本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換、ギターの改造、調整、メンテナンス オススメ 比較

ホームエレキギター オススメ > お気に入りのギターメーカー > Ernie Ball Musicman

Ernie Ball Musicman ( ミュージックマン )

Ernie Ball Musicman ( アーニーボールミュージックマン )


Musicmanとは、フェンダーの創設者レオ・フェンダーが、フェンダー社を自身の健康上の理由でCBSに売却後、1972年に新たに設立したギターメーカー。

ミュージックマンはエリック・クラプトンが使用したことで一躍有名になった、HD-130というギターアンプや、Stingray( スティングレイ )ベースでも有名です。

1984年Musicman は、ギター弦/アクセサリーで有名なErnie Ball( アーニーボール )社に経営移行し、Ernie/Ball Musicman Silhouetteを発表。Silhouetteはキース・リチャーズがツアーで使用し、一躍有名になりました。



イチオシ!

MUSICMAN ( ミュージックマン ) / Silhouette Special

なぜ シルエット・スペシャル Silhouette Specialか?というと、所有しているからですが、どこがお気に入りかというと、MUSICMAN ( ミュージックマン )のギター全般に言えることですが、ネックのシェイプが素晴らしいこと。

ストラトキャスターやテレキャスターと同じ、ロングスケールにも関わらずとても弾きやすく、また、小柄なボディーと、4:2のコンパクトなヘッドが小柄な日本人が抱えてもフィットする所。

SSHというPU配列も、マルチに使え、ギターはいくつか持っていますが、結局手にするギターはシルエットというぐらい気に入っています。

スティーヴ・ルカサー・モデルやスティーヴ・モーズ・モデルなど、多くのギターのベースとなっていることからみても、いかに完成されたギターかが分かるでしょう。

シングルコイル使用時にハムノイズをカットするサイレントサーキット搭載(9v電池でサイレントサーキットは動作しますが、入れない場合は、ピュアなシングルコイルサウンドがそのまま出力します)。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
Silhouette Special 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman Silhouette Special (動画)



その他 ラインナップ

MUSICMAN ( ミュージックマン ) / Silhouette

22フレット、トレモロ装備のSilhouette Special に対し、Silhouette はノントレモロ、24フレット、HSH仕様というシルエット。

スペシャル同様、コンパクトなボディーと素晴らしいネックシェイプで、ロングスケールであることを忘れさせてくれる程のプレイアビリティを確保しています。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
Silhouette 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman Silhouette (動画)



MUSICMAN ( ミュージックマン ) / Cutlass

Cutlass ( カトラス )は、ストラトキャスターなどのヴィンテージ・スペックを基本としながら、現代のミュージック・シーンにフィットできるようにアップデートされたギター。

フレットは立ち上がりの良いステンレス・スティール・フレットを、ピックアップには、60'sサウンドを意識したカスタム・ワウンドのシングルコイル・ピックアップ・マウント。 加えてシングルコイルの弱点であるノイズを除去するサイレント・サーキットと音痩せを防ぐバッファー・サーキットを備え、素晴らしいシングルコイル・サウンドを提供します。 要9V電池


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
Cutlass 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman Cutlass (動画)



MUSICMAN ( ミュージックマン ) / StingRay

StingRay Guitar ( スティングレイ・ギター )は、1970年代後期にレオ・フェンダーが開発したStingRayIIギターを基本デザインとし、現代のミュージック・シーンにフィットできるようにアップデートしたギター。

フェンダーライクな6連配列のマシンヘッドを、小ぶりな4:2に、3点止のボルト・オン・ネックを、アーニーボールミュージックマンでおなじみの5点止に変更し、ヴィンテージなルックスと現代の技術を融合させたギターです。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
StingRay 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman StingRay (動画)



MUSICMAN ( ミュージックマン ) / AXIS

エドワード・ヴァン・ヘイレン・シグネイチャーとして開発された AXIS。後に、Peavey、EVHから発売させるウルフギャングの原型となったのがこのギター。

シルエットのネックシェイプを更に進化させたともいえる、非対称ネックグリップと、レスポールを思わせるメイプル・トップ/バスウッド・バックのボディー、ダイレクトマウントされたPUなど。クリアなクリーンサウンドから、激しいディストーションサウンドまで、ストレスなく出力します。

フロイドローズ・ライセンス・トレモロ搭載のAXISのほか、5wayセレクター、ヴィンテージ・トレモロ搭載でシンプルなAXIS SUPER SPORT、AXIS SUPER SPORTに、セミホロー・ボディ構造を採用した Axis Super Sport Semi-Hollow Body をラインナップ。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
AXIS 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman AXIS (動画)



MUSICMAN ( ミュージックマン ) / LUKE

LUKE

LUKE ルーク は、ToToのスティーヴ・ルカサー・モデル。Steve LukatherでおなじみのEMGアクティブ・ピックアップ搭載モデル LUKEのほか、自身のシグネチャーのピックアップディマジオ“Transition”+ミュージックマン・オリジナルのプリアンプ搭載のLUKE III をラインナップ。

LUKEモデルは、スティーヴ・ルカサーのセッティングを元に、弦高は可能な限りロー・アクションにセッティングされています。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
LUKE 【サウンドハウス】
LUKE 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman LUKE (動画)


MUSICMAN ( ミュージックマン ) / John Petrucci

John Petrucci

プレイアビリティを追及した薄いネックグリップが特徴の、ドリーム・シアターのギタリスト ジョン・ペトルーシ・モデル。

7弦ギターもラインナップ。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
John Petrucci 【サウンドハウス】
John Petrucci 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman John Petrucci (動画)


MUSICMAN ( ミュージックマン ) / Steve Morse

カントリーからハードロック/ヘヴィメタルまでこなす実力派、スティーヴ・モーズ・シグネチャー・モデル。

変幻自在なサウンド・バリエーションを生み出すH-S-S-Hのピックアップ・レイアウトはどんなジャンルにも対応します。

シンプルなH-S-Hのピックアップ・レイアウトのSteve Morse Y2D(SM-Y2D)も発売されました。

フロイドローズ搭載モデル、ノントレモロ仕様のバリエーションがあります。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
Steve Morse 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman Steve Morse (動画)


MUSICMAN ( ミュージックマン ) / Albert Lee

カントリーからロックまで幅広い活躍をする英国のギタリスト アルバート・リー・モデル。

角ばったストラトキャスター・ライクなボディ・デザインに、シングルコイル3機搭載のモデル、2ハムバッキング搭載モデルをラインナップ。

サイレントサーキット搭載


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】
Albert Lee 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Ernie Ball Musicman Albert Lee (動画)




ギター改造ネット メニュー