ネック交換 ストラトキャスターをとことんいじる(改造/ 調整)

LINEで送る
Pocket

ストラトキャスター ネック交換

フェンダー系のリプレイスメントパーツで有名な、MIGHTY MITE製のネックを見つけましたので交換してみました。ロゴデカールも貼り付けました。


MIGHTY MITE製ネック取り付け

米amazonを見ていたら、フェンダー系のリプレイスメントで有名な、MIGHTY MITE製のネックを見つけました。

⇒ amazon.com Mighty Mite Stratocaster Neck

フェンダーからのライセンスを受けているという、MIGHTY MITE製のネックはフェンダージャパンのストラトにも付くのでしょうか??


購入したのはローズウッド指板のストラト用ネック。しかもつば出しの22フレット仕様。

MIGHTY MITE製のネック取り付け(全体)

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ヘッド)

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ネック裏)

スペックは、ネック材にカナディアン・ハードロック・メイプル、ローズウッド指板のつば出し22フレット、コンパウンドラディアス(ローフレット側が9.5″(240R)ハイフレット側が 12″(300R))指板に、ミディアム・ジャンボ・フレット・ネックという仕様。


早速、取り付けてみます。ネックポケットにはすんなり収まりましたが、

MIGHTY MITE製のネック取り付け(装着)

気持ち緩かったのでネックポケット・サイドに薄い木を、ネック下には同じく薄い木でシムを作って入れました。

*日本製はUSA製にくらべ、ネックはやや太いようですね。

サイドに薄い木を、ネック下には同じく薄い木でシムを作って入れました。
これでネックの動きも無くなりましたし、弦高も合うようになりました。

次はペグの取り付けと、Fender(フェンダー)のロゴ/デカールの貼り付けです。


ロゴ/デカールの貼り付け


補修用のデカールを別途購入し貼り付けました。

注意:
デカールは個人て楽しむために用意したもので、商品には付属しません

詳しくは:
フェンダーのロゴ ( デカール )貼り付け


ペグの取り付け

ペグ穴は、クルーソンではなくロトマチック・タイプ用の大きな穴が開いているので。手持ちのロトマチック・タイプ用のマグナムロック(軸の高さが設定できるH.A.P.タイプ)を取り付けます。ストリングガイドも必要ありません。

⇒ オススメのロック式ペグ

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ペグ取り付け)

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ペグ取り付け2)

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ペグ取り付け完了)
取り付け完了


ネックをボディーに取り付け

中心がズレないように、1弦側と6弦側に弦を張ります。

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ジョイント部)

位置が決まったら、クランプで固定し、後ろからビスを入れ、ネックにマーキング。

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ジョイント部裏マーキング)

穴あけ完了!

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ビス穴加工)

ネックを装着してみました。

ネックを取り付ける場合も、クランプで固定してからネックを締め込んが方がよりガッチリと取り付けできると思います。

MIGHTY MITE製のネック取り付け(完了)

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ジョイント部裏)

弦を張り、簡単なエレキギターの調整 を参考に、ネックの調整、弦高調整、オクターブ調整をし完了!

ナットは切り込み済みでしたが、高さ、弦間のピッチは問題なし、フレットも良好でしたのですり合わせはしていません。


MIGHTY MITE製のネックを弾いてみた感想

MIGHTY MITE製のネック取り付け(完了)

組み上がり弾いてみたところ、カナダ産ハードメイプル・ネックの影響でしょうか?ペグを重量のあるロトマチック・タイプに変えた影響でしょうか?ストラトらしい非常にブライトで乾いたサウンドに変わりました。

以前に比べ特にリアPUの音が使える音になり超ラッキー!!

弾き心地は、コンパウンドラディアス指板の影響か?純正よりも高いフレットのせいか?とても弾きやすく快調。デットポイントも特に発生していません。

弦を張ってしばらく経ちますが、ネックも一度調整した後は反りもなく、強度に問題無さそうです。

フェンダージャパンのST62というヴィンテージ・モデルなのに、コンパウンドラディアス指板、ペグマストの高さ調整の出来るマグナムロック搭載と、モダンなストラトに仕上がりました。

ヴィーンテージ・モデルはネックのアールがキツいので、もし弾きにくくて何とかしたい?とか、そろそろフレット交換かな?という方は思い切ってネックを変えてみるのも良いと思います。

元のネックも処分するわけではないため、気分に応じて付け替えて行けばと思います。

*私が購入したMIGHTY MITE製のネックは、21フレットもしくは、つば出し22フレット用のリプレイス用ネックです。

MIGHTY MITE製のネック取り付け(ネックエンド)


MIGHTY MITEのネック/ボディーの購入は

MIGHTY MITE製のネック取り付け(amazon)

MIGHTY MITEのネック/ボディーは、国内では流通しておらず、私はアメリカのアマゾンで購入しました(ヤフオクに出品されることはありますが)。

⇒ amazon.com Mighty Mite Stratocaster Neck

アメリカのアマゾン以外では、セカイモン(sekaimon)などでも購入可能です。

私は英語でショッピングしたことがないので、輸入代行業者に依頼します。

オススメの輸入代行業者

アメリカのヤフオクともいえる、ebayはセカイモンが輸入代行してくれます(手数料15%)。

⇒ セカイモン(sekaimon)

JCBカードをお持ちの方は、JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway )がオススメ(手数料10%)。

 JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway ) 現在サービス停止中

JCB GLOBAL SHOPPING ( comGateway )は、JCB会員向けのサービスで、利用するには、JCBカードと、comGatewayのアカウント(メールアドレスとパスワードの登録)が必要になりますが、米アマゾン、ebayはもちろんアメリカの大手楽器店Guitar Centerなどからの購入可能です。


JCBカードの申し込みはこちらから

⇒ JCBカード

⇒ イオンカード(WAON一体型)
WAON一体型カード国際ブランドはJCBカードを選択してください

⇒ 楽天カード
楽天でお買い物する人に>国際ブランドはJCBをお選び下さい


ストラト改造トップ

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

LINEで送る
Pocket

「ネック交換 ストラトキャスターをとことんいじる(改造/ 調整)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です