Ernie Ball Musicman LUKE SSH

スティーヴ・ルカサーの音を再現するならこの機材!

スティーヴルカサー

ジャズ/フュージョンからAOR、ハード・ロックまで何でもこなしてしまう実力派バンドTOTOのギタリスト、Steve Lukather ( スティーヴ・ルカサー )のギターサウンドを出すために必要な機材(ギター、エフェクター、ギターアンプ)を紹介。

Ernie Ball Musicman LUKE SSH


▼Steve Lukather’s Gear

ギター

ルークが愛用したギター、もしくはルークになりきるためのギターの紹介。

MUSICMAN LUKE

MUSICMAN / LUKE

Ernie Ball Musicman LUKE SSH

ミュージックマンの スティーブ・ルカサー・モデル 。

シルエットをベースに開発された小振りなボディーにロングスケールながらとても弾きやすいネックが素晴らしい。

スティーブ・ルカサーといえば長年のEMGピックアップの愛用者でしたが、最新モデルのL IIIのPUはパッシブ仕様になりました。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – MusicMan LUKE (動画)


DiMarzio Transition ( DP255 /  DP254 )

DIMARZIO Transition ( DP255 / DP254 )

ルークの新しいシグネチャーモデルL IIIに搭載されているパッシブ仕様のPUが発売。

ブリッジ用のTransition Bridge(DP255)と、ネック用のTransition Neck(DP254)。

弦間ピッチの異なるノーマル用(主にギブソンなど)、Fスペース用(主にフェンダーなど)をラインナップ

直流抵抗 11.05k

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 DiMarzio Transition PU for Steve Lukather (動画)


EMG SL20

EMG Steve Lukather ( スティーヴ・ルカサー ) / SL20

スティーブ・ルカサーモデルのSAVと、85を組み合わせたSSHセット。

アッセンブリー一式でお買い得!

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – EMG SL20(動画)


GIBSON Les Paul Standard

GIBSON Custom Shop 1959 Les Paul Standard Reissue

Gibson Les Paul 70s Deluxe

スティーブ・ルカサー初期のメインギターは1958~1960年製のレスポール。

軽く歪ませたギターにコンプを掛けたサウンドはとても魅力的でした。

こちらのレスポールは1stレコーディング中に2500ドルで入手したという1958年製スタンダード。

スティーヴ・ルカサー所有のレスポールスタンダード
Toto – Hold The Line PVより~

こちらは1stアルバムでメインに使用したミニハムバッカー搭載の1971年製レスポールDX。

スティーヴ・ルカサー所有のレスポールDX
Toto – All Us Boys PVより~

レスポールは他に1959年製レスポール・スタンダード、1960年製レスポール・スタンダード等も所有。

 

Les Paul Standard

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – Gibson Les Paul Standard(動画)

Les Paul 70s Deluxe
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 GIBSON Les Paul 70s Deluxe – YouTube (動画)


アンプ

ルークが愛用したギターアンプ、もしくはルークになりきるためのギターアンプの紹介。

FENDER DELUXE REVERB ( 22w )

FENDER / 65 DELUXE REVERB

初期~中期のルークのメインアンプはJose Arredondoの改造マーシャルやメサブギー等が有名ですが、レコーディングでは(ポールリベラにより改造された)デラックスリバーブや、80年代の名器フェンダーのスーパーチャンプやプリンストンリバーブ等も使用していたらしいです。

90年以降は3chのリヴェラ製ボーンヘッドが有名でしたね。

Spec;
スピーカー:12インチ×1(Jensen C-12K)
真空管:12AX7×4、12AT7×2、6V6×2、5AR4×1
重量:19.1kg

※現行のデラックスリバーブにはブラックフェイスの65、64、シルバーフェイスの68モデルがラインナップされていますが64 DELUXE REVERBはハンドワイヤード仕様、Tone Masterシリーズは真空管未使用のデジタルアンプになります。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – FENDER DELUXE REVERB (動画)


FENDER 65 PRINCETON REVERB  ( 15w )

FENDER / 65 PRINCETON REVERB

ブラックフェイス期のプリンストン・リバーブをリイシュー。

艶やかなフェンダーのクリーンサウンドを堪能したい方におすすめ。

レジェンダリー・ギタリスト 特集●スティーヴ・ルカサー を読むと、上記DELUXE REVERB同様、小さなPRINCETON REVERBもかなりレコーディングで使用しています。

Spec;
スピーカー:10インチ×1(Jensen C-10R)
真空管:12AX7×3、12AT7×1、6V6×2、5AR4×1
重量:15.4kg

※現行のプリンストンリバーブにはブラックフェイスの65、64、シルバーフェイスの68モデルがラインナップされていますが64 PRINCETON REVERBはハンドワイヤード仕様、Tone Masterシリーズは真空管未使用のデジタルアンプになります。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
YouTube – Fender Princeton Reverb (動画)


エフェクター

ルークが愛用したギターエフェクター、もしくはルークになりきるためのギターエフェクターの紹介。

TC Electronic Combo Deluxe 65

TC Electronic Combo Deluxe 65

TC Electronic Ampworx Vintage Series:
Combo Deluxe 65は、1965年のFender Blackface Deluxe Reverbのサウンドを再現したギター用デュアルチャンネルプリアンプペダル。

フットスイッチモード
AMPWORXは、デュアルチャンネルモードとバイパスモードの2種類のフットスイッチモードが備わっており、用途に応じてCHANNELフットスイッチの機能を変更することができます。

両方のフットスイッチを同時に押すことで、フットスイッチモードが切り替わります。

  • デュアルチャンネルモード
    デュアルチャンネルモードでは、AMPWORXペダルは常にONの状態になっていて、CHANNELスイッチを踏むたびにGREEN/RED 2つのアンプチャンネルを切り替えることができます。
  • バイパスモード
    バイパスモードは、CHANNELスイッチでペダルのON/OFFを行うモードで、GREEN/REDのチャンネルはデュアルチャンネルモードで最後に選択したチャンネルが適用されます。
  1. GREENチャンネル
    1965 Fender Blackface Deluxe ReverbのNORMALチャンネルサウンドがベースになっています。
  2. REDチャンネル
    1965 Fender Blackface Deluxe ReverbのVIBRATOチャンネルサウンドがベースになっています。

主な特長

  • 1965 Fender Blackface Deluxe Reverbのサウンドを完全に再現
  • リアルなサウンドとディティールを提供する革新的なTC AMPWORXモデリングテクノロジー
  • オリジナルユニットのNormal Channel/VIBRATO Channelそれぞれをベースにした2chを切り替え可能
  • オリジナルユニットと同様のGIBBSスプリングリバーブユニットからキャプチャされた4秒のIRを使用した高品質なコンボリューションリバーブを搭載
  • Celestion公式 1 x 12” G12M Creamback IRキャビネットシミュレータを搭載
  • サウンドの表現を広げるREVERB TONE、BRIGHT SWITCH、MIDDLE CONTROLを搭載
  • 自宅での練習に最適なヘッドフォンアウト
  • ホームレコーディングに使用可能なDIアウトプット
  • 9V センターマイナス 300mA (電源アダプター別売り、電池駆動不可)

TC Electronic Combo Deluxe 65の入出力

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TC Electronic Combo Deluxe 65 (動画)

Ampworx Combo Deluxe 65′ -TC Electronic:

Tsuneくん
スティーブ・ルカサーがレコーディングで愛用したブラックフェイス期のフェンダーアンプサウンドはこのペダルで。


IBANEZ TS808

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808

1982年の来日公演のスティーブ・ルカサーのエフェクトボードにはこのTS808チューブスクリーマーが鎮座していました。

チューブスクリーマーの歪みは強いほうではないですが、フェンダー系アンプにプラスすればよりブルージーに、マーシャル系アンプと組み合わせればパキパキな歪みがマイルドになり弾きやすくなる魔法のエフェクターです。

おすすめ。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TS808 (動画)


IBANEZ TS9

TS808の後継機種TS9チューブスクリーマー。

ルークの2012年のツアーのボードにはこのTS9がセットアップされていました。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TS-9 (動画)


BOSS CE-5

BOSS CE-5

CE-5コーラスアンサンブル:
ルークの愛用していたBOSSの初代コーラスCE-1の後継機種がこれ。

シンプルながらもクリアで広がりのあるコーラスサウンドは人気です。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – BOSS CE-5 (動画)


BOSS CE-2W

BOSS CE-2W

こちらはコンパクト・ペダル初のコーラス ボスCE-2CE-1の2つのペダルのサウンを内蔵したペダル。

技 WAZA CRAFTから。

ステレオ対応。

3モードSW:スタンダード、CE-1コーラス、CE-1ビブラート

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | BOSS CE-2W (動画)


MXR DYNACOMP

MXR DYNACOMP

1stなど初期のレコーディングで多用しているコンプサウンドは、MXRのダイナコンプ。

クリーン/クランチサウンドにかければ気持ち良いコンプサウンドが得られます。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – DYNACOMP (動画)


EVENTIDE H9

EVENTIDE / H9

3rdアルバムTURN BACKなどで聴けるフランジャー/コーラス風のモジュレーションサウンドはEventide H910(ハーモナイザーによるデチューン機能)だそうで、Eventide (イーブンタイド)のH9なら間違いないでしょう。

※デチューンとは原音に微妙にずらした音を加える事で音に厚みと広がりを与えるエフェクター

コーラスでもフランジャーでもない、デチューンってなに??

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 YouTube | EVENTIDE H9 (動画)


BOSS RE-202 Space Echo

BOSS RE-202

BOSS RE-202 Space Echoは、ルークも愛用していたテープ・エコーの名機ローランドRE-201のサウンドをのサウンドを再現したテープエコー系ペダル。

Roland Space Echo RE-201

コンパクトサイズのSpace Echo RE-2でも良いでしょう。

BOSS RE-2

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | BOSS RE-202 (動画)


TOTO初期のオリジナルアルバム[5CD]がセットになったお買い得品!

TOTO初期のオリジナルアルバム[5CD]がセットになったお買い得品!

Original Album Classics: Toto


その他ギタリストの機材はこちらから

2022年3月25日ギタリスト

Posted by Tsune