ギターアンプ用スピーカーの選び方

LINEで送る
Pocket

ギターアンプ スピーカー

音を変える一番の近道は出口であるスピーカーを交換すること。交換には口径のほか、インピーダンス(Ω)、許容入力、小さなアンプの場合奥行き、ライブ等で運搬するなら重量もチェックです。

CELESTION、EMINENCE、JENSEN のスピーカーメーカーの紹介と、ギターアンプ用スピーカーユニットの選び方を解説。

JENSENスピーカー


✅スピーカーの選び方

マグネットの種類
▶アルニコ・マグネット
スピーカーのマグネットとしては最も古い アルニコマグネット(磁石)。

アルニコとは、アルミニウム、ニッケル、コバルトの合金の略称で、50~60年代のギターアンプやエレキギターのピックアップに採用。中低域が豊かなヴィンテージ・サウンドが特徴ですが、許容入力が低いものが多いので注意が必要です。価格はちょっと高めです。

代表的なモデル:
JENSEN Pシリーズ
CELESTION BLUE、GOLDシリーズ
EMINENCE EJ-1240 など


▶セラミック(フェライト)マグネット
1960年代に開発されたマグネットで、アルニコに比べ、高域の伸びが良く、クリアーでヌケの良いサウンドが特徴。

許容入力が高く、価格も安いので手軽に交換できオススメです。

代表的なモデル:
JENSEN Cシリーズ
CELESTION G12、Vintage 30
EMINENCE CV-75 など


▶ネオジウム・マグネット
近年開発されたマグネットで、非常に強力な磁力を持っています。そのため、マグネットを小さく出来(軽量)、かつハイパワーであり、許容入力も100W以上のものも多数あります。

持ち運ぶことの多いライブ用のアンプのスピーカーにオススメ。

代表的なモデル:
CELESTION Neo 250 Copperback、Neo Creamback
EMINENCE LIL TEXAS、TONKERLITE など


許容入力
スピーカーには許容入力というものがあります。許容入力とは、これ以上入力するとスピーカーが壊れますよという指標のようなもの(スピーカーが飛ぶ)。

チューブアンプの場合、例えば10wのアンプでもフルアップにすると最大出力は倍の20w程度になりますので、それを頭に入れて1.5~2倍程度の余裕を持った許容入力のスピーカーを選んだほうが無難です。

また、許容入力の大きな(同じモデルならマグネットが大きい)スピーカーは音量が大きくなるという特性もあり、例えば10wのスピーカーで音量に不満を感じている方は許容入力の大きなスピーカーを選ぶと良いでしょう。

その反面、許容入力の大きなスピーカーは、高域特性が悪くなるという欠点もありますので、あまり大きすぎるのも考えものです。また、重量もアップするので、持ち運びに弊害が出る可能性もあります。


インピーダンス
スピーカーにはインピーダンスというのもあります。お手持ちのギターアンプのインピーダンスが8Ωなら、8Ωのスピーカーを選びましょう。

例:アンプ側が8Ωで、スピーカーが16Ωでもスピーカーを接続することは可能ですが、その場合適正値での使用に比べると、音量が下がります。逆に(8⇒4Ω)と数値が小さくなる場合はアンプ側に負荷がかかり故障の原因にもなりますので注意しましょう。

スピーカーが複数ある場合は、つなぎ方によってインピーダンスを変えることが出来ます。

参考:
エミネンスのサイト Eminence Speaker – Wiring Diagrams より~

スピーカーを複数ある場合は、つなぎ方によってインピーダンスを変えることが出来ます

スピーカー交換してみよう


✅ギターアンプ用スピーカー聴き比べ動画

ユーチューブで見つけた、ギターアンプ用スピーカー聴き比べ動画です。スピーカー選びの参考になりますよ。

こういう動画はありがたいですね。

この動画は人気のギター用スピーカーの比較動画です。

15 Speakers compared Celestion vs E.V. vs Eminence vs JBL vs Jensen vs Tone Tubby:

YouTube動画https://www.youtube.com/watch?v=jWK0sa7tlfI

こちらはトモ藤田氏がエミネンスのスピーカーを一つずつ鳴らしてくれています。

Eminence Speaker Test – 24 Different Speakers At WNAMM 2007:

YouTube動画https://www.youtube.com/watch?v=8PJdgh-T6CA


✅おすすめスピーカーメーカー一覧

これを選んでおけば間違いなし!な、おすすめスピーカーメーカー一覧。

CELESTION ( セレッション )

CELESTION スピーカー
英国🇬🇧を代表するスピーカー。マーシャル・アンプやVOXアンプに搭載され、今も人気ナンバーワンのスピーカ・ブランドです。

ヴィンテージ系なら、G12M GREENBACK/CREAMBACK、モダンなサウンドならVINTAGE 30が人気です

CELESTION ( セレッション ) スピーカー一覧


EMINENCE ( エミネンス )

EMINENCE スピーカー
フェンダーを始め多くのアンプ・メーカーが採用しているエミネンス。

アメリカン・サウンド🇺🇸はパトリオット(青)、ブリティッシュ・サウンド🇬🇧(セレッション系?)はレッドコート(赤)とラベルのカラーで分類されているので分かりやすいです。

価格もお手頃ではじめての方にもオススメです。

EMINENCE ( エミネンス ) スピーカー一覧


JENSEN ( ジェンセン )

JENSENスピーカー
フェンダーのヴィンテージ・サウンドを狙うならジェンセン。

50年代のツイード系サウンドならJENSEN P(アルニコ・マグネット)シリーズ、60年代のブラックフェイス系サウンドならJENSEN C(セラミック/フェライト・マグネット)シリーズがオススメ。

*末尾のアルファベット(R=25w、Q=35w、N=50w、K=100w)順に許容入力が大きくなります

JENSEN ( ジェンセン ) スピーカー一覧


こちらもオススメ


 

LINEで送る
Pocket

「ギターアンプ用スピーカーの選び方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA