FENDER Ultra Noiseless Vintage Telecaster Pickup

ノイズレス:テレキャスター用ピックアップおすすめ

テレキャスター用PUおすすめ,特集,テレキャスター

見た目は普通のシングルコイル、カバー内部はコイルを縦に積み上げた積層型/スタックタイプと呼ばれるハムバッキング構造を持つテレキャスター用ピックアップのおすすめモデルを紹介。

このタイプのピックアップは、ノイズが少ないにも関わらずテレキャスターらしさを失わないサウンドが特徴で、ジャンルを問わずすべてのギタリストにおすすめ出来るピックアップです。

ノイズレスピックアップに迷ったらこの中から選びましょう。

ノイズレスピックアップ ストラトキャスター用おすすめ

※PU交換は、ギターの改造/ パワーアップに最も手軽な方法です。もしお使いのPUに不満を感じているなら交換を考えてみましょう。


FENDER ( フェンダー )

VINTAGE NOISELESS TELE/SET

FENDER VINTAGE NOISELESS TELE/SET

VINTAGE NOISELESS TELE/SETは、シャープでタイトなヴィンテージテレキャスのトーンを犠牲にすることなく、ノイズをほぼ完璧に取り除いたテレキャスファン待望のピックアップです。

マグネット:アルニコ 2

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 FENDER VINTAGE NOISELESS TELE SET – YouTube (動画)


Ultra Noiseless Vintage Telecaster Pickup

FENDER Ultra Noiseless Vintage Telecaster Pickup

Ultra Noiseless Vintage Telecaster Pickupは、FENDER American Ultraシリーズに搭載されている最新の第5世代のノイズレス・ピックアップです。

直流抵抗値:Neck: 11.3~11.7k、Bridge: 9.9~10.5k
マグネット:アルニコ 5

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 FENDER Ultra Noiseless Vintage Telecaster Pickup – YouTube (動画)


DIMARZIO ( ディマジオ )

ディマジオのノイズレスはAreaシリーズ

Area T ( DP417 / DP418 / DP421 / DP424 )

DIMARZIO Area T ( DP417 / DP418 / DP421 / DP424 ) DIMARZIO Area T ( DP417 / DP418 / DP421 / DP424 )

AreaT エリアTピックアップは、テレキャスターらしいハリのあるサウンドはそのままに、ヘヴィなオーバードライヴ・サウンドでもそのサウンドの輪郭を失うことはありません。

DP417はフロント、DP418はリア用、またヴィンテージPAFのようなトーンを持ったDP421、テレキャスターらしいトゥワング・サウンドとソリッドなロック・サウンドの両方を求められるモダン・カントリー・ミュージックに最適なDP424 をラインナップしています。

DP417 Area T Neck:
直流抵抗値:7.83k

DP418 Area T Bridge:
直流抵抗値:7.50k

DP421 Area Hot T Bridge:
直流抵抗値:9.33k

DP424 Area T 615:
直流抵抗値:7.93k
マグネット:アルニコ 2

フロントにDP417 Area T 、リアにDP418 Area T とポット、セレクター一式がセットになったディマジオ・プリワイヤード・ピックガードも発売中。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 DIMARZIO Area T – YouTube (動画)


KINMAN ( キンマン )

KINMANのテレキャスター用ピックアップは単にノイズを減らすだけでなく、ヴィンテージトーンを限りなく再現しているところが特徴です。

Broadcaster set

KINMAN Broadcaster set

Broadcaster setは、本物のシングルコイルの高域と、60年代のトゥワンギーよりも低中域がうなる音が特徴です。優れたダイナミック レンジは、パワフルなパンチを求めるプレイヤーもきっと満足するでしょう。

セレクタースイッチを中央の位置に設定すると、強烈なクラック音が生成され、一部のプレイヤーはこれを「最高」と評しています。

ゼロハムとワックスポッティングにより、マイクロフォニックノイズがゼロになります。

ポットとコンデンサの値
KINMANのゼロハム・テレキャスターピックアップは、250kΩのボリュームポットで素晴らしいテレキャスターサウンドが得られます。500kΩのボリュームポットを搭載した場合は、よりシャープな響きが得られます。トーンポットは通常のボリュームと同じ値で良いですが、トップエンドの明るさをもう少し高めるには、1megΩもおすすめです。

コンデンサは 0.022μF、63~100 ボルトポリエステルです。

Neck:KINMAN AVn-48n Gen-2
Bridge:KINMAN AVn-48b

直流抵抗値
マグネット:アルニコ

 

詳細を見る

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

 Kinman Broadcaster set – YouTube (動画)


SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )

1970年代よりPUのリペアなどを行ってきたセイモアダンカン。

ヴィンテージサウンドを出力するVintage Stackが人気 末尾のnはネック、mはミドル、bはブリッジ用に最適

Vintage Stack ( STK-T3b / STK-T1n )

SEYMOUR DUNCAN Vintage Stack ( STK-T3b / STK-T1n )

Vintage Stackは、プレイヤー達が求める本物のテレキャスターサウンドはそのままにノイズの除去に成功しました。

6個のポールピースはブライトで張りのあるトーンを与えるだけでなく、コイルの保護のために使われている黒い編み糸と共に、ヴィンテージルックスを演出しています。

STK-T1nには、クロームメッキされたブラス製のカバーが付いています

直流抵抗値:STK-T3b 18.00k、/ STK-T1n 15.88k
マグネット:セラミック

 

詳細を見る

STK-T3b
サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN STK-T3b – YouTube (動画)


STK-T1n
サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

 SEYMOUR DUNCAN STK-T1n – YouTube (動画)


ピックアップおすすめ メーカー別一覧

テレキャスター用ピックアップ・メーカー別

おすすめを見る メーカー別

おすすめ記事