[レスポール] ボリュームポットはやっぱりCTSのAカーブ!

2012年7月26日エレキギター,ギターパーツポット,レスポール,改造

レスポール・リイシューのボリュームポットを交換しました。音質、使いやすさ、耐久性ではCTSのポットは最強ですね。ポットのカーブはAカーブを選びました。

[レスポール] ボリュームポットはやっぱりCTSのAカーブ!


レスポール・リイシューのボリュームポット交換

先日のザ・ビューティ・オブ・ザ・バースト復刊で、私の中で再びレスポールブームが再燃!!

レスポール(リイシュー)を久しぶりに弾いてみると、リアの音は本当に素晴らしい。フロントはちょっとブーミーで甘すぎる音で個人的にはストラトの方が好きなのですが、そんなときはボリュームを少し絞るとストラトキャスターとまではいきませんが、ブーミーさが取れていい感じに😍

それもこれもCTSのポットのおかげです。

CTS製ポット

ストラトキャスターやテレキャスターに比べ出力が大きくブーミーにも感じるレスポールですが、ボリュームやトーンを絞ることで色々な音を出すことが出来るようになります。

そのポットの中でもピカイチの性能を誇るのがCTS製のポット!

・・・ピカイチの性能というとやや語弊があるかな??音楽的に素敵なトーンを奏でてくれて耐久性のあるのがCTS製のポットというべきでしょうか👍

 


ポットにはAカーブとBカーブかある

ボリュームやトーンに使われるポットにも種類があるのをご存知でしょうか?

ギターに使われるポットは主にAとBの2つ。

詳しいことは分からないのですが、聴感上Aカーブのポットはボリューム10から絞っていくと滑らかに音量(歪み)が下っていくのに対し、Bカーブはボリューム10から絞っても音量(歪み)は殆ど変わらず、6辺りから急激に変化していきます。

 


私のレスポールには購入当時にはBカーブのポットが付いていて、音質は良かったものの使いにくかったのでギブソンのロゴ入り(純正?)のAカーブに交換したことがあったのですが、ボリュームを絞った時の音質がしょぼくて元に戻していました。

ボリュームポットを純正に 今週の気になる・・・

ボリュームを絞った時の音質はCTSに替えて満足だったものの、やはりカーブの感じはやはりAが好きなのでまた替えてみることに。

当然使用するのはCTS製です。

レスポール用のロングシャフトのCTS製ポット

ついでに、効率よくアッセンブリーの取り付け作業が出来るようにと採用されたであろう?金属のプレートも外してしまいましょう。

レスポール内部

厚いメイプルトップを削り出して作られるレスポールは、写真のようにシャフトの長いポットが使われています。

交換はポットを換えるだけなので特に難しいことはありませんが、金属のプレートを外してしまった為、ポット間のアース線を追加して完了!

レスポールなどのハムバッキングPUのボリュームポットは500kΩが使われることが多いので交換する方はお間違えのないように。


ポット交換完了!

ポット交換完了

やはりBよりAカーブの方が使いやすいです👍

この辺は好みなのでしょうが、私は断然Aカーブですね。

CTS製 500kΩポットはこちらから

CTS 500k

ハムバッキングPU用。500KΩ。シングル・コイルにこれを使うとハイがキツくなります。厚いメイプル材を貼ったレスポール用(シャフトの長いモデル)もラインナップ。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

関連リンク