本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換、ギターの改造、調整、メンテナンス オススメ 比較

ホームMy GearFender テレキャスター とパワーアップ・パーツ > SONIC TURBO SWITCH レビュー

SONIC TURBO SWITCH レビュー

テレキャスターにSONIC ( ソニック ) のTURBO SWITCHを取り付けてみましたので詳細をレビューします


テレキャスター・ターボスイッチ

SONIC ( ソニック ) TURBO SWITCHとは

SONIC ( ソニック ) TURBO SWITCHとは、ノーマル・テレキャスターの外見とサウンドはそのままで、トーンポットを引っぱることでフロントPUとリアPUがシリーズ(直列、ハムバッキング)接続され、音がぶっとくなる装置です。

SONIC ( ソニック ) TURBO SWITCHとは

イメージとしては、ブラックフェイスのツヤツヤな音が、ターボスイッチONで、ダーティーなツイードアンプのような音に変わる的な??(^^)。


音を録ってみました




ターボスイッチはサーキット一式がセットなので音質アップも期待できる
SONIC ( ソニック ) TURBO SWITCHには、CTSのボリュームポット、CLRセレクター、オイルコンデンサーなどがセットになっているので、交換と同時に音質アップも期待できます。

ターボスイッチに搭載されているオイルコンデンサー
ターボスイッチに搭載されているオイルコンデンサー



ターボスイッチ付属のオイルコンデンサーは使える
ストラトキャスターに付けているターボブレンダーにも同じオイルコンデンサーが付いているのですが、このオイルコンデンサーがなかなか良くて、キンキンしたテレキャスター・サウンドもトーンを絞ることで、ふくよかで色気のあるテレキャスター・サウンドを出力してくれます。


ボリュームポットやらコンデンサーやら配線材やら一から揃えるのが面倒な方にもオススメです。





ハイパス用コンデンサーも付いてる
SONIC ( ソニック ) TURBO SWITCHのボリューム・ポットにはハイパス・コンデンサーも付いています。


ハイパスコンデンサーとは、ボリュームを絞った時に減衰してしまう高域の劣化を防ぐ(ボリュームを絞っても高音が残る様になる)ためのコンデンサー/キャパシタ。


ターボスイッチに搭載されているハイパスコンデンサー
ターボスイッチに搭載されているハイパスコンデンサー


ターボスイッチのポットにはご覧の通り、102と書かれたコンデンサーが付いています。




コンデンサー/キャパシタの読み方
この102というコンデンサーの末尾の数字は0の数を表しているようで、変換すると10+0が2つで、1000pF(ピコファラッド)、ギター用コンデンサーの数値でおなじみのμF(マイクロファラッド)に直すと、0.001μFとなります。


ハイパス用コンデンサーには0.001μF0.0047μFが使われることが多いようです。





でもハイパス・コンデンサーは外しちゃいました
ボリュームを絞ってもテレキャスターっぽいジャキジャキのサウンドを出すにはこのハイパスフィルター/コンデンサーは有効で、私も当初は気に入って使っていたのですが、歪みを抑えたクリーンなサウンドを出すには高域が残らないほうが使いやすいかな?と思い、結局外すことにしました(付けるの難しくないですし)。

結局外してしまったハイパスコンデンサー
ハイパスコンデンサーはない方が私は好きだな

ハイパスフィルターは好みなので、興味のある方は付けてみると面白いですよ。取り付けてみたいかたは、この図の赤い部分がハイパスコンデンサーです。



テレキャスター配線図
テレキャスター配線図
ハイパスコンデンサー:
ハイパスコンデンサー 【サウンドハウス】




ということで、PUを直列に繋ぎ、ぶっとい音を出したい方はもちろん、テレキャスターの音質アップ効果を得たい方にもソニック・ターボスイッチはオススメです。



SONIC / TURBO SWITCH TC (テレキャスター用)

TURBO SWITCH TC



価格比較(レビュー / 口コミ有り);
TURBO SWITCH TC 【サウンドハウス】
SONIC TURBO SWITCH TC 【イシバシ楽器】

*ターボスイッチにはUSA製インチサイズと、ジャパン製ミリサイズをラインナップ。ボリュームを全開にすると回路がバイパスされるフルアップポット仕様も。

*ターボスイッチは電池の要らないパッシブ回路です。

ターボスイッチ(メーカーサイト)





ギターパーツ 一覧


関連リンク:



ギター改造ネット メニュー