これがおすすめ!マルチエフェクター一覧

2020年9月25日エフェクターマルチエフェクター,特集

当サイトで紹介しているマルチエフェクターの中からおすすめを厳選。

マルチエフェクター


✅マルチエフェクターの接続方法

マルチエフェクターはギターとアンプの間につなぐだけでなく様々な接続方法ががあります。

アンプのインプットにつなぐ

マルチエフェクターの接続方法1:エフェクターとして使う

コンパクトエフェクターをつなぐように、ギター → マルチエフェクター → アンプ と接続する最も一般的な接続方法。

歪みから空間系までマルチエフェクターのみで済ませたい方にオススメ。

アンプの歪みを利用する場合、コンパクトエフェクターも同様ですが、例えばディレイやリバーブなどの空間系の音も歪んでしまうという欠点もあります(エフェクトループが一般化する前はこのように接続していましたので悪いという意味ではありません)。

 

アンプのRETURN端子につなぐ

マルチエフェクターの接続方法2:アンプのリターン端子に接続する

ギターをマルチエフェクターのインプットに接続し、マルチエフェクターのアウトをアンプのリターン端子へ接続します(アンプにエフェクトループ端子がある場合のみ可能)。

アンプのエフェクトループ1アンプのエフェクトループ2

マルチエフェクターはアンプのトーンコントロールにあたるプリアンプ機能も持っているので、アンプのインプット(プリ)を飛ばしてアンプのパワーアンプ手前のリターン端子に接続するほうが効率が良かったりします。

ただし使用するマルチエフェクターによってはコントロールしにくいかもしれません。

*リターン端子へ接続することで、アンプ側のトーンコントロールなどは無効になります。

 

アンプのエフェクトループ(センド/リターン)につなぐ

マルチエフェクターの接続方法3:アンプのリターン端子へ接続する

ギターをアンプに接続し、アンプのセンド端子とマルチエフェクターのインプットを、マルチエフェクターのアウトをアンプのリターン端子に接続します(アンプにエフェクトループ端子がある場合のみ)。

歪みは別のコンパクトエフェクターやアンプの歪みを利用し、マルチエフェクターに内蔵のディレイやリバーブなど空間系やコーラスなどのモジュレーション系エフェクターを綺麗にかけたいという方におすすめです。

 

4ケーブルメソッド

マルチエフェクターの接続方法4:4ケーブルメソッド

近年のマルチエフェクターにはギターアンプ同様にエフェクトループを搭載したものも多いです。その場合は4ケーブルメソッド接続がおすすめです(アンプとマルチエフェクター両方にエフェクトループ端子がある場合)。

マルチエフェクターのエフェクトループ

まずはギターをマルチエフェクターのインプットに、マルチエフェクターのセンドからギターアンプのインプットへ、ギターアンプのセンドからマルチエフェクターのリターンへ、マルチエフェクターのアウトプットをギターアンプのリターンへ接続します。

こうすることで、歪みエフェクターはアンプの前に、空間系エフェクターはアンプのプリアンプの後ろ(パワーアンプの前)へ接続されることになるので最も理想的な接続方法になります。

*ケーブルの本数が増えますので高品位なシールドケーブルの使用をおすすめします。

 

ミキシング・コンソールに直接つなぐ

マルチエフェクターの接続方法5:ミキシング・コンソールに直接つなぐ

アンプを通さず、ミキサー(モニタースピーカー)やPCに直接つなぐ方法。最近のマルチエフェクターには高品位なアンプシミュレータが内蔵されているので比較的きれいな音を作ることが出来ます。宅録派には定番の接続方法です。

 


▼おすすめのマルチエフェクターはこちらから。

✅オススメのマルチエフェクター

BOSS / GT-1000

GT-1000

最先端テクノロジーを詰め込んだBOSSのマルチエフェクター GT-1000。AIRD(Augmented Impulse Response Dynamics)技術を導入し、今までのマルチエフェクターにないリアルなサウンドを実現。

BOSS TONE CENTRALから即戦力パッチをダウンロードし、簡単に選んで使うこともできます。

特徴

  • エフェクトタイプ: 116種類
  • メモリー: 250(ユーザー)+250(プリセット)
  • フレーズ・ループ: 38秒(モノ)19秒(ステレオ)
  • チューナー:ポリフォニック、7弦対応
  • ステレオ 1 系統/モノラル 2 系統で使用可能なエフェクト・ループを装備
  • フットスイッチ、エクスプレッション ・ ペダル、 MIDI、 USB による多彩な外部コントロールが可能
  • Bluetoothを内蔵し iOS/Android に対応した専用アプリBOSS TONE STUDIOからワイヤレスでパッチの編集/管理が可能
  • USBオーディオ機能によりDAWへの録音が簡単に行えます

フラッグシップ・モデルのGT-1000をポータブルなサイズに凝縮したGT-1000COREも発売です。

フラッグシップ・モデルのGT-1000をポータブルなサイズに凝縮したGT-1000CORE

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
Youtube 動画 YouTube – BOSS GT-1000 (動画)


BOSS / MS-3

MS-3

マルチエフェクターとスイッチャーが1つになったボスのMS-3。

  • 同時使用6系統の内蔵エフェクトと3系統のエフェクト・ループをシームレスに組み合わせて多彩な音色作りが可能
  • 搭載エフェクターは、ディレイ、リバーブ、モジュレーション、ピッチエフェクト、オーバードライブ、ディストーションなど、ギター/ベース用のエフェクトを合計112種類搭載
  • 外部エフェクトの前後にMS-3の内蔵エフェクトを自由に配置することも可能です(エフェクトループ搭載)。
  • MIDI対応

お気に入りのコンパクトもつなぎたいし、マルチも使いたいという方に。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
Youtube 動画 YouTube -BOSS MS-3 (動画)


BOSS / GT-1

GT-1

GT-1は、BOSSのハイクオリティなサウンドを、軽くてコンパクトなボディに凝縮したマルチエフェクター。ただコンパクトなだけでなく、アルカリ単三電池4本の電池駆動にも対応(動作時間は約7時間)。

BOSS TONE CENTRALから即戦力パッチをダウンロードし、簡単に選んで使うことができます。

搭載エフェクターは108種類。

フットスイッチを2系統、もしくはエクスプレッション・ペダルを一基追加接続できる外部接続端子を搭載。

USB端子とPCを接続すると、PCへのレコーディングや、BOSS TONE STUDIOとの連携も可能。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
Youtube 動画 YouTube – BOSS GT-1 (動画)


CARL MARTIN / QUATTRO

コンパクトエフェクター派にも扱いやすいマルチエフェクター。

コンプレッサー、2種類のオーバードライブ、ヴィンテージ・コーラス、最大1000msecTapテンポ搭載のヴィンテージエコー搭載の

外部エフェクターを繋げるエフェクトループ/SEND・RETURN端子も搭載。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
メーカー・サイト
Youtube 動画 YouTube | CARL MARTIN QUATTRO (動画)


HOTONE / AMPERO

HOTONE AMPERO

タッチパネルに対応したカラー液晶パネル、3つのプリセットを瞬時に切り替え可能なフットスイッチ、エクスプレッション・ペダルの組み合わせでどんな操作も思いのまま。
Hotone Amperoはタッチパネルに対応のカラー液晶パネル採用
主な機能:
  • IRとシミュレーション・アルゴリズムの両テクノロジーにより、Eギターから精度の高いアコースティック・サウンドを再生することに成功
  • 9つのエフェクト・モジュールの同時使用が可能。
  • タッチ機能付き4-inch カラーディスプレイを採用。簡単なユーザー・インターフェース
  • パワフルなデュアルDSPプラット・フォーム
  • 24-bitシグナルプロセッシングによる120dB 高S/N比
  • 18V DC電源採用による高ダイナミックレンジ設計
  • USB経由のファームウェアアップデート、ロード、エディット、編集が可能。
  • USBオーディオ・インターフェース機能
  • 244 エフェクト・ライブラリー
  • 198 x プリセット
  • 100パターンを備えたドラムマシーンを内蔵
  • 120秒ルーパー機能内蔵
  • CDCM HD & F.I.R.E. modeling effects including
    ・64 アンプモデル
    ・60 キャブモデル
    ・100+ ペダルモデル
    ・新マイクポジション変更&マイクタイプのシミュレーション
    ・3rdパーティIR&ユーザーIRのロードが可能
  • エクスプレッション・ペダル搭載
  • ステレオ・プロセッシング
  • Line出力、XLR出力、ヘッドフォン出力/MIDI IN、EXP2(エクスプレッション)

AMPEROのサウンドはそのままにコンパクトになったAMPERO ONEも。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

メーカー・サイト
YouTube動画 YouTube | HOTONE AMPERO (動画)


LINE 6 / POD Go

Line 6 POD Go

Line6 PODシリーズの最新モデル。価格も機能もこれ一台でOK!

主な特徴:

  • Helixシリーズのサウンドエンジンを継承したアンプ、キャビネットおよびエフェクト・モデルを含むクラス最高の性能を実現。
  • カラー・ディスプレイ搭載によるわかりやすいインターフェースと素早く簡単な音作りを実現
  • 視認性に優れた4.3インチ (11cm) カラーLCD採用
  • サードパーティ製インパルス・レスポンス(IR)をロードすることで無限のキャビネット選択が可能
  • ステレオ・エフェクト・ループ搭載
  • 一般的なアンプに4ケーブルメソッド経由での接続も可能
  • レコーディングとリアンプに対応する4イン/4アウト24ビットオーディオ・インターフェース搭載。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカー・サイト
YouTube動画 YouTube – LINE6 POD Go (動画)


LINE 6 / HX STOMP

Line 6 HX STOMP

LINE6のフラッグシップモデルHelixをコンパクトに凝縮。ギグバッグのポケットに納まるストンプボックス・サイズながら、Helixと同じ300種類以上のアンプ/キャビネット/エフェクトのサウンドを得ることができます(同時使用は最大6種類)。

外部エクスプレッションペダル対応、お気に入りのエフェクターを使えるエフェクトループ搭載、オーディイオインターフェースとしても使用可能なUSB端子搭載、MIDIにも対応。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

メーカーサイト
Youtube 動画 YouTube | LINE 6 HX STOMP (動画)


LINE 6 / HX Effects

LINE 6 HX Effects

HX Effectsは、LINE6のフラッグシップモデルHelixに搭載の100種類以上のエフェクトに加え、Line 6 Mシリーズ及びストンプボックス・モデラー・ペダルに含まれる定番のエフェクトも搭載した、ペダルボードに簡単にフィットするコンパクトなマルチエフェクト・ペダル。

最大9種類のエフェクトを同時に使用することが可能です。

外部エクスプレッションペダル対応、エフェクトループ搭載。MIDIにも対応。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

メーカーサイト
YouTube動画 YouTube | LINE 6 HX Effects (動画)


MOOER / GE300

MOOER GE300

MOOER GEシリーズの最高峰マルチエフェクターGE300。
主な機能:
  • 108種の高品質モデリング・プリアンプ搭載
  • 48種のスピーカーキャビネットモデルに加え、サードパーティのIRを追加可能
  • サードパーティIR(2048Sample Ptsまで)をロードできる20ユーザースロットを搭載
  • 進化したTone Capture機能により、アンプサウンドだけでなくギターのサウンドをキャプチャすることも可能
  • 164種のハイクオリティエフェクトを収録
  • 30秒までのステレオループサンプラー
  • 特別なピックアップ等を使うこと無く、ギターシンセのサウンドを作ることも可能
  • 内部エフェクトの接続順を自由に設定可能
  • PCと接続し、PCからの操作やダイレクトレコーディング可能なUSB端子搭載
  • エフェクトループ搭載

GE300のサウンドとクオリティはそのままに、よりコンパクトになったGE300 Liteが発売されました。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

YouTube動画 YouTube | Mooer GE300 (動画)


MOOER / GE250

MOOER GE250

GE250は、55種類のアンプモデル、152種類のエフェクト、32種類のキャビネットシミュレーションを収録した、ミドルサイズのマルチエフェクター。
サードパーティ2048ポイントのフルサイズIRをロードして新たなキャビネットシミュレーションとして使用することや、Tone Capture機能により、リアルアンプのサウンドをキャプチャして新たなアンプモデルとして保存し、使用することもできます。
カラーディスプレイを搭載し、シンプルなユーザーインターフェースによって音色のエディットやコントロールも簡単に行えます。
リズムマシンやメトロノーム、ルーパー機能も内蔵。エフェクトループも搭載し、複雑なシステムに組み込むこともできます。
主な機能:
  • 最大2048サンプルのサードパーティIRをロードできる10のユーザースロットを搭載
  • 85バンク×3パッチの255プリセットを保存可能
  • エフェクトチェインの位置を変更できるプログラマブルエフェクトループによる自由度の高い4ケーブルメソッドシステム構成
  • ステレオアウト(1/4インチ・XLRアウト)
  • MIDI IN/MIDI OUT
  • 60ドラムマシンと10メトロノームを収録する新しいリズムモジュール
  • ダイレクト、低レイテンシUSBオーディオインターフェイスにより、「one-stop-shop」でのギターレコーディングに対応
  • エフェクトループ搭載

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

YouTube動画 YouTube | Mooer GE250 (動画)


TECH21 / FLY RIG5

おすすめ!
FLY RIG5

RK5

サンズアンプで定評のTech21から発売のマルチエフェクター。

ヴィンテージMarshallサウンドのHot-Rod Plexiをベースとした歪み系+ブースター、サンズアンプ(フェンダー系のオーバードライブ+アンプシミュレータ)、タップテンポ内臓のディレイ(ディレイタイムは28~1,000msec)とリバーブを搭載した新しいフライリグ5。

コンパクトエフェクター派も満足の直感的な操作感が嬉しいですね!

TECH21 / FLY RIG5に搭載されたエフェクトループ

*V2から、ディレイ/リバーブ・セクションの前にエフェクトループが搭載されました。ミキサーに直接送れるXLRアウト搭載。

写真下のRichie Kotzenモデルは、切替可能なブースター/コンプレッサー、自身のオーバードライブ/とファズを前段に、ディレイはロータリー(フェイザー)と切替可能になったモデル。

*RKモデルにはエフェクトループはありません。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
Youtube 動画 YouTube – TECH21 FLY RIG 5 (動画)

関連リンク

NUX / Cerberus

Cerberus

NUXのマルチエフェクター Cerberus (ケルベロス)は、ディストーションとオーバードライブの歪み系にアナログ回路を採用。さらに2つの回路を直列、並列に接続することも可能で、幅広い音創りが可能。

歪みエフェクターの後にお手持ちの外部エフェクターやアンプに接続できるエフェクトループを搭載。

MIDI対応、ステレオ出力、ヘッドホン対応、キャビネットシミュレーター搭載、トゥルーバイパス。

*キャビネットシミュレーターは内蔵以外に別途ダウンロードして使用することも可能です。

エフェクトタイプ:16
エフェクトモジュール:8
プリセットメモリ:32 バンクx4プリセット

搭載エフェクター:
Analog Effects:

  • Overdrive (Blues Breaker)
  • Distortion (Brown Anger)

Modulation Effects

  • Tremolo
  • Phaser
  • U-vibe

Chorus

  • CE Chorus
  • SC Chorus
  • ST Chorus

Delay with TAP TEMPO

  • 60s Delay (Tape Delay) 55ms – 550ms
  • 70s Delay (BBD) 40ms – 400ms
  • 80s Delay (Digital Delay) 80ms – 800ms

Reverb

  • Plate Reverb
  • Hall Reverb
  • Spring Reverb

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
Youtube 動画 YouTube – NUX Cerberus (動画)


VALETON / GP-100

VALETON GP-100

VALETONはXTOMPやAmperoを世に送り出したHOTONEがプロデュースするブランド。

9エフェクト同時使用、IR(インパルスレスポンス)搭載、自由なルーティング接続、オーディオインターフェース機能と、プロ仕様のスペックを備えた小型のマルチ。価格もGood!

ベースギターとアコースティックギター・シミュレーターのプリセットも搭載。

主な機能:

  • 24bit / 44.1kHz シグナルプロセッシング
  • アドバンスドモデリングテクノロジー
  • 140エフェクツ
  • 接続順序が変更可能
  • 45 ギター/ベース/アコースティック アンプモデラー
  • 40 IR cab
  • 20ユーザーIRスロット
  • USBオーディオインターフェース機能
  • 198プリセット(99ファクトリー、99ユーザー)
  • Looper
  • 100ドラムパターン
  • チューナー
  • PC/Mac ソフトウェアエディター
  • ステレオ出力
  • ヘッドフォン出力
  • Aux 外部ソース入力
  • エクスプレッションペダル
  • DC9V

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
YouTube動画 YouTube – VALETON GP-100 (動画)


ZOOM / G11

ZOOM G11

圧倒的なプロセッシングパワー、5インチ・タッチスクリーンと独立したアンプセクションによる抜群の操作性。桁違いのリアリティをもたらす70種のIRデータを搭載したマルチエフェクター。

■主な特長:

  1. 従来比3倍以上の圧倒的なプロセッシングパワーを誇る最新DSP(ZOOM G5nとの比較)
  2. 16種類の定番アンプモデル+6種類の新開発ZOOMオリジナルアンプモデル
  3. 22種類のキャビネットモデルに加え、70個のRデータをプリインストール
  4. 新開発のオリジナルエフェクト:ディストーション2種+モジュレーション3種
  5. 最大9エフェクト+1アンプモデルの同時使用が可能
  6. スワイプやドラッグ&ドロップ操作が可能な5インチ・タッチスクリーン
  7. いつでも即座に調整できる独立アンプセクションと5つのストンプパネル
  8. 最長でステレオ5分のフレーズを録音できるルーパー機能
  9. ルーパー機能と同期できる68種類のリズムパターン
  10. 4イン/4アウトのUSBオーディオ・インターフェース機能
  11. 4ケーブルメソッド対応、外部エフェクトを接続できる2系統のセンド/リターン端子
  12. 外部機器と連携できるMIDI IN/OUT端子
  13. 音楽プレイヤーなどの接続に便利なステレオAUXインプット端子
  14. 435Hz~445Hzのキャリブレーション、オープン/ドロップチューニングにも対応する内蔵チューナー

メーカー・サイト

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube動画 YouTube | ZOOM G11 (動画)


その他マルチエフェクターはこちらから