SGを改造するならここをチェック![Gibson SG 61 Reissue編]

2018年4月15日エレキギター,ギターパーツMy Gear,SG,ギブソン,コンデンサ,ピックアップ,ペグ,ポット,レビュー

Gibson ( ギブソン ) / SG 61 Reissueの特徴と使い方、改造のポイント、改造履歴を紹介。

ギブソンSGとパワーアップギターパーツ


Gibson SG 61 Reissueはトーンと弾きやすさがお気に入り

ハイポジションのプレイアビリティは言うまでもなく、フラット&ワイドなネック(SG 61 Reissue)はレスポール以上に弾きやすいです。レスポールほど太くもなく、ストラトほどブライトでない中途半端で田舎臭い音?が自分に合っています。

PUは、SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) 製のPAFレプリカ、SH-55 SETH LOVER MODEL を、ボリュームポットは定番のCTSの500kΩに交換、コンデンサ/キャパシタは純正のセラミックからオイルに交換してあります。

Gibson SG 61 Reissue

関連リンク

SGのオススメセッティング

私の中でSGの一番良いトーンは、ボリュームとトーンを少し絞った時の音。アンプの設定にもよるのですが、ボリュームは7~9、トーンは4~7くらいの、シングルコイルほど細くもなく、ボリュームフルのハムバッキングPUほどブーミーでない、いなたい音が好きです。

ボリュームとトーンのポットやコンデンサを交換すると更に良くなりますよ。

*同じ’61 SG Reissue使いのゲイリー・クラークJrもインタビューで「時に、ネック側のピックアップをセレクトしヴォリュームを下げると、素晴らしく美しい、歌うようなトーンが得られるのです。」と語っていますがまさにその通り!


SGをカッコよくするためのパワーアップ・パーツ

ピックアップ

音を変える一番の近道はPU交換。注目のピックアップを集めてみました。SGにもレスポール同様、ヴィンテージ系のPAFピックアップが似合います。

おすすめはこちら。

SEYMOUR DUNCAN / Seth Lover model ( SH-55 )

SEYMOUR DUNCAN / Seth Lover model ( SH-55 )

ギブソン・オリジナルPAFの開発者であるセス・ラバーとセイモア・ダンカンが協力して開発したPU。

PAFと同じくニッケルシルバーのプレート、プレーンエナメルワイヤーなど、素材にもこだわり含侵処理もあえて施していません。

直流抵抗値:ネック7.20K、ブリッジ8.10k
マグネット:アルニコ 2

YouTube動画SEYMOUR DUNCAN SH-55 – YouTube (動画)


DiMarzio / PAF 59 ( DP274 / DP275 )

DiMarzio / PAF 59 ( DP274 / DP275 )

2.5インチの磁力を落としたアルニコ5マグネットから始まり、当時と同じ42AWGのエナメル・ワイアー、コイルをワックス・ポッティングせず、当時のワインディング・マシン(現在に比べて性能が落ちる不均一なワインディング)で巻き上げた、1959年製のPAF(Patent Applied For)PUをリアルに再現

ネック用、ブリッジ用をラインナップ。

*歪ませて使うことの多い方は、ハウリングを起こしやすいのでワックスポッティング(浸透処理)を施した従来のPAF系モデルの使用をオススメします。

PAF 59(DP274)ネック/フロント用:
直流抵抗値:8.2k
マグネット:アルニコ 5

PAF 59(DP275)ブリッジ/リア用:
直流抵抗値:8.5k
マグネット:アルニコ 5

YouTube動画Dimarzio PAF59 – YouTube (動画)

関連リンク

Gibson / 57 CLASSIC

Gibson / 57 CLASSIC

ギブソンのフラッグシップ・モデル 57クラシック。ギブソン初のハムバッキングPU”PAF”をレプリカ。素直で癖のない音。迷ったらコレ。

57 CLASSIC PLUSは、やや高めの出力で、リア向きのPUです

直流抵抗値:57 Classic:7.4~8.5k、57 Classic+ 8.8~9.1k
マグネット:アルニコ 2

YouTube動画Gibson 57 Classic – YouTube (動画)


Gibson / BURST BUCKER

Gibson / BURST BUCKER

PAFのレプリカ 57クラシックPUをより細かくリチューンした、バーストバッカー。

TYPE1はコイル・ターン数を押さえた低出力タイプのPU。
TYPE2はコイル・ターン数は標準的なモデル。
TYPE3はコイル・ターン数を増やした最もハイゲインなPU、リア向き

Alnico 5 マグネットを使用しBurstbuckerよりエッジの効いたトーンが特徴のBurstbucker Pro も発売

直流抵抗値:
Burstbucker 1:7.5k マグネット:アルニコ 2
BurstBucker 2:8.0~8.4k マグネット:アルニコ 2
Burstbucker 3:8.2~8.8k マグネット:アルニコ 2
Burstbucker Pro:7.4k~8.0k マグネット:アルニコ 5

同じものを付けても問題ありませんが、タイプ1をフロントにつけたらタイプ2をリアに、タイプ2をフロントにつけたらタイプ3をリアにするとバランスが取りやすいようです。

YouTube動画Gibson Burst Bucker – YouTube (動画)


ペグ

ペグでロック出来ればチューニングが安定します。ペグには径の異なるクルーソンタイプとロトマチックタイプがあり、互換性はありませんが、コンバージョン・ブッシングを使用すれば、ロトマチック→クルーソンへは交換可能です。


ブリッジ/テールピース

弦が乗る部分なのでここを良い物に替えると音質アップに効果的。ナッシュビルタイプのブリッジからヴィンテージ風のABR-1ブリッジに交換できる、コンバージョンポストも人気です。アルミのテールピースに交換するのも定番ですね。


コンデンサ/キャパシタ

トーンの効き、ヌケの改善はコンデンサ/キャパシタの交換がオススメ。レスポールなどハムバッキングPUには0.022uFが一般的。その他コンデンサ、ポットがセットになったワイヤリングキットも好評です。

詳しくは:
オススメコンデンサ
ハムバッキング用に最適のコンデンサー

ボリュームポット

安価なポットだと、ボリュームを絞ると音が痩せてしまうのですが、CTS製ポットは太いままクリーンになってくれるので非常に使いやすいんです。もちろん耐久性もGood。

ハムバッキングPUには通常500kΩ、または300kΩのポットを取り付けます。


✅Gibson SG の調整・改造の履歴

過去に行ったGibson SGの調整・改造 履歴一覧です。

トラスロッドカバー交換

続きを読む


ペグを2コブのクルーソンに交換

続きを読む


CALLAHAM ABR-1に交換

続きを読む


ボリュームポット交換

続きを読む


SG 61reissueのコンデンサ交換

続きを読む


スティールスタッドとアルミテールピース取付け

続きを読む


SG にBigsby B7を改造取り付け

続きを読む


TONE PROSのABR-1ブリッジを取り付け

続きを読む


ペグをロトマチックの定番GROVERに交換

続きを読む


[ SG改造まとめ ] SGの音が不満ならここを替えろ!

続きを読む


ヒグチ電子/HGCのオイルコンデンサ0.022μFを取り付けてみた

続きを読む