ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

LINEで送る
Pocket

ストラトキャスター ペグ、ストリングガイド交換

ストラトキャスターのペグを、コンバージョン・ブッシングを使い、重いロトマチックタイプのペグから、軽くヴィンテージ・ライクなクルーソンタイプのペグに交換してみました 。


ストラトキャスターのペグをロトマチックからクルーソンへ交換

Fender Japan ( フェンダージャパン ) のST62(現FENDER Made in Japan Stratocaster)のネックをMIGHTY MITE製の22フレット仕様のネックに交換してしばらく弾いていたのですが、他のストラトと比べハイが非常によく出ます。

フロントなどはメリハリがあってとっても良いのですが、リアPUに切り替えた時にキンキンしてちょっと不快(^_^;)。

トーンの設定で何とでもなるのだけど、もう少し落ち着かせたいと思いましたので、ペグを重いロトマチックタイプのペグから、軽いクルーソンタイプのペグに交換してみました。

*重量のあるペグを軽いものに替えると、カチッとした音が倍音の多い軽快なサウンドに変化します。

⇒ オススメのロック式ペグ 一覧


交換前のロトマチック・ペグ

交換前のロトマチック・ペグ

ロトマチックとクルーソンでは、見た目の大きさも違うのですが、ペグの径も違うので、そのままでは取り付けできません。

しかし、モントルーから発売の コンバージョン・ブッシング ↓を使えば簡単です。

MONTREUX ( モントルー ) から発売のConvertion Bushing (コンバージョン・ブッシング)を使いペグ交換
コンバージョン・ブッシング(左)と、通常のブッシング(右)

ロトマチックのデカイ径の穴に、このコンバージョンブッシングを入れると、径の小さなクルーソンペグを装着できるようになります。

MONTREUX / Convertion Bushing

Convertion Bushing

径の大きなグローバーなどのロトマチック・タイプのペグから径の小さなクルーソンタイプのペグに戻す際のブッシングです。

見た目もそうですが、軽くなるのでカチッとしたサウンドから倍音の多い軽快な音に変化します。

内径6.35ミリ(通常はこちら)、6ミリ(アジア製クルーソン、ゴトー製MG/HAP/HAPMシャフトに)と種類があります

🖥ショップで探す📲

■ Convertion Bushing 【サウンドハウス】


手持ちにゴールドのクルーソン・タイプのペグしか無かったので、仕方なくコレを装着。

交換後のクルーソン・ペグ
ストラトキャスターのペグをロトマチックからクルーソンへ交換
ストラトキャスターのペグをロトマチックからクルーソンへ交換(裏)
う~ん、ゴージャス!!

ロトマチックペグに比べ軽量なので、音の方は予想通り、キンキンした嫌な音がなくなり落ち着いた音になったかな?と思います。

見た目もこちらのほうが好きですね。

チューニングが安定しない方はロック式のペグがオススメ
⇒ オススメのロック式ペグ 一覧


ストラトキャスターのストリングガイドにスペーサーを追加

次は、ストリングガイド・スペーサーの追加です。音には直接関係ないのかな?と思いますが、ストリングガイド・スペーサーを入れてみました。

ストリングガイドの下の白いやつです。
ストリングガイド・スペーサー

ストラト用ストリングガイド

🖥ショップで探す📲

ストラト用ストリングガイド 【サウンドハウス】
ストラト ストリングガイド 【イシバシ楽器】

ストリングガイドが丸型から羽根型に変わるのが56年、59年後半から金属製のスペーサーが入り、61年からプラスチック製のスペーサーに変わるらしいので真似してみました(^_^;)。

フェンダージャパンのST62にはスペーサーが入っていないと思うので、入れてやることで、さらに見た目ヴィンテージ風に近づきます。

*スパゲティ・ロゴ下部にパテントNoが無いので、フェンダージャパンのST62は厳密にいうと60年モデルのコピーだと思うので、金属製のスペーサーがベストかな??


ストラト改造トップ

簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です