仕上げに1000~2000番あたりの紙やすりとスチールウールで磨いて完成。

Gibson SGのフレットすりあわせを自分でやってみた

SG,フレットすり合わせ

Gibson SGのフレットの高さが不揃いだったので、すりあわせを自分でやってみました。失敗したらリペアに出せばよいし、自分でやったほうが(根気がいりますが)納得の調整ができる場合も多いのでp(^^)q

Gibson SGのフレットすりあわせ チェック方法


ネックの反りではなくフレットの不揃いが原因だった

最近の暑さでネックが反ったかな??ネックの反りは、通常トラスロッドといって、ネックに仕込まれている金属の棒を動かせば良いのですが、

詳しくは;

よく観察してみると、ネックではなくフレットの不揃いが原因のようです。

フレットの凹みやフレット浮き、指板のねじれはなさそうなのに、音がつまる箇所がハイポジションで幾つかあります。

例えばこんな感じでスケールをおいて、片側を軽く押すと反対側が浮き上がる・・・。

Gibson SGのフレットすりあわせ チェック方法

フレットが水平ならこんなことは起こりませんよね。

 

フレット摺り合わせは何度かやったことがあるので、今回も挑戦です。失敗したらリペアに出せばよいし、自分でやったほうが(根気がいりますが)納得の調整ができる場合も多いので・・・。

 

今は専用工具もネットで買えますからね。

 

一部の弦は緩めますが、弦を張った(テンションをかけた)ままの方が、確認しながら微調整ができるので素人には簡単です。

Gibson SGのフレットすりあわせ まずはマスキング

指板をマスキングして、削り過ぎないように少しずつ削ります。今回は12F以降なので、使うのは短い棒ヤスリで十分。削っては弾いて、削っては弾いてを繰り返せばすぐに終わります。

※ギターのフレットは意外と柔らかいので1500番程度の水ヤスリでも修正可能です。その場合は水平の当て木を用意しましょう。

 

揃えたフレットの頭を削ってしまわないようにマジックでマーキングし、フレットファイルでフレットの角を落します。

SGのフレットすり合わせで使用した工具。フレットファイル

 

フレットの頂点を削ってしまわないようにマジックでマーキング

フレットの頂点のみマジックが残れば成功です

フレットの頂点のみマジックが残ればOK。

 

最後に1000~2000番あたりの紙やすりとスチールウールで磨いて完成。

仕上げに1000~2000番あたりの紙やすりとスチールウールで磨いて完成。

こんなものかな??

 

削ったのはほんの少しだったので、Rを出すのに便利なサンディングブロックは使いませんでした。

サンディングブロック / TWSB

以上自己流のフレット摺り合わせ作業でした。

 

⌚作業時間約二時間。

 

音詰まりが無くなったので、弦高を下げられるようになりさらに弾きやすくなりましたよ👍

 

フレットすり合わせで使った工具

マスキングテープ、棒ヤスリ、フレットファイル、紙ヤスリ、スチールウール、レモンオイル等。

フレットすりあわせで使った工具

詳しくはこちらから:

お気に入りのコーネル・アンプで弾きまくります!

お気に入りのアンプとSGギター

関連リンク:
フレットすり合わせ作業一覧

QR Code | ギター改造ネット

2014年7月30日調整

Posted by Tsune