ストラトキャスターをとことんいじる ( 改造 / 調整 )

エレキギターストラトキャスター, レビュー, 改造, 調整

ストラトキャスター 改造 / 調整

フェンダーのストラトキャスターST62をヴィンテージギターのようなガツンとした鳴り/サウンドと、見た目になるようにシンクロナイズドトレモロ、ピックアップ、ポット、コンデンサー、配線などの交換を行いました。

ストラトキャスターのグレードアップにおすすめの改造と調整の手順を解説します。

まずはこのギターの詳細から見てみましょう。

ストラトキャスター 改造/ 調整


✅はじめに

PUが純正でないとかで、フェンダー・ジャパンのストラトキャスター ST62 がジャンク扱いで安く出ていました。このストラトのパーツを色々と交換して、パワーアップ ( 改造 )させてみたいと思います。

*以下は個人的に楽しむ為のもので、全ての方にオススメするものではありません。この方法を行い大切なギターにダメージを与えてしまうことも考えられますので、行う場合は自己責任でお願いいたします。

Fender Japan ST62の特徴

ST62とはFender Japan ( フェンダー・ジャパン )が、1960年から1962年前半あたりのストラトキャスターを再現したモデルで、アルダーボディー(グレードによりバスウッドを採用)、メイプルネック、ネックと指板の接着面が平らなローズウッド指盤(通称スラブボード指板)が特徴のギターです。

*スパゲティ・ロゴ下部にパテントNoが無いので厳密には60年モデルのコピー

ネックの握りも太すぎず、細すぎずのCシェイプで、反りもなく、ローズ指盤の木目も割と良い感じ・・・。

センター2ピースのボディー材はアルダーでしょうか。
FENDER JAPAN ST62-70?トップ

後ろも比較的綺麗です
FENDER JAPAN ST62-70?後ろ

ジャパンとはいえ、このスパゲッティー・ロゴ、たまりません!
FENDER JAPAN ST62-70?ロゴ

ネックはこんな感じ・・・
FENDER JAPAN ST62-70?ネック

ネック脇の塗装剥げを見てみると、、、薄くも無く、厚くもなくといった感じ。このFENDER テレキャスターに比べるとほとんどのギターはマシです(^^;)。
FENDER JAPAN ST62-70?塗装の厚さ

フレットは2弦、3弦がやや減っていますが、現状でもいけそうだし、摺り合わせ次第ではまだまだ使えそう。
FENDER JAPAN ST62-70?フレットの状態

シリアルはNで始まる6桁で、調べてみると1993 – 1994年製とのこと
FENDER JAPAN ST62-70?シリアルナンバー

このギターの詳しいグレードは不明ですが、ボディは2ピース(木目からしてバスウッドではなくアルダーのようです)、ブリッジはダイカストブロックのシンクロナイズド・トレモロが付いているので、

リットーミュージックから発売のthe FENDER1 STRATCASTER 巻末のフェンダー・ジャパンのカタログ(92年当時)を見ると、ST62-70というモデルかもしれません(塗装はポリエステルで、スチールブロックのモデルならST62-95で塗装はラッカーになります)。

FENDER JAPAN ST62-70?カタログ

早速、分解してみましょう


✅ネック/ボディー

ストラトキャスターの場合、ネックとボディーを外すと、モデル名等の情報が書き込まれている場合があります。

FENDER JAPAN ST62-70?ネックデイト

このギターの場合、ST62(ギター見れば分かる)という情報しか分かりませんでした。ボディーにあるDK-004Aかな??は何でしょう??

シムも入っていますね

シンクロナイズド・トレモロ ( ブリッジ )

トレモロ・ブロック ( イナーシャブロック )は磁石が付きませんでしたので、鉄製 ( スチール・ブロック )ではありません。

FENDER JAPAN ST62-70?のイナーシャブロック

50~60年代のヴィンテージのストラトキャスターには鉄製 ( スチール・ブロック )が採用されているので、これは要交換です。

*イナーシャブロックを交換すると、ヴィンテージ風の、金属的なガキーンとしたサウンドに変化します。鉄製ブロックを採用したシンクロナイズド・トレモロ一式または、鉄ブロックのみでも交換可能です。

ちなみにこのトレモロ・サドルのピッチはUSAサイズの11.2mmではなくやや小さな10.8mmでしたのでジャパン製で間違いないでしょう。


✅ナット

カタログによるとナット材はユリア樹脂というものらしいのですが、こちらも牛骨あたりにいずれ交換予定です。

FENDER JAPAN ST62-70?のナット


✅サーキット

分解してみると・・・・なるほど見たことのないPUです。

*調べたところ、Fender Mexに搭載されているPUのようです
FENDER JAPAN ST62-70?に付いていたジャンクのサーキット

通常、ストラトキャスターに付いているPUのポールピース(真ん中の丸い棒)はそれ自体が磁石になっているのですが、これは、金属の棒に磁石を付けるという方式のようです(ハムバッキングPUは形は違いますがこのような方式です)。

シングルコイルPU裏
通常のシングルコイルPU裏側

音は特に悪くなかったのですが、交換しましょう。

PUセレクター、ポットもあまり良さそうではないので、こちらもCTS/CTL製に交換です。

ついでに配線材、コンデンサーも交換してしまいましょう。

*ミリ規格からUSA製(インチ規格)への変更は、径が異なりますので、ピックガードの加工が必要になる場合があります(後述)。

さて、これから交換作業にはいります。どんな音になるのか楽しみです💪


✅改造/調整 メニュー一覧

フェンダージャパンのストラトキャスターをいじり倒します。

ブリッジ交換と調整

ストラトキャスター・サウンドの要であるブリッジ周りの調整です。50~60年代のストラトキャスターのトレモロブロック(イナーシャブロック)には重量のある鉄製のものが使用されていたので交換です。

続きを読む


サーキット交換

次にサーキット系の調整を行います。ピックアップ交換と、フロントとリアPUの音を直列でブレンドできるターボブレンダーの取り付け。ターボブレンダーはポットやコンデンサーなどが一式のキットになっているので交換することで音質アップも期待できます。

続きを読む


フレット修正

1弦17フレットに音詰まりがありましたので修正です

続きを読む


最終調整

弦を張り、ネックの調整や、PUの高さ調整です

続きを読む


追加作業

ST62 に11.2mmのシンクロナイズドトレモロ取り付け

フェンダー・ジャパンST62にUSAサイズ11.2mmのシンクロナイズドトレモロを付けてみました

続きを読む


フレット摺り合わせ

全体の摺り合わせを行いました

続きを読む


Raw VintageのPure Steel Saddle取り付け

音が良いと評判のストラト用サドルに交換してみました

続きを読む


RAW VINTAGEのトレモロスプリング RVTS-1に交換

トレモロ・スプリングがストラトの音色に影響を及ぼすことはあまり語られていないように思います。

続きを読む


ピックガード交換

ビンテージライクなミントグリーンのピックガードに交換してみました

続きを読む


MIGHTY MITE製ネック取り付け

フェンダーライセンスのMIGHTY MITE製ネックを取り付けてみました

続きを読む


フェンダーのロゴ ( デカール )貼り付け

MIGHTY MITE製ネックにフェンダーのロゴ/デカールを貼り付けてみました

続きを読む


ペグ、ストリングガイド交換

音質調整のため、ペグをクルーソンタイプに、ストリングガイドにスペーサー追加

続きを読む


ストラトキャスターを1Vol、1Toneにして組んでみた

邪魔なボリューム・ポットを別の場所に移動してみました

続きを読む


ストラトのノイズ対策とハイ落ちの検証

導電塗料(ドータイト)とアルミシートは効果があるのでしょうか?

続きを読む


✅チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう