サイレントボックス

LINEで送る
Pocket

オススメのサイレントボックス

ホームレコーディング/自宅録音等、音量の出せない環境では、アンプシミュレータを使うのが一般的です。しかしアンプシミュレータのライン臭さと、不自然な音圧が嫌いという方も多いと思います。

そこでオススメなのがサイレントボックス。これがあれば自宅でもお気に入りの極上チューブサウンドのレコーディングも不可能ではありません


サイレントボックス 一覧

JET CITY AMPLIFICATION ( ジェットシティアンプ )

Jet Stream ISO

自宅レコーディングでも音圧のある良い音で録音したい人に最適な、サイレント・ボックスです。エミネンス製12インチ・カスタム・スピーカーを搭載し、出力はXLR端子からのアナログ端子でミキサーへ送ります。

レコーディングはもちろん、ライブなどでも使えます

Spec;
スピーカー:Eminence カスタムスピーカー 12″×1
許容入力:100W(16Ω)
インプット:フォン端子
アウトプット:XLR端子
寸法、重量:45W×86H×45Dcm、約25kg

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ Jet Stream ISO 【 サウンドハウス 】

Youtube 動画 YouTube – Jet Stream ISO12 (動画)


RIVERA ( リベラ )

SilentSister Isolation Cabinet

リベラ・サイレントシスターキャビネットを使用することで、自宅、スタジオ、ライブハウスなどあらゆる場所で、最高のギターサウンドを最小の音量で得ることが可能となります。持ち運びに便利なキャスター付き。

マイクは2本設置可能

*マイクは別売りになります

Spec;
スピーカー:Celestion G12T-75(8Ω)
アウトプット:XLR端子
寸法、重量:40Wx76H50Dcm、約32kg

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ SilentSister Isolation Cabinet 【 サウンドハウス 】

Youtube 動画 YouTube – RIVERA SilentSister (動画)


AXETRAK

AXETRAK PRO

小さなサイレントボックスならAXETRAK。

特徴:
スピーカー:6インチ(エミネンス製)
許容入力:75W(RMS)
インピーダンス:8Ω
プロテクトヒューズ、過大入力を知らせるLEDを搭載。
ダイナミックタイプのマイクを内蔵、マイクは角度の調節が可能。

サイズ:267mm x 336mm x 279mm
重量:8.2kg

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ AXETRAK PRO【 サウンドハウス 】

Youtube 動画 YouTube – AXETRAK (動画)


MESA BOOGIE ( メサブギー )

こちらはスピーカーボックス/サイレントボックスではないですが、メサブギーから発売のキャビネット・シミュレータ。メサブギーの近年のアンプに搭載されているキャビネット・シミュレータと同じものです。

お手持ちのスタックアンプなどの大型アンプ・ヘッドのスピーカー端子に繋ぐことで大音量鳴らしたような効果を出力します。

ライン、マイク、ヘッドフォンに対応。キャビネットスルー端子も搭載。インピーダンスは4,8,16Ω。

メーカーサイト

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
◆ Mesa Boogie CAB CLONE 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Mesa Boogie CAB CLONE (動画)


レコーディング機材 オススメ

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です