ヴィンテージ系ピックアップとターボブレンダー – ストラトをとことんいじる

LINEで送る
Pocket

ピックアップ交換とブレンダー回路の搭載

ストラトキャスターの心臓部、ピックアップ、ボリュームポット、トーンポットなどサーキット関連の改造と調整の手順を解説します。

これらは本来であれば別々で交換するものですが、今回はCTSのボリューム、トーンポット、オイルコンデンサー、CRL5wayセレクターで組まれたキット”ターボブレンダー”を使用します。

ピックアップはヴィンテージサウンドにこだわったFENDER 57/62 Stratocaster Pickupsを使用。

ストラトキャスターのピックアップ交換、ブレンダー回路の搭載

サウンドハウス

✅ターボブレンダーとは

結局、私のSSS 3シングルコイルのストラトには全て付いているという、SONIC TURBO BLENDER。

ターボブレンダーとは、ストラトの見た目はそのままで、リアPUにフロントの音をハムバッキングピックアップのように直列でブレンドし、音を太くすることが出来るという優れもの。

スイッチでフロントの音を足すものもありますが、それだと音が太くなりすぎてしまうため、任意の量をブレンドできる”ブレンダー回路”のほうが良いのです。

コントロールは、マスターボリューム、マスタートーン、ブレンダーという配列になり、ブレンダーをフルにするとジミー・ペイジが良く使うレスポールのセンターポジションのようなのようなサウンドも出すことも出来ます。

ブレンダーは、PUセレクターがリアまたはリア+センター、センターの時に効き、セレクターがフロントの時にはパイパスされるので、ストラトキャスターのフロントPUの音が好きな方にもオススメできます。

*SONIC TURBO BLENDERの場合。それ以外のブレンダー/ブレンダー配線キットはこちらで紹介しています。

ストラトキャスターのブレンダー配線・取り付けと比較

*ブレンダー回路は電池の要らないパッシブ回路です。


SONIC TURBO BLENDERはCTSのポットや、CRL製のセレクター、オイルコンデンサーですでに組み込まれているので、取り付けも簡単です。

JAPANはミリサイズ、USAはインチサイズを使いましょう。

ピックガードの加工が必要になりますが、今回はインチサイズを購入(何故だろう?インチサイズの方が好きなんです)。

ターボブレンダー取り付け

フェンダー・ジャパンのギターはミリサイズ、フェンダーUSAはインチサイズと、規格が違うのでピックガードの加工が必要になります。

FENDER JAPAN ST62-70?にインチサイズのポット取り付け
リーマー・ドリルを使い、ポット用の穴を広げます。セレクターはそのままでOK!


テーパーリーマー:

テーパーリーマー

ミリ規格のポットからインチ規格のポットに交換する際、ピックガードの穴を広げるのにあると便利です。max10Φ以上の物を

ドリルに装着するタイプもあります。

🖥ショップでチェック📲

➡ TAPERED REAMER 【サウンドハウス】
➡ TAPERED REAMER 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ


装着完了!
FENDER JAPAN ST62-70?にインチサイズのポット取り付け完了

裏側、オイルコンデンサーがはじめからセットされているのでお得です。
FENDER JAPAN ST62-70?にターボブレンダー取り付け完了
ターボブレンダーに使われているオイルコンデンサーは質が良く、トーンを絞ってもモコモコな音にならずに、音楽的に非常に使えるトーンです。

例えば、トーン10で純粋なシングルコイルの音、トーンを4~6あたりでハムバッキング風サウンドも出すことも可能なので、用途は広がります。

*通常のストラトキャスターのワイヤリングではリアPUにトーンは噛んていませんが、ターボブレンダーのトーン回路はマスタートーンになるので、リアPUにも効くようになります。

後はPUをつなげは完成です!!

🖥ショップでチェック📲

SONIC TURBO BLENDER 【サウンドハウス】
SONIC TURBO BLENDER 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ

BLACK CAT コンデンサーに匹敵?SONIC/HGCのオイルコンデンサー


こちらもオススメ:
オススメのCTS製コントロールポット セレクター
オススメのボリュームポット

オススメコンデンサ
オススメのコンデンサー シングルコイル用

➡ 内部配線材一覧


 

✅PU ピックアップ交換

このギターに付いていたちょっと怪しいピックアップ・・・音自体は悪くないのですが、交換です。

FENDER MEX製PU?

このギターは、Fender JapanのST62 (1960年代前半のモデル)なので、一応それらしいPUをセットで選択したいところです。かといってあまり高価な物はNG。

最近は、クリーン/クランチのサウンドが好きなので、素のストラト・サウンドを綺麗に出力してくれそうな、ヴィンテージ系PUの中から選んでみました。


’63年製ストラトに付いていたPU を再現したという
FENDER ( フェンダー ) / 57/62 Stratocaster Pickups

FENDER ( フェンダー ) / Original ’57/’62 Strat Pickups Set

に決定!!


ツイード模様のケースに入れられてきたヴィンテージ感あふれるこのPUは、’63年製ストラトに付いていたPU を再現したものらしい(57/62とは1957年から1962年の間に作られたPUということだろうと思います)。

これは、現行のUSAヴィンテージ・モデルにも標準搭載されているPUだとか。

FENDER ( フェンダー ) / 57/62 Stratocaster Pickups

フロント/センター/リアの指定は特に無いようです。抵抗値を計って見ましたが、5.8~5.9kとほぼ同じなので、適当に取り付けました(ミックス時にノイズキャンセル出来るリバースワイヤリング仕様でもないようです)。

PUの調整とPU交換の前に知っておきたいこと


FENDER / 57/62 Stratocaster Pickupsレビュー

FENDER ( フェンダー ) / 57/62 Stratocaster Pickupsは、ヴィンテージ系モデルだけあって、3弦のポールピースが高くなっています。

ミントグリーンの、やや丸みを帯びたPUカバーもイイ感じです。
FENDER ( フェンダー ) / 57/62 Stratocaster Pickupsのポールピース

こちらは私のお気に入りのLINDY FRALIN ( リンディーフレーリン ) の BLUES SPECIAL ですが、3弦のポールピースが低くなっています。
LINDY FRALIN BLUES SPECIALのポールピース
どちらがよいか?は分からないですが、今回のテーマであるヴィンテージ系にこだわるとこういう選択になります。


音の方は、ストラトをよりストラトらしく再生するPUという感じでしょうか?

音を現代的に加工したPUと違い、若干の弾きにくさも感じますが、慣れてしまうと、リンディーフレーリンのブルーススペシャルやフェンダーのテキサススペシャルなど中域を太くしたPUは癖がありすぎてちょっと・・・・という感じになります🤔

フロント、センター、リアの指定はないですが、出力バランスが取りやすく、PUの高さ調整は簡単でした。

ヴィンテージ系からハイゲイン、ノイズレスPUまで
➡ ストラトキャスター用PU一覧


✅ケーブル交換

ついでなので、ギター内部の配線も変えてみましょう。今回は、ターボブレンダーを使用するのでアース線と、ジャック周りのみ交換です。

ギター内部の配線としては、Belden #8503 が有名です。今回は白と黒を購入。

BELDEN ( ベルデン )の #8503

マニアックな人はハンダ線にもこだわります。 KESTER44(ケスター44)はギター/エフェクター界では音が良いと評判のハンダ線です。

🖥ショップでチェック📲

➡ #8503【サウンドハウス】
➡ #8503 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ


➡ KESTER44 【サウンドハウス】

posted with カエレバ


私が今回用意したのは以前ホームセンターで購入したハンダ線、一応オーディオ用。

オーディオ用ハンダ

➡ ギターの内部配線材おすすめ


組み込み完了!!
ターボブレンダー& PU交換完了

こちらもオススメ:
PU交換が苦手な方にオススメの配線済みピックガード↓
DiMarzio ディマジオ プリワイアード・ピックガード


次はフレットに少々問題があったので修正してみました。

ストラトキャスター フレット修正


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA