本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームエレキギター オススメ > Bigsby B7をVibramate V7を使いGibson SGに取り付け

Bigsby B7をVibramate V7を使いGibson SGに取り付け

Gibson SGにトレモロアームを取り付けたい・・・でも持っているのはレスポール用でお馴染みのBigsby (ビグスビー) B7・・・Bigsby (ビグスビー)の加工がちょっと必要ですが、無事Gibson SGに取り付けできました。





ギブソンSGにBigsby (ビグスビー)を取り付けたい

以前レスポールにBigsby (ビグスビー)を付けようと購入した、Bigsby (ビグスビー)B7と、Bigsby (ビグスビー)を加工無しで取り付けできるというVIBRAMATE ( ヴィブラメイト )のV7というキット。



Bigsby B7
BIGSBY B7
BIGSBY B7【サウンドハウス】
Bigsby B7 【イシバシ楽器】


VIBRAMATE V7
VIBRAMATE V7
VIBRAMATE V7 【サウンドハウス】
VIBRAMATE V7 【イシバシ楽器】


レスポールにBigsby (ビグスビー)/ B7を取り付け
Bigsby (ビグスビー)B7と、VIBRAMATE ( ヴィブラメイト )のV7を使ってレスポールに装着
取り付けてみたところ、音が好みでなく、すぐに外してしまったのですが、今度はSGに付けたくなりました(^^ゞ。



もちろん穴あけなど余計な加工はしたくありません



Bigsby (ビグスビー)B7は、主にレスポールなどボディートップがアーチ状になったギター用で、ボディートップがフラットなSGには取り付けできません。


SGにはBigsby (ビグスビー)B5というものが用意されているのですが、余計な出費は抑えたいし、ありきたりなB5より、板バネ式アームのような風貌のB7のほうがかっこ良くないですか?


Bigsby B5
BIGSBY B5
BIGSBY B5 【サウンドハウス】
Bigsby B5 【イシバシ楽器】

Vibramate V5
Vibramate V5
Vibramate V5 【サウンドハウス】
Vibramate V5 【イシバシ楽器】


VIBRAMATE ( ヴィブラメイト ) とは、ボディーにネジ止めなどを一切せずに、Bigsby (ビグスビー)を取り付けることができるキット。


VIBRAMATE ( ヴィブラメイト ) の仕組みは簡単で、厚みのあるアルミ製のプレートを、テールピース用のスタッド穴を利用して固定し、その上にBigsby (ビグスビー)を載せるだけなので、Bigsby (ビグスビー)取り付けるためにボディーにネジ穴は必要ありませんし、テールピース用のスタッド穴を利用するので、弦アースも取れるんです。



しかし私が持っているのはレスポール用のBigsby (ビグスビー)B7と、VIBRAMATE ( ヴィブラメイト )のV7なのでそのままでは装着出来ないはずですが、なんとか取り付け出来ないだろうか?




Bigsby B7と、VIBRAMATE V7は、Gibson SGに取り付け出来る?

SG+Bigsbyで画像検索してみると、Bigsby B5はもちろんなのだけど、B7がついてる写真がいくつかありました。



しかも、ボディー加工の必要のないVibramateを使って、、、



海外のサイトにはVibramateを使って、Bigsby B7を取付けしているではありませんか???
Bigsby B7 on a Gibson SG - Page 2 - The Gear Page〜より



素直にBigsby のB5を付ければ良いのですが、持ってるのはBigsby B7だし、Bigsby B7のほうがギブソン純正の板バネ式アームのようでカッコよくないですか??

Bigsby B5
SGにはBigsbyのB5

Bigsby B7
SGにもBigsbyのB5よりBigsbyのB7のほうが格好良くないですか??


でも、そのままでは寸足らずで取り付けできないはずなんだけどなぁ??



んんん???なにか違うぞ??

Bigsby (ビグスビー) B7をVibramate V7を使いGibson SGに取り付け


そうか、ヒンジの部分を裏返してるのか??




ちなみに買ったままの状態がこれ。ヒンジが逆に付いているのが分かりますか??
買ったままのBigsby (ビグスビー) B7がこれ


早速作業開始!


ヒンジを止めているピンを、細いドライバーを入れて木槌でコンコン叩きます

ヒンジを止めているピンを、細いドライバーを入れて木槌でコンコン叩きます

外れたらヒンジを裏返して、再びコンコン叩いてもとに戻します。

外れたらヒンジを裏返して、再びコンコン叩いてもとに戻します

外れたらヒンジを裏返して、再びコンコン叩いてもとに戻します

その後マイナスドライバーなどでピンの先を軽く叩いて広げておくと抜け防止になると思います。




その後、ヒンジ部分にVibramateのプレートとクッションを付け替えて取り付けて完了!
ヒンジ部分にVibramateのプレートとクッションを付け替えて取り付けて完了!

ヒンジ部分にVibramateのプレートとクッションを付け替えて取り付けて完了!


後はテールピースをVibramateに交換し、Bigsby B7を取り付けるだけ。

後はテールピースをVibramateに交換し、Bigsby B7を取り付けるだけ

後はテールピースをVibramateに交換し、Bigsby B7を取り付けるだけ


無事取り付け完了!!

見た目はB5より断然B7でしょ、板バネのトレモロみたいでカッコイイですね〜〜

見た目はB5より断然B7でしょ、板バネのトレモロみたいでカッコイイですね〜〜



*弦はペンチで下記のように曲げてから張ると超簡単ですよ〜
BIGSBY ( ビグスビー )弦の張り方のコツ



Gibson SGに取り付けたBigsby B7 音質は??

早速、弦を張って音を出してみる・・・



その前に、あれ??ヘッド落ちが無い(^^)。


SGはハイポジションが弾きやすい反面、ネックがボディーから突き出ているので、手をギターから放すとスルスルとネックが下がってしまうという構造上の欠点があるのですが、ボディーエンドにBigsby (ビグスビー)を取り付けたことで、ちょうど良いバランスになったのでしょう、ヘッドが落ちません、これは予想していなかった良い結果です。



音的にはどうかといいますと、今まで以上に好みの音になってしまいました


SG(61リイシューだけ?)独特の、コーンという軽い響きが減り、レスポールっぽい艶やかな音に変化しました。また、トグルスイッチをセンターにした時の、コンプ感も増えて、これもレスポールっぽい色気のある音に変わりました。



デットポイントも特に発生していないようですし、今のところデメリットはありませんね。気に入らなければいつでも元に戻せるのがVibramateの良い所だし。




SGにBigsby (ビグスビー)を取り付けてみたいという方には、Bigsby (ビグスビー)B5+Vibramate V5が定番ですが、Bigsby (ビグスビー)B7+Vibramate V7も取付可能ですよというレポートでした。



*作業は自己責任でお願い致します。
ヴィブラメイトのギターへの固定は締めすぎないように注意して下さい。B7、V7はアーチトップ用のユニットです。ヴィブラメイトをギターにしっかりと固定してしまうと、ユニット後方が持ち上がりスタッドアンカーにに負荷がかかり、アンカーが浮き上がってしまいます。



追伸;
ビグスビーは軽いヴィブラートのみで、シンクロナイズド・トレモロやフロイドローズのような激しいアーミングは出来ませんので多くを期待しないほうが良いですよ(^_^;)。


*今回取り付けたのはBigsby (ビグスビー) B7です。無加工でGibson SG取り付けるにはB5+Vibramate V5が最適です。



Bigsby (ビグスビー)一覧
BIGSBY 一覧
BIGSBY 一覧 【サウンドハウス】
BIGSBY 【イシバシ楽器】


Vibramate ( ヴィブラメイト ) 一覧
VIBRAMATE 一覧
VIBRAMATE 一覧 【サウンドハウス】
VIBRAMATE 【イシバシ楽器】


ビグスビー/ヴィブラメイトカタログ(PDF)

VIBRAMATE (オフィシャルサイト)




ギブソン系ブリッジ 一覧
ギターの調整/改造 一覧
サウンドハウス

@tsune1221