1998年製Gibson SG 61 Reissueの特徴と詳細

2013年5月25日エレキギターSG

レスポールのモデルチェンジ版としてギブソン社が1961年に発売したSGのリイシュー(復刻)モデル Gibson SG 61 Reissueを購入しましたので詳細を見てみましょう。

Gibson SG 61 Reissue 購入


Gibson SG とは

レスポールのモデルチェンジ版として発売されたSG(ソリッドギターの略)は、当時人気のフェンダー社のストラトキャスターの影響からか、今までのシングル・カッタウェイからダブル・カッタウェイに変更され、ハイポジションでの演奏性がアップ。

さらにネック/指板材はレスポール同様ですが、ボディーにはメイプルトップ、マホガニーバック(レスポール・スタンダード)から、マホガニーに変更され、高域成分が減り中域の良く出るロックなサウンドのするギターとしておなじみです。

SGプレーヤーとして有名なのはYouTube動画アンガス・ヤング(AC/DC)やYouTube動画トニー・アイオミ(BLACK SABATH)、YouTube動画デレク・トラックスなどでレスポールやストラトキャスターほど多くない印象ですが、実際手にしてみると長い間探し求めていたギターはこれだったんじゃないかと思うくらい、自分に合っています😍。

5弦20フレットをルートとするCフォームを普通に押さえられるギターはそうそうないのではないのでしょうか。

Cのコード

もちろんSGの良さはハイポジションのプレイアビリティだけでなく、フラット&ワイドなネック(SG 61 Reissue)はとても弾きやすいですし、レスポールほど太いローもサスティーンも、またストラトほどの器用さもない、(中域メインの)中途半端な音?が自分にはちょうど良いです。

Gibson SG 61 ネック

そんな音だからこそ、SGはレスポール、ストラトどちらの音質にも振れるというメリットもあり、非常に使い勝手は良いです。

ストラト使いのエリック・ジョンソンも、SGでなかなか色気のある音を出しています。

Eric Johnson – Cliffs of Dover -Live(ao vivo) 2006:

SGの素晴らしさ

SGは見た目もカッコいいですが、ボディーが小さいために体の小さな日本人にも合うというのも良い点です。

弦長(スケール)もギブソンスケールなのでナットからブリッジまでの長さが24 3/4インチ(628mm)と、フェンダースケールの25 1/2インチ(648mm)よりも短く、手が小さい人でも複雑なコードを押さえやすいという利点もあります。

また、レスポールと違い(こちらもストラトキャスターの影響だと思いますが)ベベルドコンターが入っていますので、体にフィットしやすいというのもありますし、何よりも素晴らしいのはストラップを下げて弾いてもハイポジションが楽々弾けること。

これがレスポールやストラトキャスターではハイポジションが弾きにくいので、結果カッコ悪い位置まで上げる必要がありますが、SGの場合はそれが可能です>これ大事👍

 


Gibson SG 61 Reissue詳細

それではGibson SG 61 Reissueを詳しく見てみましょう。

わたしのSGはシリアルを見ると、1998年製のようです。重さは3kgちょうどで、4.2kgのレスポールと比べるとホント軽い。

 

ピックアップ

61 ReissueのPUは、通常 Gibson 57クラシックが搭載されているはずなのですが、これにはSEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SH-55 Seth Lover modelが載っています。

Gibson SG とSEYMOUR DUNCAN SH-55 Seth Lover modelリア

中古で購入したので、前のオーナーが交換したのでしょうか、それとも特別仕様??

SH-55 Seth Lover modelは、ギブソンのオリジナルPU(P.A.F.)の開発者であるセス・ラバー氏とダンカン氏がタッグを組んで作成したというPU。

オリジナルの1955年製P.A.F.と同じくニッケルシルバーのプレート、プレーンエナメルワイヤー、アルニコ2マグネット、木製のスペーサーなど素材にも拘っています。ピックアップカバーは自然なハイエンドを損なわないように、ニッケルシルバーを採用しています。また、オリジナルのトーンに拘ったため、あえて含侵処理を施していません。

とのことで、57クラシック以上にリアルなP.A.F.レプリカのようです。

ただ、よく見ると、PUの裏にはロウのようなものが付着しているので、これは含侵処理はしてあるような・・・

Gibson SG とSEYMOUR DUNCAN SH-55 Seth Lover modelフロント

音色は手持ちの57クラシック同様、癖のない素直なサウンドが非常にお気に入りです。

ローコードのAを弾くと、小音量でも今にもフィードバックしそうな倍音が心地良いですよ。

SEYMOUR DUNCAN Seth Lover model ( SH-55 )

SETH LOVER MODEL

直流抵抗値:ネック7.20K、ブリッジ8.10k
マグネット:アルニコ 2

🖥ショップで比較📲

➡ SETH LOVER MODEL 【サウンドハウス】
➡ SETH LOVER MODEL 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ


GIBSON 57 CLASSIC

57CLASSIC

直流抵抗値:57 Classic:7.4~8.5k、57 Classic+ 8.8~9.1k
マグネット:アルニコ 2

🖥ショップで比較📲

➡ 57CLASSIC 【サウンドハウス】
➡ 57 CLASSIC 【イシバシ楽器】

posted with カエレバ


ペグ

1961年のオリジナルのペグは表側を固定しないクルーソンタイプだと思いますが、このリイシューモデルは表からナットで固定する一見クルーソン風?のロトマチックペグが付いています。

Gibson SG 61 Reissue ヘッド

クルーソンタイプのロック式ペグに交換しても面白そうですね。

オススメのロック式ペグ
ロック式ペグ オススメ


ブリッジテールピース

ブリッジは、近年のSG 61 Reissueは幅広のナッシュビル・タイプが付いているようですが、これはヴィンテージ・タイプのABR-1。

Gibson SG 61 Reissue ブリッジテールピース

テールピースは重量があるものなので、アルミではないようです。

ギブソン系ブリッジ/テールピース
ギブソン系ブリッジ/テールピース


ボリューム・トーンポット/コンデンサー

ポットはギブソン製、コンデンサーはセラミックが搭載されています。

Gibson SG 純正ポット/コンデンサー

ギブソン製のポットは以前レスポールに付けていたことありますが、ボリュームを絞った時の音質がよろしくなかったので、いずれCTSに交換したいと思います。コンデンサーもオイルを試してみたいです。

オススメのCTS製コントロールポット セレクター
レスポール・SGなどにオススメのボリュームポット

オススメコンデンサー
ハムバッキング用に最適のコンデンサー


今後の予定

以上が1998年製Gibson SG 61 Reissueの詳細です。1961年モデルといっても当時の仕様とは結構違うので、改造マニアな私としましては色々やってみたいと思うことが😊

手始めに、ペグをロトマチックではなく、いつものコンバージョン・ブッシングを使って当時の仕様である2コブのクルーソンに交換、トラスロッドカバーはLesPaulと刻印されたものに交換、テールピースはアルミに・・・なんていうのもおいおいやってみたいと思います。

*調べてみると、SGのブリッジは元々、スイング・アウェイ・プル・サイド・ウェイ・トレモロや、板バネ式のトレモロ(ロング・ヴァイブローラー)が標準であり、ストップテールピースが標準となるのは1972年以降かららしいので、板バネ式のトレモロに交換してみるというのもありかな??

色々やってます