ジムダンロップのULTEX STANDARDとULTEX SHARPの比較

LINEで送る
Pocket

JIM DUNLOP ULTEX ピック比較

爪やべっ甲に似た素材で人気のウルテムピック。

スタンダードタイプのJIM DUNLOP ULTEX STANDARDと、やや鋭角シェイプのULTEX SHARPを比較してみました。

ウルテムピック/ULTEXは耐久性があってトーンもよく、さらに弾きやすいという素晴らしいおすすめのピックです。

ジムダンロップのピック ULTEX STANDARDと鋭角なシェイプのULTEX SHARPを買ってみた

サウンドハウス

✅ULTEX STANDARDとULTEX SHARPを買ってみた

手持ちの在庫がなくなったのでJIM DUNLOPのピックULTEX STANDARDと新たにULTEX SHARPを買ってみました。

JIM DUNLOPのピックULTEX STANDARDと新たにULTEX SHARPを買ってみました

最近はピックはほぼJIM DUNLOP DELRIN 500に決まりかけていたのですが、爪やべっ甲に似た素材だというウルテム素材のピックは耐久性があってトーンもよく、さらに弾きやすいという素晴らしいピック。

特にこのJIM DUNLOPのULTEX STANDARDの1.0mmは使い始めこそボヤケた音なのですが、ちょっと減った時のピックが擦れる感じのトーンが最高に素晴らしい😍

ただ他のピックにも言えるのですが、1.0mm以上の厚さになってしまうと弾きやすくても、特にリアピックアップで弾いた時にコキコキ?キュピキュピ??鳴っちゃうのが難点。

*ユーチューブなどでもたまに厚いピック使って弾いてると思われる動画があるけどあれは駄目ね、嫌い(^_^;)。

で、いつものサウンドハウスへ行ってみると、ULTEX STANDARDの他にULTEX SHARPというのを発見。

下の写真は使い古した私のピックですが、ULTEX STANDARDをためしにちょっとヤスリで鋭角に削ってみたらとても良い音だったので、試しに買ってみようかと。

ULTEX STANDARDをためしにちょっとヤスリで鋭角に削ってみた


✅ULTEX STANDARDとULTEX SHARP

いつものULTEX STANDARDとULTEX SHARPを比較すると、スムーズに弾けるのはULTEX SHARPですが、やはり弦を擦る感じのトーンはULTEX STANDARDの方が良いですね。

やはりこれからもULTEX STANDARDかな??ULTEXは耐久性があるし、減ったらヤスリで削ってみてもそこそこ良いトーンが出るのでコスパも抜群です。

ピックはもちろん小さくカット

使うピックはULTEX STANDARDですがピックはもちろん小さくカット。私はJAZZピックの大きさが弾きやすくて好きなのです。

使うピックはULTEX STANDARDですがピックはもちろん小さくカット

ジャズピックの中でも鋭角なシェイプのJAZZIIIならウルテックス版あるんだけど、JAZZIIタイプはないんですよね🤔

鋭角なシェイプのJAZZIIIならウルテックス版あるんだけど、JAZZIIタイプはないんです

*でもウルテム素材のジャズIIIは厚み(約1.3mm)もあるのでコキコキ?キュピキュピ??鳴っちゃうので買ってはみたものの好きじゃないです>うるせーな😅

ということで当分の間はULTEX STANDARD1.0mmとDELRIN 500の0.96mmの二刀流でいきます。


🖥ショップでチェック📲

JIM DUNLOP ULTEX

JIM DUNLOP ULTEX【サウンドハウス】

posted with カエレバ

ウルテックスピックはサウンドハウスの売れ筋ランキングでも常に上位に入っているピックです👍


こちらもおすすめ:

ギターピック オススメ
お気に入りのギターピック


 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA