SG 61reissueのボリュームポット交換

LINEで送る
Pocket

SG 61reissueのボリュームポット交換

SG 61reissueのボリュームポットを交換してみました。ボリュームやトーンを絞った時にも使える音を目指すならCTS製ポットがおすすめです


300kΩのポットと500kΩポットの違いは?

Gibson SG 61 Reissue
Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissue ボリュームポットやトーンポットは300kΩが使われているらしいですね?

ハムバッキングPUのボリュームポットは通常500kΩなのですが・・・・ カスタムショップ製のSGは500kΩらしいのですが、差別化しているのでしょうか??

300kΩのポットでも悪くないのですが、500kΩ搭載のレスポールから持ち替えた時に、やや音が丸いというか、いちいちアンプのトーン設定を見直すのも面倒だし、500kΩのポットに換えるとどうなるのか?も興味があったので換えてみることにしました。

*ヴィンテージのレスポールにも500kΩのものもあれば、300kΩのものもあるようで、当時のギブソン社もかなりいい加減だったようですね。


ポットの抵抗を変えるとどうなるか?

ポットの抵抗を変えるとどうなるか?というと、数値が大きいほうが高域がよく出るようになります。 例えばストラトキャスターに搭載されているポットは通常250kオームですが、それを500kオームに換えるとかなりシャリシャリになります。

それではSSHのストラト(1ボリューム)の場合どうかというと、シングル優先なら250kΩのポットを、リアのハム優先なら500kΩ、中間をねらうなら300kΩと色々試してみると面白いですよ。

*ちなみに私のSSHのストラトは全て250kΩ、HSHのストラトキャスターには500kΩのポットを載せています。


オススメのポットはCTS製

SG 61 Reissue のボリュームポット交換にあたり用意したのは、CTS製 ボリュームポット x4(Aカーブ、500kΩ)

CTS / 500k スプリットシャフト

CTS 500k

■ CTS 500k 【サウンドハウス】


ボリュームポットは500kΩならなんでも良いというものではなく、ここは定番のCTS製。

何故CTS製のボリュームポットか?というと、安価なポットだと、ボリュームを絞ると音が痩せてしまうのですが、その点CTS製トーンポットは太いまま(歪みが抑えられた)クリーンになってくれるので音楽的に使いやすいんです。

というよりむしろ気持ちボリュームを絞った時のサウンドのほうが、良い音だったりします。

音楽のジャンルにもよりますが例えば、ソロではボリューム10、バッキングではボリューム7、8、9くらいのクランチサウンドで、というのが非常に気持が良いんですね。


*A/Bカーブ=通常ギターで使わるのはAカーブで、スムーズな音量変化が特徴。Bカーブは(聴感上)10から絞ってもほとんど変わらず~3辺りで急激に変化するので、好みによってはBカーブでも良いでしょう。 

*インチサイズとミリサイズのポットでは径が異なるため、一部の国産ギターへの取り付けには取り付け穴の加工、ノブ交換(インチサイズ)が必要になる場合があります。


SGのボリュームポット交換

作業前:
レギュラーのギブソンは仕上げが丁寧ではありませんね
レギュラーのギブソンは仕上げが丁寧ではありませんね、ポットはギブソン純正のロゴマーク入りポットですが、実はこれもあまり質の良いものではありません(性能ではなくあくまでも音楽的にということ)。

このタイプは以前レスポールに付けていたことがありますが、(当時は気づかなかったのですが)CTS製のポットに戻した時にあまりの違いにびっくりした記憶があります。

交換する機会のある方は是非CTS製のポットを使ってみてください。


それでは、作業開始です。

ケバケバもついでに綺麗にしてしまいましょう。
ケバケバもついでに綺麗にしてしまいましょう

ケバケバもついでに綺麗にしてしまいましょう
ポットはそのまま付け替えるだけなので簡単・・・と思ったら、私のレスポールと配線が違うぞ??

このSGは中古で購入したので、もとのオーナーが適当にいじったのかな??

ググってみるとレスポール(SG)でも色々な配線パターンがあるようで・・・。

⇒ http://www.mylespaul.com/forums/tonefreaks/558-wiring-library.html

ちなみに私のレスポールは、上記サイトのTypically Stock、SGは50s style wiring

Typically Stock:
Typically Stock

50s style wiring:
50s style wiring

音にどう違いがあるのか、これもいずれ試してみたいな。


作業完了!
半田付けもだいぶうまくなってきたかな
以前よりは半田付けもだいぶうまくなってきたかな??


500kΩのポットに換えてみて

500kΩのポットに換えてみて、音はやはり若干ブライトで元気になったように感じます。

レスポールから持ち替えたときに、今までは若干のモサっとした感じもあったのですが、特にリアピックアップの音色はレスポールに近づいたかのような印象です。

ま、アンプのトーン調整でどうにでもなるのでしょうが、同じ設定で似たような音が出るというのは(音はレスポール、弾きやすさはSGという私にとっては)非常にありがたい。

出音はブライトになったのですが、すこし高域を押さえた音がほしい時は、ボリュームを絞ることで簡単に得られるようになったのも使いやすくて良いですね。


私のベストのセッティングは、ボリュームは7~8、コンデンサーも替えたのでトーンは4~6あたりのいなたい音が素晴らしいと思います。

やはりCTSのポットは素晴らしいですね、非常に気持ちの良い音します。

しばらくはこのままで、typically Stockなど、その他の配線パターンも試してみたいですね。


こちらもオススメ:
オススメのCTS製コントロールポット セレクター
レスポール・SGなどにオススメのボリュームポット


SGの改造

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

LINEで送る
Pocket

「SG 61reissueのボリュームポット交換」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です