Cornell-Romany Plusの紹介と改造のポイント

2018年4月15日ギターアンプMy Gear,コーネル,スピーカー,チューブアンプ,レビュー,真空管

Cornell-Romany Plusの特徴と使い方、改造のポイントを紹介。

Cornell-Romany Plus


Cornell-Romany Plus ( 10w )

Cornell-Romany Plus
コーネル ハンドワイヤリング
クリックで詳細

エリック・クラプトンやキース・リチャーズが使用しているということで一躍有名になった小型アンプ” Romany ”の12インチスピーカー(+リバーブ付き)版がこのCornell-Romany Plus。

ハンドワイヤリングで組み上げられたRomanyは、出力10w(2w、0.25wと3段階で切替可能)の小型アンプですが、フルチューブ+12インチスピーカー搭載のため、かなり大きな音が出ます(スピーカーを交換してからさらに)。

コーネル・ロマニー・プラスのスピーカー交換


フェンダーサウンドからマーシャルサウンドまで!?

ロマニーアンプの製作者デニス・コーネル氏のインタビューによると

Romanyはボリュームコントロールだけの初期のチャンプと、その後のモデルでトレブルとベースコントロールもつけたチャンプの両方をベースにした。

とあります。”初期のチャンプ”とは1950年代のツイード生地をまとったチャンプで、コントロールはボリュームのみ。

ツイード・チャンプ(現行モデル)ツイード・チャンプのコントロール・パネル

”トレブルとベースコントロールもつけたチャンプ”とは1960年代に発売されたブラック・トーレックスのチャンプのことで、上位モデルと同様にトーンコントロールが搭載されました。

ブラックフェイス・チャンプ


Romanyは10インチスピーカーのアンプですが、このRomany Plusは12インチ・スピーカー+リバーブ回路を搭載しているので、EQをONにするとチャンプではなくて、少し上のクラスのブラックフェイスデラックス・リバーブのようなサウンドがします。

Romany Plus コントロール・パネル

EQをカットしボリュームを上げると、同じツイード期のアンプでも、ツインやベースマンのようなブーミーで音圧のあるジャリジャリした粗いファズライクなアンプサウンドに変化します。

*マーシャル最初期のアンプ JTM45や1962はベースマンのコピーと言われているので、ジミ・ヘンドリックスやAC/DC風のクランチサウンドも出すことが可能です。

シンプルなチューブアンプながら2つのサウンド出す事ができるということですね。

FENDER DELUXE REVERB
FENDER DELUXE REVERB
FENDER BASSMAN
FENDER BASSMAN
関連リンク

フェンダー・アンプの音作り

ヴィンテージのフェンダー系アンプのトーンコントロールの基本はトレブル / ベースの2バンドの場合は0がフラット、3バンドの場合、トレブル0、ミドル10、ベース0がフラットなのだそうです。

このアンプもフェンダー系なので、トレブル / ベースは0から音を作っていくのが正解。最近はこのフラットなトーンがものすごく気に入っています。

フェンダー・アンプのトーンはちょっと特殊、フラットの位置はどこ?


Spec(Romany Plus);
スピーカ::12インチx1(Jensen speaker CH1270)
真空管:2×12AX7(Pre)、1×12AT7、1×6L6(Power)
重量: 16.5kg

10インチスピーカー搭載のRomany 、12インチスピーカー+リバーブ搭載のRomany PlusはそれぞれRomany 10Romany 12に名称変更されました。

出力は今までの10w3段階から、4段階(10w、1.5w、0.3w、0.05w)になり、フルボリュームがさらに小さな音で楽しめるようになりました。

Youtube 動画 YouTube – Cornell Romany (動画)

関連リンク

ギターアンプ・パワーアップ・パーツ

スピーカー

音を変える一番の近道はスピーカー交換、インピーダンス(Ω)、許容入力、口径、小さなアンプの場合奥行きにも注意

■ CELESTION:
CELESTION スピーカー
英国を代表するスピーカー。マーシャル・アンプやVOXアンプに搭載され、今も人気ナンバーワンのスピーカ・ブランドです。

詳しくは:
CELESTION ( セレッション )スピーカー一覧


■ EMINENCE:
EMINENCE スピーカー
フェンダーを始め多くのアンプ・メーカーが採用しているエミネンス。
アメリカン・サウンドはパトリオット(青)、ブリティッシュ・サウンドはレッドコート(赤)と分類されているので分かりやすいです。

詳しくは:
EMINENCE ( エミネンス )スピーカー一覧


■ JENSEN:
JENSENスピーカー
フェンダーのヴィンテージ・サウンドを狙うならジェンセン。

50年代のツイードサウンドならJENSEN P(アルニコ・マグネット)シリーズ、60年代のブラックフェイスならJENSEN C(セラミック/フェライト・マグネット)シリーズがオススメ。

*末尾のアルファベット(R、Q、N、K)順に許容入力が大きくなります

詳しくは:
JENSEN ( ジェンセン )スピーカー一覧


真空管

チューブアンプを買ったら避けて通れないのが真空管の交換。タマを変えることで音質も変化します。

グルーブチューブの真空管
詳しくは:
おすすめの真空管
そのサウンドはヴィンテージUS管に匹敵?RUBY 12AX7AC5レビュー


ステップアップトランス (昇圧トランス)

■EHU-600:

EHU-600

昇圧トランス(ステップアップ・トランス)とは、家庭用100vを117vへ昇圧させ、117v仕様の米国直輸入のアンプ等を正常電圧で使用できるようにした機器。

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) のEHU-600は6.0Aまで対応する用途の広いステップアップ・トランス。

消費電流目安
ラックエフェクター 0.10~0.20Amps
150wチューブアンプ 4.25Amps
150wトランジスタアンプ 2.50Amps

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ


スピーカーケーブル/コネクター

ギターのシールドケーブル同様、スピーカーケーブルを替えて見るのも面白い。BELDEN ( ベルデン )の#9497、通称海ヘビは定番のスピーカーケーブルです。

*スピーカーケーブルとギターのシールドケーブルは似て非なるものなので使ってはいけません。機器の故障や発火の原因になります

BELDEN ( ベルデン ) / #9497

#9497

ギターアンプ用のリプレイスメント・ケーブルとして定番の#9497。編み込み効果によるタイトなサウンドが特徴で、スピーカー・キャビネットの特性を余すことなく伝えます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ


その他 スピーカーケーブル

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ


フォンコネクタ一覧

フォンコネクター 一覧

半田ゴテとテスターがあれは、自由な長さのケーブルの自作が可能です。定番はSWITCHCRAFT社のものですかね。スピーカーへの接続は半田直接か、ファストン端子

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ


✅Cornell-Romany Plusの調整・改造の履歴

過去に行ったCornell-Romany Plusの調整・改造 履歴一覧です。

Cornell-Romany Plusが修理から戻ってきた

続きを読む


そのサウンドはヴィンテージUS管に匹敵?RUBY 12AX7AC5レビュー

続きを読む


JENSEN ( ジェンセン ) スピーカーの選び方

続きを読む


誰でも簡単コンボアンプのスピーカー交換とスピーカーの選び方 |

続きを読む


[中国製] グルーブチューブの真空管 GT-12AX7Cの音は良いの?

続きを読む


フェンダー・アンプのトーンコントロールはちょっと特殊、フラットの位置はどこ?

続きを読む


関連リンク