ストラトのノイズ対策 導電塗料とピックガードのシールド

LINEで送る
Pocket

ストラトのノイズ対策 導電塗料とピックガードのシールド

ストラトキャスターに導電塗料を塗って、ピックガードをシールドしてみました。ノイズ処理を行うとハイ落ちすると言われていますがどうなのでしょう?検証してみました。


ストラトキャスターのノイズ処理

ストラトキャスターはシングルコイルピックアップを使用しているため、ノイズに弱いギターです。

蛍光灯に、ブラウン管モニターなんて使っていた時代はジ~~~~という酷いノイズを拾っていましたっけ。

私は元々”ノイズもギターの一部です”という人ですが、先日ピックガードを1ボリューム、1トーンにするためにピックガードを交換したところ、ノイズというか、静電気のようなものを拾うようになってしまいました。

1ボリューム1トーンにしてセレクターも後方に移動したストラト

1ボリューム1トーンに変更したFernandes ST-503
Fernandes ST-503

1ボリューム1トーンに変更したCrews SEC
Crews SEC

1ボリューム1トーンに変更したFender Japan ST62
Fender Japan ST62


症状としては、弦をピックでタッチするタイミングでパチパチとノイズが入る感じ。

弦を触った時のタッチノイズも増えたような気がします。私は単音を弾く時にピックガードに指を置くのですが、よく観察してみると、指や爪をピックガードで擦ることで静電気が発生しているようです(ピックガードに紙テープを貼ると症状が出ない)。

以前はそんなことなかったし、新たに作ったピックガードのうち、1プライ8点止めの57年モデルのピックガードが特に酷いです。

静電気が発生しやすい素材なのでしょうかね??。

そのうち消えるのか、それともそれなりの対策しないといけないのか??電気関係には弱いので全く分かりません。


調べてみると、ピックガード裏をシールディングし、導電塗料(ドータイト)をキャビティーに塗ると良いとのことで、購入してみました。

購入した導電塗料(ドータイト)と、シールドアルミシート
購入した導電塗料(ドータイト)と、シールドアルミシート

導電塗料(ドータイト)はキャビティーに塗り、シールドアルミシートはピックガード裏面に貼ってノイズを防止するもの。


まずはクルーズのストラト SECから作業開始!

クルーズのエリック・クラプトン・モデルであるSECのキャビティーには元々導電塗料が塗ってあって、オリジナルのピックガードはフルシールドの処理がしてありましたので、ピックガードにシールドアルミシートを張るだけの作業。

シールド処理済みのCrews SEC
シールド処理済みのCrews SEC

ここを参照しながらの作業です。

⇒ アルミシールド加工例


作業前

シールドアルミシート貼り付け前

作業後

シールドアルミシート貼り付け後1
シールドアルミシート貼り付け後2
できた!

PUなどのパーツを取り付け組み込んでみると、
シールドアルミシート貼り付け後の組み込み
静電気とともに、弦を触った時のタッチノイズや、ジーというノイズが見事に消えました。

ピックガードのコントール部には元々アルミシートが貼ってありますが、フルに貼るだけでここまで消えるんですね素晴らしい!!

アルミシールドの効果なのか?導電塗料+アルミシールドのダブル効果なのか??


さて、次にフェルナンデスの57年モデル。

本来の目的である静電気によると思われるノイズはアルミシールドのみで消えるのでしょうか?

導電塗料はノイズとともに、ギターの高音成分も減る(ハイ落ちする)ことがあるとのことで、できれば避けたいところ。

今回の目的は静電気のようなノイズを消すだけなので、まずはシールドアルミシートのみで検証してみます。
シールドアルミシートのみでノイズは消えるのか検証

タッチノイズはほとんど変わりませんでした。アルミシートのみでは効果なしと言ってよいでしょう。


導電塗料でどれくらいハイ落ちするのかも試してみたいので塗ってみることにします。

参考:
ぶっちゃけトーク ~導電塗料編~


2度塗りし乾燥後、アース線を繋いでどうなるか??

導電塗料+アルミシールドのダブル効果で見事ノイズが消えました
すごい!!!見事にノイズが消えました。やはり導電塗料+アルミシールドのダブル効果なのですね。

導電塗料によるハイ落ちはどうだったか?といいますと、正直かなりありますね🤔。でもギター本来の響きが変わったわけではないので、そのへんはアンプ側の設定で何とでもなるかな??と思ったのですが、これで良いのか?というとちょっと微妙・・・・。

試しに、アルミシールドと導電塗料処理はそのままで、ボディーアースを外してみたところ・・・シールドアルミシートだけの時よりタッチノイズの音は小さくなり、音質(ハイ落ち)の影響もなしといった感じです。

アースを外したところハイ落ちが解消
ビニールテープでアース線を絶縁

試しに、クルーズのSECのアースラグも外してみたところ、(タッチノイズは当然増えますが)やはり高域がグッと出て良い感じに(^^)。

アースを外したところハイ落ちが解消
元々私はノイズではなく、変な静電気のようなものだったので、これがベストかも。

しばらく様子を見て問題なければ、もう一本のストラトにもやってみようかと思います。


検証結果

導電塗料(+ボディーアース)とアルミシールドは効果があるが、ハイ落ちも覚悟しなければならない。

ボディーアースをしなければ音質変化は最小限、ノイズ防止効果は薄いが多少改善される?という感じでしょうか。

静電気によると思われるノイズはもちろん治りました。

音は気に入っているがノイズが、、、という方はPU交換の前に導電塗料とアルミシールドがオススメです。


導電塗料

導電塗料 一覧
導電塗料 一覧 【サウンドハウス】
Freedom Noise Hell 【イシバシ楽器】


アルミシート

ストラト改造トップ

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

LINEで送る
Pocket

「ストラトのノイズ対策 導電塗料とピックガードのシールド」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です