SG 61のペグを2コブのクルーソンに交換

LINEで送る
Pocket

SG 61reissue ペグを2コブのクルーソンに交換

1961年当時のレスポール/SGを再現するために、SG 61reissueのなんちゃってクルーソンを2コブのクルーソン・ペグに交換してみました。


見た目にこだわる方にオススメのペグ交換

Gibson SG 61 Reissue
Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissueは文字通り、1961年にレスポールの後継モデルとして発売されたレスポールSGを再現したモデルです。

とはいえ、当時のものと比べると非常にいい加減?というか、リイシュー(再発行)と言う割には再現度はイマイチ(といってもギターが悪いわけではありません)。

細かいことを言えば色々あるのですが、ここではペグ(マシンヘッド)について。


Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissue純正のペグ

Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissue純正のペグ
こちらはGibson (ギブソン) / SG 61 Reissue純正のペグです。見た目は普通のクルーソン・ペグですが、よく見ると、表側からネジ止めするロトマチック・ペグになっています。

クルーソンとロトマチック・ペグの違いは以下の写真が参考になると思います。

左がクルーソン、右がロトマチック:
クルーソン・タイプのペグロトマチック・タイプのペグ
クルーソンタイプのペグは軽いので、倍音の多い軽快なサウンドが特徴。ロトマチックタイプのペグはナットでヘッドを挟み込んでいる分重量があり、カチッとしたサウンドになります。

さらに、1960年代前半のSGのペグは、ペグのツマミにコブが2つある、いわゆる2コブ・タイプのクルーソン・ペグが採用されています(レスポールも1950年代のペグは1コブで、1960年以降になると2コブが採用されます)。

本物のSGは以下が参考になります。

参考
’61~’65年頃までのoriginal Gibson SGのご紹介です


同じSGでも年代によって微妙に違うんですね。

で、私のSGは61年モデルなので、2コブ・タイプのクルーソン・ペグを付けたいわけです(^^)。

ペグの交換は、レスポールでもやっているので手慣れたものです。


2コブのクルーソン・ペグを取り付ける為の手順

購入したのは、1960年代前半に採用された2コブタイプのクルーソンペグを再現したモデル。
取り付けたのは1960年代前半に採用された2コブタイプのクルーソンペグ

KLUSON ( クルーソン ) / 3+3 - PEARL DBL RING - DBL LINE

KLUSON ( クルーソン ) / 3+3 – PEARL DBL RING – DBL LINE 【サウンドハウス】:


クルーソンとロトマチックでは径が異なるため、互換性は無いのですが、MONTREUX ( モントルー ) から発売のコンバージョンブッシングを使えば交換可能です。

MONTREUX ( モントルー ) から発売のConvertion Bushing (コンバージョン・ブッシング)を使いペグ交換
コンバージョン・ブッシング(左)と、通常のブッシング(右)

コンバージョン・ブッシングにも種類があって、内径6.35mmのものは一般的に流通しているクルーソン・ペグ用、内径6mmのものはアジア製クルーソンや、ゴトー製マグナムロック用になります。


作業前

Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissue純正のペグ
上からネジ止めしているゴツい見た目のロトマチック・ペグ(表)


上からネジ止めしているゴツい見た目のロトマチック・ペグ(裏)。


ペグを固定するネジを外すと、真っ白になっているので、まずはコンパウンドで磨きます。
ワッシャー跡をコンパウンドで磨きます

綺麗になったら、コンバージョン・ブッシングを入れて、

コンパウンドで綺麗になったので、コンバージョンブッシングを入れました
ペグをネジ止めして完了!!

見た目は、60年代のSGですね、カッコいい(^^)。
見た目は、60年代のSGです

2コブ・タイプのクルーソン・ペグ裏側
2コブ・タイプのクルーソン・ペグ裏側

なんちゃってクルーソン(ロトマチック)よりは、見た目は断然こちらですね(^^)。

音の方は、グローバー・ペグのような大きなものから換えた訳ではないのでさほど変わりませんでした。


クルーソン・ペグ 一覧

クルーソン ペグ 【サウンドハウス】
クルーソン ペグ 【イシバシ楽器】

ペグはストラトなどの片側6連と、レスポールやSGなどの3:3タイプが有ります


MONTREUX Convertion Bushing

MONTREUX Convertion Bushing 【サウンドハウス】

*通常のクルーソンは内径6.35mm、アジア製クルーソン、ゴトー製MG、HAP、HAPMシャフト等は内径6.00mmになります

ほぼ見た目だけですが、Gibson (ギブソン) / SG 61 Reissue ユーザーにはオススメの改造ですよ。


こちらもオススメ:
オススメのロック式ペグ
ロック式ペグ オススメ


SGの改造

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です