアウトフェイズ等、様々な配線に対応可能です。

直流抵抗値:Neck: 8.2k、Bridge: ~8.78k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-18 – YouTube (動画)


Zephyr Humbucker ( ZS-1 )

SEYMOUR DUNCAN Zephyr Humbucker ( ZS-1 )

“Seymour Duncan Zephyr Silver Pickups"とは、シルバーワイヤーコイル、クライオジェニック・トリートメント、バイメタリック・ポールピース、グラスファイバーフィルナイロン・ボビンなど、これまでピックアップに使われていなかったマテリアルや製法を用い、新しいギターサウンドを創造するために作られたピックアップです。

豊富なハイ、タイトかつふくよかなロー、太いミッド、素晴らしいレスポンス、その全てを備えています。

直流抵抗値:Neck: 7.5k、Bridge: 8.1k

マグネット

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN ZS-1 – YouTube (動画)


GREEN MAGIC HB

SEYMOUR DUNCAN GREEN MAGIC HB

GREEN MAGICは、Greenie/GREEN MAGICの名前でも分かるように、ピーター・グリーンのレスポールに載っていたPAFピックアップを再現したものです(グリーンのレスポールは後にゲイリー・ムーア所有になり、現在はメタリカのカーク・ハメットが所有しています)。

GREEN MAGICは、クラシックなPAFトーンが得られるようになっていますが、ネックピックアップの磁石を反転させた仕様になっているために、ブリッジピックアップと組み合わせたときに逆位相の”アウト・オブ・フェイズ・サウンド”が出るようにデザインされています。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。フェンダースタイルのギター用に幅広のトレムバッカー仕様もラインナップされています。

※GREEN MAGICは、セイモアダンカンのカスタムショップで製造販売をしていた旧 Greenie の名称を変更したものです。

直流抵抗値:Neck: 7.7k、Bridge: 8.7k、トレムバッカー9.4k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN GREEN MAGIC HB – YouTube (動画)

Seymour Duncan Green Magic Pickups (Review):

Tsuneくん

ファンの方ならご存知だと思いますが、フロントピックの向きが逆についているのがポイントですね。

※向きが逆だからフェイズアウトしてあるわけではなくこのPUはマグネットが逆向きになっていることでミックス時に音の引っ込んだ”フェイズアウト”したサウンド”が得られるようになっていますので購入はペアもしくはフロントだけ?がよろしいかと。


HIGH VOLTAGE HB

SEYMOUR DUNCAN HIGH VOLTAGE HB

HIGH VOLTAGEは、”HIGH VOLTAGE(1stアルバムのタイトル)”の名称でも分かるように、AC/DC(アンガス・ヤング)のサウンドを再現するためのピックアップです。

AC/DC High Voltage

High Voltageハムバッカーは、"オールドスクール"を彷彿とさせるアルニコ2マグネットを搭載し、よりアグレッシブなボイシングになるようにコイルを巻いており、際立ったサウンドを生み出しています。

ブリッジピックアップはネックピックアップにあわせて消磁されており、非常にバランスの取れたトーンを実現しています。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

フェンダースタイルのギター用に幅広のトレムバッカー仕様もラインナップされています。

直流抵抗値:Neck: 7.9k、Bridge: 7.7k、トレムバッカー9.4k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN HIGH VOLTAGE – YouTube (動画)


ハイパワー

ヴィンテージ系PUに物足りなさを感じるロックやメタルなギタリストにおすすめのピックアップです。

Exciter

SEYMOUR DUNCAN Exciter

Exciterブリッジハムバッカーは、高出力のセラミックマグネットを搭載し、グラムロック全盛期を象徴する煌びやかな倍音とパワー感のあるドライブサウンドを出力するパワフルなピックアップです。

ボリュームを少し下げると、クラシックでやや硬質で透明感のあるトーンになります。

ギブソン系の弦間ピッチにマッチする通常タイプと、シンクロナイズドトレモロやフロイドローズタイプなどフェンダー系の幅広い弦ピッチをカバーするTREMBUCKER/トレムバッカー仕様がラインナップされています。

直流抵抗値:Bridge: 16.56K、トレムバッカー17.06k
マグネット:セラミック

※コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様です。
※通常タイプとトレムバッカーでは直流抵抗値が異なります。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Exciter – YouTube (動画)


Alex Skolnick

SEYMOUR DUNCAN Alex Skolnick

Alex Skolnickハムバッカーは、80年代後半にスラッシュ・メタルの伝説的バンドであるテスタメントのギタリスト アレックス・スコルニックのシグネチャー・ピックアップです。

アレックス・スコルニックは、スラッシュ・メタルからジャズまで幅広い音楽性を持つギタリストとして有名ですが、Alex Skolnickハムバッカーは、そんな彼のジャンルを超えたトーンにも対応するピックアップとなっています。

ブリッジピックアップは高出力で中音域を強調するように設計されており、ネックピックアップはブリッジピックアップとは対象的に低出力で、ブリッジ・ピックアップとは対象的なアーティスティックなサウンドを提供します。

ブリッジピックアップは、ギブソン系の弦間ピッチにマッチする通常タイプと、シンクロナイズドトレモロやフロイドローズタイプなどフェンダー系の幅広い弦ピッチをカバーするTREMBUCKER/トレムバッカー仕様がラインナップされています。

直流抵抗値:Neck: 7.86K、Bridge: 17.7k、トレムバッカー19.1k
マグネット:アルニコ 5

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Alex Skolnick – YouTube (動画)


Mark Holcomb Scarlet 6 ( SCARLET-6 )
Mark Holcomb Scourge 6 ( SCOURGE-6 )

SEYMOUR DUNCAN Mark Holcomb Scarlet 6 ( SCARLET-6 )、Scourge 6 ( SCOURGE-6 )SEYMOUR DUNCAN Mark Holcomb Scarlet 6 ( SCARLET-6 )、Scourge 6 ( SCOURGE-6 )Black Coverd

Mark Holcomb Scourge 6は、プログレッシブ・メタルバンド Periphery(ペリフェリー)のギタリスト、マーク・ホルコムのシグネチャーピックアップ。

これらのピックアップは、Peripheryが理想とするオーバードライブ・アンプ・サウンドを実現したモデラーを使用した際に、複雑なコード・ボイシング、コイルスプリット、ドロップ・チューニングなどの様々な要素をより鮮明に出力する透明度が必要で、マークとセイモアダンカンのエンジニアリング・チームは厳しいテストを経て、Scarletネック・ピックアップと、Scourgeブリッジ・ピックアップを作り上げました。

アルニコ8マグネットを搭載したScarlet、Scourgeは、彼のモダンなサウンド支える為に必要なローエンドとフォーカスされたミッドレンジを持っています。

ブリッジピックアップは、ギブソン系の弦間ピッチにマッチする通常タイプと、シンクロナイズドトレモロやフロイドローズタイプなどフェンダー系の幅広い弦ピッチをカバーするTREMBUCKER/トレムバッカー仕様がラインナップされています。

※6弦用のほか、7弦用、8弦用もラインナップされています。

Mark Holcomb Scarlet 6はネック用Mark Holcomb Scourge 6はブリッジ用になります。

直流抵抗値(6弦用):Neck: 7.56K、Bridge: 11.06k、トレムバッカー11.06k
マグネット:アルニコ 8

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Mark Holcomb – YouTube (動画)


BLACK WINTER

SEYMOUR DUNCAN BLACK WINTER

Black Winterはデスメタルやグラインドコアなどのエクストリームミュージックに特化した高出力ピックアップ。

3つのラージセラミックマグネットと特殊なコイルアレンジにより、ミッドレンジとハイエンドに攻撃的なサチュレーションをもたらし、強烈なディストーションサウンドを生み出します。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

直流抵抗値:Neck: 13k、Bridge: 16.6k
マグネット:セラミック

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN BLACK WINTER – YouTube (動画)


Sentient ( for neck )

SEYMOUR DUNCAN Sentient ( for neck )

Sentient “センティエント"は、自然な暖かみと明瞭さを持つネック・ピックアップです。

アルニコ5マグネットとバランスよくアレンジされたコイルにより、クリーントーンからハイゲインセッティングまで、ヴィンテージPAFとモダンなトーンをブレンドした素晴らしいサウンドを提供します。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

7弦、8弦、ソープバー仕様も。

直流抵抗値:Neck: 7.75K
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Sentient – YouTube (動画)


Pegasus ( for bridge )

SEYMOUR DUNCAN Pegasus ( for bridge )

プログレッシブ・メタルなどの複雑なコードを多用するプレイヤーに適したブリッジ・ピックアップ Pegasus"ペガサス"。

アルニコ5マグネットと特別にデザインされたコイルを使用し、適度な出力とバランスのとれたサウンドが得られます。

音の分離が良く、深く歪んだアルペジオでさえクリアー感を保ちます。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

フェンダー系ギターに最適な幅広タイプのトレムバッカーTB仕様、7弦、8弦、ソープバー仕様も。

直流抵抗値:Bridge: 12.5k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Pegasus – YouTube (動画)


Nazgul ( for bridge )

SEYMOUR DUNCAN Nazgul ( for bridge )

ドロップチューニングやアグレッシブなサウンドを必要とするプレイヤーに適したブリッジ・ピックアップ Nazgul “ナズグル"。

ラージ・セラミックマグネットを採用し、サチュレーションとコンプレッションの完璧なバランスをもつ分厚いトーンは、ハイスピードリフに最適。

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

フェンダー系ギターに最適な幅広タイプのトレムバッカーTB仕様、7弦、8弦、ソープバー仕様も。

直流抵抗値:Bridge: 13.6 k
マグネット:セラミック

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Nazgul – YouTube (動画)


Warren DeMartini RTM

SEYMOUR DUNCAN Warren DeMartini RTM

Warren DeMartini RTM(Rattus Tonius Maximus)は、Rattのギタリスト ウォーレン・デ・マルティーニのために開発されたブリッジ用ピックアップです。

アルニコ2マグネットを使用した高出力のブリッジハムバッカーで、ウォーレンが得意とする複雑なコード・ボイシングや精密なソロを引き立てる、アグレッシブでバランスのとれたトーンを生み出すよう設計されています。

ギブソン系の弦間ピッチにマッチする通常タイプと、シンクロナイズドトレモロやフロイドローズタイプなどフェンダー系の幅広い弦ピッチをカバーするTREMBUCKER/トレムバッカー仕様がラインナップされています。

直流抵抗値:Bridge: 17.20K、トレムバッカー: 19.10k
マグネット:アルニコ 2

コイルタップ可能な4C SHIELDED仕様。

※通常タイプとトレムバッカーでは直流抵抗値が異なります。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Warren DeMartini RTM – YouTube (動画)

Tsuneくん
80~90年代のウォーレンのピックアップは同じセイモアダンカンの▼JB/SH-4でしたので、JBと同じ傾向のサウンドを持つピックアップだと思われます。

JB model ( SH-4 )

SEYMOUR DUNCAN JB model ( SH-4 )

JB model ( SH-4 )は、”JB”すなわち”ジェフ・ベック”のために開発されたピックアップです。

豊かな中域が特徴で、甘くウォームなトーンからストレートなロックンロールサウンドまで、幅広いジャンルに対応します。特にマーシャル・アンプなどドンシャリサウンドとの相性は抜群です。

リアにJB、フロントに’59 model ( SH-1 )を組み合わせるのも人気です。

直流抵抗値:16.40k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-4 – YouTube (動画)


Hot Rodded

SEYMOUR DUNCAN Hot Rodded

SEYMOUR DUNCAN氏がお勧めするハムバッカー黄金の組み合わせ、フロント「JAZZ(SH-2)」、リア「JB(SH-4)」この2つをワンパッケージにしたお得なセットです。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Hot Rodded – YouTube (動画)


Thrash Factor

SEYMOUR DUNCAN Thrash Factor

Thrash Factorは、MEGADETH/メガデスのフロントマン デイヴ・ムステイン・モデル のピックアップです。

Thrash Factorは、1990年に発売の4thアルバム「Rust In Peace」のサウンドを再現しています。

デイヴは「Rust In Peace」で使用したピックアップは、同じセイモア・ダンカンの"JBモデル (SH-4)"ですが、通常のJBモデルに比べ、よりタイトなローエンドとわずかに抑えられたミッド、ハイはさらにアグレッシブなサウンドに仕上げています。

リア用の"Thrash Factor"とデザインを合わせ、ボビンを同じマットブラックにしたSH-1n/59のセットもラインナップされています。

直流抵抗値:16.40k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN Thrash Factor – YouTube (動画)


Duncan Custom ( SH-5 )

SEYMOUR DUNCAN Duncan Custom ( SH-5 )

Duncan Custom ( SH-5 )は、59モデル(SH-1)のサウンドを更に強力にパワーアップさせ、パワー、サステイン、ディストーションが程よくブレンドされたハードなドライビングサウンドが売りのピックアップです。

セラミックマグネットとカスタムコイルデザインにより迫力のある低音と整理された倍音構成が生み出されるため、ドロップチューニングにも最適です。

直流抵抗値:14.10k
マグネット:セラミック

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-5 – YouTube (動画)


Duncan Distortion ( SH-6 )

SEYMOUR DUNCAN Duncan Distortion ( SH-6 )

Duncan Distortion ( SH-6 )は、凄まじいパワーと図太いサウンドが特徴のピックアップです。

大型のセラミックマグネットとホットにワイヤリングされたコイルにより、深く歪ませてもアタックが潰れずにクリア感を保ちます。

SH-5と比較してアグレッシブなサウンドに仕上がっています。

また、ドロップチューニングにも最適です。

直流抵抗値:16.60k
マグネット:セラミック

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-6 – YouTube (動画)


Full Shred ( SH-10 )

SEYMOUR DUNCAN Full Shred ( SH-10 )

Full Shred ( SH-10 )は、ファットで分厚いトーンを持っていますが、スピードリフ等の細かいニュアンスを的確に表現できるピックアップです。

2列のアレンスクリューポールピースにより、ハイエンドな微調整も可能です。

SH-6(Duncan Distortion)より若干おとなしく、SH-5(Duncan Custom)より明確なトーンを持っています。

直流抵抗値:Neck: 7.5k、Bridge: 14.1k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-10 – YouTube (動画)


Custom Custom ( SH-11 )

SEYMOUR DUNCAN Custom Custom ( SH-11 )

Custom Custom ( SH-11 )は、59モデル(SH-1)のマグネットをアルニコ2マグネットに替えることで、ハイエンドはウォームでスムースに、ミッドレンジはよりパワフルに仕上がっています。

伝統的なヴィンテージサウンドをパワフルにしたトーンを好むプレイヤーにはうってつけです。

PAF系ピックアップに物足りなさを感じる方に。

直流抵抗値:14.40k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-11 – YouTube (動画)


Custom 5 ( SH-14 )

SEYMOUR DUNCAN Custom 5 ( SH-14 )

Custom 5 ( SH-14 )は、SH-5(Duncan Custom)とSH-11(Custom Custom)の良いところをミックスして誕生しました。

マグネットにアルニコ5を使用したことでヴィンテージ感を残しながらもパワーがあり、なおかつ歪みの少ないトーンに仕上がりました。

また、リッチで豊かな倍音も備えています。

PAF系ピックアップに物足りなさを感じる方におすすめ。

直流抵抗値:Bridge: 14.1k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-14 – YouTube (動画)


George Lynch Screamin Demon ( SH-12 )

SEYMOUR DUNCAN George Lynch Screamin Demon ( SH-12 )

George Lynch Screamin Demon ( SH-12 )は、ジョージ・リンチの為に、設計されたピックアップです。

’59 modelの噛み付くようなバイト感を若干減らし、唸るようなトーンを加味したものに仕上がっています。

アレンスクリューポールピースと、スタンダードなポールピースを組み合わせる事により、独特な空気感を演出します。

直流抵抗値:10.00k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-12 – YouTube (動画)


The 59 / Custom Hybrid ( SH-16 )

SEYMOUR DUNCAN The 59 / Custom Hybrid ( SH-16 )

The 59 / Custom Hybrid ( SH-16 )は、アジャスタブル・ポールピース側に’59 model、ノンアジャスタブル・ポールピース側にDuncan Customのコイルを採用し、クリアな高域と十分な低域、唸る様なミッドレンジが得られるピックアップです。

ヴィンテージハムバッカーとハイアウトプットハムバッカーの中間に位置し、JB Model、 Duncan Custom、 Custom Custom、 Custom 5では出力が高過ぎ、’59 Model、 Screamin’ Demonでは物足りないというプレイヤーにおすすめ。

直流抵抗値:11.5k
マグネット:アルニコ 5

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-16 – YouTube (動画)


Dimebucker ( SH-13 )

SEYMOUR DUNCAN Dimebucker ( SH-13 )

Dimebucker ( SH-13 )は、パンテラのギタリスト Dimebag Darrell シグネチャーピックアップです。

ハイパワーでアグレッシブなサウンドをもち、Invader ( SH-8 )と同等の力強い低域レスポンスとダイナミクスを持ち、そこにさらにバイト感と明瞭さが加わっています。

ブレードポールピースにより、よりワイルドなチョーキングでも音切れすることはありません。

直流抵抗値:16.25k
マグネット:セラミック

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-13 – YouTube (動画)


Invader ( SH-8 )

SEYMOUR DUNCAN Invader ( SH-8 )

Invader ( SH-8 )は、パッシブピックアップにおいて、出来る限りヘヴィなトーンが得られるように設計されたピックアップです。

3つのセラミックマグネットとパワフルなコイル、そして12個のオキサイドキャップスクリューの組み合わせが凄まじいパワーを生み出します。

ネックモデルのみコイルにコンデンサが組み込まれています。

直流抵抗値:Neck: 7.5k、Bridge: 16.6k
マグネット:セラミック

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-8 – YouTube (動画)


Alternative 8 ( SH-15 )

SEYMOUR DUNCAN Alternative 8 ( SH-15 )

Alternative 8 ( SH-15 )は、ホットなコイルとアルニコ8マグネットを組み合わせることでハイゲインアンプとの相性が良いハイパワーなピックアップです。

セラミックマグネットとは一味違う、ダイナミックなサウンドを体感してください。

直流抵抗値:Bridge: 17.1k
マグネット:アルニコ 8

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-15 – YouTube (動画)


P-Rails ( SHPR-1 / SHPR-2 )

SEYMOUR DUNCAN P-Rails ( SHPR-1 / SHPR-2 )

P-Rails(SHPR-1):
P-Railsはハムバッカーのパワフルなトーン、P90のファットで尚且つクリアーなトーン、ヴィンテージストラトのブライトなサウンドをハムバッカーサイズに収めた画期的なピックアップです。

直流抵抗値
Neck:13.0k(P90:7.25k/Rails:5.6k)
Bridge:18.9k(P90:13.81k/Rails:8.62k)
マグネット:アルニコ 5

P-Rails HOT(SHPR-2):
P-Rails HOT(SHPR-2)は、オリジナルP-Railsをよりホットなサウンドにすべく、コイルを強化し強力なAlnico 8マグネットを採用したモデルです。

直流抵抗値
Bridge:22.4k(P90:6.64k/ Rails:3.21k)
マグネット:アルニコ 8

シリーズ配線時は高出力ですが、パラレル配線時にはあたかもヴィンテージハムバッカーのようなトーンが得られるのも特徴です。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN P-Rails – YouTube (動画)


Stag Mag ( SH-3 )

SEYMOUR DUNCAN Stag Mag ( SH-3 )

Stag Mag ( SH-3 )は、シングルコイル・ピックアップと同じタイプのスタッガード・ポールピースを採用し、コイルスプリットした時に得られるサウンドはシングルコイルそのもの!

また、ハムバッカー時は通常よりも強力なコイルを使用しているため、リッチでブライトなハイエンドを持ち合わせた独特のサウンドを生み出します。

直流抵抗値:16.6k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SH-3 – YouTube (動画)


P90

Phat Cat ( SPH90 )

SEYMOUR DUNCAN Phat Cat ( SPH90 )

Phat Cat ( SPH90 )は、ハムバッカーピックアップがマウントされたギターに無加工で取り付けられるP90ピックアップです。

アルニコ2マグネットがソフトなアタックとサステインを生み出し、また、メタルカバーによって、通常のP90よりもノイズの少ないものに仕上がっています。

カラーはニッケルとゴールド。

SPH90-1n(ネック用)/SPH90-1b(ブリッジ用)をラインナップ。

ネックモデルはRW/RP(逆巻き/逆磁極)になっていますのでペアで組み合わせることでハムキャンセル効果があります。

直流抵抗値:Neck: 8.0k、Bridge: 8.5k
マグネット:アルニコ 2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN SPH90 – YouTube (動画)


SEYMOUR DUNCAN PICKUPS 一覧

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ


ピックアップおすすめ & メーカー別一覧

ハムバッキングピックアップ・メーカー別

おすすめを見る メーカー別

おすすめ記事

2023年10月2日ハムバッキング・ピックアップメーカー別

Posted by Tsune