ジェイク・E・リー の機材を現行モデルで

LINEで送る
Pocket

ジェイク・E・リー の機材を現行モデルで

ジェイクフェイクと呼ばれるテクニックでギターヒーローに登りつめた、オジー・オズボーン・バンドのギタリスト Jake E. Lee ( ジェイク・E・リー )の機材を現行モデルで紹介



音作り

Jake E. Lee ( ジェイク・E・リー )の音作り

BOSSフリークで有名なジェイク。歪みの基本は、マーシャルアンプにBOSSのオーバードライブOD-1(SD-1)をON。SD-1などのオーバードライブは、中域が膨らみドンシャリと言われるマーシャルアンプのサウンドをマイルドにする効果もあります。

同じくBOSSのコーラスやフランジャーで味付けしたサウンドに、ソロ時にはBOSSのグラフィックイコライザーGE-7でブースト。

BOSS製品は価格もお手頃で、手に入れやすいのも良いですね。

ギターはSSHのストラトキャスターモデルを用意できれば完璧です。


ギター

Charvel ( シャーベル ) / Jake E. Lee Signature

Jake E. Lee Signature

Charvel (シャーベル)から発売されたジェイクEリー・シグネチャー・ストラトキャスター。

PUは、リアにSeymour Duncan JB、フロント、ミドルにはDiMarzio SDS-1を搭載。

このギター、元はラージヘッドでおなじみの70年代のフェンダーストラトキャスターでしたが、Charvel (シャーベル)の工房にて、カラーをサンバーストから白に塗り替え、ヘッドをスモールヘッドに、PUキャビティーを大きくザグリ、逆にスラントしたシングルコイルPU2機とリアにハムバッキングPUを搭載するという大改造を施しています>ちょっともったいないな(^_^;)。

ストラトキャスターを買うきっかけは、アイドルトミー・ボーリンの影響で、本当はトレモロ付きのギターが欲しかったのだが、お金が足りなくて、安いハードテイルのものを購入したとのこと。しかしトレモロがなくてもネックベンドなどトレモロ付きのストラト以上の効果を出しちゃうジェイクのテクニックは凄いです。

Blue Burstカラーも発売されました。

🖥ショップで探す📲

◆ Jake E. Lee Signature 【サウンドハウス】
◆ Jake E. Lee charvel 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Jake E. Lee charvel (動画)


ピックアップ/PU

DP111:
DP111
JB model:
JB

ジェイクEリーの愛器(オリジナルモデル)に付いているPUは、オールド・ソープバー・ピックアップのようなウォームなサウンドとゲインを得られるというディマジオのSDS-1 ( DP111 )をフロントとミドルに、リアにはセイモアダンカン製のアラン・ホールズワース・モデルSH-AH1(廃盤)が搭載されていました。

現行のシグネイチャーモデルには甘くウォームなトーンで定評の、ジェフベックモデルJB(SH-4)が替わって搭載されています。

直流抵抗:
SDS-1 ( DP111 ) 8.68k
JB ( SH-4 ):16.40k

新しいシグネイチャーモデルを弾きまくる、ジェイクEリーの新バンド RED DRAGON CARTEL は注目です。

お手持ちのSSHのギターに。

🖥ショップで探す📲

■ DP111 【サウンドハウス】
◆ DP111 【イシバシ楽器】

■ JB 【サウンドハウス】
◆ JB 【イシバシ楽器】

👉PU一覧


GIBSON ( ギブソン ) / SG Junior

2ndアルバム、ULTIMATE SINあたりから、Charvel製ストラトキャスターとともにP90(シングル・コイルPU)1機搭載のGibson SG Jr.を使い始めます。

P90ピックアップの歯切れのよいサウンドが素晴らしいです。

🖥ショップで探す📲

◆ Gibson SG Junior 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Gibson SG Jr. (動画)


アンプ

MARSHALL ( マーシャル ) / 1959 (100w)

MARSHALL 1959SLP

ジェイク愛用のアンプはマーシャル1959。本人のものはハイゲイン仕様にモデファイされていたようです。

最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。
マーシャル系ペダル特集

🖥ショップで探す📲

■ MARSHALL 1959SLP【サウンドハウス】
◆ MARSHALL 1959SLP 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – marshall 1959SLP (動画)
👉MARSHALL アンプ特集


EVH / 5150

5150III (100w):
5150

ジェイクが近年使用しているのは、エディーヴァンヘイレンのシグネチャーモデルである5150 III

100wヘッドはもちろん、50wや15wのヘッド、コンボなどもラインナップ。

🖥ショップで探す📲

■ 5150 【サウンドハウス】
◆ EVH 5150 III 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – 5150 III (動画)
👉EVH アンプ特集


エフェクター

オジー・オズボーン時代のジェイクのエフェクターはBOSS製品がメイン。現行モデルだと以下のものになります。

BOSS ( ボス ) / SD-1

SD-1

コンパクト・エフェクター愛好家のジェイクEリーのメインの歪はOD-1。

マーシャルアンプとBossのオーバードライブはザック・ワイルド同様、定番の組み合わせ。

現行モデルではトーンの付いたBOSS SD-1( スーパー・オーバー・ドライブ )。

モードスイッチ搭載の、SD-1W(WAZA CRAFTシリーズ)が発売されました

🖥ショップで探す📲

■ SD-1 【サウンドハウス】
◆ BOSS SD-1 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – BOSS SD-1 (動画)
👉BOSS の歪み系エフェクター


BOSS ( ボス ) / GE-7

GE-7

ギター・ソロ時のブースターとして定番のBOSS GE-7グラフィックイコライザー。

ジェイクの場合、800Hzを頂点に中域を少し持ち上げ、レベルを上げていたようです。

🖥ショップで探す📲

■ GE-7【サウンドハウス】
◆ BOSS GE-7 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – BOSS GE-7 (動画)
👉イコライザー特集


BOSS ( ボス ) / BF-3

BF-3

オジー時代のジェイクEリーのプレイに欠かせないフランジャー(BOSSのBF-2)。

現行モデルはこのBF-3。スタンダード、ウルトラなど4つの多彩なモードを持ち、ギター/ベースそれぞれのインプットを装備。

🖥ショップで探す📲

■ BF-3【サウンドハウス】
◆ BOSS BF-3 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – BOSS BF-3 (動画)
👉フランジャー特集


BOSS ( ボス ) / CE-5

CE-5

よく聴くと意外と使っているコーラス。BARK AT THE MOONツアー時にボードに鎮座しているのはBOSS CE-3。

現行モデルでは、名器CE-1の後継機種であるCE-5(写真)とCH-1

🖥ショップで探す📲

■ CE-5【サウンドハウス】
◆ BOSS CE-5 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – BOSS CE-5 (動画)
👉コーラス特集


BOSS ( ボス ) / DD-7

DD-7

BARK AT THE MOONツアー時にボードに鎮座しているのはBOSS DM-2というアナログ・ディレイ。

現行モデルでは、そのDM-2をシミュレートしたモードも搭載したDD-7がオススメ。

DD-7はコンパクトながらディレイ・タイムも1ms~6400msと長く、音質もラックタイプに匹敵。ジェイクの場合、ラックタイプのデジタルディレイも併用しているのでまさに最適なモデルです。

🖥ショップで探す📲

■ DD-7【サウンドハウス】
◆ BOSS DD-7 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – dd-7 boss (動画)
👉ディレイ特集


BOSS ( ボス ) / DM-2W

DM-2

80年代のアナログディレイの名機、DM-2が技Waza Craftで蘇りました。BBD(遅延素子)を使用したフルアナログ回路設計。

スタンダードとカスタムの2種類のサウンド・モードを搭載し、スタンダード・モードはオリジナルDM-2のディレイ・サウンドを完全再現(ディレイタイムは20-300ms)。

カスタム・モードはアナログ独特の暖かみのある音ながらクリアーなディレイ・サウンドを創出し、オリジナルより2倍以上長い最大800msのディレイ・タイムを実現。

ディレイ・タイムを足元で操作できるエクスプレッション・ペダルに対応。

🖥ショップで探す📲

■ DM-2【サウンドハウス】
◆ DM-2 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – DM-2 boss (動画)
その他 BOSSのディレイはこちら


ちなみにバッドランズ期のジェイクは、BOSSのグラフィックイコライザー(GE-7)の代わりに、ピートコニッシュ製ブースター、そしてつなぎ方もセオリーとはかけ離れた以下のような独自のものになります。

ギター⇒コーラス(BOSS CE-3)⇒ディレイ(BOSS DD-2)⇒オーバードライブ(BOSS OD-1)⇒ピートコニッシュ製ブースター⇒ワウ

*レジェンダリーギタリストジェイクEリーp.31より~


その他

弦 / HYBRID SLINKY

HYBRID SLINKY

ジェイクEリー愛用のギター弦は、009、011、016、026、036、046のセット。ERNIEBALL ( アーニーボール ) HYBRID SLINKY/ハイブリッド・スリンキー(バッドランズでの来日時)。

010、013、017、026、036、046のREGULAR SLINKY/レギュラースリンキーを使うこともあったようです。

🖥ショップで探す📲

■ HYBRID SLINKY 【サウンドハウス】
◆ HYBRID SLINKY 【イシバシ楽器】

👉弦一覧


レジェンダリー・ギタリスト 特集●ジェイク・E・リー

オジーオズボーン バンドスコア

ジェイク・E・リー/オジー・オズボーンのコピーはスコアで。


おすすめCD

Bark at the Moon

1983年発売

収録曲:
Bark At The Moon / You’re No Different Now You See It (Now You Don’t) / Rock ‘n’ Roll Rebel Centre Of Eternity / So Tired / Slow Down / Waiting For Darkness /

ランディーローズの死後、ブラッド・ギルスの後任に指名されたのが、ジェイクであった。左手の親指までも使ってしまうというストレッチ・フィンガリングや、ジェイク・フェイクと呼ばれる疑似ディレイ奏法など、派手さならどのギタリストにも負けません。SLOW DOWN の中間部のソロの展開は絶品!!必ず聴くべし。

キーボードのドン・エイリーが良い仕事しています


Ultimate Sin

1986年発売

収録曲:
The Ultimate Sin / Secret Loser / Never Know Why / Thank God For The Bomb / Never / Lightning Strikes / Killer Of Giants Fool Like You / Shot In The Dark /

ヘヴィー・メタルの帝王オジー・オズボーンが当時全盛期のLAメタル風作品に仕上げたアルバム。ポップで聴きやすい。


Badlands

1989年発売

収録曲:
High Wire Dremas In The Dark / Jade’s Song / Winter’s Call / Dancing On The Edge / Streets Cry Freedom / Hard Driver / Rumblin’ Train / Devil’s Stomp / Seasons / Ball & Chain /

オジー・オズボーン・バンドを脱退後結成したバッドランズ。ヘヴィー・メタルから、ロック/ブルースへの原点回帰


Voodoo Highway

1991年発売

収録曲:
The Last Time / Show Me the Way / Shine On / Whiskey Dust / Joe’s Blues / Soul Stealer / 3 Day Funk / Silver Horses / Love Don’t Mean a Thing / Voodoo Highway / Fire and Rain / Heaven’s Train / In a Dream /

バッドランズの2ndアルバム。


Dusk

1998年発売

収録曲:
Healer / Sun Red Sun / Tribal Moon / The River / Walking Attitude / The Fire Lasts Forever / Dog / Fat Cat / Lord Knows / Ride the Jack /

バッドランズ3rdアルバムになるはずだった解散後にリリースされた未発表音源集。


Fine Pink Mist

1996年発売

収録曲:
Exithouse / Demon A-Go-Go / Soulfinger / The Rapture / I Magnify / The Velvet Fire / Atomic Holiday / Galaxy Of Tears / Luna Ginata / Bludfuk /

バッドランズ解散後にリリースしたソロアルバム。手持ちのエフェクターを駆使した実験的なアルバムですが、ツボを抑えたジェイクのフレーズは素晴らしい。噛めば噛むほど味が出ます。


Retraced

2005年発売

収録曲:
Whiskey Train / Evil / Way Back to the Bone / I’ll Be Creepin’ / Guess I’ll Go Away / Love Is Worth the Blues / I Come Tumblin’ / Woman / A Hard Way to Go / I Can’t Stand It / Rock Candy /

ジェイク・E・リーがフリーやジョニー・ウィンター、モントローズ、グランドファンクレイルロードなどの曲をカヴァー。


Red Dragon Cartel

2014年発売

収録曲:
Deseived / Shout It Out / Feeder / Fall From The Sky (Seagull) / Wasted / Slave / Big Mouth / War Machine / Redeem Me / Exquisite Tenderness / Feedsedr (Acoustic Version) /

我らのジェイクが帰ってきた。Bark at the moonを彷彿とさせるDeceivedは必聴。Feederにはチープ・トリックのロビン・ザンダーが参加。


ギタリスト・ギア特集

 

「ジェイク・E・リー の機材を現行モデルで」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です